4.28
5 62件
4 6件
3 0件
2 0件
1 13件
合計 81
読み めいたんていぽわろ
放送局 NHK BSプレミアム
クール 2020年4月期
期間 2020-04-04 ~
時間帯 土曜日 17:10
出演
https://www4.nhk.or.jp/poirot/
2020年はアガサ・クリスティーの生誕130年を迎える。
節目の年に、彼女が生み出した大人気シリーズ『名探偵ポワロ』ハイビジョンリマスター版の第1シーズンから第6シーズン(全45回)を放送。
全 154 件中(スター付 81 件)1~50 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
[1] [2] [3] [4]

2020-04-04 05:49:25
名前無し

このシリーズはプレミア級だ。特にポアロ役のスーシェが良い。自信家のポアロを見事にこなしている。遊び人のヘイスティングスも適役。ただミスレモンはもう少し若ければ良かったかな。

数々ある「オリエント急行殺人事件」中でも、このシリーズ中の作品が最高傑作だと思う。できればラストエピソードの「カーテン」まで放送してほしい。

    いいね!(5)
2020-04-05 10:13:15
名前無し

安定のおもしろさ♪
ポアロがありふれた事件を引き受けたつもりが、大きいな事件につながって……
ポアロが家政婦の女の子や駅員の若者へも敬意を忘れなかったことで、大切なヒントを引き出し解決へつながる展開、ポアロの人柄の魅力も伝わりました。
ミスレモンも、素敵ですね。小鹿みたいな家政婦の可愛い子からベテラン秘書さんまで、登場する人物みんな個性が光っています。

    いいね!(1)
2020-04-05 15:09:06
名前無し

紙幣に印刷されていた地名の勘違いに振り回されつつ、しっかりと犯人の行き先を見抜いたポアロがすごい。
イギリス人のヘースティングスをまぬけな雰囲気にして、ベルギー人のポアロを切れ者にしている組み合わせが絶妙。

2020-04-05 19:13:24
名前無し

犯罪心理に長けたアガサ・クリスティのミステリーはどれも面白い。今回の「コックを捜せ」でも、灰色の脳細胞を駆使したポワロの鋭い推理力により、まったく別物と思われていたパーツが1つにつながる様が上手に表現されていた。

最初は短編推理ドラマが続き途中から長編になる。どれも楽しみだが、その中でも≪ABC殺人事件≫の放送が待ち遠しい。

    いいね!(2)
2020-04-05 20:28:06
名前無し

上の方も書いてる通り、このシリーズのオリエント急行は最高傑作だと思う。
導入部分での「罪を暴く事で生まれる悲劇」のエピソードが本編最後に効いてくる。ポアロの中で起こる善と悪のせめぎ合いに見ている側も息が詰まる気がするほど。
何回リメイクしても有名俳優の顔見世興行の感を抜け出せない映画版には無い緊迫感。

    いいね!(1)
2020-04-05 22:12:36
名前無し

かなり前に地上波で放送してたの観てた。熊倉一雄さんの「ノンノンノン」「モナミ」懐かしい……BS無いので観れません(T_T)。

2020-04-10 17:28:41
名前無し

映画版よりもこのテレビ版の方が面白いよね!

2020-04-11 18:17:22
名前無し

期待しすぎた

2020-04-13 05:39:16
名前無し

このシリーズ通して、ご遺体の全貌や表情が本物のようで恐ろしさを感じる。言い換えると現場演出がとても上手い。第2話「ミューズ街の殺人」でも綺麗なご婦人のご遺体そのものであった。

また、今回の話には殺人はなく、自殺だったのを殺人に見せかけたトリックだったので、タイトルを「ミューズ街の陰謀」とでも置き換えられる。ただそうせずに「 Murder in the Mews」とタイトル付けたのは、読者の推理を惑わせるクリスティのトリックだったのかもしれない。

2020-04-13 11:56:26
名前無し

NHKは放送する時間帯をもっと考えるべきだ。
これほどまでの良質ドラマをゴールデンタイムで放送しないとは。

2020-04-15 14:55:33
名前無し

コロンボもそうだけど、海外のレトロ調の刑事ドラマ、探偵ドラマは好きだな。今度、警部マクロードやってくれないかな。

2020-04-15 21:28:58
名前無し

たしか、宍戸錠だったかな。

2020-04-15 21:33:00
名前無し

署長「マクミラン」も…

2020-04-16 10:01:30
名前無し

ストーリーや役者さんも、もちろんすばらしいし、映像がきれい。
ながら見のつもりが、引き込まれて、ついガチ見してしまう。

2020-04-16 12:41:40
名前無し

ロック・ハドソンなつかしい。

2020-04-16 23:01:12
名前無し

素晴らしいです。

2020-04-17 12:55:29
名前無し

原作も沢山読んでいるから犯人もわかっているんだけど、ドラマとしての面白さが抜きん出ているので、何回観ても全然飽きないです。
オリエント急行、上の方々に激しく同感です。原作にはないラスト、ポアロの苦悩する姿にこのシリーズの意味が集約されていると思いました。個人的には「葬儀を終えて」が一番好きです。また観られて本当に嬉しい。

    いいね!(1)
2020-04-18 11:15:17
名前無し

つい見逃して、ちゃんと見ていなかったりするので、今回はしっかり見たいな~と思っています。名作はやっぱり名作。

2020-04-18 18:07:36
ジョニー誘拐

今日初めて観ましたがこれ面白いですね。
予告誘拐がまんまと誘拐され50分があっという間でした。

2020-04-18 21:29:04
名前無し

海外ドラマはつまらん

2020-04-18 22:21:48
名前無し

家族でおもしろく見てます。適度にヒントもあり、あまり裏をかこうとしすぎず、程よく謎解きできて、おもしろいです(^ ^)
ヘースティングスの車が止まって、ポアロさんが激オコで、うんざりしながら足湯に浸かっていたのは笑っちゃいました。

    いいね!(1)
2020-04-18 23:07:08
名前無し

ポアロさんの独特のキャラの魅力がいいですね(^ ^)

2020-04-19 07:21:25
名前無し

ゆったりした描き方、その時代の雰囲気が見られるのも楽しいです。
ミスレモンのタイプライターとか、その時代の自動車とか。
登場人物が奇をてらっていなくて常識的な人達であるのも、安心して見ていられます。
子供の誘拐、父親の狂言だったのは、なんかほっとしました。そういう子供が狙われる事件はリアルに見たくなかったので。そういう意味でも品がいいというか、落ち着いて楽しめます。

2020-04-20 13:09:57
名前無し

なぜいいのか

2020-04-23 16:39:36
名前無し

ポワロさんって、誰に対してもマダムとかムッシューとか敬意を示して、決して見下したりしないんですよね。そういう所がとてもいいなと思います。
謎解きも面白いし、見ている人をやたらに混乱させようとし過ぎないで、納得いく決着をつけてくれるストーリーも安心して見ていられます。

スポンサーリンク
2020-04-24 11:22:59
名前無し

どうも趣向に合いません。これが正直な気持ちです。

2020-04-25 15:41:35
名前無し

NHKのドラマはつまらん

2020-04-25 19:08:10
名前無し

個人的には全部見ている。

2020-04-26 06:56:40
名前無し

ヘイスティングスが相変わらずマイペース。でも、常識人のお気楽な彼がさりげなく会話して、相手の緊張感を解いているんですね。

今回、科学捜査班みたいな存在が登場したけれど、やはり、事件を解けるのはポワロさんの灰色の脳細胞でした。

クリケットに全く無関心なポワロさんが最後、実はすごいクリケット通で、勝敗を分析、慧眼を披露しちゃったり。ヘイスティングスのおしゃべりを分析してちゃんと聞いていたところ、なんかおもしろかった。

    いいね!(1)
2020-04-26 11:10:36
名前無し

イギリス独特の皮肉をふんだんに盛り込んでいるのがいい。ポワロ自身もたくさんの皮肉を言うので面白い。今回も女性モデルの「画家って、自殺しようとしているのか、パーティーしようとしているのかわからない」の他多くあった。これを聴くのも楽しみの1つである。

    いいね!(2)
2020-04-26 18:20:55
名前無し

食事したり、ティータイムがあったり、ほのぼのした雰囲気がどこかにあるから、そういうシーンも楽しいです。
ポワロさんが口を開けて、歯の治療されていたりとか、他の探偵さんにはあまり見られないようなシーンもちょっとおもしろいですね。
その歯医者さんと一緒にお食事に行ったり、お葬式で、あれ?と目が合った初対面の人を、故人の知り合いかなというので、家に招いてお茶をするとか、そういう人と人の関係性も興味深いです。

    いいね!(1)
2020-04-26 18:56:33
名前無し

ポワロさんがオフィスを構えるホワイトヘヴンマンションて、実際にイギリスにまだ存在しているそうです。次回はここで殺人事件が起きますね。

2020-04-29 20:48:02
名前無し

ポワロもいいけど、同じイギリスITV制作のミス・マープルも素晴らしい作品だ。特に「スリーピング・マーダー」や「鏡は横にひび割れて」とかをもう一度見てみたいな。

2020-04-30 21:06:24
名前無し

とても楽しみに見ています(^-^)

2020-05-02 19:35:04
名前無し

今回は、かなりのスピード解決作品でした。やはりポワロの直感とその裏付けのしかたに感心しました。でも、本筋の合間にはさみこむ風邪ネタ、賭けごとネタ、ヘイスティングスの愛車のぺしゃんこネタ、こういうのがいいんですよね。クリスティの小説は、シリアス推理に固執せず、苦笑とかホッとする要素がたくさん詰まっています。大勢の人に愛される理由はここにあると思います。

    いいね!(2)
2020-05-02 21:56:11
名前無し

ポワロさんが変な蒸し器で頭を
蒸されていてビックリ…(^_^;)
昔、イギリス人の彼女がいたのに
料理下手でお別れしちゃった話も
気になります。
事件そのものも興味津々ですが、
人間的な魅力に惹かれます(^。^)

2020-05-03 22:00:26
名前無し

男の人の狡さとか悪企みみたいなのが暴かれていくような事件。
ちょっとそういうのって、女性作家目線だからなのかな。
そう言えば、ポワロさんって、何となく、おじさんなんだけれど、どことなくお茶目で可愛げがあって、おばさん的な雰囲気だな~と思ってしまった。

2020-05-04 06:33:56
名前無し

イギリスのダストシュートって、あんなふうに成人男性が隠れたりできるような構造なんですね。全く関係がないと思っていた人達が実は密接に関係していたというのが驚きです。
最初、影がちょっとだけ映っていたのが、後でこの人だったとは…という驚きがありました。

2020-05-04 10:21:51
名前無し

別世界が広がるという感じで、ヘイスティングスの
クラシカルな当時の車とか、いろいろ珍しい。
ポワロさんが異邦人だから、ポワロさんと一緒に
イギリス人の暮らしぶりを眺めるような気分。

    いいね!(1)
2020-05-05 11:48:07
名前無し

ヘイスティングスの愛車の車種は、英国アルヴィス製のヴァンデン・プラス・ツアラーです。最高時速166㎞の戦前のスーパーカーです。現在の購入するとしたら、7,800万円かかるそうです。

2020-05-05 21:53:01
名前無し

ヘイスティングスの車がぺしゃんこになったのはお気の毒(^_^;)
あれは、すごくカッコいい車でした〜。
でも、本筋とほとんど関係なさそうなヘイスティングスのマイペースなおしゃべりがいいアクセントになってます。
クリケット好きで、車好きで、多趣味というか、自由気ままに生きてる感じ。この人は本職は何なんでしょう。ポアロさんの助手が仕事なんでしょうか。

2020-05-06 16:23:06
名前無し

アーサー・ヘイスティングスの遍歴

1 第一次世界大戦前、ベルギーへカモ猟に行き、そこで殺人事件が起きる。
2 鉄砲を持っていたので、ポワロに犯人と疑われ、知り合いになる。
3 その後、英国軍人として戦争に行き、足を負傷して戦争中途で帰還する。
4 退役軍人として年金生活を送り始める。
5 その矢先、英国に亡命していたポワロと偶然再会する。
6 そして、ポワロの最初の事件「スタイルズ荘の怪事件」に協力する。
7 その後もポワロの助手として活躍?し続ける。(現在放送中の事件)

したがって、このドラマシリーズは時系列の通りには放送されていません。第20話の「スタイルズ荘の怪事件」の冒頭で、ヘイスティングスの軍服姿やポワロとの再会が描かれています。

    いいね!(4)
2020-05-07 06:37:17
名前無し

今期、一番楽しみにしているドラマです。
やっぱり名作だなぁと思います。
ポアロさんがキザな気取った性格だなとは思うけれど、小男であの独特の風貌と話し方だから、全然、嫌味じゃなく、目から鼻に抜けるように頭がいいのも小気味いいです。
へースティングスのほうが外見は整っているけれど、まぬけキャラで、とてもいいコンビです。

2020-05-07 08:17:39
名前無し

ヘイスティングスの遍歴、ありがとうございました!
年金生活とは全然知りませんでした。
とても余裕のある暮らしぶりで、ゴージャスな車も
持っていたり、貴族みたいな人なのかなと思っていました。
退役軍人さんなのですね。

2020-05-08 05:18:57
名前無し

有能で働き者の秘書、ミス・レモンもいい。
あの前髪のカールは、ちょっとミステリアス。

2020-05-08 11:41:50
名前無し

なにげに心待ちにしてしまう・・・
アメリカのドラマだと、なんかアクが強い気がするので、
こちらの方が好み。

2020-05-09 20:48:35
名前無し

今回はイギリスを離れた地中海に浮かぶロードス島での事件。実際に現地ロケをしたとのこと。原作にマッチした雰囲気がすばらしい。全体を通して至高の短編映画になっていた。

今回の「砂にかかれた三角形」というタイトルは意味深だ。基礎がしっかりせずに崩れやすい物事の例えとして、よく「砂上の楼閣」という言葉を使う。この場合も似ている。三角形を砂に書いてもすぐに他の形に書き直すことができるという意味ではないだろうか。(☚自分の勝手な推理)実際、三角関係ではなく、リヴァースな陰謀が張り巡らされた四角関係であった。

そして、被害者面していた人物の放つさり気ない言葉から、加害者だと見破るポワロは本当に大したもの。物事をよく知り得ていて、この発言はおかしい気づく洞察力は凄いとしか言いようがない。

この話では、ポアロがスパイだと疑われ、出国拒否される滑稽な場面がクスっと笑えた。

    いいね!(3)
2020-05-10 07:45:05
名前無し

毎回よく出来ていて楽しみです。

2020-05-10 10:25:53
名前無し

ポワロさんの休暇の過ごし方がちょっとおもしろかった。
海辺にスーツ姿。ラムのキドニーの炭火焼きを注文したり。飲み物はハーブティー。別世界の人だけれど、ポワロさんを見ているだけでちょっと楽しい。
確かに入管と喧嘩していたのはおかしかった。「船が離れたのに、私はどうやって離れますか?」みたいなのが、うん、確かに。

    いいね!(1)
2020-05-10 15:10:23
名前無し

ポワロさんのサングラス姿、なかなかお似合い。



スポンサーリンク


全 154 件中(スター付 81 件)1~50 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
[1] [2] [3] [4]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。