3.40
5 494件
4 265件
3 192件
2 205件
1 244件
合計 1400
読み きりんがくる
放送局 NHK総合
クール 2020年1月期
期間 2020-01-19 ~ 2021-02-07
時間帯 日曜日 20:00
出演
8月30日再開。

謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、
戦国の英傑たちの運命の行く末を描く。
https://www.nhk.or.jp/kirin/
BSプレミアムは18時〜
BS 4Kは午前9時〜
全 6681 件中(スター付 1400 件)6632~6681 件が表示されています。

2021-02-13 09:49:56
名前無し

前半は、明智光秀の考え方の基盤を作る、言わば思春期を丁寧に描き過ぎだったと思います。コロナ無しとしても。
再開後の一つ一つの出来事をじっくり描いて欲しかったです。
オープニングの曲、背景、長谷川光秀の姿が非常にいいと思います。

    いいね!(1)
2021-02-13 10:09:47
名前無し

小和田氏は池端氏始めとする脚本家達とストーリーに大きく関わったと書いてありました。
この大河という「ドラマ」で描きたかったのは、本能寺の変以降、詳細もわからず、主君を殺した不届き者のレッテルを貼られてきて、特に江戸以降は、封建制度確立のために利用され、長い間、光秀=悪者が定説として広まっていったが、本当はそうだったのかと、視聴者に訴えかける事だったと思います。光秀はそんなに悪い人だったのか、については、信長についての資料は多くありますが、光秀については少なく、ドラマ色が多く入ってきたと思います。

歴史の真実は見えない事は多いと思います、今の日本の実情さえも。しかし、それに迫ろう知ろうとする事が歴史浪漫だと考えているかもしれません。
ドラマですから、史実とは違うだろうと思われる場面もあってもいいと思います。誰もその場に居合わせなかったのですから。

2021-02-13 10:39:58
名前無し

百歩譲って後半生はダイジェストで割り切り「謎めいた光秀の前半生に光を当て」るつもりだったとしても、結局もっくん劇場と娘暗躍とどうでもよい架空人物の恩人探しに終始し、肝心の主人公は何もしないままだった
本当に出だしだけ野盗退治をして、後は領民ほったらかしでお使いに奔走、大した成果も無し
「十兵衛quest」と揶揄されてたのを忘れてませんよ
領地領民を守る為に必死の努力をしていたのは光安叔父さんだった
鉄砲への拘りも長篠への伏線なのかと思いきや結局後半にさほど生かされず
「三段撃ちは十兵衛考案」くらいぶちかましても良かったのに

    いいね!(1)
2021-02-13 13:09:04
名前無し

「麒麟がくる」良い大河でした!途中、少しだけ
脱落しそうになりましたが。全話通して良かったです。特に、最終回は染谷君が、織田信長になり、素晴らしい刀裁きを!素晴らしかったです!
私は光秀生存説を信じる派なので、最後馬に🐎乗り颯爽と走り去る長谷川光秀様に見惚れました!五日、又大河で光秀が出てくるストーリーがある時には家康を助け、世の中の安寧を願った光秀として
描いて欲しいと思います。

2021-02-13 15:23:16
名前無し

再放送見て 感動した。
泣けた。

光秀  生きてて…………と
気持ちがあの世の中に行った気になった

長谷川博己さん 
皆さん  有難う。  いい作品でした。

泣けるーーーー😭

2021-02-13 15:25:22
名前無し

総集編も見たいが!

番外編が是非 是非 是非  見たい!

番外編 やって下さい!   お願いーー❣️

2021-02-13 15:26:29
名前無し

日本史はあまり詳しくないが、「えぅ、今頃このシーン?」(鯛釣りとか)とか思ってたら、こちらで取り上げられてて「ああ、やはり……」と妙な感動をした(^_^;)。

2021-02-13 16:53:34
名前無し

戦国を生きた男性は大変、大変でしたね。

殺してわかる主君への想い、麒麟愛、信長に至っては、殺されなければわからなかった家臣との絆、一人の人間の命の尊さ…。

あのシーンを深く、長く見ていたかったです。
長谷川さん、染谷さんは大河を通して、より演技力がつき、長谷川さんは顔つきが変わったと感じました。

お疲れ様でした。

2021-02-13 17:27:16
名前無し

再来年の徳川家康に天海僧役に長谷川さんが出演されたら、
話題になるでしょうね

2021-02-13 17:40:41
すだちちゃん

本能寺で光秀と信長が、言葉を交わすシーンがあっても良かったですね。まずは、光秀が信長の肩を鉄砲で撃ち抜くんですよ。信長「十兵衛、わしを撃つとは・・・血迷うたか!」光秀「血迷うてなどおりませぬ。今、公方様と長宗我部殿を滅ぼせば、大勢の恨みを買い、また大きな戦が起こるのは目に見えておりまする。先日、私は上様をお止め申し上げましたが、聞き入れてもらえませんでした。熟慮の末、こうすることが戦を避け、麒麟がくる大きな国を造る最善の策だと思い至りました。どうか、お許しくださいませ」信長「面白い、十兵衛。わしの首を見事取ってみよ!ハハハッ!」こういうやり取りを見てみたかったですねえ。

2021-02-13 18:59:10
名前無し

クーデターが起きたというのに火事場見物みたいに民衆が呑気にぞろぞろ集まるというのも変
信長の遺体を発見出来なかったとなると、近隣家屋への捜索(という名目の略奪)が広がってもおかしくないのに
民衆の動揺を収め治安を維持するのに市中を奔走する明智軍という描写が信長奮闘場面より必要ではなかったか明智視点なんだから

2021-02-13 19:57:55
名前無し

真田丸の「きり」(長澤まさみ)もそうとうにウザがられていたけど、終盤には視聴者から認められる存在になっていた。

駒はどうだったろう?
最終回、本能寺の変に何か絡むのかと思ってたら、何もなかったし、三年後とはいえ光秀のことをあっさりと話題にしていて、素っ気ないのが意外でした。

光秀が生きてるって噂話を聞きつけたら、現地に飛んで行って意地でも探し出そうとするキャラだと思ったけどな…。
あと、綱渡りと宙返りは結局、特技以外の意味はなかったのね?
駒を救出したのが光秀の父であるという話も、そこからさらに繋がるエピソードはなかったと?
例の万能薬で瀕死の光秀を救って逃がす…みたいなラストも想像していましたが、それもなく…。
初回で光秀に麒麟の話を言い出したわりには、最終回で言及しなかったですよね。

    いいね!(2)
2021-02-14 07:10:26
名前無し

光秀が本能寺へ行く決心した心の動きがどうも、モヤっとしています。三人の家臣が迷わず頭を下げて賛成したのも、一人も不安を感じなかったのか、その三人ひっくるめた没個性の感じも、なんとなく違和感が残りました。
映像はなかなか綺麗なシーンもありましたが、ストーリーがやっぱりぼんやりしてしまったように思えました。

    いいね!(1)
2021-02-14 08:49:01
名前無し

小説映画TVはもちろんのこと、今や漫画やゲーム様々な媒体でありとあらゆる異説珍説が飛び交う本能寺
しかしせっかくの大河なのに、荒唐無稽だが面白さ優先でもなく、緻密な考察の積み重ねによる圧倒的説得力でもない
ヒストリアの再現VTRよりも地味で抽象的な本能寺になっちゃいました
家臣との議論も凶ばかり出る御神籤もあめが下しるの連歌会も京での備中出陣式に見せかける偽装もなんもなし
家康への密書を書き上げたちょうどその時に都合よくのこのこ菊丸が現れるとか勘弁してくれよもう

    いいね!(3)
2021-02-14 08:59:15
名前無し

比叡山と同じく寺への焼き討ち
しかし今度は非戦闘員ついでに黒人侍弥助はきちんと逃がしました

そんな対比があってもよかったのに

2021-02-14 15:51:10
名前無し

【本能寺の変】って諸説あってどの説を採用したとことで視聴者が納得が行く終わりにはならないのだからもっと『麒麟がくる 』ならではの本能寺の変にして欲しかったです。

モヤっとした本能寺の変だったので何だかモヤっとした印象の大河になってしまって残念です。でも、まぁ最後まで完遂できたのでそこそこ満足しました。

2021-02-14 18:32:21
名前無し

長谷川博己さんの魅力が全面に出ていました。
「まんぷく」のしょぼい萬平とは大違いの汚名返上。

2021-02-14 20:38:19
名前無し

「200年、300年、太平の世を~」みたいなことを言ってたけど、
それは次の徳川幕府をことを知ってる現代人の言葉で、普通なら100年、200年って言うでしょ。
こういうところがこの脚本家のダメなところ。

2021-02-14 20:54:22
名前無し

血洗島……(゚o゚;)、なんか昔の角川映画みたいな名前。なんてブラッディな。
澁澤龍彦の著作にもブラッディ・メアリの話が。おカネなんとかでは三浦春馬が “血塗られたメアリ” のTシャツ着せられてたな。吉沢亮は大丈夫かな。

2021-02-14 20:59:54
名前無し

↑すみません。青天と間違いました。m(_ _)m

2021-02-14 22:50:08
名前無し

20数年ぶりに小学生気分で大河ドラマを観た。
そして痛感した。
2年前までの私が正しかったと。
家人のつきあいで初回を目にしても以後観ないという態度の正しさよ。
戦国時代が好きという理由だけで1年にわたり我慢に我慢を重ね視聴した。
大河ドラマ。時間を浪費するにはあまりにリスクの高い代物。
よって金輪際観ない。
初回も観ない。
さよなら。

2021-02-15 01:05:13
名前無し

個人的MVP

明智光安(演:西村まさ彦)

どいつもこいつもろくでなしばかりの中、唯一この人だけが乱世の中体裁も何もかもかなぐり捨てて領地領民の為必死に働き抜いた
義龍一派の前で馬鹿踊りを披露している姿を甥に見られてしまった時に一瞬覗かせた哀しい表情は、歴代大河屈指の名演技だと思う

あとはどうでもよい学芸会でした

    いいね!(4)
2021-02-15 10:52:00
名前無し

明智光秀  麒麟が来る   良かった。

徳重さん   間宮さん    
ラスト迄 最高でしたね。 

番外編でも見たい!

2021-02-15 16:41:17
名前無し

主役の光秀がパシリとコメンテーターばかりで
全体的に物足りなかったけど、
最終回どうなるのかの盛り上がり感は
かつての大河ドラマの凄さを感じました。

2021-02-15 18:56:57
名前無し

最終回は本当に良かった!染谷信長の迫真の演技!!刀裁きが素晴らしかったですし「光秀か、光秀なら是非もなし」の名台詞も、瞳に涙いっぱい溜めて、、ジンときました。明智光秀の最期を描かずに、生存説で締めたこと、、神秘性があり、麒麟を呼ぶ為に光秀が加担したことを示唆したような最終回で、とても良かったです!馬で走り抜く光秀、カッコ良かったー💕

スポンサーリンク
2021-02-16 02:31:43
名前無し

光安叔父さんをMVPに選出してみて解ったよ
十兵衛はプライドばかり先行していつも結果を出せない
平らかな世とやらの為なら、光安叔父さんを見習って信長の前で馬鹿躍りでも何でもやってみせろっての
いちいち口答えして事態をややこしくすんな


あ、藤吉郎秀吉はそれが出来る奴だったってことか

    いいね!(1)
2021-02-16 12:32:29
名前無し

本能寺の変、評判よかったみたいだけど、私はいまいちでした。

塀の外から矢を射かけられているのに、足軽二人と信長が、
何の動きもなく縁側で突っ立ってるの。
で、矢が次々と飛んできて左右の足軽二人にボスボスボスッと数本ずつ突き刺さって、倒れる。少し後ろの信長には当たらない。
緊張感なし。間の抜けた演出で白けてしまった。

明智勢が侵入してきて廊下で鉢合わせしたときは、
信長が一番前にいて家来たちはその後ろで武器を構えてる。
いやいや、いくら殿様が勇猛果敢な人物だからって、
家来がその後ろにいちゃいけないでしょ。

たしかに従来の本能寺の変みたく、戦火の中で敦盛を舞ったり、
森蘭丸と今生の別れを長々とやったりとかの、
非現実的なことはやらなかったので、よかったけど。

2021-02-16 14:20:23
名前無し

23日に総集編ですね。😊

2021-02-16 14:22:17
名前無し

せっかく主人公が光秀なのに
オリキャラカルテットが出過ぎてもったいなかった。
結局一番良かったのはロッキーのようなオープニング曲だったかも。

    いいね!(1)
2021-02-17 10:53:43
名前無し

駒の出過ぎ感だけは不満ですが
完走出来て嬉しい。

2021-02-17 21:09:32
名前無し

まぁ、駒が木下藤吉郎に読み書きなんか教えなければ無名の瓢箪売りのまま生涯を終えて、山崎の合戦で明智光秀が敗北することも無かった訳だし

2021-02-19 09:12:20
名前無し

花丸木の演技が一番印象に残っている。あとは北風のように去っていく。

2021-02-20 00:27:53
名前無し

無事終わって良かった
でも寂しいけど…なんだ?
やっぱり好きだったんだ 「麒麟がくる」

    いいね!(1)
2021-02-21 00:04:45
名前無し

麒麟がこなかった。

2021-02-21 09:34:54
名前無し

道三、帰蝶、信長が最高でした。

2021-02-21 16:04:38
名前無し

「饗応役の光秀を叱ったのは家康を牽制するため」
という信長のフォローに驚いた( ̄ー ̄)
信長が情緒不安定っぽかった。

2021-02-23 13:50:12
名前無し

つい最近「空海」という映画を観たのだが、染谷君の空海。
丸顔だから頭ツルツルでも可愛い坊さんでした。
信長もまあまあ良かった。
身長は…仕方ないよね。
なつぞらでちょっと拒否しちゃったが、信長と空海で良し良し、ちょっとファンになったよ。

2021-02-23 14:43:45
名前無し

総集編を見ているが家康の母の於大の方が美しい。
この人細川ガラシャのイメージにぴったりだ。
芦田愛菜ちゃんはやっぱり若すぎた。
個人的な好みですみません。

2021-02-23 15:12:52
名前無し

脚本家お気に入りの尾野真千子が伊呂波太夫が似合わなくて、急ごしらえの川口春奈がなかなかハマっていた皮肉(^_^;)。

2021-02-23 23:19:44
名前無し

総集編の素晴らしさよ。ストレスゼロ。
見てよかった!

2021-02-24 14:28:52
あご

総集編はなかなかの出来でした。
麒麟がくる、いつかくる、今でしょ。 
諦めたら終わり、他力本願ではだめ、自分が麒麟になる。

2021-02-24 16:06:48
名前無し

これまで脇役としてしか登場しなかった明智光秀を主役として描かれるのなら、
どうなるのか・・・という興味から、この『麒麟がくる』を見始めたが、
歴史に疎い自分でもドラマの世界にグイグイ引き込まれてしまった。

それぐらい『麒麟がくる』にはハマったし、ドキドキ・ワクワクさせられる魅力があったように思う。

おかげで本編、総集編と完走できたのが、何よりも嬉しい。

それにしても、コロナ渦の中の撮影は、本当に大変だっただろうと思う。

主役・光秀役の長谷川博己さんや、信長役の染谷将太さんを始めとする他の俳優さんやスタッフの方々、心からお疲れさまでした。

そして、長谷川博己さんが演じた明智光秀は、いつまでも心の中で生き続ける。

出来れば、長谷川さんが匂わせていた番外編も希望したい。

でも、とりあえずは「感動を、ありがとうございました!」。

    いいね!(1)
2021-02-25 20:50:47
名前無し

重要な歴史がナレーションで終わるのが違和感だらけ。光秀を描くなら、本能寺の変の後の11日間を描いてほしかった。

近江平定に向かう光秀に反抗する山岡氏、協力要請を無視する細川、一旦兵を出したのに引き上げた筒井。使者に吉田兼見のような小物しか送ってこない 正親町天皇、一日、一日と増していく、孤独と絶望感。自分の与力でありながら、秀吉についた、池田氏、中川氏、高山氏。

洞が峠で逡巡していたのは、筒井順慶ではなく、奈良方面から筒井氏が援軍として馳せ参じるのを待っていた光秀というのが歴史の真実。

どういう気持ちで、山崎に向かったのだろうとか想像すると涙が流れてくる。

2021-02-26 01:57:59
名前無し

現代まで格言として伝わっている、
「心頭滅却すれば火もまた涼し」
も省略しちゃいましたね
「仏敵朝敵の信長父子を成敗する」という流れにもってゆきたいのなら絶好の逸話なのに
何より天下のNHKなんだから、日本史に興味を持ち始めた青少年に教養をもたらすのも使命のうちだ
大河を単なる人気タレント時代コスプレ劇にしないでくれ

と、「新八犬伝」がきっかけで日本史好きになった昭和の小学生が言ってみる

    いいね!(1)
2021-02-26 08:03:30
名前無し

麒麟らしさがまったく出せずに終わった感がある。
記憶としては海岸沿いで胡坐をかく浦島太郎の雄々しさしかない。

2021-02-26 08:43:49
名前無し

たしかに快川紹喜も無視されましたね。
知恩院の一連の僧が光秀を本能寺の変に向かわせた面もなきにしもあらず。

2021-02-27 22:20:33
名前無し

長谷川博己さんが「まんぷく」のイメージを脱却できただけでも大きな収穫の作品でした。馬に乗って駆けていくラストの光秀は魅力的でした。

2021-02-28 12:57:09
名前無し

快川禅師焼死事件は、織田信長と全く接点の無い「独眼竜政宗」の中でも触れられたのに

2021-02-28 15:52:54
名前無し

大駄作「まんぷく」の情けない主人公の夫とは大違い!
義を重んじる正義の人を演じた長谷川博己さんがかっこいい。

2021-03-01 18:35:25
名前無し

戦国時代を舞台にしたら、その時代のギラギラ感や、壮絶さみたいなのを出さないと、コスプレみたいに見えてしまう気がする。
光秀に野心がないというか、何かを守りたいとか、そういう熱量みたいなものが足りなかった。



スポンサーリンク


全 6681 件中(スター付 1400 件)6632~6681 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。