3.02
5 635件
4 165件
3 85件
2 131件
1 635件
合計 1651
読み おちょやん
放送局 NHK総合
クール 2020年10月期
期間 2020-11-30 ~ 2021-05-14
時間帯 月曜日 08:00
出演
モデルは「大阪のお母さん」と呼ばれ、上方女優の代名詞ともいえる浪花千栄子。大阪の貧しい家に生まれた竹井千代は奉公に出ていた道頓堀で芝居の素晴らしさに魅了される。戦中、戦後の大阪で芸の道を一途に歩んだ人気女優の姿を描く物語。※BS4KとBSPは朝7時半〜 ht...全て表示
全 13768 件中(スター付 1651 件)13351~13400 件が表示されています。

2021-07-03 19:58:30
名前無し

まだまだ「おちょやん」ロスです。時代の価値観の違いもあるし、女性の地位がまだ低かった時代ではあるけど、その制約のなかでも幸せをつかもう、前向きに生きようとひたむきに頑張る女性の姿は、やはり普遍的な魅力を持っていたと思います。そういうものが浪花千栄子さんをほとんど知らない世代にも共感を持ってもらえたのでしょう。杉咲花さんを初め出演者の方たちも、よく頑張られたと思います。やはり時代ものはいいなあ。またこんなドラマをみたいです。

    いいね!(2)
2021-07-04 10:54:52
名前無し

「明日も晴れやな」
辛いことがあった時も、
千代みたいに月を見上げてつぶやいています。
千代は今頃どうしてるかな。
花ちゃんの次作、早くみたいよう。

2021-07-05 00:19:29
名前無し

私は物語が流れるように進む……というのはあまり好みでないので、
「おちょやん」のようにメリハリのあるドラマが好きだった。
名作「カーネーション」や「おしん」が好きだったのも、ドラマチックで盛り上がりのある作りだったから。
ただし、いま再放送されている「あぐり」は正反対ののんびりした作りなのに、
これはこれで楽しんで見れてるから不思議ですが。

    いいね!(2)
2021-07-05 03:28:48
名前無し

ゴチャゴチャしすぎて不愉快なドラマだった。

    いいね!(1)
2021-07-05 06:26:24
名前無し

凄くヒロインが輝いた面白い朝ドラだった。

2021-07-05 06:54:27
名前無し

小物、小業の下品さに辟易したドラマ。
帽子の中の生卵みたいに物語に必要な ら仕方ないが、ふんどしや片玉など、どうでも良いところで下品な笑いをとろうとした。
もっと普通に作れば、スカーレットと違い、まあまあな作品になったと思う。
撮影所に入れないときの仮装は、どこで手に入れたの?ハゲ面なんて当時売っていたのかな?
下品を作るエネルギーをもっと本編に力を入れてくれれば良かった。
これが、大阪の笑いや。どや!
という感じがしてとても嫌だった。

    いいね!(1)
2021-07-05 09:14:22
名前無し

星5が踊っているけどボクは騙されない。このドラマはつまらなかった。お茶の間でおちょやんの星1と星2がどうのこうの書かれているけどボクは嘘は書きたくないので正直な意見を言うしかない。

もう一度言う。おちょやんはつまらなかった。

    いいね!(1)
2021-07-05 15:11:08
名前無し

一平との辛い離婚の後、京都に逃げるようにして出てきた千代の心境を、
杉咲花さん自身、こんなふうに書いています。
>あの出来事があってから、きっと千代の心にはたくさんの「鍵」がかかってしまったのだろうと思います。でも栗子さんと再会して、春ちゃんと出会って毎日お話をしたり(略)するうちに、少しずつその「鍵」が外れていきました。それでもまだ大きな「鍵」は閉じられたままで…千代としては、その「鍵」を開かれる日はもうこないと思っていたと思います。

うまい表現ですね。「おちょやん」ファンがドラマ終了後も、様々な角度からドラマを掘り下げて、なんとか自分なりのおちょやん像を掴もうとするのはごく自然な行為だと思うし、自分もその一人です。優れたドラマにはありがちのことでしょうね。

    いいね!(2)
2021-07-05 16:05:53
名前無し

「月刊みなさまの声」出ました。
当然ながら、厳しい意見が好評意見の倍以上という悲惨な結果に終わりました。
竹井テルヲの週と一平の不倫の週が特に非難囂々だったそうです。
テルヲをあそこまで救いようのない毒親にしなくてもよかったし、一平も意味なく千代を裏切る流れにしたのも脚本家の失敗ですね。
欲望の限りを尽くす男どもに人生をもてあそばれた千代ちゃん。そして最後はその遺伝子たちを守る千代ちゃん。
杉咲花さん、まさかこんな役がくるとは思わなかったでしょうね。成田凌さんやトータス松本さんにもですが、杉咲花さんにもお詫びのドラマ作ってあげないとだめですよNHKさん。

    いいね!(2)
2021-07-05 16:52:55
名前無し

やはりね。当たり前だわ、こんな不快な朝ドラだもの。エールは好評意見が上回ったのも納得の素敵な作品だったわ。
おちょやんのような何でもありの作品は朝ではなく、夜に前後編くらいで放送するのに向いているドラマだと思う。

    いいね!(1)
2021-07-05 17:07:43
名前無し

それはそれは、どうも情報を有り難うございます。
それにしても随分、熱心ですね。
アンチというより隠れファンなのですね?
まず、予期されたことで、全然悲惨な結果と思っていません。
初めから万人受けするドラマとは考えていないので。
それに厳しい意見が好評意見の二倍以上なんて、
「花子とアン」もそうだし、他に幾らでもありますよ。
特に騒ぐような事ではないです。

    いいね!(1)
2021-07-05 17:19:51
名前無し

>当然ながら、厳しい意見が好評意見の倍以上という悲惨な結果に終わりました。

今ではもう閲覧できなくなりましたが、私は「月刊みなさまの声」を「あまちゃん」以降、すべてプリントアウトしています。必要があれば、いくらでも詳細にお答えします。
「おちょやん」ファンとしてと言うより公正に見て、確かに好評意見の高い比率の作品は一部強硬なアンチ以外からは評判が良かったものが多いです。
1.あまちゃん、2.あさが来た、3.エール、4、ひよっこ、5.マッサン、6.ごちそうさん、です。

しかし、逆は必ずしも真ならず。厳しい意見の比率の高い作品で、視聴率が良かったり、ここの評価が良かったり、各賞受賞している作品があります。
1.純と愛、しかし、2.半分、青い。、ですよ。そんなに酷かったですか。秋風羽織なんて最高のキャラクターじゃないですか。高視聴率作品でもありました。3.べっぴんさん、も前半は良かったんじゃないでしょうか。闇市で五十八と根本の対決場面。黒澤明の時代劇みたいで感動しました。4.まれ、5.わろてんか、ですが、花子とアンは好評意見も多い代わりに厳しい意見も多く中レベルの作品になっています。東京ドラマアワード脚本賞、橋田賞、エランドール賞受賞作品がですよ。

結論。だから「おちょやん」は一般視聴者から批判が多かったのはそうだが、決して悪い作品ではない。むしろ、良い作品だった可能性もある。勝ち誇ったように言うのは止めて頂きたいです。
本来なら星5投稿したいのですが、不正星4、5が横行している感が拭えませんので星評価は控えます。

2021-07-05 17:24:08
名前無し

踏んづけられても立ち上がる千代ちゃんが好きでした。
負けないぞ。
コロナやいろんなものに。

    いいね!(1)
2021-07-05 18:00:13
名前無し

私も負けません。
大半の方がちゃんと規則を守って投稿し、
星を入れているのは、
投稿文をきちんと読めば分かることです。
アンチの圧力に負けて、星を入れられない
などという事があってはならないし、
相手の思うつぼだと思います。

2021-07-05 18:02:04
名前無し

>アンチというより隠れファンなのですね?

こういう嫌味をいって何が楽しいのかしら。事実を書かれているだけのことだしね。

2021-07-05 18:04:42
名前無し

あらあら、嫌味はそっちのほうがよっぽどお得意でしょ?

2021-07-05 18:09:51
名前無し

いやいやファンの嫌みの方が凄いよね笑

2021-07-05 18:19:44
名前無し

おちょやんはエールやおかえりのように盛り上がりのないつまらない朝ドラと違って大変楽しかった。
ヒロインの演技力が抜群でした。

    いいね!(1)
2021-07-05 21:27:53
名前無し

1純と愛
2半分、青い。
そしておちょやん。
お察しのメンツ。
脚本家が視聴者にケンカ売るタイプは朝ドラに向かないと思う。

    いいね!(1)
2021-07-05 22:06:57
名前無し

たくましい千代ちゃんは素敵やな。
脚本も安定感があって良かった。

2021-07-05 22:11:42
名前無し

「花子とアン」も忘れないでね。
厳しい意見が好評意見の2・4倍近いです。

2021-07-05 22:37:54
名前無し

11月の東京ドラマアワードで優秀作品賞を取れば、何の問題もない。
「みなさまの声」はあくまで一般大衆の意見です。
「いだてん」「おっさんずラブ」は超低視聴率でしたがグランプリを獲得しました。プロからの評価が高かったのです。

2021-07-05 22:42:41
名前無し

>「花子とアン」も忘れないでね。

「あまちゃん」以降のワースト5には入っていませんから中レベルの評価でしょう。

2021-07-05 22:43:15
名前無し

他のドラマがどうとか関係なく、おちょやんは好評意見に対して厳しい意見が凄く多かったいうことですね。まあ当然でしょう、朝に見ている人達がどんな風に感じるかなんて関係なく、作り手が好き放題にやっていたんだから。

それまで不快感満載で酷かったけど、まだ潔さみたいなものがあったのに、何あのラスト辺り。毒親は毒親で良かったし、栗子まで実は良い人でした的にした脚本が最低最悪。
何、何でもかんでも綺麗に纏めてちゃってるの?と呆れたし、そこまでして良さげな作品風にしたかったんだと、何だか可哀想にも感じたけど。

    いいね!(5)
2021-07-05 22:52:28
名前無し

>毒親は毒親で良かったし、栗子まで実は良い人でした的にした脚本が最低最悪。

私は「エール」ファンでもありますが、軍歌の覇王と言われた古関裕而さんをモデルにした裕一が藤堂先生や弘哉君の死にショックを受け贖罪のために「長崎の鐘」を作ったのと同じで改心したのでしょう。

スポンサーリンク
2021-07-05 23:02:43
名前無し

それとはちょっと意味合いが違うと思います。

2021-07-06 00:27:48
名前無し

千代は父テルヲを許したのかどうかという問題は、
ここでも盛んに議論されたものです。
それに対する答えは永遠に出ないのかも知れませんが、
私としては千代はテルヲのことを最後まで許すことはせず、
亡き母(神)の審判に委ねたのだと思っています。
監獄内の千代とテルヲとの面会シーンは、
後々まで語り伝えられる名場面ではないでしょうか。
泣いてわびる父に向けて千代は、これまでの恨みを悉くぶつけ、
「うちはあんたを許すことなんて絶対でけへん!」と切り返しました。
しかしその後、「けどお母ちゃんならもしかしたら許してくれるかもしれへんな」
と言いつつ、亡き母の写真を取り出して見せます。
テルヲは写真を金網越しに見ながら、詫びのことばを繰り返して泣き崩れますが、
それを見ながら千代は、「しぶといだけがあんたの取り柄やろ。
どないえげつない手使てでも、うちにもっぺん笑てお父ちゃんて呼ばしてみ!」と
涙をこらえつつ、発破をかけたのです。
甘さや馴れ合いの気分などはみじんもなく、
人間存在の根幹に触れるというか、思うだに凄い場面でした。
いみじくもライターのコメカさんは
「朝ドラ『おちょやん』の「家族の描き方」の凄まじさを、あらためて語りたい…!」でこう書かれています。
「ここにおいて千代は、「家族」であることが生む泥沼に打ち勝った。愛憎の混濁に溺れ肉親間で一体化してしまうのではなく、毅然とした意志の力で自らとテルヲとを切り分け、分離する。「うちはあんたを許すことなんか絶対にできん」という言葉通り、非道な仕打ちを繰り返してきた親を彼女は許すことなく(許す必要なんてない)、その上でひとりの人間としてテルヲに対峙することで、彼を恨み続ける地獄から脱し、本当の意味で自らを救ったのだと思う。」
まさに至言ですね…。私の頭のなかでモヤモヤしていたものを、一刀両断で言い切って下さり、胸のすくような思いでした。

    いいね!(7)
2021-07-06 06:52:37
名前無し

おちょやんは脚本が骨太でしっかりしていた印象です。
個々のキャラクターも個性豊かで丁寧な設定でした。

2021-07-06 17:14:08
名前無し

千代ちゃんに、こちらが励まされた思いの半年でした。
綺麗事だけではないドラマに、かえって感動。

    いいね!(1)
2021-07-06 18:27:10
名前無し

千代の半生を見ると私も頑張らないとと勇気をもらえました。
こんな朝ドラがまた見たいな。

2021-07-06 23:38:45
名前無し

管理人さん、早く不正な評価は一括削除して下さい。

2021-07-07 04:24:22
名前無し

あまり書いてる人がいないけど、
京都編で撮影所の入り口の守衛さんと千代のバトルが面白かった。
守衛さん役だったのが、一平演じる二代目渋谷天外の実際の息子さん。
なんとしても女優になりたいと思い詰めた千代は、
撮影所のお偉いさんに直談判するため、
鶴亀映画京都撮影所の中に強行突破を試みようとする。
だが門には怖い顔の守衛さんが頑張っていて、とても入れる状況ではない。
それでも千代は前を歩いていく人に隠れて入ろうとしたり、
あるいはハゲのかつらをかぶって変装したり、いろんな試みをするが、
結局は守衛さんに帯ごとつかんで、引きずり出されてしまう。
このときの千代と守衛さんの攻防戦が、いかにもユーモラスで面白かった。
後で聞くと、あそこは千代ちゃんと守衛さんのアドリブ合戦だったそうです。

    いいね!(1)
2021-07-07 15:49:38
名前無し

このドラマは子供時代を除いて、スタジオ収録の場面が多いが、ここぞというところではストーリーに適したロケ地を選んで情景を盛り上げている。
みつえと福助が駆け落ちしようとする場に、千代が追い付き引き留めているところにみつえの母・シズが駆けつける場面(第55回)を見て、どこかで見た場所だなと思った。神社の石畳の参道で、左右に石灯籠がずらりと並んでいる緩やかな坂道・・・。そうだ、シズが若い時、駆け落ちしようとまでした早川延四郎と、千代の仲立ちで待ち合わせて会うシーン(第15回)もこの参道だった。
いま、見直してみると、過去を想いつつも、今のお互いの立場をしっかり思い遣り別れを告げる、悲しくも美しいシーンであった。「相変わらず舞台の上以外の芝居は下手ですこと・・」「今のわてがあるのはあんさんが支えてくれはったお陰だす。ほんまにおおきに・・」そう言って参道を後にするシズを見送る余命いくばくもない延四郎は、相好を崩して涙にむせぶのだった。
そのシズの娘がまた同じ参道で福助と駆け落ちをしようとしている。20年前、シズは先代女将のハナに止められてここに行かなかったのだ。ようやく娘を探し当てたシズは、これは神様のお導きだと安堵する。そして、千之助から舞台を通して教わった「母親の無償の愛」の話を千代から聞いたみつえは、石畳に正座して、母に訴えた。「お母ちゃん、堪忍!うちが間違うてた。もう二度と駆け落ちなんかせえへん。娘やさかい、無理言います!福助と一緒にならしとくれやす。」「何べんでも言います。お母ちゃんを困らせます!堪忍な・・・」
その思いはシズに伝わった。我が身の過去の経験を重ね合わせながら、同じ場所で娘に自分と同じ思いをさせてはいけないと思ったのだろう。シズは福助の母で、犬猿の仲だった菊に会いに行き、二人の結婚を許してほしいと頭を下げたのだ。
これは「神様のお導きだ」とシズが思ったことは大きい。それを表現するにはスタジオのセットでは不十分である。苔むした石畳や石灯籠に囲まれたあの参道こそが、ドラマの情景を引き立てたのである。丁寧でよく考えたドラマ作りだったと思う。
ちなみに、あの石灯籠の並ぶ参道は、ドラマの設定では神社の参道だが、実は滋賀県大津市の三井寺の一角である。私も何度か訪れたことがあるが、広くて風情ある景観がそこかしこに点在する美しい寺である。

    いいね!(6)
2021-07-07 16:58:12
名前無し

千鳥劇団のときは少しはあったがその後千代が役者の勉強をしたり一平と役者について葛藤しり女優として励んいる様子はあまりなかったし千之助もわしが千代を鍛えたと言ったがセリフだけのこじつけで落胆しました。万太郎と千之助の対決だとか史実の女優を無理に絡ませるなど脇に重点おきすぎて描いたために千代の女優としての成長が感じられずおまけに棚ボタ代役の安易な展開が輪をかけ千代の女優としての成長も凄さも感じられなかった。したがって張子の虎みたいな上辺だけの女優成長物語になり残念至極。

    いいね!(2)
2021-07-07 19:41:57
名前無し

>京都編で撮影所の入り口の守衛さんと千代のバトルが面白かった。

私もあのシーンの千代が面白くて好きでした。
あのシーンは中途半端な女優では絶対できなかったな。
さすが杉咲花さんでした。

2021-07-07 21:37:44
名前無し

おちょやんと千代からたくさんの元気をもらいました。

2021-07-08 00:23:16
名前無し

これは女優としての成長物語じゃなくて、千代と言う極貧毒親の不幸の星の下に生まれた女性が数々の試練を経て幸せをつかむまでの話でしょう。素晴らしかったです。
いい加減「カーネーション」症候群のお仕事ドラマ偏重から逃れるべき時です。

    いいね!(1)
2021-07-08 09:54:37
名前無し

時おり複アカ複アカと言いがかりをつける人がいますが、
それならまず複アカの星1のことを問題にしてほしいです。
特に5月ごろまでは、非常に多く見受けられますよね。
ここの大半の人は真面目に感想を投稿し、
週に一度真面目に星を入れているんですから、
変な言いがかりはやめて下さい。
ちゃんと規則を守っている人たちに対して失礼です。

2021-07-08 10:06:30
名前無し

ラジオドラマの最初の顔合わせの朝、栗子が花かごを千代のもとに持ってきて、
これまでずっと千代の芝居を見てきたこと、それが自分の生きがいだったこと、
花かごを贈り続けたのは他ならぬ自分であることを打ち明ける。
「では、ずっとうちのことを見てくれてはったん」と、
感動のあまり思わず泣きだしてしまう千代。
自分はこの世で一人ぼっちだと思っていた間も、決して独りではなかったのだと、
初めて知った事実をじっと噛みしめたのだろう。
その後、二人で涙に濡れた顔を見合わせて、笑いあうシーンは実に感動的だった。

確かに「おちょやん」の最後の数週間は見事な完成度である。
しかしそれらのシーンであそこまで感動出来たのは、
それまでの苦しい数カ月があったからこそなのだということを、
忘れてはならないと思う。
半年間の放送のあいだ、幾度千代とともに涙を流しただろう。
悔し涙、嬉し涙、絶望の涙、そして感動の涙。
それもみな優れた脚本と、花さんの渾身の演技があったればこそであろう。
深いストーリーがあれば、ここまで人は感動することができる。
それを地でいったような半年間だった。

    いいね!(3)
2021-07-08 14:07:26
名前無し

もの言う人がたたかれ、「これは理不尽ですよね、私もそう思います」というために集まった人たちが追い散らされる今。
「言うべきことは言っていいんだよ」と背中おしてくれた千代ちゃんに感謝です。

    いいね!(1)
2021-07-08 14:23:03
名前無し

千代の偉そうな言動が鼻についてしまって不快でした。
ドラマ自体もあざとさが目立つ脚本で見ていて嫌気がさしました。  
朝には相応しくない作品だったと思います。

    いいね!(3)
2021-07-08 15:14:14
名前無し

>それならまず複アカの星1のことを問題にしてほしいです。
特に5月ごろまでは、非常に多く見受けられますよね。

そちらもそういう事を言われるなら、お互い様なんじゃないですか。
不正な評価することが何より失礼なことなので、やめて貰いたいものです。

2021-07-08 16:08:31
名前無し

大声で威嚇する朝ドラ
おちょやん半グレ放火犯罪を見て逃がす
不正ありきのドラマでした。

    いいね!(1)
2021-07-08 16:11:22
名前無し

先に言いがかりをつけてきたのはそちらですよね。
星5の感想が入るつど、同じような文面の投稿を何度も繰り返され、不愉快です。
何か問題があるなら、黙って違反申告すれば済むことです。
複アカ扱いされるのがイヤで、星を入れることが出来ないと書かれている方が、
何人もいました。
ともかく、真面目な投稿者たちの迷惑になるような投稿はやめて下さい。
ここはあくまでもドラマの感想を投稿する所で、
投稿者の事をあれこれ言う場所ではありません。
そういう話題はお茶の間でお願いします。

2021-07-08 16:18:46
名前無し

>先に言いがかりをつけてきたのはそちらですよね。

先の投稿は私が書いたわけじゃないですよ。他の方です。
今は違反申告なんてしてもいつされるかわからない状態。真面目な投稿者の為に不正はやめて下さいと訴えさせて頂きます。

2021-07-08 16:20:24
名前無し

今は違反申告なんてしてもいつされるかわからない状態。→✕
今は違反申告なんてしてもいつ削除して貰えるかわからない状態。→○

2021-07-08 16:23:18
名前無し

どちらにしても、
ここにドラマの感想以外のことを書くのは辞めて下さい。
純粋に感想を書きたい人が、投稿しづらくなってしまいます。
第一、規則違反ですよ。お茶の間でお願いします。

2021-07-08 16:36:35
名前無し

不正な評価操作はやめて下さい。
管理人さん、一括削除お願い致します。

2021-07-08 19:03:53
名前無し

こんな素敵な朝ドラは初めてです。
とても脚本がよくヒロインの杉咲花さんの演技力が完璧でした。
おちょやん、ありがとうございます!

2021-07-09 00:02:32
名前無し

2021-07-08 10:06:30さんの花籠の投稿を読んで、私もあの花籠が登場する度に、きれいだな、誰が送ってくれたんだろうと思ったものです。私はヨシヲではないかなと密かに思っていたのですが、違いましたね。栗子さんと分かって、ちょっと驚きましたが、栗子さんの話を聞いて納得しました。千代の役者としての成長を見守っていてくれたのですね。
それはそれとして、私はあの花籠そのものにも興味を持ちました。今なら普通ファンの人が持ってくるのは花束ですよね。あれは昔だから花籠だったのかなと思いましたが、ちょっと調べてみたら、花束というのは受け取った人が自由に生け花に仕上げて飾れるように花茎の長い状態で花が痛まないように束ねるもので、昔からあって、贈答品にも使われていたのだそうです。
一方、花籠も生け花から生まれたもので、今で言うフラワーアレンジメントですね。
そして、花籠自体が、竹で細かく編んで作る工芸品で花の形を崩さないで持ち運びが出来るように持ち手が付いている凝ったものだとのこと。花束よりもある意味高級なのですね。
そういう花籠を、栗子さんは千代にとって大事な時に贈り続けていたということからも、栗子さんの千代を思う気持ちが伝わる気がしました。こういう小道具にも気を配って作られたドラマだったのだなと思いました。

    いいね!(5)


スポンサーリンク


全 13768 件中(スター付 1651 件)13351~13400 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。