3.62
5 459件
4 60件
3 26件
2 28件
1 228件
合計 801
読み えーる
放送局 NHK
クール 2020年4月期
期間 2020-03-30 ~
時間帯 月曜日 08:00
出演
https://www.nhk.or.jp/yell/
(月〜金)昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルに、昭和という激動の時代の中で人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の生涯の物語。
全 8509 件中(スター付 801 件)8460~8509 件が表示されています。

2020-06-04 20:44:18
名前無し

実際に妊娠したことのある方達?
ここ匿名のレビューサイトだが。

2020-06-04 20:45:40
名前無し

自己紹介要らない。

2020-06-04 20:56:18
名前無し

誰にも共感できなくても寅さん見られるよ。
共感しなくったっていいもの。

2020-06-04 20:58:03
名前無し

ドラマ批判何て上等なものとかじゃなく、ドラマファンへの嫌がらせや煽り目的のレベルの低い投稿に反応してるんだから思惑通りなんじゃないの。

2020-06-04 21:00:36
名前無し

だから、共感しようがしまいが個人の勝手。他人の投稿を批判したり絡んだりするからこうなるんだろ。

2020-06-04 21:13:12
名前無し

こういうのどこから始まっているか知ってるだけに複雑です。
罪なことしたもんだよね。
感想は誰かの気持ちをかき乱すためのものじゃないはずだもの。

2020-06-04 21:21:07
名前無し

音は嫌いですが、今日のは特にひどい。
姉に失礼な態度を取ったあと、裕一がお姉さんに失礼だと諭す様な場面でも有れば裕一を見直した!
このドラマは夫婦が同じ立ち位置ではなく、ただ勢いのある音に裕一が付いていってるだけ。
ウイッキで史実を読みました。
お二人の出会いは文通でしたが、ご主人が会いに行って福島で結婚。東京に出てきたのも、奥様が売り込んでではなく請われて会社勤めだし、音楽学校だって結婚前から決まっていたわけではなく、東京に出てきてから決めたみたいだし。そのままでよかったのに奥様の脚色が過ぎたんじゃないでしょうか。音の設定を間違えだと思います。
このドラマの主人公は裕一なのに、音中心で回っています。
上の方にありましたが、音の話はもっとサラッとでいいです。

2020-06-04 21:21:40
名前無し

今日の音には苛立ちしか感じなかった。
非常に残念です。

2020-06-04 21:25:07
名前無し

大河ドラマはヒーロー、朝ドラはヒロインの為のドラマではないでしょうか?だからエールは裕一ではなく、音の活躍を描くべきだと勝手に思っています。裕一の活躍を描きたかったら大河にすべきでしたね。

2020-06-04 21:28:01
名前無し

共感を得るためにドラマを作っているわけでないこともありますからね

2020-06-04 21:29:02
名前無し

恒例のヒロイン叩きだけど、オッサンのマタハラは世の女性の怒りを増幅させてしまいますよ。
さくらさん!

2020-06-04 21:29:37
名前無し

ここファンスレじゃないから不快なら他所行くか
来なきゃいいだけ

2020-06-04 21:31:46
名前無し

え、批判するコメントする人は愚か⁉️
ずいぶんとスゴイコト言うお方

2020-06-04 21:33:49
名前無し

何でこれがマタハラになるの?妊娠したら何やってもOKなの?
死んだ人に文句言ったら叩かれるみたいな風潮。

2020-06-04 21:37:25
名前無し

音に思いやる心があればよかったんだけど、皆無。

2020-06-04 21:46:53
名前無し

毎朝すごく面白い。
私は、ああ気持ちわかるよって思いながら見てる。
明日も楽しみ。

2020-06-04 21:56:02
名前無し

以前は男性が主人公の朝ドラもごく普通にありました。私が記憶しているのは「心はいつもラムネ色」「一番だいこ」「ロマンス」「凛凛と」「はしらんか!」です。いずれも妻役などの準主役的な女性は登場しましたが、主人公は明らかに男性でした。

2020-06-04 22:00:55
名前無し

もう裕一の物語だけで良い

2020-06-04 22:02:00
名前無し

掲示板は盛り上げてくれるし、ドラマはどんどん盛り上がって行き視聴率も相変わらず絶好調!言う事なしじゃないでしょうか。
場を荒らしてるアンチさんは、征服感で嫌なら出て行けなんて満足感にしたっているようだし、制作側の意図した盛り上げのテクニックには恐れ入ります。アンチさんへの嫌味ではなくて、ここを突けばというポイントをしっかり把握してドラマを作っているなと感心させられています。

2020-06-04 22:05:41
名前無し

吟は結婚も子供も音に先越されて辛いだろうね。
欲しくても授からない人もいるのに。

2020-06-04 22:17:48
名前無し

「闘魂こめて」vs「六甲おろし」 19日無事開幕してほしいですね。

2020-06-04 22:25:46
名前無し

音ちゃんも悩んで当然。裕一くんもオドオド度が増して当然。学校の舞台仲間が迷惑がるのも当然。みんな間違ってない。難しいよね。

2020-06-04 22:31:50
名前無し

音のことが心底うざいっす!

2020-06-04 22:43:05
名前無し

音が嫌いな人がいるのはわかるけど、音の話はいらないってのはわからないな。裕一だけの話じゃ単調だと思うよ。これだけ盛り上がってるのも音がいるからなのは間違いない。裕一は音に振り回されてるだけじゃないし、音は常に自分勝手なわけじゃない。半年もあるドラマなのに。

2020-06-04 22:49:28
名前無し

音みたいな奥さんいる人のほうが出世しやすいのかも

スポンサーリンク
2020-06-04 23:01:14
名前無し

私は古関音楽のファンで生前の古関裕司の姿も番組で見ています
ドラマと言ってしまえばそれまでですが、古関先生はあんな軽い弱い人間だったのでしょうか。音の言動も気になります
朝ドラの女主人公はどうして独走して回りを見ないのでしょう。ドラマとしては良い方に誘導して結果的に正しいと、すべて計算通り。つまらない
ドラマとして作られた人間像が15分の中で盛り上がらせるために陳腐で筋の通らない人間になっている モデルとなった古関裕而氏は~優しい方だから怒らないだろうが遺族の方はどう思っていられるのだろう

2020-06-04 23:04:14
銀子

自己管理も出来ない音と裕一には、本当に呆れるわ。それも裕一が契約解除の瀬戸際に子供を作るなんて、ちょっとバカ過ぎるよね。あのレコードがヒットしたから良いものの・・。もし契約解除をされていたら、いったいどうするつもりでいたんだろうねぇ?

2020-06-04 23:12:36
名前無し

人間は簡単に善悪好悪で分けられるものではない。いい面もあり悪い面もある。池波正太郎もそう言ってる(笑)
裕一も音もいろんな面をもってる。裕一は時には軽く、でも沈むときはこの世の終わりかというほどに沈み、人に当たりもするけど、旧友を夢の道に導いたり奥さんにはとことん優しかったり。音も裕一のために走り回り、落ち込む夫を叱咤激励し、時には百戦錬磨の廿日市に交渉を挑んだりも。でもこの椿姫の記念講演だけは、自分の夢のためにがんばってきた。その矢先のできごと。
マタニティーブルーって言葉の通り、本当にブルーになる。全てが不安になる。ならない人もいるし、ほんとに個人差すごい。
音がこんな状態になったの、かわいそうに思う。でも千鶴子の気持ちも吟の気持ちもわかる。裕一にはどうしようもないってことも。難しい問題だね。今日はいろいろと考えた。

2020-06-04 23:22:28
名前無し

ちょっとゴミ出したくらいで、イクメン自称の男たちに
裕一の尽くし方を見て勉強して貰いたい。

2020-06-04 23:25:10
名前無し

多分、若さゆえのうっかり妊娠だと思う。
知人に新婚旅行の飛行機に乗れなくなり
全額無駄にした夫婦を知っています。
それも愛だろう笑

2020-06-04 23:32:26
名前無し

音ちゃんと裕一君の赤ちゃんはすでに発生しています。
お父さんとお母さんへの言葉も聞こえてますよ。

2020-06-04 23:44:11
名前無し

>人間は簡単に善悪好悪で分けられるものではない。いい面もあり悪い面もある。池波正太郎もそう言ってる(笑)

池波正太郎で得意満面になってるよ、この人笑
紫綬褒章はもらってるけどさ
自分はインテリのつもりなんだろうな

2020-06-04 23:44:12
名前無し

共感しないと朝ドラって見られないの?
前作には、全く共感出来る人出演してなかったけど
見ましたが。
フィクションなのに、その都度共感って必要か。
独身とか妊娠経験ない人を蔑んでないか?

自分は、独身だから何かモヤモヤする。

2020-06-04 23:46:37
名前無し

避妊をしていても出来る時は出来てしまいます。私がそうでした。なので音や裕一をどうのこうのとか思えません。

赤ちゃんが出来る事は素晴らしいことだけれどタイミングが悪くて音が可哀想に思います。
裕一の嬉しくてたまらない様子を見て、また裕一のことを好きになってしまいました。
二人で何とか乗り越えていって貰いたい、そう思います。

2020-06-04 23:48:22
名前無し

>多分、若さゆえのうっかり妊娠だと思う。

裕一って内気で奥手だけど、あっちの方はやる気ムンムンってことかw

2020-06-04 23:50:16
名前無し

あんまりいい言葉じゃないかもだけど、
昔から「子供は自分の食い扶持を持って生まれてくる」といいますよ。
非難ばかりされてたら、少子化まっしぐらです。

2020-06-04 23:54:41
名前無し

二階堂ふみさん見てたら、やりたくもなるわな。
それは一理ある。
リアルプリンスもモー娘。の子に二人産ませてるもん。

2020-06-04 23:56:03
名前無し

オバさんにしか見えない

2020-06-04 23:57:39
名前無し

いいことをしながら悪いこともし、悪いことをしながらいいことをするって「鬼平犯科帳」の話でしょうか。
池波さんは善悪の境があいまいな話もあるし、女性もちゃんと役割を持っていて男に従うだけでは物足りないという女性観なのでしょう。確かに「エール」に通じています。

2020-06-05 00:01:42
名前無し

ああ「エール」って鬼平レベルの時代劇のお話と言うことなんだんね。

2020-06-05 00:03:11
名前無し

そうですよ
たいへんレベルが高いことわかってくださってありがとう

2020-06-05 00:09:12
名前無し

>音に対する批判コメントを読んでいると、本当に相手の事をよく理解しようとしない、愚かな方達のように感じる。
>多分、批判されている方達は目の前にある100万円と、将来1000万円になるかもしれない株をどちらか選べと言われたら、恐らく前者を選ぶに違いない。それだけ目先の事しか頭にないんだよ。

ドラマの感想がどこにもない。反対意見の悪口ばかり。こいつが諸悪の根源。感想が書けないから相手を罵倒するしか能のない男。
あの知ったかぶりで間違った知識ひけらかしてるいつもの男だろうと察しはつくけどね。

2020-06-05 00:12:57
さくら

音ちゃんの自己中心的な態度には、ちょっとムカッときますよね。あのようなヒロインに、どうしてしてしまったのでしょうか!? それに、主人公の裕一くんは、相変わらずナヨナヨしていて、本当に見苦しい朝ドラですね!!

2020-06-05 00:21:06
けい

第49回「響きあう夢その4」を視聴して

古くて新しい、そして誰も正解を出せない「永遠の課題」を真っ向から投げ込んで来た回でした。
このドラマはこれまで複数のエピソードを同時に見せつつそれらを有機的に絡ませるという複線脚本で進んで来たかと思います。(ごく初期の頃は単線の回もあったかもしれません)
今日は敢えての単線脚本。バンブー夫妻も出さずコメディパーとも挟まず、ひとつのテーマに絞りこんで、かつ多数の人が眉をひそめるであろう言動を音に取らせました。製作陣の覚悟を感じます。

音も裕一も世間知らずです。彼らは自分の望むものに手を伸ばすことを当然と考える強欲夫婦です。経済的危機も土壇場で回避し、今はさらに強欲になっています。
そこで、音にとって初めての葛藤がやってきました。意志や努力だけではどうにもならない現実に直面している音と、無邪気で能天気な裕一のずれが、15分間を貫いていたかと思います。

公演をやり遂げて退学する、しかし母も歌手も両立させていくという妻の「プラン」を、その中身も吟味せずに夫はあっさりと受け入れます。「なんでも協力するよ」と表明すれば問題は解決したと考えている裕一は、父になる喜びでいっぱいです。「子の母」として、もう少し身も蓋もなく言えば「子を産む装置」として音の体を労りますし、歌手であることより母体の健康が優先であると言明します。

音も当初は無邪気です。「ご迷惑をおかけしません」と挨拶すれば従来どおりに稽古を続けてヴィオレッタを演じられると思っています。
でも、音がどう受け取ろうと、妊娠を伝えられた周囲は気遣いをしなければなりません。気遣われてしまうという現実が訪れます。また、降板すべきだという当然の声も聞こえてきます。その辛さを共有してほしいのですが、木馬製作に夢中な裕一は音の声に耳を傾けません。(このときの二階堂さんの表情、絶妙でした!)裕一の期待が子どもの誕生へと完全に移行してしまった様子を音は感じてしまいます。昨日の回で「帝音新聞」を見て「楽しみだ~」と言ってから数日での変化です。

音が知りたいのは、両立の方策だったはずです。モデル(先駆者)は近くにいません。頼みの綱だった環先生が音に求めたのは「いざというときには母であることを捨てる覚悟」であり、それゆえの「いつもと同じ対応」でした。

からだが大切なことは、誰に言われなくても音には分かりすぎるくらい分かっています。それでも裕一は「体が一番だ」と言います。このあたりの窪田さんの演技は、鈍感さと善意とくどさにはしゃいだ空気までも見せてくださいました。
「強欲上等」と支持してくれていたはずの姉までもが、疑いなく母になることを第一優先と言います。

その音に悪阻という「身体的現実」が重なります。がんばるはずなのに、がんばりたいのに、がんばれない。絶望的に苦しい。夫の心尽くしのうどんも無理解の象徴に思える。裕一の優しさや忍耐は、彼が「その位置」にいる限り音には意味を持ちえません。
音の苛立ちは確かに身勝手に映りますが、家の外にも内にも共感者が見つけられなくなった音の孤独…おそらく初めて経験する孤独に、私は寄り添いたく思いました。
常に音の支えであった光子も、「娘の幸せ」を「孫を見せてね」という言葉で語っていました。あのときは唐突に感じられましたが、ここにつながる布石であったのかもしれません。

朝ドラで、仕事と子育ての両立に悩むヒロインはこれまでも見ましたが、妊娠そのものが葛藤になるというケースはどれぐらいあったのでしょう。見ていない作品の方が多く、分かりません。教えて下さる方がいらっしゃれば嬉しく思います。

明日がどのような収まりになるのか、大変気になります。
正しい選択とか優劣とかとは異なる価値観を見せてきた物語です。何か人生を噛みしめるようなできごとが起きるような気も致します。

【蛇足】
*1930年の合計特殊出産率全国平均は4.71。(2018年が1.42)
 結婚して子どもを産むのが当然のことだった。
*荻野久作氏が論文を発表して排卵と月経の関係を明確にしたのが1929年。そこから「オギノ式避妊法」が作り出された。(但し氏の意図とは正反対)
*現代人がイメージする避妊具が誕生したのは1933年。普及はさらにずっと後のこと。
*戦前は人工妊娠中絶は非合法であり、堕胎罪が適用された。(現在も刑法に明文化。母体保護法によって刑罰から免れている)

バースコントロールの感覚は、現代とはずいぶん隔たりがあるように思います。

    いいね!(1)
2020-06-05 00:24:15
名前無し

環さんの髪留めがいつも楽しみ。
昨日は水仙だったかな。
今日はカタクリの花に見えた。
いやチューリップかもしれないけど。
焦点があってなくてもちゃんと見分けようとみている。
大好きなドラマだから。

2020-06-05 00:31:16
名前無し

音の家 台所と寝室の間に階段があるんですね。二階建てだったとは。
今日まで気づきませんでした。
納戸? 納戸はどこですか。
勝手口のドアも初めて気づきました。

家の間取り図をHPに発表してほしいです。

音楽学校のドアの前に椿が生けてありました。松と合わせてあるのは何かを意味している?

環先生の羽織 今日は新作でした。いつもお美しい。

衣裳さんも含めて美術スタッフのファンです。

2020-06-05 00:31:24
名前無し

これからコロナの巣ごもりでドラマ鑑賞映画鑑賞の機会が増え、良い作品をきちんと評価できる人も増えていくことが楽しみになってきました。

2020-06-05 00:40:14
名前無し

音がオペラやろうがやめようが興味ない。

2020-06-05 00:41:24
名前無し

一人一人のキャラクターがとても濃く突っ込みどころは満載ですが、それだけ皆さんの演技が上手という事も感じながらとても楽しく見ています!

2020-06-05 01:08:15
名前無し

好きな男にために身をひくヴィオレッタと何でも欲しがる音、真逆。



スポンサーリンク


全 8509 件中(スター付 801 件)8460~8509 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。