3.39
5 1057件
4 103件
3 46件
2 98件
1 673件
合計 1977
読み えーる
放送局 NHK
クール 2020年4月期
期間 2020-03-30 ~ 2020-11-28
時間帯 月曜日 08:00
出演
https://www.nhk.or.jp/yell/
(月〜金)昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルに、昭和という激動の時代の中で人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の生涯の物語。
全 19547 件中(スター付 1977 件)13451~13500 件が表示されています。

2020-08-09 21:11:58
名前無し

裕一は天才なのだが、破滅型ではないのはさすがに朝ドラの主人公だからか。再放送中の『純情きらり』にも天才肌の画家が登場するが、彼のように妻子を放って自分の好きにふらついたりするようなところは裕一には無い。
思うに、裕一には音がいない人生などもう考えられないのだろう。それくらい音がいるのが当たり前になっている。一度は彼女を捨てた自分を、強く信じて行動し救ってくれた、そんな音ともう離れることなどできない。
音との生活が始まったその日からも、音は一生懸命裕一を支え励ましてくれて、裕一も音のためにがんばると言った。一度も曲が採用されないまま月日が流れ、いつしか曲を作ることだけに必死になって大切なものが見えなくなりつつあるが、それでも音を捨ててどこかに行くなんて微塵も考えていないし、音が自分から離れることなども想像していないだろう。なので、音が実家に帰ると裕一は動転する(笑)。
裕一は欠点がけっこう露骨に出ている主人公なのだが、この音に対する愛情が深いおかげで嫌われていないのかなと思う。裕一は音がいないと生きていけないのがよくわかる。かと言って音に愛の言葉をささやくわけでもない。というかそういうロマンチックなところ(『半分、青い。』の夏虫駅の見つめ合いとか、『まんぷく』のおいで砲とか・笑)は一切ないのだが、二人の結びつきの強さが前提として視聴者に受け入れられているのがすごい。これはやはり二人の出会いのスタートの「文通」(これはすごくよかった)と、そこから結婚までの怒涛の流れがうまかったからだと思う。
あと、個人的に、豊橋の演奏会は裕一の中では栄光の一つではなく、思い出の一つであると感じている。裕一の栄光は世界2位受賞だけで、演奏会はその副次的なもの、特に「僕の曲を音が歌った舞台」という意味合いの方が裕一の中では強いのかなと思う。

    いいね!(1)
2020-08-09 21:28:03
名前無し

古関裕而さんは天才肌の人ですが、裕一は林宏司さんが降板以降は凡人に描かれてると思いますが。だから、苦悩し四苦八苦し試行錯誤の末に得るところがあると思います。
意図的に「紺碧の空」「大阪(六甲)おろし」の優れた評価も抑えめに描かれ「船頭可愛や」が双浦環の歌唱のおこぼれに預かったと言う描写。
それと天才肌の人は奇人であることは少ないでしょう。少ないから坂田三吉や初代春団治や種田山頭火や欧米ではゴッホ等が脚光を浴びてるのであって、多くは常識人です。山下清画伯も「裸の大将」は完全なデフォルメされた創作です。
絹子はいいとして及川、鉄男の家族を抹消し軍人になるはずの藤堂先生は帳消しにして脚本家降板の尻拭いを必死にしている現スタッフに敬意を表したいと思います。

2020-08-09 21:35:22
名前無し

>さくら&万吉コンビの某所と同じ投稿が散見されます。

コンビではなく、同一人物ですよ。

2020-08-09 21:46:24
名前無し

脚本家降板の後始末は大変ですよね!でも降板してくれてよかったってみんな思ってるんじゃないですか?今の方がおもしろいです。「純と愛」も途中で変わってたらよかったのに。

2020-08-09 21:53:19
名前無し

私も今の作風の方が好きなので降板してくれて良かったです。視聴率も最初の頃よりUPしてますし、再開後のエールも楽しみにしてます。

2020-08-09 22:40:43
名前無し

何でも思い出、ただの記憶なんだろうか。
栄光とは言わない。どんな体験も糧にできるかどうかが、その人の今を決めていく。
あの運動会で応援されてゴールしたことも、鉄男を思って作った曲も、ハーモニカ倶楽部での新曲披露も、そして「君はるか」から始まった一連の音に捧げる楽曲も、ミュージックティーチャーの励ましも温かい拍手も、今の祐一には何の意味ももたらしていない。
そして古山家の日常には音楽がない。二人が音楽を楽しむ場面も音楽の素晴らしさを共有する時間もない。(信夫小学校の校歌を作ったときは例外。しかもそれはずっと後のことになる)
あるのは「がんばって」「ありがとう、がんばる」という観念的言葉。くしゃくしゃ丸めた五線紙の反古。譜読みをしている姿(それも1回だけ)。

私はこの脚本家たちを信頼できなくなっている。

    いいね!(1)
2020-08-09 22:54:15
名前無し

運動会で裕一がハーモニカの演奏でゴールしたエピは演奏した志津の自分の顔を覚えていないから(幼少時とは顔つきは変わるものだが)と言う理由で陰湿な仕返しでご破算。少しずつ林宏司脚本を変えてきているのだと思う。
古山家で音楽の話題が必要か。「マッサン」もエリーとマッサンは英語での自宅での会話は殆どなかった。裕一は裕一の、音は音の世界を大事にし仕事を家庭に持ち込まずに相互に干渉せずにお互いにエールを送ってるのだと思う。

2020-08-09 23:19:51
名前無し

まささんの副音声楽しみ。
まささんの視点で語られるということがいい。
桃ちゃんの声はきれいだし。
意外と声まで美しい人っていないんだよね。美人でも。

2020-08-09 23:23:45
名前無し

脚本家が変わったわりにはよくできてる方だと思いますよ。この週を書いている頃はまだ第一週の映像もできあがってなかったのではないかな。今作はモデルがいる一代記だからよかったけど、オリジナルだったらどうなってたんだろう(^_^;)

2020-08-09 23:44:42
名前無し

いや、脚本家が変わって良くなったんでしょう。
父親に殴られ取引先にも殴られていた乃木大将が小学校卒も怪しい夜逃げ一家に史実を変えられ(実際の野村俊夫は商業学校中退)、裕一の母方の祖母は封建色の塊で伯父も唯々諾々、貧しい及川は屈折しひねくれていた。藤堂先生も職業軍人を覚悟。
全部、ご破算にして明るく楽しいエンターテインメントにして、すぐ戦後になって明るい歌で国民に希望を与える物語にしたいんでしょう。

2020-08-09 23:55:53
名前無し

生きていると色んな事があって、良い時も悪い時もあるし、苦悩したり挫折しそうになったり。過去がどうあろうと、今の裕一は結構辛い状況ですね。だって賞をとった本当にやりたかった西洋音楽では無く、今求められているのは畑違いの大衆的な売れる音楽。
簡単に上手くいかないのも仕方無いし、作っても作ってもダメ出しの毎日では腐る気持ちもわかる。
でもそれでも裕一は音の支えもあって、頑張っていると思う。だからこそ応援したくなる。

2020-08-10 00:13:07
名前無し

西洋音楽が大衆が求めてなくて、居酒屋でおじさんが歌う歌が大衆の求める歌と言う設定はどうかなあ。
この頃(昭和12年)のヒット曲でデック・ミネ「リンゴの木の下で」はハワイアン風のアメリカンポップスのリメイク。「丘を越えて」も西洋風だし昭和14年の「一杯のコーヒーから」もその系統。
意図的に裕一を苦悩する凡人に描いてる気がするけれど。

2020-08-10 00:23:54
名前無し

朝ドラなので、わかりやすい二極化で描いてるかもしれませんね。音楽の専門性はほとんど描かれませんし。たぶん朝ドラ視聴者はそこを求めていないというのは「なつぞら」での失敗から学んだのかもしれません。
最初の脚本家の設定を全部ご破算にして~というご意見、なるほどと思いました。そうやって列挙されると本当に悲惨なドラマですね。音の方は最初から明るい朝ドラ風の設定でしたね。でも主人公がそこまで暗いと難しかったと思います。

2020-08-10 00:39:06
名前無し

毎朝本当に楽しみな朝ドラです。今は再放送視聴させて頂いておりますが、ドラマ再開が無事にできますことを祈ります。「エール」に携わられます全ての方々にエールを!そして、日本が、世界が核兵器のない平和な世の中になりますように。(今はコロナも災害も怖いです)

2020-08-10 00:45:56
名前無し

コロンブスレコードでは、裕一が所属する赤レーベルは流行歌、青レーベルは西洋音楽とブランドを区別。
西洋音楽をやってきた裕一には大衆で聴く流行歌のイメージが湧くのはなかなか難しいと思います。
廿日市は赤レーベルの曲のことを「居酒屋にいるおっさんたちに聴かせる音楽」「普通に盛り上がるメロディー」と表現しているので裕一にはなかなか難しかったと思います。

青レーベルには得意の西洋音楽の知識を活かして、青レーベルの重鎮として活躍していた小山田先生がいて、裕一も本当なら青レーベルで活躍したかったんだろうなと。
個人的には小山田先生は裕一の才能に嫉妬して、潰すつもりで赤レーベルに入れたんだと思っています。それは後に、環が「なぜ先生は西洋音楽で評価を受けていた古山さんを、わざわざ赤レーベルに推薦したのですか?」と小山田に言った時に黙り込んでしまったからです。
酷いなと思いますが、ドラマ的には私は面白く見ています。

2020-08-10 07:51:45
名前無し

菊池桃子さんの解説は今一つでした。

2020-08-10 08:26:30
名前無し

久志くんも、心配してくれていました。独学でやって来ると、そういうことになりがちとか。
そして久志くんのこの後の言葉がカッコいい。
「裕一の最大の幸福は君だ」
まささんの「すできな大人になったわね、ひさしぐん」って言葉がすごく優しくて素敵。

2020-08-10 08:28:03
名前無し

裕一の傲慢さが多量の納豆を混ぜるのに現れてる。
バンブーのマスターも、木枯さんも必死で助けようとしてアドバイスや紹介してるのに、、。
卑屈になったり、マスターを客に媚びると言い放ったり…音がご飯作りたくないのもわかるわ。
まささんが、副音声で謝ってたりして面白いけど
窪田くんがラブリーに演じてるからまだ 許せる。
下手なイケメンの演技だったら腹がたったろうw

2020-08-10 08:49:55
名前無し

裕一くんがオドオドしながらも、かなり偉そうなプライド高過ぎくんになってるのがアンバランスで笑っちゃう(^_^;)💦

副音声のまささんも気を遣ってるのが、また妙にウケる。困ったカンチガイ野郎なんだけど、若い時って、こういうの、ありがちかなと思うし、危なっかしくて、ほっとけないというか応援したくなる不思議。

    いいね!(1)
2020-08-10 08:53:03
名前無し

最初の方で「まーだ音符ひとず
書けてないんですね?」っていう
マサさんの声は、見守ってくれている
お母さん目線で、あったかかった。

2020-08-10 08:58:33
名前無し

今日は裕一の心の奥にあった思いが聞けたかな。ほんとだったら留学していたのに、東京の片隅で応援歌なんか作ってるって。
かなり大きな志を抱いていたのがポキっと折られてしまって、やっぱり相当引きずっていたんだね。

2020-08-10 09:03:41
名前無し

「副音声」聞いてみたけど、やたらうるさいだけだった。ナレーションだけで十分。

2020-08-10 09:05:35
名前無し

裕一の本音ダダ漏れに優しく見守るまささん。この組み合わせもナイス。副音声おもしろい。

2020-08-10 09:10:56
名前無し

「う〜ん、勝ち負け以前の問題です···」のナレ、ウケました(笑)団長の相変わらずの熱さも良いわぁ。
裕一はプライド高いかもだけど気持ち分かります。だけど今のままじゃダメなのは音の言う通り。久志は素敵で面白くて大好き。

2020-08-10 09:30:26
みつ

裕一を一言でいうなら、「昔も今も、地味で暗くて、向上心も協調性も存在感も個性も華もない、パッとしない男」だよね。だから、本当につまらない。よくもまぁ、こんなどうでも良い人物を主人公にしたね。

スポンサーリンク
2020-08-10 09:33:05
名前無し

音は結婚してから食卓に八丁味噌ばかり出して祐一の好きな納豆を食卓に出してなかったんですよね。自分が嫌いでも好きな人の好きな納豆を食卓に出さないなんてあんまりです。やっぱりバカな妻ですね。

2020-08-10 09:42:22
名前無し

まさ(菊池桃子さん)の副音声、裕一君のお母さん目線で優しかった❣️音ちゃんがバンブーで頂いてきた
「徳川家康御遺訓」を心に唱えながら歩く姿、、「堪忍な無事、、怒りは敵と思へ、、」音ちゃん頑張れ!裕一君音ちゃんのような女性と結婚して良かった💕

2020-08-10 09:47:28
名前無し

今日も団長がおもしろかった〜。
「んんあぁぁ〜〜!人ば信じられんで、何が応援団とね!」
この後、小山田先生に作曲を依頼するという話が出て、応援歌が間に合わないという危機に見舞われた団長は腹をくくります。
「ふははははは!ふはははははははは!これで俺ん腹は決まった!古山裕一と心中ったい!」
団長がメチャメチャおもしろくて、2度目なのにすごく楽しんでます(≧∇≦)

2020-08-10 10:01:01
名前無し

確かに納豆の混ぜ方で裕一のイライラ感がわかりますね。
思うに同じ西洋音楽でも「きらり」の桜子のようにジャズ風な曲から
手がけたら廿日市の目にも止まり大衆にも受けたんではないかな。
そういえば、ナットウ・キング・コールという黒人歌手がいましたね。

2020-08-10 10:06:28
名前無し

木枯君が人気の歌い手さんを紹介してくれて、有望な作曲家ということで裕一君を紹介してくれたのは、ちょっとうれしかったです。
木枯君は、ニコリともしない人で、クールな人なんだなと思っていましたが、自分が売れっ子になっても、全然態度も変わらないし、言葉の端々に裕一君への敬意とか好意が感じられます。
裕一君が辛い時期だから、周囲の人のこんな小さな優しさにほっとします。

    いいね!(2)
2020-08-10 10:09:57
名前無し

納豆は、200から400回くらいのかき混ぜが旨いですが、世の中には、2万回もかき混ぜた人もいます。裕一も、ここまでがんばれば、「NATO行進曲」が書けたのにね。

2020-08-10 10:12:09
名前無し

納豆のことで喧嘩をするのは良くないと思います。
納豆は「笑」に包まれているのが本来ですので。

2020-08-10 10:17:54
名前無し

納豆王国福島では、学校給食にも納豆を出しています。
この辺の努力が水戸には足りない。

2020-08-10 10:18:51
名前無し

⭐️が無くても 性格の悪そうな内容で誰の投稿かわかってしまうってウケるわ (^з^)-☆

2020-08-10 10:37:28
名前無し

納豆を200~400回もかき混ぜるのですか!
食べる前に疲れそうですねw

志村けんさん、惜しい方を亡くしたなぁと
あらためて思います 合掌

2020-08-10 10:41:57
名前無し

やっぱりこの週はおもしろいわ。理屈抜きで楽しい☆団長LOVE♬

2020-08-10 11:00:36
名前無し

かき混ぜない納豆なんて食べ物じゃない!

2020-08-10 11:05:25
名前無し

最低最悪の朝ドラだよな。これでは、どうにもならない視聴率になるわけだ。やっぱり、東京朝ドラは、「まれ」「ひよ」「半青」「なつ」と駄作続きを垂れ流しているな。

    いいね!(2)
2020-08-10 11:09:20
名前無し

納豆の量が増えてる……

2020-08-10 11:17:01
名前無し

どうにもならない視聴率?それは前作のことですか。毎回駄作と言われているまれより低かったらしいですが。

今朝の久志はカッコ良かったし、団長も最高。毎朝楽しみな時間ありがとう。

2020-08-10 11:17:56
名前無し

西の投稿のクセが強い! 納豆よりクセが強いかも (>_<)

2020-08-10 11:18:22
名前無し

>この朝ドラは、東のレベルの低い人間ばかりが見ているわけではないんだぞ

また中傷ですか。呆れます。

2020-08-10 11:23:12
名前無し

倍返しだ!(納豆

2020-08-10 11:31:36
名前無し

エリーさんなんか、地球の反対側からやってきて、味噌や納豆どころじゃなかったんだろうな。でも納豆は絶対食べたくない。あれ食べ物じゃないでしょ?

2020-08-10 11:33:41
名前無し

私も納豆は大嫌いだけど、そのことと番組の評価は全く関係がない。テレビ映像は匂いがするわけでもないし。

2020-08-10 11:35:09
名前無し

納豆って品がないしなあ。コロナが納豆に効くっていうのも胡散臭い。

2020-08-10 11:41:59
名前無し

極少数のマニアのために、こんな下らない朝ドラを放送しないで下さい。NHKに切にお願いしたいと思います。ですから、後半の話は、テレビの電波に乗せずに、マニア向けにオンデマンドでの配信をお願いします。

2020-08-10 11:47:01
名前無し

福島にだけは生まれ変わりたくない。週に3回も学校で納豆を食べさせられるなんて。食べないと残されて、家に帰してくれないんだろうか、と想像するだけで怖い。

2020-08-10 11:48:56
名前無し

極少数のマニアのためにって、勝手な決めつけは止めて下さいね。
再放送も楽しんでいますし再開も楽しみにしています。

2020-08-10 11:51:34
名前無し

納豆の大豆殻のたい肥は、抜群に野菜が美味しい。福島の野菜は美味しいんだよ。ミミズが真っ赤で釣り餌の最高級になる。



スポンサーリンク


全 19547 件中(スター付 1977 件)13451~13500 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。