3.02
5 635件
4 165件
3 85件
2 131件
1 635件
合計 1651
読み おちょやん
放送局 NHK総合
クール 2020年10月期
期間 2020-11-30 ~ 2021-05-14
時間帯 月曜日 08:00
出演
モデルは「大阪のお母さん」と呼ばれ、上方女優の代名詞ともいえる浪花千栄子。大阪の貧しい家に生まれた竹井千代は奉公に出ていた道頓堀で芝居の素晴らしさに魅了される。戦中、戦後の大阪で芸の道を一途に歩んだ人気女優の姿を描く物語。※BS4KとBSPは朝7時半〜 ht...全て表示
全 13768 件中(スター付 1651 件)13651~13700 件が表示されています。

2021-08-14 09:26:28
名前無し

視聴率の高いドラマが良質のドラマとは別に思わないけど、そりゃ視聴率は悪いよりは良い方がいい、なぜならこんなに良いドラマを、もっと見てもらえないのは勿体ないから…と、いうふうには思います。
けど「おちょやん」が記録より記憶に刻まれる良質のドラマとして、ずっと朝ドラの歴史に残り続けることは確信できます。見てすぐには話題になっても、やがてさっさと忘れられるようなドラマとは対極にあります。
今更ですが、杉咲花さんも渾身の演技でしたね。前からうまい方だと思っていたけど、何か生まれながらの天分というか周囲を圧倒する魅力があります。おちょやんは文字どおり彼女の代表作となりましたね。これからはいろんな人生経験をして、女優としても人間としてもさらに大物になってほしいです!

    いいね!(6)
2021-08-14 10:09:38
名前無し

確かに他のドラマの寄せ集めや史実の芸人や大女優を適当に絡ませて内容は濃いが、
許しのテーマのみでテーマが薄く人間が軽い浅ドラでした(笑)。

    いいね!(1)
2021-08-14 11:29:20
名前無し

とと姉でファンになったのに、このドラマでの私を見てみての演技ですっかり苦手になってしまった杉咲花さん。
脚本も酷かったですが、作品を嫌になるのはそれだけでは無いんだなと分かった朝ドラでもありました。

2021-08-14 13:25:31
名前無し

往年の松竹新喜劇というものを、恥ずかしながらこれまで殆ど観た事がなかった。
ドラマでその片鱗を知ることが出来、これも良い経験をしたと思う。
現代という土壌に持ってくると、
どうしても些か時代感のずれは感じてしまうが、それはそれ、
もっと日本がのどかだった時代の作品と思えば、往時をしのんでかえって懐かしく感じる。
新鮮な体験で、まだ自分が知らない世界がこの世に多々あるのだと今更ながら認識できたのも、「おちょやん」のおかげです。

    いいね!(1)
2021-08-14 13:56:08
名前無し

毎週趣向を凝らした物語を入れてきたが全体的に一本筋が通ったドラマになっていなかった。
ヒロインの女優として人間としての成長が描けなかった。なぜ女優になったのか
何を目指して女優になったのか、ただ流されて主体性のないヒロインで魅力がありませんでした。

    いいね!(1)
2021-08-14 17:14:52
名前無し

簡単に評価すれば、見事に時代背景を読み違えた朝ドラだった。
この先の読めないようなリアル社会に、この上ない暗く不快なドラマを朝から流し続け
視聴者を益々暗くしてしまう、最悪な選択だったと言わざる得ない。
エールが見事な迄にピタリと、時世にマッチしていただけに余りにも残念だった。

2021-08-14 19:54:28
名前無し

春子を養子に迎えた経緯などをみると、結局千代のなかでは「母であること」のほうが、「女であること」「妻であること」に勝っていたのではないかという気もする。
一平との仲は恋人というよりも、子供のころから親の愛薄く育ったことなど共通点が多く、つねに互いを励まし合ってきた幼な友達という面が強かったのではないか。
そして成長した二人を強く結びつけたのも、男女の関係という以上に、ともに芝居への情熱を生きがいとする同志という面が強かったのでは…というのは、私も2021-08-13 03:11:13さんと同じ考えである。間に子供が生まれていたら、その関係もまた少し違ったものになったのかも知れないが。
しかしだからといって、二人の関係が世間一般の夫婦に比べて希薄だったとは特に思わない。ただ、不幸な子供時代を送ってきた千代が、灯子の孕んだ赤ん坊をかつての自分のようにしてしまってはならないと人一倍強く感じたこと、その責任感が、一平と別れる発端となったのは確かであろう。
いずれにせよ、それが千代に新しい人生を選ばせるきっかけになった。安易な言い方かも知れないが、ある意味、それは運命の選択と言ってもいいのではないか。
いずれにしてもモデルとなった浪花千栄子さんが女優として大きく開花するのも、離婚してから後のことである。そして千代が春子の母となり、大阪のお母ちゃんになれたのも、やはり離婚してから後のことなのだ。

    いいね!(6)
2021-08-14 20:00:34
名前無し

トップでおちょやんの文字を見て、少しでもあの悪夢を思い出すと気分が悪くなります。
凄く嫌な朝ドラでした。

    いいね!(1)
2021-08-14 20:07:59
名前無し

たしかに私の周りの朝ドラファンの人達も、もう理屈抜きにおちょやんが嫌いで観たくないって言ってました(笑)

2021-08-14 21:13:57
名前無し

わかります。周りの人達も朝には見たくないドラマだったと言ってました。
こんなに不快な場面を入れるなら、夜に2時間ドラマとかで放送して貰いたかったです。
作品の良し悪しだけじゃ無く、内容と照らし合わせてもう少し時間帯を考えて放送して頂きたかったですね。そういう事も結構大事なことだと思います。

2021-08-15 02:40:23
名前無し

朝は忙しいので録画をして視聴していました。仕事から帰宅してじっくり観ると、光の使い方、活気と静けさのコントラストが美しく、心に浸透してくるのを感じることが多々ありました。

岡安の暖かい灯りに芝居茶屋の奥行きを感じたり、暖簾が揺れるのを見て通りの風を感じたり。
千代が奉公したての頃、風呂屋に間に合わず、道頓堀の溜め水を御髪に被り賑やかな通りに佇んだときの後ろ姿は、強烈に印象に残りました。あのシーンの孤独感があったから、成長した千代がお玉さんや里子ちゃんと一緒に風呂へ行く場面が、奉公先での日常の安らぎに映りました。

    いいね!(6)
2021-08-15 16:57:03
名前無し

おちょやんは千代の過剰な暴力シーンが酷すぎた。
身内にも他人にも見境ない暴力は、R指定級の過激さで
千代は朝ドラ史上最低最悪なキャラでした‼︎

    いいね!(2)
2021-08-16 11:19:28
名前無し

千代と一平の夫婦くらいお互いに愛情も無く信頼も無い夫婦も珍しいと思った。
結局お互い憎しみあって別れてしまったのも当然に思え不快でした。
千代も一平も夫婦らしい思いやりのシーンも無く自分の事しか考えないのによく結婚したよね。
間抜けな選択だったよ。

2021-08-16 14:52:58
名前無し

経緯が無く、結果ありきの展開ばかり。不幸の押し付けと唐突なお涙頂戴を繰り返し、あまりの薄っぺらさに笑いが出てきたくらい。
肝心の笑いとは言えば、うすら寒いコントのようなものばかりで身内だけが盛り上がっていたとしか思えなかった。ヒロインの自己中さにも呆れるばかりで最後はキレイにまとめるから、みんな感動してねと言わんばかりのあざとさ。
これほど腹が立った朝ドラは初めてです。

    いいね!(4)
2021-08-17 16:38:06
名前無し

時代設定はもっともらしく大変な時代を描いてヒロインの苦労の美談を描いたつもりが、結局不幸の押し売りやくどいお涙頂戴が興ざめでした。育児放棄やゆすりたかり窃盗に暴力放火未遂など人道から外れた人間ばかりでうんざりでした、話題を集めるためか分からないけれど不快な場面を見せつけてやりたい放題で最後は無理にキレイにまとめてあざとくて偽善感が否めませんでした。ヒロインも努力して女優になる描写があまりなく棚ぼた代役ばかりでした、また防空壕で都合よく喜劇役者に合うとか劇作家とは何の関係性もなく大して伏線もなく果報は寝て待てで向こうかラジオドラマの誘いが来る都合のよさ、自分で努力することなくお膳立てして貰いことをなすばかりの甘いヒロインに落胆しました。古い時代を描いているが現代を描いているお花畑のドラマを見ているようで期待外れでした。

    いいね!(3)
2021-08-17 16:51:36
名前無し

追加

向こうかラジオドラマ→向こうからラジオドラマ

2021-08-17 19:25:01
名前無し

おちょやんの宣伝ポスターが華やかでとても好きでした。
明るい色味の着物姿の杉咲さんのバックは、よく見ると芝居劇場の舞台と観客席ですが、淡いブルーを基調としていて、まわりには美しい花々が散りばめられています。本当にきれいで華やかです。良くできたCGだなと思っていたのですが、そうではなくて、一筆一筆ていねい人の手によって大画面に描かれたものだったとあとで知りました。まさに職人技です。
その絵画をバックに写真撮影がされたのでしょう。杉咲さんの笑顔がとっても可愛らしい素敵なポスターです。
おちょやんに関わる人々のあたたかい気持ちの表れだと思いました。
こういうあたたかい雰囲気はドラマ全体を通して伝わってきました。

    いいね!(5)
2021-08-17 21:26:10
名前無し

夜のドラマみたいな内容が多くて、朝から見るにはちょっと…
悪人がいてもいいけれど、ヒロインの夫の友人とか、もう少し距離があれば見ていられたかもしれない。でも、ヒロインの実父や弟があんなに悪い人間ってどうなんだろう。義母の存在も、途中からいい話みたいになって、ヒロインの気持ちについていけなくなった。家族にかなり裏切られているのに、物わかりが良過ぎて、他人事みたいに受け入れてしまうから、どんどん共感できなくなってしまった。

    いいね!(1)
2021-08-18 00:28:58
名前無し

よく存じませんが、みなさんはリアルタイムに朝ドラを視聴なさっているのですか?
私は週単位で見ています。
すると、セリフの一言、一言まで拾えてお勧めです。
また視聴率下がってしまいますかね。

2021-08-18 06:57:50
名前無し

おちょやんはいだてんでも活躍した、杉咲花さん主演だけに凄く期待していました。
しかし期待に沿うどころか全く逆で期待にはほど遠い酷い出来でした。
何が良くなかったかは、ここの視聴者の声に耳を傾けスタッフに反省してもらいたい。

    いいね!(1)
2021-08-18 07:17:04
名前無し

おちょやんは毎朝楽しく拝見させていただきました。
各キャラクターが生き生きとして見応えがありました。

    いいね!(1)
2021-08-18 09:43:47
名前無し

雑な脚本もだけど、キャスティングも残念だった。女将も違うし、何よりヒロインが合ってなかった。いつまでたっても子供のような雰囲気で見ていて違和感しかなかった。

演技力があるとか言われていたけれど、このドラマでは自分自分の鼻に付く演技でガッカリ。半年間もある朝ドラでは普通の演技力で良いから飽きのこない不快感を感じない女優さんをキャスティングして欲しい。

    いいね!(1)
2021-08-19 01:58:45
名前無し

杉咲花の感情表現豊かで達者な演技が懐かしい。
朝ドラ史上、最高に演技力あって華もある女優だ。

    いいね!(1)
2021-08-19 09:02:58
名前無し

不幸のてんこ盛りで何か事を起こしては無理くり、お涙頂戴に持っていき
他人には厳しく上から目線で物を言うくせに、自分にも身内にも甘い千代。棚ボタばかりでチヤホヤされる、こういうヒロインが一番見たくない。

2021-08-19 17:34:16
名前無し

今期の朝ドラが社会問題にまじめに切り込んだドラマなのに比べて、今思ってもこの朝ドラの悪ふざけのような全体の作りには正直呆れ果ててしまう。

スポンサーリンク
2021-08-19 18:06:59
名前無し

ドラマは感動的だったし、博物館レベルの小道具や衣装も素晴らしかったです。
浪花千栄子さんがモデルと云っても殆ど知らない方だし、
当初はながら見でもいいかと思ったのですが、
思っていたより本格的な作りと分かり、丁寧にみないと大切な所を見逃してしまいそうで、あわてて録画することにしました。

それが正解でしたね。いまだに録画を消せずにいます。

    いいね!(3)
2021-08-19 19:07:18
名前無し

何度もつらいこと不快なことがあってもくじけず(くじけそうになっても立ち上がって)前向きに生きた千代は偉かった。

2021-08-19 20:54:24
名前無し

最高に素敵な朝ドラだったよ。
千代のキャラが良かった!!

2021-08-19 21:14:20
名前無し

視聴者への配慮とか全く無い朝ドラで呆れました。
ラスト辺りの展開をみても結局、脚本家のやりたい放題だったなという印象しか残らなかった。
ヒロインにも一切共感出来ず終いで残念でした。

2021-08-19 23:24:42
名前無し

ドラマの内容の秀逸さは勿論ですが、それと同時に放送時に驚いたのは、
道頓堀の町並みの再現の素晴らしさ。
通り過ぎる人々の話し声まで聞こえてくるようで、
沢山の芝居茶屋でにぎわった往時のさまを実際に目の当たりにしているようでした。
臨場感あふれるカメラワークで、手抜きの見えないスタッフの仕事に感心するばかりでした。

    いいね!(2)
2021-08-20 00:06:45
名前無し

本当に道頓堀の町並みのオープンセットは見事でしたね。最近のドラマでは、やたらとCGが使われるようになり、それも精巧に出来ているので、これからはCGの時代かと思われそうですが、CGでは見栄えは良くても、俳優さんが実感の湧かない所で演技しなければならないので、必ずしも良い演技にならないようです。
その点、この道頓堀のオープンセットは大正時代の道頓堀の写真や地図などの資料を元に、ベテラン美術スタッフが制作したもので、当時の芝居小屋、和風建築、洋風建築、看板、旗などを歴史に忠実に再現しており、テレビで見た時には驚きました。
また、杉咲花さんも、「歩く人たち、みんなの表情が生き生きとして見えたのは、色とりどりの旗や暖簾がうれしそうに踊るエネルギッシュな道頓堀のセットに入っただけで力強いパワーを受け取ることができるからなのだろうなと感じました。私自身もその1人で、セットに入るといつも、活気のある道頓堀に置いていかれないように、しゃんと立って、がしがし歩くぞ!という気持ちにさせられています。」と語っていたそうです。(スポニチ Annex 2020.12.22より)
俳優さんをやる気にさせるセットだったのですね。

    いいね!(7)
2021-08-20 11:20:47
名前無し

ヒロインのワンパターンの怒鳴る演技が、内容の稚拙さに輪をかけて低レベルのドラマにしてしまっていたのではないかと、今期の清原さんのレベルの高い演技を見て感じる次第です。

    いいね!(1)
2021-08-20 16:55:23
名前無し

せっかく素晴らしいセットだったのに、怒鳴り声や喧嘩やドタバタばかりで、内容が酷すぎてセットが可哀想でした。
こんなドラマの舞台に道頓堀が使われて、大阪人の私としては本当に悲しいです。

2021-08-20 17:39:11
名前無し

道頓堀の見事なオープンセットはCGではなく、
昔の道頓堀の写真や地図を元に、ベテラン美術スタッフが制作したものとのこと。
心のこもったセットを背景に演技できた出演者の方たちは、とてもラッキーでしたね。
立ち並ぶ芝居茶屋のなかをきびきびした足どりで通りすぎる千代ちゃんの姿が、
今も目に見えるようです。
本当に観る者に元気を与えてくれる素晴らしいドラマでしたね!
ここに来ると色々勉強させて頂けるので得した気分です。

    いいね!(2)
2021-08-20 17:48:28
名前無し

半年通して見てきましたが、時に千代が可哀相で見るのが辛いこともありました。
子供のときは父親から捨てられ、成長してからは夫に捨てられる。
杉咲花さんの演技力が見事なら見事なほど、
千代の絶望感がひしひしと伝わってきました。

普通ならトラウマになるような人生ですが、
それを逆手にとって有名女優にまでなる千代ちゃんはすごい。
神は乗り越えられない試練は与えないといいますが、
まさに千代ちゃんの人生を言っているみたいです。
杉咲花さんの演技は、時に浪花千栄子さんが乗り移ったみたいと
感嘆しながら見ていました。

    いいね!(1)
2021-08-20 18:25:19
名前無し

コロナは益々脅威を増し普通の日常もなかなか戻って来ない日々ですが、この朝ドラが終了してくれた時は、一難去ったとここ最近では嬉しい出来事として記憶しています。

    いいね!(1)
2021-08-20 21:11:36
名前無し

せっかくの大阪放送局の美術スタッフが精魂込めて作り上げた
道頓堀のセットもドラマが駄作だと嘘っぽく見えてしまいました。

大河ドラマは出来が良かったのでパリのCG風景が本物に見えました。

    いいね!(1)
2021-08-20 21:34:44
名前無し

おちょやんの総集編を録画しておいて良かった。
何度みても傑作やな。
ずっと見てられるな。

2021-08-20 21:51:18
名前無し

おちょやん以上に不快な場面が多い朝ドラはもう作られないと思います。
そういう意味では記憶に残る作品になりそうです。

2021-08-20 22:36:25
名前無し

良いドラマというのは、
終わってすぐに忘れてしまうものではなく、
時が経ってからも、ときおり心に懐かしくよみがえるものですね。
普通はドラマを録画しても1~2度みたら消してしまうのですが、
「おちょやん」だけはどうしても消せないでいます。
またそう遠くない日に、こんな秀作に巡り逢えたら嬉しいです。

2021-08-20 23:32:42
名前無し

CGとセット、それに現地ロケはドラマによって、あるいは場面によって、それぞれに向き不向きがあります。撮影に当たってどれを使うかを考えるのも制作スタッフの腕の見せ所です。
このドラマの道頓堀に関しては、手間はかかってもオープンセットを選択して正解だったと思います。現に、杉咲さんは道頓堀のセットに入っただけで力強いパワーを受け取ることが出来たと言っているわけですから。

    いいね!(1)
2021-08-21 00:03:37
名前無し

道頓堀のセット、放送時はあちこちで
本物そっくりだと評判になってましたね。
私も感心して見ていたのを覚えています。

2021-08-21 00:11:08
名前無し

セットは立派なのに不快感満載でしかなかった朝ドラって悲しいね。
もうこんな残念な朝ドラ作らないでね。

2021-08-21 12:05:17
名前無し

良いとか悪い以前の問題。朝食を食べている家庭も多い時間帯に流すドラマとはとても思えない様な汚くてエログロ場面まであった朝ドラには相応しくない作品でした。

内容もご都合主義満載の制作側の自己満足としか思えない残念な朝ドラでした。

    いいね!(1)
2021-08-21 13:32:32
名前無し

表情が豊かなヒロインだったので毎日見ていて飽きなかった。
完全に千代に感情移入しました。

2021-08-21 16:31:50
名前無し

「うちは捨てられるんやない、うちのほうがあんたらを捨てるんや」
子供時代に邪魔者扱いされて奉公にだされるときの千代の台詞は、
それまで必死に強がって肩肘張っていた少女の魂の慟哭に聞こえました。
そのとき、このドラマは良い作品になると直感したのですが、
それは間違っていませんでした。
「おちょやん」での杉咲花さんの泣きの演技には、グッと心をつかまれてしまいました。
作り事がないというのか、骨の髄まで千代になりきっているのが伝わってきたからです。
すごい女優さんだと思うと同時に、
杉咲さんとこのドラマは、運命の出会いだったんだなと感じました。
長い朝ドラの歴史のなかでも、秀作として残る作品ですね。

    いいね!(5)
2021-08-21 16:41:54
名前無し

数々の不幸に出会いながらも健気に運命を切り開いていく千代の人生を、
こころゆくまで堪能しました。
現代のように恵まれた時代からは理解しがたいかも知れませんが、
昔はこんなふうに女性であるがゆえに迫害されたり、
不幸の底に突き落とされたりした女性が幾らもいたものです。
しかしそんな境遇のなかでも、雑草のようにたくましく生き抜いて、
女優として大成功した浪花千栄子さん。
それは今から思うと、ちょっと大げさですが奇跡のようにも感じられます。
でもそれを全く嘘くさく感じないで観ることができたのは、
八津さんのよく練られた脚本と、
それと同時に杉咲さんの渾身の演技のおかげだと思います。
ドラマに描かれた道頓堀の懐かしい光景や、千代と彼女をめぐる人たちなど、
そこに生きた人々の姿は、いつまでも忘れられないものとなることでしょう。

    いいね!(6)
2021-08-21 22:23:55
名前無し

それ風に見せようとしていたけれど、あまりにも違い過ぎて、結局モデルの名を借りただけにしか感じなかった。
杉咲さんは童顔過ぎて無理があったし。
評論家やライターが生意気な子供にしか見えなかったと書かれていたのを見たけど、ほんとそう思う。

    いいね!(1)
2021-08-23 01:47:24
名前無し

育児放棄や娘売買のたくらみや娘へのたかりやビンタや親に足蹴りのヒロインの暴力や弟の放火未遂や居候の劇団売上金窃盗や弟子との不義密通それに大物喜劇人同士の汚い生卵かけ合いの下品な行為や暴力団がらみの暴力シーンなど良い場面も台無しになる不快なものを見せつけて家族で見る朝ドラとしては失格でした。おかげで朝ドラ視聴者離れを起こして大変迷惑な朝ドラでした。

    いいね!(6)
2021-08-23 02:03:31
名前無し

赤字が出ました。自分は永遠に星評価が出来なくなりました。
くれぐれも複アカで不正星評価操作は行わないで規約をお守りください。

規約

放送終了後一定期間を経過した番組では、スターによる
評価は1回しかできません。
評価を行わないで感想だけ書き込んでください。



スポンサーリンク


全 13768 件中(スター付 1651 件)13651~13700 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。