3.46
5 891件
4 87件
3 35件
2 51件
1 542件
合計 1606
読み えーる
放送局 NHK
クール 2020年4月期
期間 2020-03-30 ~ 2020-11-28
時間帯 月曜日 08:00
出演
https://www.nhk.or.jp/yell/
(月〜金)昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルに、昭和という激動の時代の中で人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の生涯の物語。
全 16627 件中(スター付 1606 件)13301~13350 件が表示されています。

2020-08-07 08:21:49
名前無し

いっそのこと星評価をなくしましょう。と言ってもなくならないから私は星評価をつけていません。

2020-08-07 08:22:43
名前無し

音さんがそっと書斎から出て行ったシーン、バンブーのご主人の副音声で「そっとしておいてあげる」って言ってたのは、あー、やっぱりそうだよねーと納得。
裕一にばかり目がいってしまうから、副音声でさりげなく言い添えてくれて、すごくわかりやすかった。

2020-08-07 08:27:19
名前無し

管理人さん、不正な星1の削除どうもありがとうございました。

裕一が胃が痛くなるの良くわかる。コーヒーのせいだけじゃないよね。見ていてこちらまで胃が痛くなりそうです。
そしていよいよ音も頑張りどころ。裕一が今こんな状態だけど何とか頑張って欲しい。
そして、そうだここで応援団長の登場〜でした。
大好きなエピがまた始まる、嬉しいです。

    いいね!(1)
2020-08-07 08:27:27
名前無し

あのおかゆ、保さんが差し入れて
くれたものなのですね。
バタバタして、ながら見になっちゃって
いたから、気がつかなかったんですが
解説でシカと確認できました(^-^)

2020-08-07 08:44:05
名前無し

裕一と音は本当に良い組み合わせですね。まさに出会うべくして出会つた最強のカップルだと思います。2人の半生のドラマをずっと見ていたいです。

2020-08-07 08:44:19
名前無し

副音声を聞いていて、ふと思ったんですが、日々の生活で、すご〜く悲惨な日とか、緊張する場面で「緊張するよね〜」とか、共感の言葉がもらえたら、本当にありがたいですよね。
身近な家族には、ついつい「だから、もっと早く準備してって言ったでしょ!」みたいに、キツイことを言ってしまいがちですが、今後は、副音声になったつもりで、優しく声をかけてあげようかなー(^_^;)

    いいね!(1)
2020-08-07 08:47:27
名前無し

小山田先生に会って一念発起。
倒れるほどに心血を注ぎ込む。「先生の顔に泥を塗る訳には行かない」と。

過去1年、全く採用されず。それなりに努力はしたのだろうが、本当に追い込まれたようすもなく、ヘラヘラと過ごしているようにさえ見える。必死の姿を見せた場面もなかった。会社から金を出させればそれで良しとして、高額(今なら年収1000万以上)に見合った働きをしなければならないと我武者羅にもならない。やはりお坊ちゃんなのだろう。
そして、裕一にとっては「権威に認められる」ことが成功であって、音楽そのものが喜びだというわけではないらしい。主人公を応援したいと思って見ているのに、その思いを裏切られていくのが残念だ。

この後の早大応援団との交歓も…。

ところでドラマ内の時間が分からない。
朝、発声練習をしている音は、すでに出かける支度を終えているようにも見える。これは朝食の前? 裕一はこの日も仕事部屋で夜明かしをしたということだろうか。ここからバンブー夫妻に知らせて 医師の往診があって、それから走って学校に着いたのが9時(千鶴子さんの時計では8時59分)。
朝が長い。

昨日の回の、コロンブスレコード襲撃の時間も不審だった。
どうなっているのだろう。どうもなっていないのか。

    いいね!(1)
2020-08-07 08:49:24
名前無し

古山音さんの受験番号は18番。
これはやはり洒落のつもりだろうか。

2020-08-07 08:50:30
名前無し

小山田先生が怖すぎる件。
赤レーベルでまず修行するのも大事だぞ!という指導的な配慮なのか、それとも、若手を抑え込む作戦なのか。
ただ、どういう意図であったにしても、良く解釈して、与えられた場所で精一杯、できることをやろうって思えれば、糧になるはず。
雑用とか関係ない雑務をさせられるわけじゃないから、自分の殻を破るチャンスだと考えるしかない。

2020-08-07 08:58:29
名前無し

このような選考会場面があるなら、やはり本格的に歌える人を音役に起用した方がよかったのではないだろうか。二階堂ふみは頑張っているし、芝居場面が主なのだから、歌の技量より優先すべきこともあるのだろう。
しかし、例えば藤丸役の井上希美などは、十分に音役がこなせる演技力があり、千鶴子と競う場面を見ごたえあるものにしてくれたのではないか。

2020-08-07 09:06:27
名前無し

裕一の体調不良のために、選考会に遅刻した音ですが、プリンスだけでなく、千鶴子さんも「59分です」って言ってくれたのがやっぱり嬉しい♬
事情も知らず、何も聞かず、先生に悪い印象になるかもしれないのに、庇ってくれた一言、鬼に金棒くらいに心強く感じました。
よく意地悪なライバルが徒党を組んでヒロインにあれこれするドラマもありますが、ああいうのはなんか後味悪くて滅入るんですよね。
こういう媚びもしないけど変なこともしない、凜としたライバルを配置してあるのはすごく気持ちいいところ。

    いいね!(1)
2020-08-07 09:09:23
名前無し

早く藤丸さんに会いたいな。

2020-08-07 09:10:39
名前無し

連続不採用だけど、毎月2本ペースで「課題」の詞は与えられるわけですよね。
作詞家には作曲家を選ぶ権限はゼロ? 作詞家と顔合わせをする機会はないものなの?
高い契約金を出して専属作曲家を抱えておきながら、戦略もなく飼い殺し。
不思議な会社だ。

2020-08-07 09:25:17
名前無し

千鶴子さん、素敵ですよね。
音の「挑戦宣言」を心地よく受け入れたのでしょう。
「遅刻失効」などではなく、正々堂々と競い合いたい思いを表現してくれました。音が着席するときに微かに頷く顔が無表情でありながら(あるがゆえに)内面を物語っていました。

千鶴子さんは紺色ワンピースのイメージでしたが、今日は錆朱色のワンピース姿もありました。お似合いです。

2020-08-07 10:16:54
名前無し

本当につまらないのは不正な投稿をする人です。
読む価値が無いのなら読まなくて良いと思います。

2020-08-07 10:36:12
名前無し

負の状態・心情を演じさせたらピカイチの窪田正孝のおかげでこちらまで胃が痛くなりそうな感じ。一向に売れる曲が書けない裕一に小山田が更なるプレッシャーをかける。追い詰められる裕一をそっと見守るしかない音。
夢の新婚生活が始まった頃は音の励ましの言葉を素直に受け止めていた裕一だが、ここにきて廿日市や小山田の発言に混ざって音の言葉までプレッシャーになってきている。華やかな新生活から追われる日々へ。一週間が僅か5回しかない中でも、裕一が徐々に追い詰められていく様子が丁寧に描かれていたと思う。
そしてこの時点では裕一にも音にも「曲を聴く人々」の存在が見えていない。音は裕一ならできると信じており、裕一は自分の中から必死に音楽を紡ぎだそうとしている。この状態に大きな転機を与えるのはプリンス久志。来週、否、明日からいよいよ「紺碧の空」。とても楽しみだ。

先日から裕一が苦しい状態なわけだが、それでもドラマを楽しんで見られるのは音のパートが上向きだからか。音楽学校は各キャラがきれいに役割分担されていてすっきりと見やすい。その中で千鶴子が圧倒的なオーラを放っており素晴らしい存在感だ。
音の堂々とした宣戦布告(本人は報告しただけのつもりだろうが)を喜んで受け止めているような千鶴子。好敵手の登場を楽しんでいるかのようだ。音が遅刻した際にもスッと助け船を出してくれた。ここで久志ではなく千鶴子が真っ先に手を挙げてくれたのがよかった。凛としていて美しく、余計な発言はしない千鶴子。音が一次審査を通ったのにも満足している様子。私は千鶴子が大好きだ。

この週は脚本も演出も丁寧で、場面転換がかなりあったものの話は繋がっているし、一瞬一瞬のキャラの表情を映像にきちんと収めてくれているのでとても感情が伝わりやすく、何度見ても面白かった。後半はさすがにここまで丁寧な撮影は無理だろうが、今作は俳優陣に経験豊富な人が揃っているので、なんとか面白くしてくれるのではないかと思う。
今日の最後のシーン、ズカズカと応援団が上がってきて、裕一に面と向かって大音声でご挨拶。もうあんなシーン撮影できないだろうなと思いながら見てしまった。現場は制約が多く大変だろうが、どうか無事に全話撮影し終えて放送してほしい。今の東京の感染者数を見ていると、初回からの再放送にしたのも結局はよかったように思う。

    いいね!(9)
2020-08-07 10:38:30
名前無し

長いだけ。

2020-08-07 10:46:49
名前無し

失礼な投稿はやめましょうね。

※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう

2020-08-07 10:49:29
名前無し

エールファンに あたり散らさないで (>_<)

2020-08-07 11:02:38
名前無し

オペラ指導の方がいらっしゃるんですね。
山崎育三郎さんも小南満佑子さんも我流で歌ってる訳じゃないと言うことです。
二階堂ふみさんは回を重ねるごとに上手くなっていくのが演技なら凄いことだと今になって思います。明らかに選考会で選ばれてからの方が上手いと思いました。
音楽の専門家でもないくせに、と星5の絶賛感想なのに他の絶賛者でやたら人に噛みつく人に批判され初見の感想時には嫌な思いをしました。だから、あれ以来、星は入れていません。

2020-08-07 11:11:23
名前無し

麦茶をコーヒーと思い込んで飲んでしまうほどの精神状態に人を追い込んではいけないなと思いました。

    いいね!(1)
2020-08-07 11:24:50
名前無し

先日地方紙に載っていた音ちゃんの学校の
ピアノ伴奏の方を今日の画面で確認できました。
岩倉礼介さんという方です。
インタビューでは「一発録りの生演奏でとても緊張したが、
共演者と息を合わせながらいいものが出来た」と語られていました。

2020-08-07 11:34:38
名前無し

2020-08-07 11:24:50です。
すみません先ほどのピアノ伴奏の方のお名前
岩倉礼介さんは誤りで
岩倉孔介さんさんでした。
大変失礼しました。
お詫びして訂正いたします。

2020-08-07 11:52:49
名前無し

選考会の時、いつもの教官(女性)の隣で審査員をしている男性。
台詞はありませんが、実に表情深い良い芝居を見せてくれました。

エールの脚本にはいろいろ不満があるのですが、「作り」に感服することがしばしばあります。最近のドラマ作品の中では白眉といえるのではないでしょうか。

この男性役者、記憶が曖昧ですが、もしかすると福島凱旋宴会でも後ろの方で味わい深い芝居をしていたのと同じ人でしょうか。

こういう役者さんはどこかの劇団に所属しているのでしょうか。自分の知らないところで魅力的な生き方をしている人がたくさんいるのだなあと思わされます。

2020-08-07 12:05:13
名前無し

自分の中から一生懸命に曲を作り出してことごとく否定されるって辛い。
就職活動中に面接で次々と落とされたころを思い出した・・・

スポンサーリンク
2020-08-07 12:05:15
名前無し

今回の詞は「恋に濡れる浅草」
裕一って世界を知ろうとしてるのでしょうか。彼の世界はめちゃくちゃ狭い。家(つまり音)とバンブーと会社。交友は木枯と久志のみ。カフェーに行けば「そんなとこ行かんくても自分は自分で作ればいい!」って怒鳴られちゃうし。
浅草界隈を散歩してみたら、何かが降ってくるかもしれませんでしたね。

梅ちゃんには「自分の中ばっかりで創作しようとしないで外に目を向けたらいいんじゃないか」とか言ってましたよね。本当にそのとおり。
忘れちゃったのかな。
たぶん、窪田くんは覚えているんだろうけれど、脚本家が忘れちゃったんでしょうね。

「これまで」とのつながりが悪い。
所々、そこだけ取り出すと「良い場面」がたくさんあるし、スタッフも役者も頑張っているのに、どうして「良いテレビ小説」にしてくれないのでしょう。歯がゆいですね。

2020-08-07 12:25:26
名前無し

裕一くんは曲が降ってきて、いい作品ができたと思っているはずなんですが、廿日市さんが全部、不採用。しかも、何がどうダメなのか不明だから、裕一は、はあ?ってわけわからん状態なんでしょう。
なにせ世界作曲コンクール入賞だから、自分がいいと信じる曲は世の中的にもOKだと思っていて、迷路に入ってしまったという印象。
廿日市さんは一度、青レーベルをやらせてあげる判断をしてもいいと思うけれど…。

2020-08-07 12:31:35
名前無し

音さん、格闘する裕一を、気遣いながらも静かに見守る。いい奥さんですね。
この妻が、口紅の跡だけであんな狂犬になってしまう。聞く耳ゼロで口汚く罵る。「おんな」なんて、育ちのいい子は口にしませんし。(裕一が謝っても「いいよ」だけ。私は間違ってないものね。笑)
リアリティないなあ。

現実にいる人物として無理やり理解するなら、「自分の望むように行動する夫」の型を作り上げて、そこからはみ出すことを微塵も許さず、自分では「愛」と信じて猛進する妻。裕福な家で育ったけれど下品な表現のストックが豊富。アイテを完膚なきまで叩き潰すことにためらいがない。
それはそれで怖い。
脚本家や演出家が「受け」を狙って吠えさせたと思う方がまだましかな。

来週は応援歌作り。
小学校の運動会エピソードとつながるものと確信して視ていたころが懐かしい。

それと、誰か知っていたら教えてください。
ヴィオレッタ選考会の日程。そして本番の期日。
一次選考から最終専攻まで、とても間が空くような気がするのですが。
応募締切が9月1日。その後は?

2020-08-07 12:41:04
名前無し

降ってきてるのかなあ。
詞を見ても「ワケわかんないですよね」って言ってましたよ。
必死で頭で考えて音符を並べているように見えます。

何がいけないのかさっぱり分からない、というのはそのとおりだと思いますけれど。

でも、もう1年です。1年ただ飯食わせて、まだ契約打ちきりにならないのは小山田先生の「要請」があるからですよね。
だから青レーベル作品は到底無理。廿日市の裁量は小山田先生の意向を越えられないのだという設定なのでしょう。

2020-08-07 12:57:06
名前無し

あら。星の評価変わりましたか?
増えたの嬉しい。だって2回目なのにこんな楽しく見れるなんて珍しいもの。低迷期を彷徨いながらもだんだんと人とのご縁で作品を作る事になっていく展開、ここから更にまた楽しみです。先を知ってるから安心というのと、副音声がかなり面白いのがいい。今日もバンブーのご主人の声に出して癒されました。ステキな声ですね。

    いいね!(1)
2020-08-07 12:58:08
名前無し

何しても答えだせない裕一に今だからこそ共感できる。

そのフィルター適切ですか廿日市みたいな人がリアルにも

2020-08-07 13:14:11
名前無し

星1と5の戦いはやめよう。
勝ってくるぞと勇ましくから、長崎の鐘に変わって欲しい。

2020-08-07 13:16:12
名前無し

星1の不正投稿が大量に消されました。よかったです。

裕一も音も人生これからですね。自分自分の生き方から、色んな人との関わりの中で生き方が変わってくる。まずは裕一から。今週の裕一はヒロインのようなところもありましたけど(^_^; ここからが楽しみです。

2020-08-07 13:23:15
名前無し

安心できません。アク禁はすぐ終わるでしょう。

2020-08-07 13:25:45
名前無し

小山田を演じる在りし日の志村けんさんの存在感が何度見ても圧倒されます。惜しい人を亡くしました。ご冥福を祈ります。

音は音楽学校へ進みライバルの同級生との切磋琢磨があり裕一はなかなかヒット曲に恵まれず悩み苦しみ葛藤します、そんな中早稲田大学応援部との交流や不滅の応援歌の誕生が感動的に描かれていきます。涙と感動の名場面をもう一度見られるので楽しみです。

    いいね!(1)
2020-08-07 13:29:33
名前無し

志村けんさんである必然性がまったくなかったね。

2020-08-07 13:39:11
名前無し

奇をてらっただけのミスキャスト。

2020-08-07 14:02:49
名前無し

私も志村けんさんがまた見られて嬉しいです。本当に存在感が凄いですね。裕一と音は仲直り出来て良かった。久志ありがとうね。

裕一の今のこの辛い時期を見せて貰えたことで、天才であるがゆえのこの苦難と葛藤の日々を乗り越えた先にある栄光を、素直に本当に良かったねと思えます。

2020-08-07 15:34:53
名前無し

ほんとに、こっちまで胃が痛くなりそう(>_<)
裕一なりに自分のことも音のこともちゃんと考えてるからこそだよね。
がんばれ裕一、音がついてるぞ!

2020-08-07 16:08:47
名前無し

井上希美さんの音役も観てみたいですね
歌は絶品だし、笑顔がいいからなあ

2020-08-07 20:04:12
名前無し

再放送はまじでおもんない。
いつ続きやんねん?

2020-08-07 21:05:24
名前無し

続きは見たいですが、再放送も楽しんで見ています。これほど楽しめるなんてちょっと驚いているくらいですが。
見逃していたことや皆んなをより深く知る事が出来て、ますますこのドラマが好きになっている自分がいます。
良い作品に出会えて本当に良かった。

2020-08-07 21:11:35
名前無し

小山田先生の時の緊張感がハンパない。
こんなにピリピリした雰囲気出せる人、なかなかいないと思う。本当に惜しい。

2020-08-07 22:36:40
名前無し

面白くない。
早く終わらないかな。
この夫婦に全然好感が持てない。

    いいね!(2)
2020-08-07 23:29:31
名前無し

副音声解説、想像していた以上におもしろいです。担当した役の人達がもっともっと好きになりました。そして、裕一と音を見守ったり応援したりする気分で見るようになりました。最初に見た時と見るスタンスがだいぶ違います。今では二人の親戚のおばちゃんみたいな気分で見ていますw

2020-08-07 23:33:36
名前無し

小山田との初対面と徹夜の作曲、千鶴子への宣戦布告、珈琲の腹痛、
選考会と合格発表、そして久志への相談と早稲田の来襲。
15分間に盛り込まれた中身の濃さと目まぐるしい展開の速さに驚き
少々疲れました。

2020-08-08 00:10:01
名前無し

僕に任して 
久志はもしかして三郎の分身?!

2020-08-08 05:27:15
名前無し

凄く面白ない。
この夫婦に共感できない。(^^;)

2020-08-08 07:51:26
名前無し

おもしろいね!
やっぱり紺碧の空の話はおもしろいわ~

2020-08-08 08:05:59
名前無し

負け犬の遠吠えとも言うが オモロイ奴なのよ笑
管理人様に喧嘩うって またバッサリ削除で笑わせてくれそう (^з^)-☆



スポンサーリンク


全 16627 件中(スター付 1606 件)13301~13350 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。