4.03
5 150件
4 32件
3 13件
2 2件
1 42件
合計 239
読み こうらんでん しこうていのはは
放送局 NHK BSプレミアム
クール 2020年10月期
期間 2020-09-27 ~
時間帯 日曜日 21:00
https://www.nhk.jp/p/kouranden/ts/6J6GQJ3Q64/
〈全34回〉中国、春秋戦国時代。秦(しん)の始皇帝の母、李皓鑭(りこうらん)が、時代に翻弄されながらも、ひとりの女性として信念を貫き強く生きた波乱万丈の人生を描く、愛と涙と闘いの物語。
全 1168 件中(スター付 239 件)1119~1168 件が表示されています。
次ページ> 最後≫

2021-05-04 12:47:33
名前無し

辛い展開だけれど目が離せない。子楚が健康で未来の時間があったらもう少し違っていたのかな。コウランは「愛している」と言うことがないですね。子楚に言って欲しいのはその言葉だけです。すべて策略だと分かっている子楚。呂不韋との関係の否定だけではなく、子楚への愛を伝えて欲しかったです。

    いいね!(1)
2021-05-04 15:54:48
名前無し

今思うと、趙の国で初々しい同居生活を送っていた頃、
そして赤ちゃんが生まれるまでの間、
あの二人だけの暮らしが一番幸せな時間だったのかな…

    いいね!(2)
2021-05-05 00:41:15
名前無し

コウランに焼きもちやかせるためなんでしょうけど、シラと仲良く
して見せたりして、コウランが去ったらサッと離れるっていう、
また面倒くさいことを子楚がやり出しちゃった。
残された時間が短いのに、何やってるんだよぉ~(゚Д゚)ノ

2021-05-05 07:43:21
名前無し

ふと、コウランと子楚が囲碁をやっていたシーンを思い出しました。
子楚のほうが上手で、何手も先を読んで、コウランは戸惑っていましたが、これまでの人生も、まるで盤上の駒のように、子楚にうまく操られている、コウランはそう感じているんじゃないかな。
雅王女のワナを利用して結婚に持ち込んだり、ムカデが出たと驚かして距離を縮めたり、法律の勉強をさせて助けを求めさせたり、子楚はコウランをよく観察して、策を弄して、思い通りにしようとする。
コウランも聡明な人ですが、子楚の奇策にいつもかなわない。

    いいね!(1)
2021-05-05 10:07:25
名前無し

側室さんは45人から選抜されたんですね。
すごいやり手じゃないですか~。
子楚は、この人に対しては警戒心MAXで、
超塩対応しているから、そこは安心♪

2021-05-05 17:27:08
名前無し

子楚は余命が短いとわかり、今後の朝廷の勢力図が案じられるんだろう。
一人息子の政が確実に王位につけるように手を打っておかないと、例の悪い噂がまた再燃しないとも限らないし、側室の子を担いで王位を狙う大臣がいるかもしれない。そればかりか、王族の中に王位を狙ってくる者がいるかもしれない。何しろ、子楚の兄弟は、まだ二十数人いるのだから。
祖父から排除を命じられていた華陽夫人についても、放置するのは危険。側室の子を後押しするに違いない。
命が尽きようとしている今、子楚はそのことで頭がいっぱいなのかもしれない。

    いいね!(1)
2021-05-05 19:40:17
名前無し

白将軍と小春は、霊児のことで距離が近づいているみたいね。
でも逸王子を殺されたことはどう折り合いつけるのかしら?

2021-05-06 09:34:43
名前無し

コウランは、家出してみたり、ほかの人を王妃にすればいいと言い放ったりしているのが、ちょっとおもしろいなと思いました。
自分を大切にすると決めて、王妃になることを希望していたけれど、子楚との行き違いが深まると、全てを捨てると言い出すんですよね。
コウランは、心の奥で、やっぱり暖かい家庭を切望しているはず。
王宮にいて暖かい家庭なんて望めないけれど、何かの拍子に、暖かい家庭がほしいんだという嘆きが見える気がします。
子楚も病をかかえて孤独ですし、政もまた、病気のふりをしないと母に甘えられなかったり、みんなバラバラになっていて、なんだか見ていて切ない。

    いいね!(1)
2021-05-06 12:43:23
名前無し

長い長いストーリーですが、ダレたり飽きたりすることなく
引っ張られますね。
今後は、子楚がどんなふうに最後の時を迎えるのか
政にバトンタッチできるまでの経緯を見届けたいです。

2021-05-06 14:08:41
名前無し

子楚は王になることを、呂不韋は権力を、コウランは王妃をと言っていたけど、コウランは王妃の座ではなく心の奥底で「愛に満ちた家庭」を望んでいたんだと思います
でも、宮廷内では、そして権力の中枢に居る中では、その愛は望めないんですね。
子楚を愛していたわけでもないのに、恩義を感じて結婚し子供を産み敵国の王妃となってしまったコウラン。幸せな人生だったのかなぁ。結局、歴史上では「始皇帝の母」としてしか評価されないのは残念。だからこそ、このドラマは面白いし、脚本が素晴らしいとと思う。

    いいね!(1)
2021-05-06 19:16:45
名前無し

秦の時代の映画やドラマ、みんな子楚の死後(◞‸◟)
子楚がこんなに登場するのは、このドラマだけ?!

2021-05-07 06:43:27
名前無し

子楚は、コウランと相思相愛になって結婚したんじゃないという、負い目みたいなものがありそうです。
コウランは、ずっと呂不韋が好きで、その横顔を子楚は見守ってきました。告白もしましたし、懸命に引き寄せて、コウランを妻にしました。
でも、コウランのほうは、自分から子楚を引き寄せたんじゃなく、受け止めた形。呂不韋がいる限り、子楚は安堵できないでしょう。

2021-05-07 10:44:15
名前無し

家出しちゃったのが効いたのかな。子楚が不安になるのもわかる気がするなぁ。
コウランは身分や地位を目当てに子楚と結婚したわけじゃないから。

2021-05-07 15:26:32
名前無し

側室のシラは、琴を猛特訓したらしいけど、
コウランの二番煎じでは、通じなかったですね。
悲惨な生い立ち話は、もちろん可哀想なんだけど、
でも、それを武器にしているのが透けて見えちゃう。
子楚も苦笑してしまって、魂胆はお見通しっていうふうに
スルーしてくれて、一安心。
さんざん罠とか陰謀を見てきたから、簡単に人を
信頼できないよね。
やっぱりどう考えても、45人の美人から選ばれて、
送り込まれたというのは、なかなか不気味。
子楚、これからも騙されないでね!

2021-05-07 20:22:11
名前無し

子楚と呂不韋はひとまわり以上、年齢差があるらしいんですが、呂不韋はバイタリティーあふれる青年っぽさがあるし、子楚は人質生活で老成した熟慮型だから、年齢が全然気にならなくて、二人の対決がとてもおもしろいです。

2021-05-07 22:42:02
名前無し

小春はいつまで将軍の家にいるんだろうな。
結婚すると噂になっているだと?!
それだけはやめとけ(-᷅_-᷄๑)

2021-05-08 07:57:05
名前無し

白将軍はカッコイイ役どころのはずなのに、見た目は普通の人っぽくて、小春にはもっと素敵な人が現れてほしいけど・・・

2021-05-08 11:28:27
名前無し

「呂不韋が無事に戻ってきたら結婚していた」とか、「奪った」とか、雅王女の言葉って、かなりグサグサくる。
雅王女はこういう不安を増幅する言葉が本当にうまい。
以前は夏太后も動かしてコウランに出ていくよう言わせた。
落ち込んだ側室のところにも近づいて、悪意を煽っている。
そういえば、華陽夫人に妹を暗殺させるようにささやいて、実際、彼女を動かした。
まさに「毒婦」なのに、利用価値があると子楚が言って追い出さなかったことが大きな謎。

2021-05-08 14:51:38
名前無し

傍若無人な政に腹が立つ

2021-05-08 19:28:05
名前無し

ここにきて、呂不韋はコウランを本気で取り戻したくなったように見える。
政が呂不韋の子だという噂を、呂不韋があえて広めたのは、今後のことを見据えてのことかもしれない。
子楚が病気で亡くなれば、政はまだ子供で、呂不韋は実権を握ることができる。
政の疑似父として秦国を手中におさめ、コウランを取り戻すことができれば、呂不韋の野望はついに完成する。

2021-05-09 07:07:31
名前無し

今期では一番冴えないドラマ。まず最大の問題は内容に馴染めない
ということ。時代物というのは興味が沸かないかぎり、見ていて
退屈だし、ストーリーが頭に入っていかない。

2021-05-09 08:00:39
名前無し

呂不韋が広大な領地をもらった後、王様に手柄を横取りされたような格好になって「ただの商人、打てる手は限られている」「定めを変えたければ王の駒になるしかない」と言ったのが印象的でした。ただ、「最後にどうなるかはまだわからない」とも言い添えていたので、何か企んでいるのかもしれません。
波乱に満ちた呂不韋の人生、とても見応えがあります。

    いいね!(1)
2021-05-09 10:51:46
名前無し

政は趙に残されて、周囲から命を狙われたり、母子ともに苦難の日々を送ったため、気性が激しかったとか。
始皇帝になってから、幼い頃に母子を虐めた人を生き埋めにしたという逸話もあるそうです。
馬に八つ当たりして殺してしまった場面は、驚きました。子楚みたいなお父さんに、政みたいな息子が生まれるなんて…。育った環境のせいなのか、それとも、子楚の心の内にも実は、そんな激しさが秘められていたりして。

2021-05-09 12:44:11
名前無し

コウランは裏切られる苦しみから自由になりたかっただけ。
別に、呂不韋を忘れられないわけじゃないのにね。
雅王女たちの横やりがすごいから、やっぱり子楚には
誤解されちゃた感じなのかなー。

2021-05-09 17:04:26
名前無し

古い時代を題材にした小説やドラマでは、王様に側室や愛人がいて当然みたいな世界なので、コウランが「セイキョウはどこから来たの?!」って、あれほど怒っていたのが、ちょっと意外ではありました。
子楚に20人以上、兄弟がいることを思えば、子楚はまじめな人ですし、同時進行じゃなかったし、今はコウランに一途なので、許してあげてはどうかなと思うのです。
いろいろあっても、人生の最後はハッピーエンドで終わらせてあげてほしいです。

スポンサーリンク
2021-05-09 22:07:03
名前無し

子楚がおかしいよぉ~。
コウランを軟禁?!太子を変える?!
どうしちゃったんだあぁ~~(゚д゚)!

2021-05-09 22:11:48
名前無し

白霊児があまりにアホ過ぎる。疫病の薬を炭にこぼしてしまったのを見て、さすがに腹が立った。どこか雅王女に通じるものを見た気がする。自分のことしか考えとらん。

2021-05-09 22:32:28
名前無し

虎符っていう虎の文鎮みたいなのがあると、軍隊を自由に
動かせるんですね。
趙の王様も機械仕掛けのすごい仕組みを作って隠していた‥
‥って、あれ?!子楚は虎符の管理が甘いんじゃないの?
シラに簡単に盗まれちゃってますけど‥

2021-05-09 23:04:26
名前無し

大波乱の連続でハラハラしどおしでした。
子楚が豹変してしまって、まさか!という気分。
疫病の収束のために奔走したコウランをよってたかって叱る場面は、とてもかわいそうで胸が痛みました。
コウランのところを訪ねて、強引に迫ったりしたのを見ると、ものすごくヤキモチを焼いているんですよね。
嫉妬で暴走してしまったのかもしれませんが、あれほど大切に教育していた政を叩いて、シラを側に置いたり、子楚の絶望も伝わってきて、見ていて辛くなってしまいました。

    いいね!(1)
2021-05-09 23:17:55
名前無し

コウランをひょいと担いだ呂不韋の自信に満ちた様子、コウランが惚れてしまったのも今さらながら納得。ほしいものは堂々と手に入れると言い放って、また仕事に戻っていくところは、ちょっとカッコいい。子楚とは全然違うタイプのワイルドなイケオジ呂不韋。
コウランは政のために、絶対に呂不韋を受け入れないだろうなと思うけど、呂不韋は渡しそびれたかんざしをまだ大切に持っていた。コウランだけを一途に愛しているところもいい。

    いいね!(1)
2021-05-09 23:23:16
名前無し

コウランと政を守るための策略だと思うけれど、嫉妬心も絡んで苦しい。何故、病気のことをコウランに言わないのだろう。全部自分で抱えて終わらせるのかな。子楚とコウランに幸せになって欲しい。
でも、今回は雅王女に涙してしまった。憎めないし、情が深いのだと思った。

    いいね!(1)
2021-05-09 23:55:17
名前無し

シラはダークサイドに落ちてしまった。子楚を愛していると言っていたのに、変な薬を飲ませていた。子楚が失明しかけていたのは本当に驚いた。肉に添えていた青い梅も、確か、毒の成分があるんじゃなかったかな。蛇が出てきたのも、シラがやったようで、子楚はただでさえ病が重いのに、孤立させられ、命を狙われている。
コウランも政も軟禁されてしまったから、雅王女がいてくれて初めてよかったと思った。蛇を追い払ったりして、側で守ってくれていて、そこは本当に雅王女を見直した。

    いいね!(1)
2021-05-10 00:02:50
名前無し

ここまで叩きのめされる展開になるとは
思わなかったですねぇ( ´Д`)💧

2021-05-10 00:11:46
名前無し

最初から不幸続きで、命を狙われてばかりだったから
厳しい人生なのは覚悟してはいたんですが
せめて最後だけは、とびきりのハッピーエンドに
なってほしいです。
子楚とコウランと心を通い合わせて、互いに誤解を解いて
心ゆくまで語り合えるといいのですが。

2021-05-10 00:54:33
名前無し

白将軍は暴動鎮圧の名目で兵を増強した。更に、軍隊を動かせる虎符を入手、クーデターの準備が整いつつある。
もしこれが実行されると、呂不韋は殺され、政は廃嫡、コウランも王妃の身分を剥奪される恐れがある。
病に侵され満身創痍の子楚は、この危機を煽るような振る舞いすら見せたが、どう決着をつけるのだろう。
コウランから、決して王妃の身分を奪おうとしなかったのを見ると、彼女を本気で遠ざけたのではないと思われる。
最後の力を振り絞り、妻子を守るための戦いをしているのだと思いたい。

2021-05-10 07:43:34
名前無し

王妃になってからも、気の休まる時がないね( ̄▽ ̄)

2021-05-10 08:44:03
名前無し

夜、コウランのところを訪ねて来たのは、仲直りしたかったんじゃないの?
コウランが話を聞こうとしたのに、子楚は急に、偉そうな態度で、コウランを怒らせてしまった。
子楚、どうしちゃったんだ?!

2021-05-10 08:54:40
名前無し

演出として、ケイカ妃と趙の王子の逢瀬は、肩が見えていたり
艶っぽい雰囲気でしたが、コウランはベッドでも、首を隠すように
襟元をキッチリ合わせていて、隙がない(笑)
潔癖な雰囲気で彼女らしいし、二人の間に見えない壁があるのが
あの姿からもうかがい知れるみたいで、演出も巧みですね。

2021-05-10 09:58:23
名前無し

敵に対しては容赦ないし、権謀術数に長けてやり手の呂不韋ですが、実務面では有能で働き者なのは確か。疫病の流行る街のど真ん中に乗り込んで、病気に倒れながらも、最後まで指揮を取る姿は、民衆のことを思って尽くしているし、すごい人だと思いました。

2021-05-10 12:32:01
名前無し

雅王女の片想いは年季が入っていて、誰にも止められない。
シラよりはずっと愛が深いのがわかるし、もう気の済むまで行くしかないのかな(u_u)

2021-05-10 14:33:36
名前無し

ここへきて、ついに雅王女が子楚を?!
いやいやいや、それはないわ。

2021-05-10 19:36:31
名前無し

王妃の証になるものを投げ捨てたコウランに、子楚はひどく
動揺してましたよね。
それで夜になってたぶん眠れずに、愛情が変わらないことを
伝えたかったんだと思うんですが、ケンカになってしまって。
背を向けたコウランのことを子楚がすごく傷ついた顔で
見ていました。
子楚はずっとコウランを見つめてきましたし、
思いを伝えてきたと思うので、コウランがあんなふうに
拒絶してしまうのが哀しかったです。

2021-05-11 05:04:01
名前無し

以前、ケイカ妃が亡くなった後だったかな、コウランが言っていたんですが、ケイカは真実の愛が得られるか、試したんじゃないかって。
コウランもまた、幾度も試して、そして得られず、諦めてしまった感じかな。誰にも期待しない!もういい!みたいに。

2021-05-11 10:44:02
名前無し

小春の生き方も、ヒロインのようなパワーがあって
渋く輝いている。
医師の家に生まれて、高い倫理観で働き続けて
疫病の街にも出かけ、献身的に尽くしている姿が尊い。

2021-05-11 11:11:21
名前無し

さすがに雅王女がかわいそうになってきちゃいました。
子楚が冷たくすればするほど離れられないなんて、ほとんど子楚の呪いですよね(-_-)

    いいね!(1)
2021-05-11 15:05:18
名前無し

小さい頃の政は、子楚パパを慕って仲良くしていたので、
あの反抗的な態度には驚いてしまいました。
成長して物心つくようになったということなのかな。
置き去りにされたこと、母への冷たい仕打ち、
厳しい躾、父への不信感が大きくなって、
それを修復する時間を持てずにいるのが残念です。

2021-05-11 20:49:03
名前無し

子楚が変。疫病問題の最中に、舞なんか見て。コウランが嫌がることばかりやっている。
難癖つけて政をひっぱたいたのも、らしくない。太子チェンジするとか言い出すし。おかげでシラ様がのさばるのさばる(´・Д・)」

2021-05-12 07:54:16
名前無し

そばに居させてほしいという雅王女の申し出は、今の子楚にとって、シラの危険な魔の手から身を守るためにも、確かに利用価値があるね。
この状況を見越して、雅王女を“利用できる”と言っていたのだとすれば、子楚はこういう日が来ることも想定していたってことなのかな。
腹黒い秦王、子楚の企みから目が離せなくなってきた。

2021-05-12 10:24:10
名前無し

すごく苦しい展開になってきた今、少し昔が懐かしく思える。コウラン、子楚、公孫将軍が一緒に過ごしていた頃がとても恋しい。秦に来てから衣装も濃い色に変わったが、何故か趙の頃の色彩が好きです。最後は少しでも優しい光に包まれて欲しいと願っています。

2021-05-12 11:52:08
名前無し

夜中の子楚の部屋は、広々としていて誰もいなくて、本当に寂しいです。
シラが周囲の人を追い払ってしまうから、母親さえ近づけず、一人きり。
もし、コウランのことを側に置いていたら、殷医師がつきっきりで診てくれるでしょうし、暖かい場所になったと思うんですよ。
子楚はどうして人生の最後に、シラや雅王女みたいな、自分がさんざん冷酷に突き放してきた人達ばかり近くに置くんでしょう。
コウランと呂不韋を邪推するあまり、当てつけでやっているのかな。でも、最後の時間の使い方をまちがえていますよ~。



スポンサーリンク


全 1168 件中(スター付 239 件)1119~1168 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。