3.56
5 28件
4 18件
3 14件
2 8件
1 11件
合計 79
読み かまくらどののじゅうさんにん
放送局 NHK総合
クール 2022年1月期
期間 2022-01-09 ~
時間帯 日曜日 20:00
出演
華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に 権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き── 源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男 二代執権・北条義時。 野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。 新都鎌倉を舞台に繰り広げ...全て表示
全 192 件中(スター付 79 件)143~192 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
[1] [2] [3] [4]

2022-01-16 23:01:08
名前無し

まだ初回の再放送しか見られていないのですが、
初回のラストで女装した頼朝が馬で駆けていく場面、時代の幕開けに向けて動き出したかっこいいシーンなのに、
BGMが途中からドヴォルザークの「新世界第4章」が混ざっていたのにはビックリしました。
良いシーンだけに、有名なクラシックをくっつけるのではなくその場面や心情に合わせて、ちゃんと作曲して欲しかったです。

2022-01-17 00:36:55
名前無し

2話目見たら大泉洋の源頼朝はかなり適役なのかもしれないと思った。みんなのお神輿になるには、どこかスキがあり好かれる要素がないとダメだろう。同時に決断力と非情な部分も必要で腹の中を決してみせない。つまり、ぬらりひょん的人物というわけである。
だから大泉洋ははまり役だろうと思う。役者としてもかんろくがついて大物感なんかもかなり出てきているし。
なにしろ、大泉洋の悪い顔は実はかなり凄みがあり冷酷非情な感じがしてとても強力なのである。あまり悪人やらないからそんなイメージがないと思われているけど。
多分、その顔を見せた時に、義時と政子が驚き戦慄して、頼朝は自分達とはレベルがはるか上のとんでもない怪物だと認識するシーンがすごい見どころになるだろうと、2回目見ていてなんとなくそう思った。そして実は頼朝は清盛以上の大怪物で、パンドラの箱を開けた義時と政子はその尻拭いをするはめになっていくという物語になるのかもしれない。だとすれば、北条家の血生臭も中和され、見方も変わってくる。
なんかそう私は確信したのだが、はたしとどうなる事か。もしもそうなら、コレはかなり面白い大河になる事間違いなし!楽しみに見るぞ!
とにかく大泉洋の新しい頼朝は大いに期待します。

    いいね!(3)
2022-01-17 00:44:30
名前無し

つまらないものはつまらない。その一語に尽きる。もう大河らしい大河を見られる日は来ないのか。

2022-01-17 00:59:20
名前無し

大泉洋を巡るガッキーと小池栄子の、火花飛び散るマッチアップは面白怖かったですねw。

2022-01-17 02:38:04
名前無し

頼朝は石坂浩二、政子は岩下志麻。この印象が強いのだか、今回の頼朝、政子はどうかな。
あと、三谷幸喜脚本は、軽さを受けいれて見ないといけないのが、どうもなぁ。
エバンコールの音楽はとてもいい。

2022-01-17 02:47:13
名前無し

願わくば、頼朝は高橋一生で、政子は綾瀬はるかというキャスティングが見たいです。唐沢寿明と松嶋菜々子のコンビが再び、頼朝と政子役で蘇ったのも見たいかな。

2022-01-17 06:13:25
がおらー

挙兵の目的

四郎との温泉のシーンで頼朝は
「憎っくき清盛を倒す
院をお守りして正しき世に直す」
みたいな事を言っていた。
四郎も平氏の世の理不尽さを肌で感じてこれに呼応した。
頼朝が挙兵を打ち明けたこの時点ではいわゆる「武士の世」は考えておらず、清盛の打倒と院政の復活が目的だったと言うことか。

この時点での動機が
頼朝…父祖の恨みを晴らすことと自己の栄転
四郎達…地方における自分達小豪族の理不尽な待遇改善
と言うことだろう。
いずれも利己的な動機と言える。

彼等がやがて武士の世を作り出し武家の棟梁となるにはまだまだドラマが必要なようだ。

    いいね!(1)
2022-01-17 07:17:28
名前無し

2話目も面白かった。キャスティングがいいんですよね。

2022-01-17 07:27:16
名前無し

八重も頼朝のことを何を考えているかわからないと言うくらいに変わっているね頼朝は。
義時から千鶴丸が殺されたと聞かされた時は穏やかに答えていたが、義時が去ったあとで怒りを爆発させたり、兵をあげるのかの問いにも戦は嫌じゃと言ったと思ったら、清盛を倒す!と???。頼朝は二重人格の人なのか?

2022-01-17 07:37:48
名前無し

八重は一応姫らしい格好してるのに何で政子は下女みたいな服装なの?一話で父さんに服を変えさせたのに自分は化粧しても地味な服でエプロンみたいのをつけたまま頼朝と参拝してたり。

2022-01-17 09:34:35
名前無し

頼朝は悲惨な幼少期からの生活で、生き抜くために本音を簡単に出さない習性が身に付いていると思われる。
思ったままを、敵か味方か分からない、また今は味方の様でもいつ寝返るか分からない相手にぶちまけていたら、平家からの疑惑を呼ぶ可能性が高く、それは死に直結する。
単純でない、複雑な感情を冷静にコントロール出来る事が、源氏の棟梁として担がれた特性だと思う。

    いいね!(1)
2022-01-17 11:02:36
名前無し

面白いかもしれないがセリフを含めて全体的に軽くて大河特有の重厚感が足りなくて拍子抜けでした。なんか三谷劇団による喜劇の舞台劇を見ているようで違和感がありました。我々が見たいのは舞台劇ではなくドラマです。舞台では面白いかもしれないが、無理に舞台劇のようなものを大河で見せるのは安直で引いてしまいました。

    いいね!(2)
2022-01-17 11:20:21
名前無し

政治コント集団TNPや『いわゆるひとつのチョーさん主義』を大河ドラマでやってるみたい(@_@;)。
でも上の2つは名前をカタカナにして、コント・漫画としてだから笑えるが……。
次々とセリフが紡がれて退屈はしないが、ホント軽い。💧
八重の着物は絞りが入っていて美しかった。👘

2022-01-17 12:16:34
名前無し

キャストがよい

    いいね!(1)
2022-01-17 12:30:19
がおらー

まだ二話だけど歴史好きの三谷さんらしい脚本だと思う。
頼朝を単なる源氏の御曹子とは描かずに伊豆の豪族達の持て余し者として描いている。
頼朝自身も武士の世を作るんだ!といった崇高な理想に燃えるのではなく、憎っくき清盛を倒す!と言う私怨の黒雲渦巻く人としている。そしてその目的達成のためなら利用出来るものは何でも利用しようとする強かな面も持っている。
単なる都育ちの貴種ではなく下積みを感じさせる人物像だ。

坂東の豪族達も既にガンガンに火花を散らしている。
信用できるのは自分の家族だけで一族といえどもいつでも一戦交える危うさだ。

無茶苦茶面白いと思う。
これから楽しみだ。

2022-01-17 13:54:33
名前無し

まぁ、NHKが三度も三谷幸喜脚本を起用するという事は、軽いノリの大河も時々挟んで、視聴者層を拡大させたい狙いがあるんだろうな。

でも、上質のコメディって、話し方を現代風にしたり、時政の新妻へのデレや政子の媚びを大袈裟に演出したり、って事じゃないと思うがな。それって三流のやり方でしょう。
大真面目に演じる中からユーモアが生まれるような、そんな上質なコメディなら大河に相応しいと思うが。

第一話の政子の頼朝へのシナを作る様子は、なんだかLIFE!の笑えないコントを見ているようでシラケた。あれはやり過ぎ。小池栄子自身もインタビューで、大泉洋にやり過ぎだと言われたと言っているが。

その点、大泉洋は今のところマジメに演じている。顔が真面目ではないので、いつふざけるのか分からない危惧を感じさせるが、一流のコメディのあり方を理解している気がする。彼は顔だけでコメディなので、わざとふざけると過剰になる。
人たらしで二面性を持ち、ある意味、大ダヌキな頼朝役に大泉洋を起用したのは、そういう意味でも正解だったかもしれない。

LIFE!も星野源が抜けてからは、全く茶番な見る気のしない三流コント番組に成り下がってしまった。星野源もマジメに演じる中からユーモアを醸し出す俳優。ミュージシャンでもあり俳優でもある人って、その相乗効果で演技にリズム感が出る、というか。
星野源のオタク人間のコントは特に良かった。
この大河でも、どこかに星野源を起用するといいかもしれない。

    いいね!(1)
2022-01-17 16:18:25
名前無し

大河ドラマとは思えない。軽すぎてコントみたいです。残念。

2022-01-17 16:40:54
名前無し

三谷さんらしい毒のあるユーモアを楽しみたいです。
毒こそユーモアにくるめ、あざ笑いではない上質なユーモアを
なんです。
それが近ごろは巷に見られなくなって身も蓋もない批判や毒舌ばかりですから。
こんな時こそ三谷さんの出番です。
期待しています。

2022-01-17 18:43:35
名前無し

重厚さ 荘厳なものを作りたければ 三谷さんやクドカンに話は行かないだろうね。もう前期高齢者以上↑は 置いてきぼりでいいのかも。 40代は働き盛りでテレビ釘付け人は居ないし。
でもテレビドラマ視聴者の大半はご高齢なんだから 要望あれば 一年おきに 軽いもの重いものもやればいいと思います。
 学生の頃 歴女でしたが 頼朝のイメージは もっと頭の切れる男という人物像、、(自分の)
大泉洋さんはかなり違うー でも他の人たちはイイセンです。北条家はこんなに美男美女で描かれて なんだか楽しい

2022-01-17 19:29:23
名前無し

プロットや会話が単純でないのがよい。政子の気の強さ、賢こさ、腹の据わりっぷりが伝わる回だった。

2022-01-17 21:00:15
名無し

ダラダラしたドラマだ。スカッとするようなロケが少ない。りく(牧の方)が北条家に再嫁する場面、八重が武蔵(比企家)に、頼朝に会いに移動する場面などがあれば、華やかだし、時間軸と空間軸が明らかになり、大河ドラマらしくなる。

終盤、岩風呂で頼朝が義時に「平氏打倒」を打ち明ける場面。この時点では、頼朝に義時がいかなる力量のある人物かわからないはず。こんな大事なことは家長の時政や嫡男の宗時に言わないとダメ。緊張感のない武者ドラマにイラッとした。

    いいね!(1)
2022-01-17 21:11:36
名前無し

八重姫と政子にはかなり身分の差があるんでしょうね。
つまり伊東氏と北条氏の勢力の差。
北条氏はまだ伊豆半島の付け根あたりの小さな土豪にすぎず、政子も裾を引きずるような非活動的な服を着られるような身分ではまだない、と。

政子や実衣が腰に巻いているエプロンみたいなものは、「日本服飾史」のサイトを見ると、平安時代の庶民の女性の服に似たものがありますね。
エプロンのように仕事のときだけつけるものではなくて、ずっと着ているものらしいです。
ああでも、おめかししてお出かけするなら他に晴れ着はなかったのですかね。

2022-01-17 21:19:41
名前無し

三谷幸喜らしくテンポのいい大河に仕上がってます。

2022-01-17 21:27:38

北条時政は、非常に軽いですよね。しかし、その軽さが、何ともいえずおもしろいです。そして、時々出てくる実衣も、上手く茶化していておもしろいですね。やはり、このドラマは、その脚本のよさが際立っていると思います。ですから、初回から高評価を得ているんですね!!

2022-01-17 22:26:42
名前無し

なんかみんな、やたら軽いと言ってるけどさー、みんな忘れてるようだけど、来年の次の大河はもっと軽いぞ。タイトルと主演がああですから。軽い軽い戦国大河になる事間違いなし。もうそれ想像できますよ。恐らく大河史上一番の軽く批判だらけの大河になるかもね。
そんなわけで、きっと来年になれば、今の大河はましで良かったなーとみんな言うと思うよ。
だからみなさん、来年の事を考えて、今の大河を楽しみましょうね。まだ始まったばかりなんだから!

    いいね!(1)
スポンサーリンク
2022-01-17 22:40:11
名前無し

2話のラスト頼朝がかっこいい!

2022-01-17 23:34:28
名前無し

>恐らく大河史上一番の軽く批判だらけの大河になるかもね。

松潤に怨みでもあんのか。今作は「青天を衝け」に完敗したんだよ。

    いいね!(1)
2022-01-17 23:39:08
名前無し

面白くない大泉洋なんてつまらない。
小栗と大泉洋を逆にして欲しかった。

2022-01-18 00:15:13
名無し

>松潤に怨みでもあんのか。今作は「青天を衝け」に完敗したんだよ。
同感です。まだ松潤の大河ドラマは観ていないので、批判は避けましょう。
当方は「鎌倉殿の13人」を2回観ました。
完全に「草燃える」のオマージュです。「新選組!」も「新選組緑風録」オマージュで、「真田丸」は「真田太平記」のオマージュです。オマージュと言えば聞こえはいいですが、悪くいえばパクリです。
「青天を衝け」は、たたき台となる小説がないので、オリジナル作品と言えるでしょう。
「鎌倉殿の13人」は、オープニング映像は兵馬俑のオマージュ、聖母マリアのオマージュのように観えました。BGMの演奏はブダベストコアリングだそうで、平安末期の日本に関係のないものばかりです。
脚本もオマージュ、音楽もドボルサークのオマージュ、批判的な感想が出ても仕方がありません。

    いいね!(1)
2022-01-18 00:36:47
名前無し

どうも三谷の描く世界観というものになれないようでして…

2022-01-18 00:42:49
名前無し

今のところ、あまり惹かれません。

2022-01-18 00:45:33
名前無し

おもしろい。最後まであっという間だった。
頼朝は容易に本心を明かさない。本心を明かした相手は、凡庸そうな時政でも血気盛んな宗時でもなく、折衝に奔走し姉や八重の気持ちを慮る義時だった。ラストシーンに感動。

    いいね!(1)
2022-01-18 01:59:46
名前無し

ラストの小四郎、佐殿の対面シーンの間に政子、八重対面シーン挟むのはよかった。八重の「伊東を捨てて北条に乗り換えたのですね。」のセリフ、同じことを佐殿も言って見事シンクロしている、ように見えるが、八重側のセリフは、伊東という家は捨てたが、私が捨てられたわけでわないということを信じたいという気持ちが感じられて、ちょっとうるうるしてしまった。ただ新垣さんと小池さんのアップの切り替わり見てると、ついついリーガルハイ思い出して吹いてしまった。やっぱりコントなのか!

2022-01-18 07:46:20
名前無し

八重は子供を殺されたことを気づいているよね。義時とのやり取りで「命をかけて来ている」「まともなウソをつけ」と言っているから自分でわかっているんだと思うな。
来年はもっと軽いといった意見もありますが、私は大河に興味があるのは三谷作品だけなんで多分絶対に見ない。
私は去年のほうがマシだったではなく、今この時の大河を楽しみたいですし、わずか2話放送でも内容に満足してますよ。

    いいね!(1)
2022-01-18 09:50:08
名前無し

感じたことを書いてるのに、“楽しみましょう”とか……感情を押し付けるのは、なぜ? 何かのマナー? 社交界のパーティー会場みたいに “感じ”てる方もいらっしゃるのかな。

OPは兵馬俑、音楽はドヴォルザーク、その他、……三谷幸喜自身は楽しいんだろうか?💧

2022-01-18 09:58:41
名前無し

表ではにこにこしていても陰では不快感をばっちりだし、愚痴り本音を言う登場人物が面白いです。
ただ私は大泉洋さんがまだすきになれていなくて、武士っぽい風貌の安田顕さんの頼朝が見たかったと思っています。
このドラマの頼朝で大泉さん好きになれたらいいんだけどな。

2022-01-18 11:12:00
名前無し

紫綬褒章脚本家の三谷幸喜さんと言えども、直木賞作家の歴史家の永井路子と張り合うのは十年早い。

    いいね!(1)
2022-01-18 12:52:50
名前無し

頼朝の緩急の描き方が上手い。ラストにあんな決意表明されたら、小四郎でなくてもついていきたくなる。政子もただの恋や愛やだけでなく、頼朝の本意を知っていたからついて行こうと思ったのかも知れないなと思った。

2022-01-18 18:30:09
名前無し

京の政界を描かず、当時は僻地だった関東のいざこざばかり描いても興味が魅かれない。

    いいね!(1)
2022-01-18 18:37:14
名前無し

下げコメント大好きな三谷さん 下げても下がらない彼の創作力 こういう人が演劇界に必要なんだ。

2022-01-18 20:25:04
名前無し

笑おうと待っていたが、大笑いはなく2話は終わった。
三谷さんって笑わせたいんだよね?

2022-01-18 21:12:18
名前無し

>下げても下がらない彼の創作力 こういう人が演劇界に必要なんだ。

まあな。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるって言うものな。頑張って駄作量産に励めば一作品くらい面白いのができるだろう。打倒、クドカン!!

2022-01-19 00:22:38
名前無し

来年の大河のことを想像しながらこき下ろす不快な投稿があり、大変気分悪いです。

この鎌倉殿の大河の感想だけを書いたらいいでしょ。
ほんまに気分悪いわ 💢

    いいね!(1)
2022-01-19 00:39:32
名前無し

あの時代の装束が好き。
男物も女物もきんきら金が入っていなくて軽やかで生地の良さが生きている。
言葉も自然でいいわ。
本当なら「ずらずら」言ってそうだけどね。
伊豆だけに。

2022-01-19 00:50:34
名前無し

現代語でとてもいいですね。 時代劇全部がこうだと困るけど これは全然かまわない。こうでなくちゃと固い頭の方々には到底無理でしょうから ぜひ歌舞伎座でも。
赤穂浪士大好きな祖父はもうじき70ですが こんな大河もええなあと言います。

    いいね!(1)
2022-01-19 06:58:01
名前無し

個人の感想を「頭の固い方々」と表現すること自体が、それなのかと。😑
やっぱり “大河バラエティー” だわ。それも二流の。加齢臭がするもの(>0<;)。

2022-01-19 07:34:43
名前無し

この時代の武士の規模感がいまいちわからない。都を中心とした保元、平治の乱では平家、源氏とも数百人の戦いだったということだが、それはどれくらいの家(一族)が平家、源氏に付き従ったということなのか。関東ではどれくらいの武士がいて、どれくらいの一族があって、それらの血縁関係や平家、源氏とのそれまでの関係がどうだったのかという背景を知らないので、北条氏の位置付けや、伊東、三浦、比企などの立場がどうもピンとこない、というわかり難さはある。登場してくる13家などを有力な一族として、せいぜい数十家、数百人程度をまとめていれば、関東をまとめられたということなのかな。
一方で戦国ものだと、今までにも何度も登場しているから感覚的にはわかったような気になって見ているが、ただそれもイメージであって実際の関係性や規模は違っていたかもしれない。しかしこの時代は、イメージさえ最初からはつかめないからわかりにくい、というのはあると思う。

2022-01-19 07:47:24
名前無し

このドラマは添加物タップリの大手のブヨブヨパンみたいなのかな……。膨張剤とかイーストフードとか。脳も軟かくなりそ。🍞
咀嚼(そしゃく)能力が衰えると、こういう物を美味しく感じてしまう悲しみ。😓
添加物が入ってない真面目なパンは、割と固く、甘くないからね。

2022-01-19 07:58:33
名前無し

清盛が頼朝のことを忘れていたって、どんだけ大物ぶりを発揮してるんだ。これはいくらなんでも三谷幸喜が盛った脚本だな(笑)

2022-01-19 16:26:45
名前無し

なぜ私だけが生かされているのか。
一族郎党皆殺されたのになぜ私だけ、と頼朝は伊豆に流されて以来反芻していたはずである。
その解を求めようと仏教にのめり込んだ。
が、いくら自問自答しようと、その解は源氏の再興のため生かされたという答えしか返ってこない。
では再興するにはどうしたら良いのか。
親族がまったくいない唯一人で再興するにはどういう術があるのか。それは親族を自ら作る以外にない、と悟ったのであろう。
以来なるべく息を潜め(それを他人に悟られぬよう、殺されぬよう)監視役の伊東の娘に近づき子どもを生ませた。
孫ができれば伊東は、こちらになびくかも知れない、という計算づくである。
が、この計画は見事逆の目に出、頼朝は伊東を見限り、北条に可能性を求めた。
というのが2話での趣旨であろう。
面白い。



スポンサーリンク


全 192 件中(スター付 79 件)143~192 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
[1] [2] [3] [4]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。