3.74
5 337件
4 195件
3 126件
2 77件
1 92件
合計 827
読み きりんがくる
放送局 NHK総合
クール 2020年1月期
期間 2020-01-19 ~
時間帯 日曜日 20:00
出演
謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、
戦国の英傑たちの運命の行く末を描く。
https://www.nhk.or.jp/kirin/
BSプレミアムは18時〜
BS 4Kは午前9時〜
全 5035 件中(スター付 827 件)4451~4500 件が表示されています。

2020-05-25 05:56:37
名前無し

義龍が十兵衛に甘すぎて、ハラハラしない。再会して命を本当に狙うくらいなら、十兵衛の物語として迫力が出たと思う。

それと、他の方も指摘されてるけれど、信長と母親の不仲、あんまりピンとこなくて。

大事な物を壊すって言われても、子供はパソコンのキーボードの文字を剥がしたり、大事なものをかなり破壊するし。あんなに恨んだりするのって、よくわからなくて、え?っと思ってしまった。

2020-05-25 06:33:34
名前無し

いだてんは、つまらないと思って見ていたが、麒麟が来るのほうがつまらなく感じる。

2020-05-25 06:39:49
さくら

明智光秀を中心にした泥臭い人間模様が、非常に上手く描かれていますよね。その派手さはないですが、とても見応えがあると思います。ただ戦場の場面だけを描いている戦国時代のドラマよりも、人と人の駆け引きに惹きつけられるモノを感じますね!!

2020-05-25 06:51:15
名前無し

信長と土田御前のシーン
土田御前の苦しみはすっごくわかるけど信長もちょっと可愛そうだったな
信長は見捨てないで欲しい気持ちがでててよかった
もう土田御前でないのかな
檀れいさん好きだからもう少しでてほしいな

2020-05-25 06:55:51
名前無し

>>ただ戦場の場面だけを描いている

そんなのなかなか無いですよ
合戦場面はお金かかりますから
角川映画の「天と地と」くらいですかね

2020-05-25 07:11:33
名前無し

このドラマの信長人物像が、猟奇的気持ち悪さを感じさせる原因が判った。
あの酒鬼薔薇聖斗事件を彷彿させる。

2020-05-25 07:20:47
名前無し

斎藤義龍って名乗ったのは晩年だけだったのか。斎藤高政という名前は今作で初めて知った。斎藤道三も斎藤高利だった頃の方がはるかに長く、道三を名乗ったのは高政に家督を譲って以降だけだったことも。

義龍はもう出て来ないかもしれないな。義龍として登場したのは昨日の放送回だけだったのかも。

2020-05-25 08:33:04
名前無し

いだてんと比べたら、面白いです。

2020-05-25 08:52:08
名前無し

同じく、私はいだてんよりはずっと楽しく見られています。
ただもう少し主役を魅力的に描いて欲しいなと思います。

2020-05-25 08:56:25
名前無し

戦国ものとしては、つまらない。
主人公に魅力がない。

いだてんは楽しかった。

2020-05-25 09:09:52
名前無し

いだてんより遥かにマシだな。
私も明智光秀自体は、どう描こうとあんまり魅力を感じないけど。
本能寺、謀反、のイメージが強すぎるからね。

2020-05-25 09:17:48
名前無し

もう24、5歳の信長が
「父も母も弟も失った」何て考えてない。
尾張統一がなければ今川、美濃斎藤義龍、朝倉、武田などなど敵だらけ。
そんなことは土田御前もわかっているはず。
ありえない「私の大事な物をいつも壊す」などと言ってる場合じゃない。

    いいね!(1)
2020-05-25 09:17:56
名前無し

謀反を言い出したら斎藤道三だってそうだし、織田家を蔑ろにした羽柴秀吉だって似たり寄ったり。下剋上の世の中でそんなことを大袈裟に取り上げるほうがおかしいと思う。

2020-05-25 09:21:20
名前無し

あれだけ本作で重要性があった斎藤義龍がナレ死にで退場してあっけないです。史実では桶狭間後も生きていたのでもう一回出て臨終のシーンを描いて武士らしく有終の美で飾らせたい。

2020-05-25 09:32:15
名前無し

後の関係を暗示させる光秀と細川藤孝との交流が描かれていたが、ふと、藤孝の生き方の方が、ドラマとして面白いと思った。スピンオフで見てみたい。ところで、足利義輝へ贈り物として持っていった鷹は何かやらかすのかと思ったが、何も無かった。信長が松永久秀へ渡した酒に毒が入っていると思ったが、入ってなかった。久秀の生涯も面白いですね。

2020-05-25 09:32:54
名前無し

本能寺で謀反をした史実が、あまりにも有名だと言うことだ。
一般的なイメージは、明智光秀=本能寺であろう。
誰が大袈裟に書いてるんだ?

2020-05-25 10:30:02
名前無し

伊藤英明さんの急な退場は、もしかして次のスケジュールが決まっていて、大河の撮影再開まで待てなかったからかもしれませんね。

他のナレ死やフェードアウトした登場人物も、演じる役者さんが沢尻禍による撮影スケジュールの変更や脚本変更に合わせられなかった、またはNHK製作サイドから頼まれて応じた等の裏側があったのかもしれません。

裏方作業はてんやわんやなのでしょうね…。

2020-05-25 10:40:34
名前無し

緊急事態宣言解除でドラマの撮影は再開されるのかね。三密そのものの現場だし、当分不可能なのではないかと思う。撮影現場で俳優のクラスターが発生しようものなら責任問題で目も当てられなくなるだろう。

2020-05-25 11:31:38
■敵は視聴率にあり? by星★

 この大河は、(現実を元に築かれた現代劇「いだてん」の後を受け、その逆の必要から)「オリジナル歴史もの」で視聴率が高いことが至上命令なのではないか、と常々思っているが、その為の無理がいろいろあるような気がしている。
 けど、視聴率といっても、この数字は、「良い視聴率」と「悪い視聴率」という曖昧な色合いが混在したもので、「不思議の高いあり、不思議の低い在り」(※)とでも言うべきようなオボロさがあり、かつ、人の心が「移ろいやすい」ことを思えば、高い視聴率を得るのは、人の「愛」を得ることよりもむつかしいぐらい( ^)o(^ ) _~~、
 ・・・・ただ、道三の物語を作り出した、脚本&スタッフを思うと、人事を尽くし天命を待つ、ぐらい腹をくくると共に、今の、違和感アリアリの独自色やファンタジーっぽさは方針変更が必要だと思う(道三の物語部分は視聴率はどうあれ、失敗だと思う人はいないと思う)。
※「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉があるけれど、視聴率は、勝ち負けの明確な勝負事よりもさらに評価・断定しにくい魔物では?と思う。

2020-05-25 11:51:48
■光秀の仁 by星★

 個人的興味からだけど、先日、再度視聴した「仁」は素晴らしドラマで、この大河にも、仁みたいな医者としての視野を書き込めないものだろうか?と思う。
 光秀は医に造詣のある「牢人医師」だったとの本があることを最近知ったが、例えば、東庵というキャラを足掛かりに「医という仁の目を持った武将」の徳治主義と、信長・秀吉の「政治家としての武将」の軍事・調略・利益の政治という対立軸で描くと、本能寺の失敗等も含め、現代的な戦国物で面白いと思うのだが・・
 因みに、本能寺は「負けに不思議の負けなし」なのか、偶然が大きく作用した「不思議な負け」のか、描いて欲しいなあ・・・。

2020-05-25 12:07:44
名前無し

感染は、徹底した防御で防げると思います。
医療従事者であれば、ご理解頂けるのですが。
手を抜く気を抜くやり遂げない所から、免疫力低下の方が
感染して行くと思われます。
スタジオ内の、換気や気温、湿度も関係して来るでしょうが
公衆衛生や、感染症対策専門家のアドバイスを受けて
徹底した消毒や人数を最低限で始める等の防止策を取り決めれば
野外撮影等は出来るのでは? ただ撮影に対する役者の
スケジュール調整などの大幅な練り直しが休止中出来ていたか
来れから検討するかでも、 内容が変わりそうに思います。

2020-05-25 12:27:20
名前無し

十兵衛が寺子屋で口養いをしているような描写がありました。
医の方が全く感じられない展開なので、駒がその部分を担ってるのかと
何とも不思議な気がします。
義龍と会ってアレだけ? そしてナレ死、、愛を乞う人たちばかりに
囲まれて、正直者 故に大事にされる十兵衛。
下克上あたり前、親子兄弟殺し合い 裏切りにまみれた中で
「あなたに仕える気はありません」と、きっぱり答えて
妊娠妻を躊躇なくハグ出来る 平成のイケメンみたいな男は
あの時代には貴重かも知れないw
義輝さまの覇気のなさが尋常じゃない、信長の尾張に急ぎ帰るが
廊下を小走りで、ちょっと笑えました。

2020-05-25 13:16:13
名前無し

高政わりと好きだったんだけどナレ死だったな
麒麟は色々な人やエピソードがダイジェストで詰め込まれているが、あまりストーリーの連続性が感じられないなぁ。感情論が先に立って問題を解決するための政治的動きや策略が蔑ろになり、帰蝶が適当に考えた作戦で流されているからだろうか。
振り返ってみると斎藤家は主要人物達にキャラ付けするためだけに出した話に思える。だから始末が雑。
あと信長はここまで悪くないと思っていたけど、今回はなぜかやはり子供っぽ過ぎないかなという感じがした。
ここ迫力ある発言ですよ。という雰囲気作りを音楽で補強してるけど、度々やられると音楽効果も半減してくるし。

2020-05-25 14:36:38
名前無し

演出上やたら黄昏のシーン多用し過ぎに感じるな。
信長と母の決別・高政と光秀の最期の邂逅…など今までも道三や光安など別れや寂しさを表現する為かもしれないが妙にあのオレンジ色の照明のシーンが多く感じられる

2020-05-25 16:22:01
名前無し

光秀と義龍(高政)の今生の別れのシーンが印象に残りました。二人はかつて互いに美濃を良くして行こうと志をもつ友だったが、道三の方針に賛否が分かれ戦い今は心穏やかになりかつての仲のいい友達に戻ったように語り合う二人が感慨深かった。自分の信念のために父と弟を殺したことを悔いて、光秀にはお前は何がしたいのかと心配する優しさも見せた。大きな国を作れと訴えた道三の最後の言葉を光秀から聞いて複雑な表情を浮かべる義龍は今でも父を心の底では尊敬をしていたのかも知れない。義龍に仕官を進められても厳しい表情で凛として断る光秀が頼もしかった。光秀の去り際の後ろ姿を見送りながら『さらばだ、もう会うこともあるまい』と言葉をかけた後一人部屋に残された義龍のこの先の運命が分かっているだけにより哀しく見えました。

    いいね!(1)
スポンサーリンク
2020-05-25 16:34:58
名前無し

歴史にうといのであまり立派な感想は書けないのですが、久しぶりに家族全員で日曜夜8時を楽しんでいます。なんといいますか、毎回序盤中盤終盤に見所を仕掛けてあって、なかなか目が離せません。
光秀にはもう少しカッコいいところがあるといいのですが、まだそういう時期ではないと割りきって見ています。活躍する時は益々おもしろくなりそうです。

    いいね!(3)
2020-05-25 18:20:54
名前無し

主人公光秀が松永久秀に頼んで未然に防いだって事だけど、信長公記の義龍の命を受けた刺客が信長を追いかけて来たけど丹羽兵蔵なる者により知った信長がその者達を一喝する話だと思ったが抹香投げ等のエピ同様無かった事みたいだね。

2020-05-25 21:20:58
名前無し

視聴率が伸びたとの事でなによりだけど、表題詐欺に釣られた視聴者が多かったのかな
十兵衛君自ら体を張って暗殺計画を阻止するのかと期待していたら、松永久秀にチクッただけで解決
「パシリ」に加え「チクリ」属性まで備えちゃったぞ
もっともフロイスの記述によると密告魔だったらしいが

そんなんで義龍を断念させられるなら、初めから細川お前が直接言えとも思ったが、自身は直接動かないという姿勢が後年のしたたかさに通じるのかも知れない…というのは今期制作陣を買い被り過ぎか

2020-05-26 04:08:38
名前無し

何年経っても十兵衛は、パシリです。
そんな十兵衛に信長暗殺を阻止するという、まるで主役がやるような(!)大役が回ってきたというのに、松永久秀に告げ口して、代わりに阻止してもらいました。
あぁ、情けない。

2020-05-26 05:48:37
さくら

明智光秀を中心にした泥臭い人間模様が、非常に上手く描かれていますよね。その派手さはないですが、とても見応えがあると思います。ただ戦場の場面だけを描いている戦国時代のドラマよりも、人と人の駆け引きに惹きつけられるモノを感じますね!!

2020-05-26 06:19:44
名前無し

こんなにはまった大河久しぶりです
とても面白いです
桶狭間まではストックあるなかな
休止はとっても残念です

前回は松永久秀と信長がよかったな

2020-05-26 07:20:57
名前無し

本来は東京五輪・パラリンピックの放送のために8月は休止することになっていたのだから、もう全放送の半分くらいにはなっているはずだが、未だに想像の域を出ないところまでしか来ていない。信長の家来になるまではっきりした記録が残っていないのだから、本作の描くところは「知られざる光秀」ということだったのかもしれない。信長の家来になって以降は駆け足にするつもりだったのだろう。

それにしても、帰蝶の出演がここまで多いとは。「もう一人の主人公」といっていいくらいだ。沢尻の降板で無駄になった影響は計り知れないものだったことだということがはっきり分かる。

    いいね!(1)
2020-05-26 08:31:55
名前無し

忍びみたいなことしかしてない光秀も
論語を身につけていたとは

2020-05-26 09:26:49
名前無し

なんか今週のタイトルあんま関係なかったな。
時間つぶしのオリジナルキャラ達出てこなくてよかった。
大名と将軍の会見に
官職もない浪人が同席できるのかい

2020-05-26 11:41:29
名前無し

もうパシリでも、チクリでもイイよ。
一話まるまる忘れられていて『出演無し』になるよりは。
彼は浪人だから、表舞台とは無関係だよね? 本来は。
なんでのぶりんと会えてたり、偉い人と酒組み交わせて
義龍と仲良く話してんだって事になるよね。
突き詰めたらば、、、。

2020-05-26 12:24:58
名前無し

NHK的には、
主従関係を結んでいない=対等
という解釈なんだろう
なんか長良川の河川敷で偉そうな台詞決めてたし

2020-05-26 16:30:41
名前無し

十兵衛と高政の再会が切なくてたまりませんでした。
毎回の見せ場にいつも涙なくして見れません。
初めて大河ドラマにハマってしまいました。
NHKの皆さん、コロナ渦で大変な時期ではありますがお身体を大切に頑張ってください。麒麟がくるには私たちを奮い立たせる大きな大きな力があります。

    いいね!(1)
2020-05-26 18:36:08
名前無し

女性の主人公が駒ではなく帰蝶さんでしたね。

2020-05-26 20:10:12
名前無し

演技の下手な役者をあて高政の未熟さを表現しているのだと思うようにしてきたが、
回を重ねるごとに役が板について今回の光秀とのシーンではしみじみとさせられた。
道三も光安も回を追うごとに当人らしい本来の味がにじみでて
自然と観る者の心を打ったことと思う。
だから、光秀だっていつかそんな日がくるよね。
今は熟成のときだよね。そうだよね。
期待して待ってるんだから…。

    いいね!(1)
2020-05-27 00:14:08
名前無し

私はいまだ高政に慣れませんw
他が良いだけにどうも浮いてるというか・・・
伊藤さんに下手なイメージは無かったんだけどなあ

2020-05-27 01:29:51
名前無し

まぁ義龍は寺子屋向きではないよね
暗いし

2020-05-27 13:07:33
名前無し

光秀にお別れを言う高政の表情は、優しさと淋しさを感じさせる微笑で
とても良かった。
それだけに、次の瞬間のナレ死に衝撃を受けた。

2020-05-27 15:19:15
名前無し

越前編になっても
光秀のお使い、光秀は見たと内容あんま変わってないが
まあ楽しんで見れてます

2020-05-27 18:06:52
名前無し

信長の家来になると、マジなパシリになりそうだ。
染谷さん猫村さんで凄いリーゼントしてたw

2020-05-27 20:15:56
名前無し

NHK、「エール」「麒麟がくる」の代替番組を発表
https://www.sanspo.com/geino/news/20200527/geo20052718490020-n1.html

2020-05-27 21:17:25
名前無し

光秀は物足りないが脇役で実在の人物の存在感はいいと思う。

2020-05-28 04:18:33
ゆっこ

義龍さまの、伊藤さまが、少し涙を目端にして演じておられ、
今回、衣装やヒゲの姿形もかっこよくて、綺麗で、いかにも国守な貫禄でよかったです
長谷川十兵衛との丁々発止も、まだ、お互いに心が残ってるのが、感じられて。、、なかなか、ぐっときました

    いいね!(1)
2020-05-28 05:02:39
名前無し

信長が尾張が心配と言って小走りで帰る所
あの走り方、可愛いすぎ
染谷さんウケねらいなの?
子供のようだわ。

2020-05-28 23:51:41
名前無し

放送中断の代わりに過去の戦国大河の名場面集を流すらしいけど、かねたんとかシエたんとかあの辺に留めとかないと、麒麟とは釣り合い取れないぞ

緒形秀吉なんて出された日にゃ格が違い過ぎてとてもとても

個人的には武者震い侍を出して欲しいな

2020-05-29 00:32:10
名前無し

信長もヤンチャだったけど、親はヤンチャな信長を受け止めて上げないと、
実の親の弟ばかりの可愛がりに今でもよく有る屈折した親子関係に思えた。
ヤンチャの長所って好奇心旺盛で天真爛漫
親の育て方が最低過ぎる。



スポンサーリンク


全 5035 件中(スター付 827 件)4451~4500 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。