3.02
5 635件
4 165件
3 85件
2 131件
1 635件
合計 1651
読み おちょやん
放送局 NHK総合
クール 2020年10月期
期間 2020-11-30 ~ 2021-05-14
時間帯 月曜日 08:00
出演
モデルは「大阪のお母さん」と呼ばれ、上方女優の代名詞ともいえる浪花千栄子。大阪の貧しい家に生まれた竹井千代は奉公に出ていた道頓堀で芝居の素晴らしさに魅了される。戦中、戦後の大阪で芸の道を一途に歩んだ人気女優の姿を描く物語。※BS4KとBSPは朝7時半〜 ht...全て表示
全 13768 件中(スター付 1651 件)13301~13350 件が表示されています。

2021-06-28 17:12:39
名前無し

皆さんはとっくにご存じだとは思いますが・・。
N○Kの「花note」、花ちゃんやトータスさんへのインタビューとか、「けんか音頭」とか、なにしろ内容豊富です。
以前はざっと観て通りすぎたのが、おちょロスに苦しむ今は、一つ一つ丁寧に読んでいます。
花さんのおちょやんへの熱い思いも聞けてなかなか面白いですよ。それと案外、トータスさんのインタビュー内容が、本音が透けて興味深かった。
今ごろ気づくとは遅すぎると思うのですが、重度のおちょロスで、何かおちょ関連のものを…と探して、見つけた一つです。

2021-06-28 17:13:39
名前無し

結局ヒロイン叩きなんだね。
モネでも一緒。
大嫌いどか気分悪いとか上から目線とか直接言われた方の
身にもなってほしい。

2021-06-28 17:29:10
名前無し

総集編よくまとまってて、よかった。

2021-06-28 17:36:39
名前無し

最終回の千代の舞台のシーンは壮観だった。
千秋楽の舞台上には寛治が、舞台の袖には亡き大山社長の肖像画を抱えた鶴亀の熊田や、徳利、香里、天晴、漆原などの劇団員たち。さらに舞台裏の片隅には、ドラマの語り役だった黒衣の桂吉弥の姿もあった。
そして客席にはシズ、みつえ、宗助、かめなどの岡福の面々。ラジオドラマ「お父さんはお人好し」の脚本家の長沢と父親役の花車当郎、子供たち役が並んでいた。
さらに千代の娘、春子…。
こうして千代と関わりあってきた大切な人々が、ずらり勢ぞろいしていた。皆、涙と笑いで拍手喝采だった。中でも春子の涙が美しかった。
そしていうまでもなく、千代の目にだけ映ったテルヲ、サエ、ヨシヲの姿も…。
晴れ舞台を見せてあげるという約束が、ぶじ果たされたのだ。
本当にいつまでもいつまでも見続けていたいワンシーンだった。

視聴者からは「ずっと見続けてきて良かった!」とか「おかげで頑張って生きようと思えた、ありがとう!」などの感動の声が殺到したという。私もその中の一人である。
こんな珠玉のような朝ドラに巡り逢えて、私もつくづく幸せでした。
本当にありがとう!

    いいね!(5)
2021-06-28 19:09:25
名前無し

総集編ではおちょやんの魅力が凝縮されていてとても良かった。

2021-06-28 23:02:49
名前無し

複アカ丸出し

2021-06-29 02:39:32
名前無し

「おちょやん」は人の気持ちが一つ一つ丁寧にじっくりと描かれていて、見る人を深い感動に誘ってくれましたね。
気がついたら、いつしか自分も画面のなかに引き込まれていました。
作家さんの癖なのか、好き嫌いがはっきりしていて、凝るところには徹底的に凝る所があり、それが今回は良い方向に出たドラマでした。
主演の杉咲花さんも同じで、この役に心底惚れ込んでいるのがよく伝わってきました。これはもう、すごくラッキーな融合の結実なんだなと、つくづく思ったものです。

> 『おちょやん』は、本当にすてきなせりふ、ストーリーで、一生この現場で演じていたいと思うほど毎日が幸せでした。『おちょやん』で他の役ができるとしたら、どの役をやりたいですか?と聞かれたとしても、また千代を演じたい!それほど千代が大好きです。(略)『おちょやん』は、私の代表作であり、一生の宝物です。

これは、と或るインタビューに答えた杉咲花さんの言葉です。そんなドラマを見せられた方も、ラッキーだったと思わずにいられませんね。

    いいね!(5)
2021-06-29 06:54:23
名前無し

ダメ親とかどうしょうもない弟とか、そういう人達の描写というか見せ方が身も蓋もなくて、見ていられなかった。
とんでもない欠点のある人は、それを遥かに上回る人間の魅力や愛嬌で、しょうがないなーと思わせるようにしてこそ。
普通に最悪な見せ方をしてしまったのが問題だと思った。

    いいね!(2)
2021-06-29 07:01:17
名前無し

おちょやんくらいヒロインが輝いていて魅力のある朝ドラはなかったです。
千代は過酷な境遇にもかかわらず逞しく育ったえらい女性だと思います。

    いいね!(1)
2021-06-29 07:11:23
名前無し

よくこんな最低な朝ドラ、半年間も放送出来たね。
呆れたわ。

2021-06-29 12:11:08
名前無し

脚本が残念でも、ヒロインに魅力があればまだ見られたけれど、上から目線の偉そうなヒロインにムカムカすることが多かったです。

    いいね!(1)
2021-06-29 14:17:57
名前無し

名乗りをあげなくてもいいですよ。
変わってくれればいいだけです。

2021-06-29 16:58:01
名前無し

本放送が終わってからも、録画やオンデマンドで楽しんでいます。
美しい絵と美術、濃密な内容、役者の深い演技に何度見ても発見があり、見飽きることがない。またそれを支える音楽がすばらしい
終わってなお、胸が震えるような気持ちがよみがえるドラマです。

    いいね!(3)
2021-06-29 18:27:28
名前無し

不快さはスカーレットと通ずるものがありましたね。
本当に視聴者が喜ぶところを間違えて作ったドラマ。

    いいね!(2)
2021-06-29 19:04:32
名前無し

総集編を録画したおかげで毎週おちょやんを楽しんでいます。
今の朝ドラが物足りないだけにおちょやんがいかに素晴らしかったかがよくわかります。

2021-06-29 19:56:26
名前無し

相変わらず他の作品下げ好きね。

2021-06-29 21:40:01
名前無し

ちりとてちん、懐かしいな。
あれが終わった後も深刻なロスになったのを思い出します。
いろんな魅力を秘めたドラマでしたね。
確かにどこかおちょやんに通じるものがあります。

2021-06-29 22:56:59
名前無し

BSが「ちりとてちん」「カーネーション」と続いた時の地上波が「ごちそうさん」「花子とアン」だった。比べられて批判されるのは気の毒だった。
それから大阪制作も東京制作も東京ドラマアワード受賞では近作は5割のケースで受賞(予想も入る)で最近の朝ドラは昔よりレベルが高いです。BSは秀作の過去作ばかり選んでるから昔は良かったと思えるのです。

2021-06-30 00:05:44
名前無し

最終回のラストシーン。なかなか情緒があった。満開の桜が風に舞う中、青空を見上げ「今日も、ええ天気やな」とつぶやいた千代は、「お母ちゃん、はよう」と春子に急かされて広い道を歩いて行く。すれ違う職人さん、追い抜いて学校に急ぐ女学生などに声をかけられ「おはようさんでございます」と明るく、丁寧な言葉で挨拶する千代には幸せな雰囲気が漂っていた。
それで思い出すのは、昔のことだが、テレビかラジオのCMで「浪花千栄子でございます」と優しく丁寧な言葉で名乗っていた、あの声はまさに最終回の千代の挨拶と同じであった。最も品の良い浪花言葉であった。

    いいね!(3)
2021-06-30 10:49:00
名前無し

「おちょやん」が終わってさびしくなりましたね。
半年間、ずっと千代とともに泣いたり笑ったりしてきました。
感動という言葉、普段は何気なく使っていますが、
「おちょやん」の与えてくれる感動は、また格別です。
人間の本質的な部分に触れるというのでしょうか。
そういう経験を味わわせてもらえたドラマは、久方ぶりです。
このドラマは後半になって急に面白さが増したという評判ですが、
私のように初めから見てきた者からすると、
それはあちこちの道筋でさり気なく置かれた伏線がようやく実を結び、
作者が伝えたかったテーマがはっきりしてきたからではないかと。
私も最初観たときは一見無意味に思えていたエピソードや台詞が、
実はこの結末のために用意された伏線だったと気づくことが時々ありました。
そういう意味では、時々あったこのドラマが分かりにくいという意見も、
あながち間違いではなかったかも知れませんね。

    いいね!(3)
2021-06-30 15:25:50
名前無し

モネと間違って開きました。終わって1ヶ月以上経つのに熱心なファンが多くいらっしゃることに驚きです。

2021-06-30 15:52:39
名前無し

多く見えるだけ。同じ人が繰り返し書いてる。
評価は複アカで不正もあるから多く見えるんでしょう。

2021-06-30 18:27:17
名前無し

モデルになった浪花千栄子さんのことは良く知らなかったのですが、ドラマを見てからネットで調べたりするようになりました。文字通り波瀾万丈の人生を送った方なのですね。それを若い杉咲さんがちっとも違和感なく演じられているのが、むしろ凄かった。松竹新喜劇も知識は皆無だったのが、ドラマで一部を見られたのも得した気分です。現代と違ってのんびりした作風ではありますが、かえって往時を忍ばせるゆかしさが有りました。

2021-06-30 19:26:14
名前無し

このドラマでは歌舞伎や松竹新喜劇など見ることができてお得感が満載でした。
色々なエピソードも面白かった。

2021-06-30 20:03:36
名前無し

>終わって1ヶ月以上経つのに熱心なファンが多くいらっしゃることに驚きです。

私も皆さんの「おちょやん」熱に圧倒されています。
寂しい時はここに来てファンの皆さんの感想を読むのが慰めになります。

スポンサーリンク
2021-06-30 20:58:21
名前無し

ちりとてちんは好きだったけれど、キチンと見られていないからまた見てみたい。
そして思うのだけれど、活舌がよく早口言葉が上手そうな杉咲花さんには女性落語家の役をいつかやってほしい。彼女の滑らかな語りがとても好きなので。

2021-07-01 00:13:54
名前無し

「おちょやん」も、ついに終わりを迎えました。人気のイケメンが登場するわけでもなく、話題性のある事件を扱ったりパッと目をひく内容というわけでもなく,テーマは松竹新喜劇と浪花千栄子さん。
そう聞いただけで失礼ですが地味な内容で、視聴率が苦戦するのは放送前から予想できたのではとも思ったりします。ただ同時に、いかにもドラマ通が喜びそうな匂いもするのはするのですが。
私のような60代の人間でも、浪花さんの事はよく知らないのに、もっと若い方たちはなおさら観たことも聞いたこともない方が大半では。たぶん大阪商人の根性もので有名だった、花登筺さんのドラマをご存じの方も少なくなってしまったでしょうし。
内容にしても、一昔前の小説や映画では極限の貧しさや娘を売ろうとする父親など,別に珍しくはなかったのですが、やはり朝ドラで扱われると、ギョッとする視聴者も出てくるのも仕方ないかも知れませんね。
しかし蓋を開けてみると、視聴率では確かに苦戦しながらも、あちこちの感想スレでドラマを熱狂的に支持する声を聞くことができ、私には嬉しい驚きでした。確かにドラマとして非常に面白かったし、主演をはじめ演者の方たちの演技も魅力的でしたね。普段はあまりテレビで見られない俳優さんが多かったので、なおさら新鮮に感じました。
それに一世を風靡した松竹新喜劇の有名な人情喜劇の幾つかを、ドラマのなかで断片だけでも味わうことも出来たのも、贅沢な経験をさせて頂きました。

    いいね!(4)
2021-07-01 01:19:20
名前無し

7月になりましたね。このサイトのトップページのクール欄も7月期クールになり、月曜のところに「おかえりモネ」と並んで出ていた「おちょやん」の表示が消えました。そう言えば、4月期クールの中間の5月に放送が終わってから、もう1か月半になるのですね。
ついこの間まで見ていたような気がしています。それだけ自分にとって印象深く、見応えがあるドラマだったということでしょう。
この欄で、いろいろな方の投稿を読ませていただき、懐かしんだり、新しい見方とか、背景の歴史知識などを知ることが出来るのも楽しいです。7月になりましたが、また何度もここにきてしまうだろうなと思っています。

    いいね!(3)
2021-07-01 04:44:10
名前無し

杉咲花には、歴代の朝ドラヒロインのなかでも、ずば抜けた演技力と存在感がありました。

2021-07-01 07:24:29
名前無し

おちょやんは脚本・演出・セット・キャスティング・演技力全てが完璧な朝ドラでした。
中でも座長である杉咲花さんの存在が良かったです。
今後の活躍に期待したいです。

2021-07-01 14:50:30
名前無し

複アカを使って、上げ評価操作の威力って凄いんだね呆

2021-07-01 16:27:55
名前無し

いつのまにか「クール欄」で見れなくなった
さびし・・。
でもぜったい忘れないよ、「おちょやん」

2021-07-01 20:32:04
名前無し

いったい何人の投稿者がいるんだい? 星で見ればとんでもない数になってしまうけど
インチキ臭いドラマの印象にされて可哀想な気もするけど 実際に最後だけ綺麗事ってドラマはインチ臭かった!
微力ながら正義のため 星の調整に⭐️1付けて上げよう‼︎

    いいね!(1)
2021-07-01 20:50:47
名前無し

酷い朝ドラだと思っていたけど、評価操作でアゲアゲとか
本当の意味で最低の朝ドラになってしまったね。

2021-07-01 21:13:17
名前無し

杉咲花さんは、「いだてん」とかで本当に可愛くて好きだったんだけど。おちょやんも可愛いのは変わらないけれど、父親や義理の母に踏んだり蹴ったりされるのにずるずる受け入れてしまって、信じられないというか、若い時はもっと潔癖だったり父親に反発する気持ちが強いと思うから、いくらなんでも不自然に感じてしまってしょうがなかった。

2021-07-01 21:36:51
名前無し

杉咲花なしでおちょやんはなかったですね。
彼女の演技がおちょやんの全てでした。
子役のチビ千代も最高に良かったです。

    いいね!(1)
2021-07-01 22:47:44
名前無し

>微力ながら正義のため 星の調整に⭐️1付けて上げよう‼︎

キモチはわかるが、星調整に星1とか言ってはダメ

2021-07-01 23:08:37
名前無し

23週115話に渡って、怒涛のような展開を固唾をのんで見続けたことが今でも懐かしく思い出される。
芝居に魅せられ打ち込んだ女性の半生の「泣き笑い」という宣伝文句や、オープニングのリズミカルな歌声、可愛らしいアニメから想像した軽妙で楽しいドラマとは違って、人生を考えさせられるシリアスなドラマであった。繰り返される衝撃と多様な人間模様に「一喜一憂」しながらドラマの世界に没入して行った。
さまざまな要素が複雑に絡み合っているので一概には言えないが、私はこのドラマの究極のテーマは「家族」であろうと思った。しかしそれは肉親とか親子、兄弟とかいう一般的な概念では語れない家族であり、主人公は家族をめぐるさまざまな苦しみを通して、家族とは何か、血縁とは何か、考え抜いた末に、「家族」とはこうあらねばならない、肉親とは切っても切れない縁であるといった束縛から脱して、「個」として自立した自分自身を見出したのではないか?
そういう意味で、逆転人生のように見える最後の3週間は、このドラマの核心と言えよう。心から愛せる娘と出会い、役者として「みんなのお母ちゃん」になることが出来た。それは幾多の苦難を乗り越えて来た彼女だけに得られた「家族」像なのである。

    いいね!(5)
2021-07-01 23:38:59
名前無し

複アカの不正な評価でアゲアゲされて
さぞかしおちょやんも喜んでいるでしょう。
そういうの、この不快なドラマにピッタリかもね。

    いいね!(1)
2021-07-01 23:55:45
名前無し

そういうこと言うなら黒子の衣装を着てくればいいのに、
素顔で出てくるから、ばれちゃったのね。

2021-07-02 06:46:51
名前無し

戸田恵梨香さんの演技力も良かったが杉咲花さんの演技力も良かった。
当たり前だがヒロインの演技がしっかりしているとドラマ全体が引き締まります。

2021-07-02 07:06:42
名前無し

このドラマはゴチャゴチャうるさすぎて、イマイチ共感できなかった。
杉咲花ちゃんは、いだてんからおちょやんの中盤までは上手い女優さんだなあと思ったけど、いつもワンパターンの表情を繰り返している事に気がついてからは、演技を上手に見せる事が上手い女優さんだなと思うようになった。

    いいね!(1)
2021-07-02 07:14:03
名前無し

杉咲花は特別上手いとは思わなかった。
おちょやんの良い所は役者が本業でないほっしゃん、板尾創路、トータス松本などの熱演が光った。
宮澤エマの演技には恐ろしくびびった。

2021-07-02 14:16:04
名前無し

宮澤エマさんのインタビューが興味深かった。優等生ばかりの一族に育ち自分を落ちこぼれと感じていた彼女が、自分らしくいられる場所を探し求めて、巡り逢ったのが女優としての道。「おちょやん」に出演したことでいろんな人から反響をもらい、今更ながら朝ドラがいかに影響力のあるものか知って驚いたとか。
「おちょやん」の後半で栗子が千代と再会するシーンは、最初の出会いから30年経ったという設定だったが、宮澤さんが演じるにあたり何より大切にしたのは 「その30年間に栗子にも様々なことがあったのだろうと視聴者にも感じ取ってもらえる芝居をすること」と、「再会してからの千代との関係をしっかり作り上げること」だったという。
その努力があったからこそ、千代に長いあいだ花かごを届けていたのが栗子だとわかったときも、視聴者の多くは驚きこそすれ、素直にその経緯を受け入れて感動することが出来たのではないか。
確かに人間というのは年月の間に変わっていくものだし、もともと一面だけではとらえきれない多様性をもった生き物だ。画面に直接映っていないものまでを表現しようとする努力。それこそが本物のプロの仕事なのだろうと、宮澤さんのインタビューを読んで改めて感銘を受けた。

    いいね!(5)
2021-07-02 22:29:02
名前無し

ここを訪れて皆さんの投稿を読ませて頂くのが大好き。
誠実な感想が多くて読み答えがあります。
私自身折に触れて録画を観たり、ドラマ関係の記事を漁ったり、
まだ自分の「おちょやん」ラブをもてあましてる(?)状態なので、助かります。
端的に言えば、もう何でもいいから「おちょやん」に関わっていたい、
「おちょやん」のことを語っていたい…状態なんですよね、
ファンってそんなものなのです。

2021-07-02 23:17:42
名前無し

つくづく色んな意味で下品なドラマだったなと思う。
杉咲花さんは演技を上手く見せるのが上手い女優さんだと私も思う。でも上手いんじゃなくて鼻につく演技で苦手でしかなかった。

    いいね!(1)
2021-07-03 00:09:51
名前無し

逆境に耐えるヒロインの気持ちがここに来ると本当に理解できました。
いろいろな横やりに負けるのはつまらない。
信じたことを大切にし、言うべきことを言ってきた千代ちゃんにとても共感できました。

2021-07-03 02:49:06
名前無し

千代ちゃんの初舞台はピンチヒッターでしたね。千秋楽を迎えた天海天海一座の楽屋に届け物を持って訪ねたら、女中役の女形が腰を痛め、幕が開かないと大騒ぎ。「おるやないか、ほんまもんの女中が…お前、出ぇ!」と言われて何も分からずあたふた舞台に出るのが初舞台?
でも、緊張で手が震えてお茶がこぼれそうなのが笑いを誘い、「出て行ってくれ」と言われた時の返す台詞が飛んでしまって・・。これは大変と思いきや、ちょうど岡安を出て行かなければならない運命に立たされていた千代は「いやや!うちはどこにも行きとうない!ずっとここにいてたい…もう一人になんのはいやや…」と涙ぐんで訴えたのは、アドリブではなく本心で、迫真の演技と見えて客の心をつかみました。その後、すぐに筋を思い出して「やっぱり気、変わったんで出ていきますう」と言って退場してまた笑いを誘ったのでした。
あのシーンを思い出すと、クスリと笑ってしまいます。計らずも芝居に心を込めるという大事なことを覚えた千代ちゃんには、天性の芝居の才能があるということが分かった初舞台でしたね。

    いいね!(3)
2021-07-03 03:26:51
名前無し

久々に骨のある朝ドラでした。
杉咲花は大河ドラマの主役もできると思います。

2021-07-03 04:46:32
名前無し

あの「やっぱり気、変わったんで出ていきますう」は
ギャフンでしたね。
花さんはコメディタッチの役からシリアスな役、
芯の強い役、けなげでいじらしい役など
いろんな演技の幅を持っているので頼もしいです。
今後が楽しみな人ですね。



スポンサーリンク


全 13768 件中(スター付 1651 件)13301~13350 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。