4.20
5 42件
4 1件
3 1件
2 0件
1 10件
合計 54
読み めいたんていぽわろ
放送局 NHK BSプレミアム
クール 2020年4月期
期間 2020-04-04 ~
時間帯 土曜日 17:10
出演
https://www4.nhk.or.jp/poirot/
2020年はアガサ・クリスティーの生誕130年を迎える。
節目の年に、彼女が生み出した大人気シリーズ『名探偵ポワロ』ハイビジョンリマスター版の第1シーズンから第6シーズン(全45回)を放送。
全 93 件中(スター付 54 件)44~93 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
[1] [2]

2020-05-06 16:23:06
名前無し

アーサー・ヘイスティングスの遍歴

1 第一次世界大戦前、ベルギーへカモ猟に行き、そこで殺人事件が起きる。
2 鉄砲を持っていたので、ポワロに犯人と疑われ、知り合いになる。
3 その後、英国軍人として戦争に行き、足を負傷して戦争中途で帰還する。
4 退役軍人として年金生活を送り始める。
5 その矢先、英国に亡命していたポワロと偶然再会する。
6 そして、ポワロの最初の事件「スタイルズ荘の怪事件」に協力する。
7 その後もポワロの助手として活躍?し続ける。(現在放送中の事件)

したがって、このドラマシリーズは時系列の通りには放送されていません。第20話の「スタイルズ荘の怪事件」の冒頭で、ヘイスティングスの軍服姿やポワロとの再会が描かれています。

    いいね!(3)
2020-05-07 06:37:17
名前無し

今期、一番楽しみにしているドラマです。
やっぱり名作だなぁと思います。
ポアロさんがキザな気取った性格だなとは思うけれど、小男であの独特の風貌と話し方だから、全然、嫌味じゃなく、目から鼻に抜けるように頭がいいのも小気味いいです。
へースティングスのほうが外見は整っているけれど、まぬけキャラで、とてもいいコンビです。

2020-05-07 08:17:39
名前無し

ヘイスティングスの遍歴、ありがとうございました!
年金生活とは全然知りませんでした。
とても余裕のある暮らしぶりで、ゴージャスな車も
持っていたり、貴族みたいな人なのかなと思っていました。
退役軍人さんなのですね。

2020-05-08 05:18:57
名前無し

有能で働き者の秘書、ミス・レモンもいい。
あの前髪のカールは、ちょっとミステリアス。

2020-05-08 11:41:50
名前無し

なにげに心待ちにしてしまう・・・
アメリカのドラマだと、なんかアクが強い気がするので、
こちらの方が好み。

2020-05-09 20:48:35
名前無し

今回はイギリスを離れた地中海に浮かぶロードス島での事件。実際に現地ロケをしたとのこと。原作にマッチした雰囲気がすばらしい。全体を通して至高の短編映画になっていた。

今回の「砂にかかれた三角形」というタイトルは意味深だ。基礎がしっかりせずに崩れやすい物事の例えとして、よく「砂上の楼閣」という言葉を使う。この場合も似ている。三角形を砂に書いてもすぐに他の形に書き直すことができるという意味ではないだろうか。(☚自分の勝手な推理)実際、三角関係ではなく、リヴァースな陰謀が張り巡らされた四角関係であった。

そして、被害者面していた人物の放つさり気ない言葉から、加害者だと見破るポワロは本当に大したもの。物事をよく知り得ていて、この発言はおかしい気づく洞察力は凄いとしか言いようがない。

この話では、ポアロがスパイだと疑われ、出国拒否される滑稽な場面がクスっと笑えた。

    いいね!(3)
2020-05-10 07:45:05
名前無し

毎回よく出来ていて楽しみです。

2020-05-10 10:25:53
名前無し

ポワロさんの休暇の過ごし方がちょっとおもしろかった。
海辺にスーツ姿。ラムのキドニーの炭火焼きを注文したり。飲み物はハーブティー。別世界の人だけれど、ポワロさんを見ているだけでちょっと楽しい。
確かに入管と喧嘩していたのはおかしかった。「船が離れたのに、私はどうやって離れますか?」みたいなのが、うん、確かに。

    いいね!(1)
2020-05-10 15:10:23
名前無し

ポワロさんのサングラス姿、なかなかお似合い。

2020-05-10 16:28:17
名前無し

昔の人の水着がヘンテコリンでちょっと笑ってしまった。特に男性の水着姿。
せっかく海に来ても白いスーツでビシッときめているポワロさん。あの中では一番かっこいい(^_^;)

2020-05-10 17:22:45
名前無し

魚を釣っていた暇そうな人、実は凄腕っぽい人でした。ポワロさんと同様、観察眼すごくて、捜査情報も流してくれたり。こういう何でもなさそうな人が実はすごいっていう展開、おもしろいですね。
犯人だった女の人にポワロさんが忠告していたのは、被害を受けないようにアドバイスしていたんじゃなくて、犯人と睨んでのことだったというのも意外。真相を知った上で、もう一回、見直してみたくなるドラマです。

    いいね!(2)
2020-05-11 13:57:05
名前無し

毎回、映画を観ているようです。あんまり銃で打ち合うようなものや、アクションの連続というような映画は若干苦手なので、こういう雰囲気のドラマが観られて感謝です。

2020-05-12 08:01:17
名前無し

こういう時期なので、最初から、あるだけ全部じっくり見たい。
週一じゃなくて、毎日放送してもらえたら嬉しい。

2020-05-12 10:29:09
名前無し

ストーリーがふつうにおもしろいです。
さりげなく犯人が登場していて、なるほど…と最後は納得できるし、匙加減がいい感じです。

2020-05-13 21:08:45
名前無し

カトリックのご夫婦は、宗教的な理由で離婚ができないから、あの奥さんは悪いことを企んだんですよね。そちらの世界では常識というか、ドラマの中で何も説明しないから、ピンとこない人はピンとこないかもしれません。

2020-05-16 08:06:09
名前無し

映画のようで素敵です。

2020-05-16 10:36:05
名前無し

今期、一番楽しみにしているドラマかもしれない。
とても丁寧に作られているから、見応えがある。

2020-05-16 21:01:37
手投げ射撃

なるほど腹話術だったのか。

2020-05-16 21:26:30
名前無し

なにがいいのか

2020-05-16 21:39:41
名前無し

タイトル内の「海上の」を英訳すると「at the sea」となる。これは別の意味で「暗中模索」「五里霧中」「手詰まり」などの場合にも使われるそうだ。実際に本当にわかりずらい謎解きだった。

ポワロは真犯人はこの人しかいないと確信していたのだと思う。ただし確かな実証がない。手詰まり感が出てきたときに、「唯一の容疑者はフォーブス将軍てことになりますかね。」というヘイスティングスの言葉対してポワロが何かを閃いて去っていった。このときのポワロの灰色の脳細胞の動きをどう解釈するか。自己流の捉え方だが、、

フォーブス将軍⇒ホーブス⇒ホービー(実際にポワロがつぶやいた)⇒ホビー(趣味)ー⇒ジョン・クラパトンが披露したトランプ手品⇒手品師⇒腹話術師

「そうだ!腹話術ならば、辻褄が合う!」と瞬時に思いついたのではないかと考える。強引なこじつけだが、こう考えるよりほかない。

そこでポワロは腹話術トリックにやられたので、イズメニちゃんの協力を得て、芝居がかった腹話術まがいのトリックで真相を突きつけた。これで真犯人の動揺を誘う作戦だったと思う。それが見事に成功した。

最後、真犯人に想いを寄せていた婦人に解決の方法を非難されたポワロが返したセリフ「殺人は許せませんからね!」この言葉に、ポワロの正義感があふれ出ていた。

    いいね!(1)
2020-05-16 22:24:20
名前無し

ポワロさんの頭の中見てみたいですね。ホビー→人形🧸→腹話術という巡らせかたもあるのではないかと思いますが、どうでしょうか。

2020-05-17 07:41:37
名前無し

フォーブス将軍?の名前から人形とか?腹話術をポワロさんが思いついたとは、全然わからなかったです((+_+))でも、明らかに、ひらめいてましたから、すごいヒントになってたんですね…日本語に翻訳するときに、どうにかしてもらえたらよかった。

一つ思い出すのは、あの人、トランプを配った後に「舞台に出られますね」と言われて、突然、顔色を変えたこと。不機嫌そうに立ち去ってしまったのは、かなり怪しかった。

舞台にいたこと(腹話術師として)が謎を解く大きな鍵だったんだな~と、後々、納得。でも、腹話術師という情報は、全く出てなかったので、これは見ている側には難し過ぎる。

でも、あんまり不満に思えないのは、あの気の強い奥さんに、膝かけを持って行ってあげたり、あまりに親切だったことが、やっぱり怪しかったな~と感じるため。腹話術のことは唐突だけれど、人間描写はとても丁寧で、怪しいところは十分に見せてもらっていたので、すんなり納得させられました。

    いいね!(1)
2020-05-17 11:03:36
名前無し

昔、見たときはストーリーに集中していたけれど、みなさんのファッションも気になる。ポワロさん、かなりおしゃれ。ああいうリゾート巡りみたいなときの白のスーツ、みなさんお似合い。女性のファッションがちょっとイマイチに見えてしまうけれど。

2020-05-17 16:46:33
名前無し

あのキツイ奥さんの話し方、ちょっと声が低くて男っぽかった。
とはいえ、間近で何人も聞いているのに、一切わからなかったのは、腹話術師としてすごかったんですね。
犯人が自白したからよかったけれど、知らん顔していたら、どうやって証明したんだろう。
昔のサスペンスって、心理的に追い込んで自白させるとか自滅させてしまう解決ってよくある気がする。

2020-05-17 21:57:53
名前無し

週一回しか見られないのが寂しい( ̄▽ ̄)

スポンサーリンク
2020-05-19 08:20:54
名前無し

ロードス島?とかエジプトとか、ヨーロッパの人にとってエキゾチックな場所で、蛇の毒とか腹話術とか、一風変わったものが介在したお話。科学捜査が行われているという描写が以前ありましたが、蛇の毒とか、腹話術のトリックは科学捜査では明らかにできなかったかもしれない微妙なもの。人間の心理を解き明かすポワロさんの手腕が生きるストーリーなのかもしれません。

2020-05-21 21:51:41
名前無し

いい作品はやっぱり時代を経ても残っていくんだなと実感。
人間観察が優れているから、時空を超えて共感できる。

2020-05-22 13:44:44
名前無し

なんと言っても、スーシェが理想のポワロを演じている。自己顕示欲は強いが、ちょっとお茶目なポワロに最適だ。毎週ポワロに会うのが、本当に楽しみでたまらない。

2020-05-22 15:41:20
名前無し

何度かポワロさんのアップになる場面がありましたが、
あの小さくカーブしたお髭は、どうやってるんでしょう。

家族みんなで、一体、あの髭どうやって作ってるの?!と
盛り上がりました…(^^;)

へたにハンサム過ぎず、カッコ良過ぎず、声もちょっと
アヒルっぽい感じなのがいいですね。

ボクは頭いいから!みたいなアピールをやられても、
全然、嫌な感じがしなくて、すごくいい人だなと思う。

2020-05-23 15:08:21
名前無し

なぜポアロばっかりなの
ミス・マープルはやらないの?

2020-05-23 17:35:01
名前無し

もういいや

2020-05-23 18:35:44
四天王

今回は日本が登場して親しみ深かったです。

2020-05-23 20:35:01
名前無し

ヒトラー率いるナチス・ドイツに寝返ったふりして、実はニセ情報で鼻を明かした話でした。最後、奥さんの旦那さんに対する疑念が晴れてよかったです。

ジャップ警部は。ポワロさんの推理には及びませんが、ポワロさんと皮肉の言い合いでは負けていません。仕事にも忠実なので、ポワロさんはこの人に敬意をあらわす場面が多いです。逆にジャップ警部も名探偵ポアロを尊敬しています。どこかのエピソードで、ジャップ警部がポワロさんを称える演説をする場面があります。2人は信頼関係で結ばれているのだとわかります。

ミス・レモンも、敬愛の情をポアロさんに抱いています。綺麗なご婦人が訪ねてきたときには、ジェラシーを感じている様子がありありと見えます。こういうところは可愛いです。デコピタの前髪カールは、もしかしたらポワロさんへのアピールかもしれません。このレモン風カールは、回によって変わることがあるので、見どころの一つです。

ヘイスティングスは、今回見張り役とドライバー役で終わるのかと思いきや、ヴァンダリン夫人の行先を推理して当てました。さすが、ポワロの片腕です。

毎回、この4人の魅力が最大限に発揮されているのがこのドラマの魅力であると感じています。

    いいね!(1)
2020-05-23 23:01:14
名前無し

ヘイスティングスの運転が大迫力。
あのクラッシックな車、山道を走って壊れないかとハラハラしました。

2020-05-24 10:28:38
名前無し

説明しなくても、あの夫人がドイツ公使館前で、
手をまっすぐあげた挨拶をした瞬間、この人、
ドイツのスパイなんだな…というのが一目瞭然(^^;)

でも、敢えて偽情報を流していたとは…。
気づくまでに時間もかかり、相手を疲弊させるから、
イギリスの側が、一枚上手なのですね。

あと、どうでもいいことなんですが、
「子犬って何だ?!」「小さい犬ですよ」みたいな
会話のやり取りが、役者さんが大真面目だから
おかしくて、すごく笑ってしまった。

2020-05-24 14:44:22
名前無し

関係者の人達が「小男は夫人ではないと言っている」みたいなぞんざいな言い方していた直後、ポワロさん本人がぬっと現れて、「小男は、夫人ではないと断言します」って言っていたのは、クスッと笑えました。セリフがとてもユーモラスでいいですよね。

2020-05-24 19:16:13
名前無し

ミス・マープルも「書斎の死体」から順に再放送してほしいです。

2020-05-25 12:30:25
名前無し

なぜ高評価

2020-05-26 00:22:40
名前無し

ポワロさんがペンギンの近くで待ち合わせていた姿が
なんともユーモラス。
匿名希望の奥さんの依頼が国際的なスパイのお話に
なるとは想像もしない展開でした。

2020-05-28 23:20:45
名前無し

関係者で無いなら、コロンボといいファンしか視てないから高評価なんだろう。

2020-05-29 20:55:12
名前無し

今年は、アガサ・クリスティーの生誕130年なんですね。もちろん名前は知ってるけど、そんなに見たことなかったので、この機会にいろいろ見たいです。

2020-05-29 22:25:25
名前無し

戦闘機、武器商人や国際スパイが登場、日本語の文章まで登場して、舞台設定が大掛かりでおもしろかった。

2020-05-30 22:15:12
名前無し

真相を敢えて伏せておく解決もあるんですね。探偵だから警察とは全然違う対応も出来る。
それにしても、あのカードが足りないことに気付いたり、家族写真からそこまで読めるってすごい。

2020-05-31 06:23:57
名前無し

あの隣人の家、確かに怪しかった。でも女優さんの家族とは・・・。あらゆる可能性を考えていれば解ける謎かもしれないけれど。他の怪しい人に目がいって全くわからなかった。でも言われてみると、なるほど。

2020-05-31 08:17:58
名前無し

もちろん、ポワロはあらゆる犯罪を憎みます。凶悪な犯人を灰色の脳細胞を駆使して追い詰めていきます。ただし殺された人物が根っからの悪人の場合はちょと違います。その悪人に虐げられていた人が、やむを得ずまたは不可抗力でその人の命を奪ってしまったという場合、日頃より虐げられていた人の心情に寄り添う場合が多々あります。探偵というポジションが警察とは違うということもありますが、今回は人間ポワロは弱者の見方なのだということがはっきり表れていました。最後、過失致死罪が問われるかもしれない事故を不問に処したという点で、オリエント急行殺人事件のラストの苦渋の末に下した決断(ポワロ裁定)に通じるものがあります。その意味で、今回はオリエント急行に至るまでのポワロという人物像を確立する布石的なドラマであったのかな、と思います。

    いいね!(2)
2020-05-31 11:27:30
名前無し

今やってるのは短縮版なのかな?
以前やってたリマスター版は1h45m位あったけど

2020-06-01 12:44:12
名前無し

何がいいのか

2020-06-01 13:20:27
名前無し

派手な仕掛けはないけれど、人間観察が発端となって、いろんなことがつながっていくっていうストーリー、いいね。
ポワロさんが地味な小男だから、周囲の人もちょっと油断していて、最後にビシッと引き締めてくれる感じが痛快。

2020-06-01 17:52:57
名前無し

クラッシックな車が活躍するのも見応えがある。
ギリギリでかわしてすれ違い、ドアが半開きになったりするのを見ると、現代の車のカーチェイスやカーアクションより迫力があるし、贅沢。

2020-06-02 15:05:53
名前無し

毎回、ポアロさんの油断しまくりな場面が映るんですね。
歯医者さんで、口を開けていたり、足湯してたり、
今回は、グーグー眠っているところに電話。
両手をちょこんと揃えて、掛布団にちょっと乗せて
眠っている姿が、超キュートでした(^^;)



スポンサーリンク


全 93 件中(スター付 54 件)44~93 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
[1] [2]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。