3.67
5 167件
4 108件
3 43件
2 26件
1 70件
合計 414
読み かまくらどののじゅうさんにん
放送局 NHK総合
クール 2022年1月期
期間 2022-01-09 ~
時間帯 日曜日 20:00
出演
華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に 権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き── 源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。 野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。 新都鎌倉を舞台に繰り広げ...全て表示
全 997 件中(スター付 414 件)948~997 件が表示されています。
次ページ> 最後≫

2022-05-21 09:31:42
名前無し

過去の大河ドラマを特集する番組を見たが、製作レベルがあまりに低すぎて驚いた。画質が低いのは仕方が無いにしても、屋外設定のセットがスタジオ内であることが素人目にも見え見え、役者のセリフも大袈裟。武士やお姫さまっぽく話してはいるが小説のようでいかにも嘘くさい。当時盛んに作られていた民放の勧善懲悪物の時代劇と大差無い。それを考えれば最近の大河作品はさすがにレベルが高い。

    いいね!(1)
2022-05-21 10:22:55
名前無し

今だったら電話やメールで誤解はすぐ解けるのに。
人質とも知らず喜んでた里はまだ出てくるのかな。
次回は久々にアサシン善児が出てくるね

2022-05-21 10:54:04
名前無し

ここ数話にコメディ要素あったかな?
 私も再放送のおんな太閤記BS録画して何話か見てみたがリタイア。史実を大きく逸脱してない代わりに新鮮味もなく、やはりドラマ制作も歴史の解釈も年々進化してるのだなあと思った。個人的には今年の大河はベスト5に入り、メインテーマ曲はベスト3に入る。

    いいね!(1)
2022-05-21 16:24:17
名前無し

昨年や一昨年が懐かしい。局は若い人を取り込もうとしているのかも知れないが、
視聴率の低さがそれが失敗だったことを物語っている。
従来の大河を愛する人たちをもっと大切にしてほしい。
今更言っても遅すぎるのかも知れないが。

    いいね!(1)
2022-05-21 18:16:50
名前無し

義時もそうだが時政も今回義経に対して優しい対応をしていたが、この後頼朝の死後比企や畠山に対して鬼対応になる姿が現状だと想像出来ない。父子がどのように闇変貌するのか

2022-05-21 21:22:42
名前無し

坂東彌十郎さんの面白さを再発見。
もっと、もっと見たい。

2022-05-21 23:05:49
名前無し

義経のカットになったエピソードを、ニュースキャスターで語る三谷幸喜。
転んでもただでは起き上がらない!確かに!

2022-05-22 06:18:37
名前無し

本日の放送で義経は最期を迎えそうだが、どのように描かれるかは未知数。あれだけ嫌な人物として描かれたのだから格好の悪い最期になるかもしれない。
鶴岡八幡宮の静御前の舞は省略されたりはしないだろうけど、静御前がその後どうなったのかははっきりした記録が残っていない。「義経」ではこともあろうに京に舞い戻った設定にされたが、さすがにそれは無いだろう。

2022-05-22 10:26:34
名前無し

CMもそうだけど 過去の従来を愛でる人たちは自然の法則で減少し 死に絶えて行くんだ。作り手の世代層が入れ替わっているし。
例えばiPad AirのCM ソニア~ ってあのセンス理解し得るか否か。
現代を叩いてばかりでは よろしくない 前向いた意見は読みたいけど。

2022-05-22 17:01:19
名前無し

女優さんには悪いが義経も頼朝も独特な容姿の女性がお好みみたいだね(八重は別にして)。

2022-05-22 21:22:05
名前無し

今日のは特にたまらんかった。
政子にとって義経は、夫 頼朝の弟。だが今は敵方。
どういう心の立ち位置かと思ったが、静のおなごの覚悟をわかってくれる人で良かった。
だが、母としての静は素性を明かすべきではなかった。愛する義経との子供は沈められたのか。。
そして、里との子供は義経自身が殺した?
源氏が主役ではないから、呆気なかった。弁慶の立ち往生もなかった。頸の入った箱ひとつ。縋って泣く頼朝。胸がザワつく義経だったがもう出て来ない。。
前回の 里の画策や、秀衡の死、何かひとつでも違っていれば、運命は変えられたのだろうか。
ムゴい時代だ。

奥州をかき回し、義経の心を乱し、「上手く運んだようだ」と言った義時は、人の良さを残しながらも、段々策士の顔になってきた。
変わらないのは善児。今回も怖かった。

    いいね!(1)
2022-05-22 21:23:01

歴史にもしということはないのですが、もし藤原秀衡が後2~3年長生きをしていたとしたら、鎌倉幕府は、この世から消え去っていたかも知れないですよね。そして、その歴史が大きく変わっていたと思います。そのようなところが、歴史というモノのおもしろさなんですね。とにかく、このドラマは、その回を重ねるごとに重厚になってきて、往年の大河ドラマの雰囲気を醸し出してきたと思います。ですから、次週のお話も、また待ち遠しくなるんですね!!

2022-05-22 21:41:41
名前無し

>もし藤原秀衡が後2~3年長生きをしていたとしたら、鎌倉幕府は、この世から消え去っていたかも知れないですよね。そして、その歴史が大きく変わっていたと思います。

今と違い、寒冷地の奥州での経済力では到底無理である。天才軍師で勝敗が決まるだけなら苦労はせんわ。

2022-05-22 21:58:30
名前無し

菅田義経らしい最期だった。
静の襲撃を告白し、義経に刺される里の最期も心に響いた。
私はもともと、静より里にシンパシーを感じていたので。
静の決意も立派だが、今までの描かれ方が不十分だったせいか、共感しにくかった。

どんなに優れた戦略と武力を持っていても、一度狂ってしまった時局の流れは戻せない。
潔く死を受け入れた義経と、届けられた首を前に慟哭する頼朝。
ここ数話、しんどい話が続いたので、そろそろちょっとホッとする話をいれてほしい。

2022-05-22 22:11:45
名前無し

流石に弁慶の仁王立ち死はなかった。まあ絵にはなるが、伝説の域を出ないからだろうな。
義経に関する脚本では、「判官贔屓」という言葉に真っ向勝負するえげつなさがなかなかよかった。退屈しなかった。
大姫を南沙良さんが演じたが、庭遊びをするには大人びていた。これからも登場するなら、沙良さんより若い女子を一人挟んでもよかったかなと思った次第。

2022-05-22 22:31:50
名前無し

今日は演技合戦。確実に黒くなっていく義時。
義経の大人しくやり過ごそうとする顔、恩人に恩義を感じる顔、恩人を喪い、愛妻と会えなかった愛息の死を悼み、妻の裏切りを知り、妻の哀しみを知り、全てを越えて戦の策に高揚し部下の勇姿に興じる。結局のところ、興奮のうちに命絶たれたわけで、これが彼にとって本当に悲劇だったのかすら、もはや分からない。
合間に静御前の母としての迷いと女としての矜持とで揺れる様。いいえ、やはり胸に迫るのは里。付いてきたくなかった畑仕事はいやだったというのはきっと嘘。選ばれた、側にいると女として誇れる気持ちを「(静が)あいつらしい」の一言で踏み潰されたのでしょう。ざまをみろ、と黒い言葉を吐かずにはいられないほどに深く傷ついた。
本当の悲劇は、もっとも欲を持たずもっとも健気に生きた彼女に、起こったと私には見えました。

約束通り、軍功を語ってくれ、と泣く頼朝。
子孫を根絶やしにしないと復讐される、その生き証だからこそ誰のことも助けることができない。
心の通じた兄弟が生死を別つとき、死に至った弟と生にとどまる兄で辛さは等分なのかもしれない…と思いました。

この境地にいたるまで何年かかったと…!のミニシンバル、サイコーでした。

    いいね!(2)
2022-05-22 22:58:34
名前無し

宮廷闘争ばかりで庶民が描かれていない。

    いいね!(2)
2022-05-22 23:34:15
名前無し

女優さんでいえば エマさんと小池さん以外はみんな和風顔でいいと思いますねぇ。

2022-05-22 23:44:40
名前無し

史実は史実として、曖昧な部分には大胆な解釈を加えた脚本が冴えてると思う。初登場では史上最低の静御前かと思ったが(ごめん)今日の静はとても美しく見えた。でも私も里が好きかな。ドラマでは人質的な扱いになっていたが、有力一族の実家に帰ろうと思えば帰れなかったわけでもないだろう。落ちていく義経に従い平泉へ、最後は4歳の娘と共に夫の自害の道連れとなる。ドラマではダークな義経の正妻らしい最期だった。

    いいね!(1)
2022-05-23 01:58:39
名前無し

娯楽時代劇なら面白いかもしれないが大河ドラマだと思うと手放しで共感できない。
史実なら仕方がないが史実でなかったらいくら義時が主役でも頼朝の命により
義経襲撃の裏工作ために平泉へ行くのは無理があるしまた義経が討たれる前に義時と会い
藤原勢がそこまで来ているのにのんびり義経の鎌倉攻略の話を聞いたり別れの挨拶を
したりなど歴史に記録されていない場面を描くにしても創作の話がいろいろ作り過ぎてまた
飛躍しすぎて大河ドラマとして見られず興ざめして最後に義経の首桶を抱えて号泣する
頼朝にいまいち感情移入できなかった。ただ本編後の紀行で紹介された松尾芭蕉の俳句に
感銘を受けました。紀行が今回の収穫でした。

    いいね!(1)
2022-05-23 02:07:19
名前無し

今日は切なかった。
でも、これ、脚本演出は勿論だが、エバンコール氏の劇伴曲が、切なさを最大限に引き立てている功績が大きいだろう。

アニメの「ヴァイオレットエヴァーガーデン」や、「蛍草菜々の剣」なども、エヴァンコールの音楽でなければ成立しないと言っても過言ではなかった。

この、修羅が続く大河ドラマに、氏の音楽が鎮魂歌となり、美しくも哀しい響きで包み込んでいる。

2022-05-23 02:58:49
名前無し

新解釈の菅田義経の活躍話、終わってみれば、なかなか面白かった。これはこれでありだと思う。
やはり、菅田将暉君は演技上手だ。確実に爪痕を残したのはたしかであろう。
ただ、この新解釈の菅田義経が、今後新しい義経像として認知される事はまずないと思う。なぜなら、義経はもはや伝説や物語の中に生きる人物になっているからである。
この大河ではそういう伝説エピソードがほとんど見せる事がなかった。しかも、性格が変なおかしな普通じゃない奴として描かれているからなおさらだろう。
とにかく、どこか不満を感じる義経でもあった。
まあー、菅田君は出演してとてもラッキーだったんではないだろうか。

ちなみに私は、実は義経は頼朝と並ぶ日本史上の最重要人物で大功績をなし遂げた人間だと考えている。 その大功績とは。
1、平家を滅ぼした。
2、奥州藤原氏を滅ぼす事が出来た。
3、文治の勅許で全国に守護地頭を置けるようになり、武士の世を作れるようになった。
2、3は義経が直接行動したわけではないが、義経がいたからこそ出来た事。もし彼がいなかったら、頼朝一代でこの3項目は達成できず、ひょっとすると平家、源氏、奥州藤原氏の三国時代がしばらく続いていたかもしれず、日本史が違ったものになった事は間違いないだろう。
それをわずか10年ぐらいで成し遂げたのは、義経がいたからこそなのである。
それにしても、頼朝と義経は不思議な兄弟だ。お互いがとてもしっかり役割り分担しているみたいな感じがする。
日本はこんな不思議な人間達を歴史の転換期に必ず登場させてくる。日本史の大特徴はまさにコレだろう。

ちなみに、義時と義経の最後の体面の時に、義経が義時にこんなやや嫌味な言葉を言ってもらいたかった。
「これでワシの役割りは終わった。これからは小四郎お主の番じゃな。ワシよりお主の方が大変じゃろ。嫌なものを無理してやっていくんだからな。兄上はやっかいだぞ。お主はこれからどう生きるのじや。修羅の道を。お主の生き様をあの世で見るのが楽しみじゃ。まあ、はげんでくれ。小四郎、世話になったな」
ちょっとそういうやりとりをじっくり演技合戦で見てみたかった。その言葉にギクリとする義時の姿を。

また、義時に大江広元が義経の功績を語るシーンなんかもいれてもらいたかった。
「九朗殿のおかげで、鎌倉の世が早く来ることが出来ました。平家、藤原を滅ぼす事が出来、文治の勅許を頂けたのも、これすべて九朗殿がいたからでしょう。最大の功労者として私は感謝しております。まことに不思議なお人でしたな。ただし、これはあなただから話す事、他言無用にしていただきたい。」
そんなやりとりがあれば、頼朝が泣くより、義経の供養になったと思うのだが。

それと、まさか大河で少しだが、田中みんさんの舞踏が見られたのには大感動してしまった。田中さんはホントは舞踏家なのだから。

2022-05-23 05:30:15
名前無し

あの大姫はどう見ても大人だろう。調べてみたら義高が殺されてから2年しか経っていない。静御前の舞を見たかどうかなんて大筋には関係のないことなのだから、登場させなくても良かったのではないか。

2022-05-23 05:30:28
がおらー

今回は泣けた。
滅び行く者達が最期に魅せる輝きが美しくも悲しい。

白を切り通せば解放されたであろう静は九郎の想い人としてみっともない真似は出来なかった。

静達の話を立ち聞きした里もまた覚悟を決めていた。
自分と娘を手にかけるのを躊躇うであろう九郎に最期の背中を押すために言わずもがなのことを言った。本妻としての矜持でもあったろう。

弁慶はあくまでも明るく最期の戦いに向かっていった。彼も九郎の一番の家来としての矜持を持っていたのだろう。

九郎は果たすことの出来ない鎌倉攻めの戦術を嬉々として小四郎に語りやがて最期の戦いに向かったのだろう。

皆の前では鎌倉を護るために冷酷で悪どいことを命じる頼朝だが、九郎と二人きりになった時、一人の兄になりその弟の死に悲しみを堪えることが出来なかった。
その姿はただ家族を愛する一人の人間だった。

三者三様だが実に美しい人間そのものの矜持が描かれていた。

義時邸で多くの親なし子達が楽しそうに戯れていた。
義時の原動力はこの平和を護るためなのかもしれない。

    いいね!(1)
2022-05-23 07:53:12
名前無し

ネタバレ。

短絡的だけど、義経の死を命じた頼朝が、死した義経との再会に涙するのは違和感があった。

    いいね!(1)
スポンサーリンク
2022-05-23 08:52:15
名前無し

先週までの、頼朝義経兄弟の「異常性」を強調した演出から一転、今回は二人の「人間味」を強調したドラマとなった。
また、義経をめぐる女性二人の「美しく死ぬ覚悟」を観せられた。

今回の演出は、ちょっとあざとい感は否めない。

しかし、景時はなぜ善児に義時同行を命じたのか?
義時も危険な任務なので、本来自分の配下の者を連れて行くのでは?

2022-05-23 09:44:29
名前無し

最初善児が義時の屋敷前にいたときギョッとなった。
彼は次々と主君の命で殺人を成し遂げて来たが、唯一未遂に終わったのが八重だった。封じたのは三浦義村。暗殺者のプライドが許さないだろうと遂に…と思ったが違った。
しかし次回予告で義村の「八重さん!」という叫びと悲しい顔の八重の姿。義時の「妻の顔を事を思い出す」という発言勝手ながら善児によるミッションコンプリートかと想像

2022-05-23 11:03:39
名前無し

義経が自信満々に義時に鎌倉攻めを説く。後の新田義貞の鎌倉攻めに繋がるのだが「全ての切通しを塞いで…」という台詞、ヤボだが鎌倉の切通しは義時の息子泰時によって1240年に作られるので義経存命中には存在しない。
まあそれは置いといて何故最後にその策を梶原景時に送ったか。
逆にこう攻められるから防御策を講じるようにとのメッセージだったのだろう。最後まで明るい戦馬鹿(褒め)で良かった

    いいね!(1)
2022-05-23 11:23:39
名前無し

わたしは善児を義時につけたのは、裏切って義経を逃がすようなことがあれば殺害するように命令していたのではないのでしょうか。まぁ、とにかく義時の監視役のような気がしましたね。
でも、義時は裏切ることなく藤原氏側に義経を討伐させる種を植え付けることに成功しましたね。声を荒げたあのときの義時はまるで頼朝そのもののようでした。

2022-05-23 15:12:09
名前無し

義経は、「兄上はそんなにワシが邪魔なのか
そう思ったらどうでもよくなった。」と、
死を受け入れた。やはり、最後まで、兄と
心を一つに、兄の手足となって生きたかった
んだろう。でも、その夢も断たれたのだ。
義経の気持ちを思うと、泣けた。

その、戦の巧みさ、戦上手ゆえに、騙され
利用され。人を信じすぎた義経。
どうか神話のように生き延びて、モンゴルまで行って、
チンギス・ハンになってていてくれ!頼むよ。

    いいね!(1)
2022-05-23 17:22:20
名前無し

義経の最期が物足りなかった。やはりご存じの義経の終焉が見たかった。弁慶の仁王立ちを見たかったし、屋敷を燃やして織田信長みたいに潔く散るシーンが見たかったのに肩透かしでした。いくら主役でなくても前半を盛り上げた立役者だったので最期の見せ場を派手に見せて盛り上がてほしかった。

2022-05-23 17:23:44
名前無し

勧進帳も弁慶の立ち往生もなかったけど
今までにない義経は
惹きつけられました。

2022-05-23 18:08:21
名前無し

義経逃避行伝説の一つとして、藤原氏が同行したというものがある。藤原氏は奥州だけではなく北海道や樺太、シベリアの東部なども支配していたというもので、長期間平和を謳歌した藤原氏では歴戦の鎌倉軍に敵わないと判断して奥州を捨てて支配下にあった北に逃げたというのである。頼朝に「行ってみたら平泉はがら空きだった」などとは報告できないので、でっちあげたということだ。

この時代の軍記物語はどこまで本当のことが書かれているか分からない。さすがにこれは無いとは思うが、高木彬光の小説「成吉思汗の秘密」にこういった記述があったので書かせてもらった。

2022-05-23 19:35:36
名前無し

三谷すげー
それだけだわ…

2022-05-23 19:53:13
名前無し

三谷の選んだ役者もすげー
も付け加えておくわ…

2022-05-23 19:56:36
名前無し

えっ、じゃあ「一ノ谷の合戦」も「屋島の合戦」も「壇ノ浦の合戦」も、頼朝はどうやって平家を破ったのか何も聞いていない訳ですか?。切なすぎる、哀しすぎる・・・。
個人的には吾妻鏡に出て来ないので実在しないフィクションの人物かも、との判断だったのかも知れませんが、那須与一を登場させて欲しかったです。

2022-05-23 20:10:17
名前無し

戦乱の世は嫌だな~。
義経が死んで900年くらい経つが、何も変わっていない。
人類はこの先も戦争に明け暮れるんだな。

静御前という単語は何度となく見聞きしたが、腹の据わった良い女だな。
また北条政子についてもっと知りたい。

2022-05-23 20:21:24
名前無し

義経は、後白河や奥州藤原氏など、頼朝にとって厄介な勢力に好かれてしまうんだよね。
後白河と義経はウマが合っていたと思う。でも、後白河は一筋縄ではいかない、最後はうまく利用されてしまった。

2022-05-23 20:44:52
名前無し

那須与一はさすがにいらんでしょw
そういうところ削るから北条家の物語が出来るわけです
この作品は源平合戦のドラマではありません

2022-05-23 22:42:29
名前無し

後白河法皇に嫌われた義仲は討伐されてしまった。
義経は法皇に気に入られたが、頼朝を自由にさせない為の対抗手段として利用され、殺されてしまった。
じゃあ結局、頼朝のように着かず離れずで、法皇のご機嫌は取るけど直接会わずに言いなりにはならないというスタンスが一番無難という事か。
そういう自分の義を通す(義仲)とか人を信用する(義経)とかではなく、自分の保身大事でうまく立ち回った人間だったから(頼朝は)鎌倉幕府を開けたという事か。
何だか、人付き合いの仕方のマニュアルを見ているようです。

    いいね!(2)
2022-05-23 22:44:11
名前無し

三谷幸喜は古畑任三郎しか認識無かったんだけど
この大河面白い!
信長、秀吉、家康を何年か毎にやるより
ほとんど知らない北条で良かったと思う。

2022-05-24 00:49:15
名前無し

自分が殺しように指示して話をしたかった馬鹿ですか
何人人を殺せば気がすむの。
本当に不愉快ドラマです。

    いいね!(1)
2022-05-24 02:31:26
名前無し

里は、「自分が手引きした」と言ったけど、あの場面を覚えている視聴者なら、あれは、あの時、義経に頼朝への憎しみを持たせて、一緒に頼朝を討とうとしていた源行家が企んだ事。
そして行家は、静に恨みを持つ里を上手く利用して味方につけた。

だけど、里は行家にそそのかされた事は義経に告げず、自分が手引きした事だとのみ告げた。
里は、自分の中の静への嫉妬心を義経にぶつける事で、自分の義経への愛を分かってほしかったのではないか。そしてその結果、義経に殺されたとしても、それは里の本望だったのだろう。

義経は思わず里を刺してから、我に帰って「すまぬ」と泣いた。
静の存在が里をこんなにも苦しめていたのだと、その瞬間に悟ったのだろう。
これらの逆説的な描写シーンが、哀しみを一層引き立てていた。

余談だが、タッキーの「義経」では、義経が京都を発つ前に、里を実家に帰していた。尾野真千子が演じた里は、静と衝突する事もなく、義経を愛し、義経も紳士的な態度で里を大切にしている印象だった。

何が本当なのかは、誰にも分からない。分かることは、小説家や脚本家の描き方ひとつで、人物像はどうにでも変わるということ。
歴史が興味深いのは、こんな点にもあるのだろう。

2022-05-24 02:36:52
名前無し

完全に闇落ちした義時。もう引き返せない。
修羅大河だ。

2022-05-24 03:48:48
名前無し

『何人人を殺せば気がすむの。本当に不愉快ドラマです。』って史実は変えられないからなあ。
フィクションとノンフィクションの区別が付かなくなるくらい面白い脚本って事ですか。

    いいね!(1)
2022-05-24 05:01:20
名前無し

義経が郷御前を奥州へ向かう前に実家に返したというのは聞いたことが無いので、「義経」オリジナル設定だろう。ジャニタレに忖度した結果で、滝沢秀明演じる義経に郷御前を殺させるわけにはいかないから事実と異なっていてもそういうことにせざるを得なかったと考えられる。
年末時代劇だったと思うが、ジャニタレの先輩、東山紀之が義経を演じたことがあった。このドラマではそもそも郷御前が登場せず、それどころか平家を滅ぼした後、静御前を伴って「新天地を探しに北に向かった」ことにされ、追手として差し向けられた梶原景時を返り討ちにするという荒唐無稽な話だった。

2022-05-24 05:58:28
名前無し

頼朝を殺すのは善児と言うことか。

2022-05-24 12:27:34
名前無し

「全部後白河のせい」
あいつの画策さえ無ければ、と思わずにいられない。
義時も嫌いになっていきそう。
頼朝は、どうしても頼朝自身が復讐の生き証人だから
情だけでは生きられないんだわね。
でも、辛かったわ〜
娘と妻の足だけの演出で、もう十分伝わった。
あーもう。ただただ辛い。辛い。

白拍子の舞、綺麗だったわ〜
途中からの覚悟、見せてもらいました。

来週からはまたガラッと変わるので、とてもメリハリの効いた大河ですね。

2022-05-24 18:51:47
名前無し

菅田将暉は「おんな城主直虎」では、後半の主役とも言える立ち位置だったし、今回義経役も、前半のクライマックスの主要な役だった。
そう遠くない将来に、大河の主演を張る事も予想されるが、30代後半の落ち着いた年齢になってからの菅田将暉主演が見たい気もする。

呉々も、それまでにスキャンダルなど起こさず、家庭を大切にして、堅実に役者人生を歩いていってほしい。

2022-05-24 21:34:05
名前無し

ストーりーを北条家の都合の良い展開にすつために、善児を使うのは
いかがなものか?

個人的な意見だが北条義時はドラマの主人公になるほど大きな仕事はしていない。承久の乱は、広元、康信の豊富な経験と知識によるアドヴァイスがあったからこそ、義時は後鳥羽上皇軍に勝つことができたのだ。

『尼将軍の13人』とタイトルを変えるべきだ。北条家が鎌倉幕府の中枢に上り詰めることができたのは、政子と頼朝の婚姻、政子の頼家、実朝を出産。これがなければ義時は地方武士で一生を終えていただろ。



スポンサーリンク


全 997 件中(スター付 414 件)948~997 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。