2.71
5 267件
4 68件
3 37件
2 68件
1 385件
合計 825
読み ねえちゃんのこいびと
放送局 フジテレビ
クール 2020年10月期
期間 2020-10-27 ~ 2020-12-22
時間帯 火曜日 21:00
出演
誰よりも笑って、泣いて、叫んで、時には歌う!
ひとつ屋根の下、愛する弟3人を養うため、
明るく懸命に働く姉ちゃんが、ワケあり男に恋をした!
ハロウィーンからクリスマスまでの
“新たな日常’’を描いたラブ&ホームコメディー!
全 2022 件中(スター付 825 件)1951~2000 件が表示されています。

2021-01-13 16:00:26
名前無し

弟の甘ったるい声が嫌だった。
少しは、芝居ができる役者を使ってほしかった。
棒読みだった。

    いいね!(2)
2021-01-13 18:13:12
名前無し

コロナでもリモートで仕事なんかできないエッセンシャルワーカーへの
エールになったドラマだと思います。
流通業配送の方たちそのほかの多くの仕事の方たちの踏ん張りがあって
私たちはコロナ禍の今でも必要なものを手に入れられています。
ついこの間や今も解決していかもしれない道路の立ち往生や
雪中の新聞配達で事故にあわれた方のニュース見てても思いました。
私たちは出会うことのない多くの人に支えられているんだと。

2021-01-13 22:09:49
名前無し

臼井さんいじりは立派なパワハラです。
やっていいことと悪いことがあります。
臼井さんいじりはやってはいけないことです。

    いいね!(1)
2021-01-14 08:51:00
Lの一族

おはようございます
古い話ですが昔ずっと続いていたワイドショー(羽鳥さんのではなく、午後放送の岸部シローさんが一時司会していた番組です)が終了するときに徹子さんが「よく見ていました。勉強になるので」と言っていたことを思い出します。
徹子の部屋では徹子さんがゲストについての知識を事前にしっかり頭に入れておくのだと聞いていますが、世間で今何が起きているのかもしっかり把握されている方なんだなと思って聞いたことを覚えています。
徹子の部屋出演の時は皆さんおしゃれして出てくるので風花さんのいでたちも楽しみです。

「哲このへや」は阿部寛さんの「トリック」で出てきた田舎の神社のあるのぼりに「布施明神」って書いてあるようなギャグでしょうかね。と書いていて皆さんに通じるか気になって「マイウェイの方は歌うまいです」って蛇足ながら書いてしまいました。
それにしてもこわもての渡辺哲さんが聞き手だとちょっとゲストさんは緊張しそうです。

    いいね!(1)
2021-01-14 09:10:05
Lの一族

また間違えて投稿してしまいました。
議論の場には怖くて書けませんので、こちらに書きます。
私は「姉ちゃんの恋人」が好きで応援していますので
ここが荒れて書き込みできなくなるのは嫌です。
そして正しさの主張のあまり争うのは嫌です。
意に沿わない書き込みがあっても追い出すようなことはせず、
お互いに書き込む自由を認め合いませんか?
争っていても空気が悪くなるばかりで、結局は誰もが投稿しづらくなります。
年も改まりましたし、新たな一歩を踏み出す機会ではありませんか?

    いいね!(1)
2021-01-14 20:37:17
名前無し

ここで有村架純さんを汚いコメントで誹謗中傷している方々が、
このドラマを見てパワハラやいじめはいけないとか
どの口下げて言っているのかと思うときがある。

2021-01-15 01:16:11
名前無し

桃子や弟たちが住む安達家が温かく職場の先輩や同僚たちも個性的で良い人ばかりで友だちや恋人は優しかった。良い人ばかりと批判されがちですが、現実は禍だらけで混迷の世の中だからこそ優しさに溢れて癒される心温まる愛のドラマも必要だと思いました。

2021-01-15 04:08:25
名前無し

私も臼井さんいじりは良くなかった。
やる必要はないかな。
ただのイジメだよ。

2021-01-15 06:34:33
名前無し

有村架純さんの演技が下手ですよね。
あれだけ棒読みでは感情が視聴者に伝わらないと思います。
本人の為にも一から演技を勉強し直した方がいいと思います。

2021-01-15 06:45:22
名前無し

虚しい毎日をすごしてたらそうなりますよね

2021-01-15 08:13:58
名前無し

日本TVドラマ史に残る名作がまたひとつ誕生したという感じです。
かすみんはそろそろ日本ドラマ界を卒業してクロエ・グレース・モレッツあたりと
共演してハリウッドに進出してもらいたいです。世界的に成功を収めるでしょう。

    いいね!(1)
2021-01-15 08:35:53
名前無し

藤木直人さんが最終回に社長だったというおちがベタすぎて呆れ果てたました。
もう少し脚本に捻りがほしかった。

2021-01-15 08:50:41
名前無し

軽井沢のバス事故から五年経ったとニュースが告げていました。
他人ごとじゃなかったから事故の経緯をずっと追っていました。
あの頃。
脚本の岡田さんはかなり前に「ホームドラマ」という作品で
海外旅行中にバス事故にあった人たちとその遺族のその後を描いた作品を書いています。
坂元祐二さんの去年の作品「スイッチ」もバス事故の遺族という形で知り合った二人の男女の話でした。
どんな目にあった人も生きていこうとしている。
当たり前であったものを無くしても生きていこうとしている
人たちの姿を描いた「姉ちゃんの恋人」に出会えてよかったです。

    いいね!(1)
2021-01-15 10:50:10
名前無し

日本ドラマ史に残る名作に吹いてしまった

どう見てもダメな脚本を上手くない役者が主要を演じたダメダメな作品だった
脚本も大概酷かったけれど桃子一家が輪をかけて酷く結果「受け止めた」の寒さしか残らなかった
基本的にこの脚本家の毒のないストーリーを好まない私だけど、テレ東の人生最高のなんとかは役者の力で秀作にしたと思う
一方コレは・・・・失笑しかないわ

2021-01-15 10:51:04
名前無し

> 臼井さんいじりは良くなかった。

前にも書かせてもらったんだけど
岡田先生は「めぞん一刻」の影響受けすぎな気がする。
いや、影響は良いんだけどオマージュを多用しすぎてる。
影の薄い人をイジって場を和ませるってのは
80年代90年代のアニメや漫画でよく見られる手法なんだよね。
この作品全体通して言えるけど、とにかく「古い」。
令和ではありえない展開と舞台、そしてこのキャラ作り。
物語の構成や温かさ、キャラの愛らしさは
さすが岡田さんって感じはするけどそれ以外はネタ切れ感がある。
また次々ドラマ脚本のオファーを受けてるようだけど
少し時間置いてネタを繰った方が良い気がする。

    いいね!(1)
2021-01-15 10:56:22
名前無し

そうやって前の高評価コメントの内容を批判するような文章を
星1付けてすぐに投稿すると複アカの可能性大として怪しまれるだけだよ。

2021-01-15 11:06:35
名前無し

ホントね。
だからこのサイトはあんま覗かなくなったんだよな。
星付きの感想が不毛なのばかり。
その前の星5のハリウッドが~ってのも
前の星1の有村さん酷評コメントに対するもんでしょ?
大人になりきれてない大人が多すぎる。

2021-01-15 12:30:25
名前無し

臼井さんいじりは良くなけど、朝ドラのおちょやんでやっていた大部屋の千代ちゃんいびりもいけないと思います。

2021-01-15 13:53:42
名前無し

本人が日本ドラマ史に残る名作だと思っているから仕方がないです、感性は人それぞれです。人のコメントにいちゃもんつけている方が遺憾に思います。それも無駄な理屈並べて、終わってしまったたかがドラマにいつまでも叩いて、吹いてしまった。

2021-01-15 19:06:27
名前無し

私は日本ドラマ史に残る駄作だと感じました。
脚本、演出、演技力全てがダメでした。
全くいいとこ無し。

2021-01-15 20:35:46
名前無し

これも直前のコメントに噛み付いて星1を付けたような印象…
「お茶の間」でも取り上げられているが、どうみても複アカ臭い。

2021-01-15 22:54:27
名前無し

やっぱり、オーディションが、あって、演者さんの選抜も厳しいみたいです。もしかしたら、脚本家さんも、選抜があるかもしれません。  
   

2021-01-15 23:00:36
名前無し

我々も、そこを理解していかなければ、いけないと感じました。
     

2021-01-16 01:30:25
名前無し

お茶の間の住人は来なくていい。
わざわざハンネ付けて正義の代弁者みたいな勘違い甚だしい投稿が見てて痛い。

2021-01-16 07:17:55
名前無し

本当につまらないドラマでしたね。
素人でもここまでつまらない脚本は書かないと思います。

スポンサーリンク
2021-01-16 07:40:22
名前無し

今朝もお茶の間住人が、嫌みシラミなどと。
ここの事?

2021-01-16 12:04:00
名前無し

有村架純さんはいつも顔がこわばっていて無表情なので真剣に演技をしてるように見えなかった。
演技の技術以前の問題だと思う。

2021-01-16 13:56:35
名前無し

↑の方は、レベルが低い方なので、相手しない方がよいと思います。
朝ドラでもレベルの低いコメントしかできません。

    いいね!(3)
2021-01-16 19:04:23
名前無し

有村架純さん中心でなく、林遣都さんや和久井映見さん、それに無名に近い方が演じてた臼井さんや山辺君にフォーカスして下さい。
この作品の良さが分かりますよ。
有村架純さんは林遣都さんと観覧車で辛い打ち明け話を耳を澄ませて聞いてた時の表情が真に迫って最高に良かったと思います。

2021-01-16 19:08:09
名前無し

見ていて心の底から腹が立つドラマだ。
何が受け止めただよ。気持ち悪い。

2021-01-16 20:25:06
名前無し

(↑の方は、レベルが低い方なので、相手しない方がよいと思います。
これも直前のコメントに噛み付いて星1を付けたような印象…
「お茶の間」でも取り上げられているが、どうみても複アカ臭い。)
その通りですね。全面賛同します。

あなたが一日中張り付いていても世論は動かない。井戸の中の蛙大海を知らず。自己満足の世界って素晴らしい。何だか憧れちゃうなあ。

2021-01-16 22:29:05
名前無し

>胸に手を当てて「受け止めた」の大合唱はどういう神経で描いたんだろう
色々なドラマを見てきたけどこんな気持ちの悪いシーンは初めて見た

日本のドラマ史上一番気持ち悪いシーンでした。
あれをよしとしたスタッフの感覚を疑ってしまいます。
誰も止める事はできなかったんですかね。

2021-01-17 17:20:09
名前無し

あまりに星5と星1が対立してるので、今更ながらどんなドラマか気になって、初回と2話を見てみたところ。

まだ途中までだけど、そこまで見た感想は、どちらの言い分も分かる気がした。
多分、星5の人が良いと思ってる部分そのものを、星1の人は受け付けられないのでは。

林遣都の演技はいいと思う。
そんなに嫌な人もいないんじゃないかな。
ただ、有村架純の方は、かなり好き嫌いが分かれると思う。

というのは、このドラマ、有村架純の職場の雰囲気や家庭の雰囲気、二人を取り巻く人達が、あまりに善い人達ばかりで、アットホーム過ぎる。
これを暖かくて優しい雰囲気と取るか、偽善っぽい雰囲気と取るかは、どちらとも取れる気がして。

まぁ、二人の家庭が、其々傷を負っているから、皆が気を遣い合って暖かい雰囲気にしようとしていると解釈することも出来るけど、それがわざとらしくて余計に腹立つと感じる人がいてもおかしくないし。

ということで、このドラマは、好きな人は好きだろうけど、嫌な人はとことん腹立つドラマなのかもしれない、というのが、個人的な感想です。
なるほど、スレが荒れるのも分かるような。

関係ないけど、有村架純の家の中や職場の雰囲気は、メルヘンチックな位、少し少女趣味な美術かもしれない?
可愛らしくていいけれど、食事シーンも美味しそうだったけど、あの和気藹々感も、好き嫌いが分かれそう。
朝ドラだったら楽しめるかもしれないけど、夜に見るドラマだったら、もう少し、リアルっぽい方が良かったような?
可愛らしいミニチュアセットの世界に見えて仕方がない。
私自身は、ミニチュアセットは割と好きだからいいけれど、そういうのに興味がない男の人だったら、ドラマ全体がそういう世界感だと、余計に受け付けなくなるかもしれない、かもしれない?
分からないけど。

2021-01-17 17:46:47
名前無し

続編があったらいいなと思います。
三人の弟の成長が見たいです。

2021-01-17 20:45:38
名前無し

桃子も真人もおそらく当事者ではないいわば野次馬的存在の声に
苦しめられたはず。
だけどそこはバッサリ削って直接真人の事件の関わった男たちと
クリスマスパーティの夜二人に絡んだチンピラたちしか登場させなかった。
実際は好奇心に導かれた知りたがりの人たちが事件の
被害者たちのプライバシーに踏み込み彼らの心を引き裂くものだけれど、
そこは描かなかった。
それをファンタジーと言ってしまうのなら仕方のないことかもしれない。
実際は親切に見せかけた興味でトラブルに踏み込んでくる
人間の冷たさの方が人の心を蝕むものなのだが・・・・

    いいね!(1)
2021-01-18 12:16:10
名前無し

2話までを見ての感想を書いた者です。
あれから、観覧車のシーンがある6話までを見たので、そこまでの感想を。

林遣都がとてもいい演技。
こういう役、彼は本当に上手い。
このドラマ、林遣都の演技が最終回まで人を惹き付けたのでは、と思う位。

観覧車シーンを見ていて思ったのですが、ひょっとしたら、脚本家は真人を描きたくて、このドラマを描いたのでは。
(どなたか、似たようなことを書いてましたが)

恋人を守る為に、真実を口にせず刑を受け入れ、それでいいと思っていたけど、自身の潔白?を言えない葛藤、自分が悪者になることで、自分の家族を苦しめた葛藤や罪悪感、しかも服役中、父親は自殺。

そんな真人のような人間を救う為には、藤木直人みたいな理解ある職場(の人間)や、自らも心に傷を負った経験があり、家族愛に溢れた桃子のような恋人や桃子側の家族が「必要」だったから、桃子の人物像や家庭・職場環境を設定したのかも。

この話は、真人のような苦しみや葛藤を抱えている人に夢を与える物語?
こういう職場なら、こういう背景や家庭環境の優しい恋人が出来れば、真人は救われる…そのことを描いた物語。

そう考えると、真人以外の登場人物やエピの負の側面を深く掘り下げることなく、まるでファンタジーのような暖かくて優しい世界だけにしてしまったのも、納得がいくのですが。
(ただ、ドラマとしての深みや面白さは、真人以外の部分では中々共感が得られ難いことにもなり、多分、それがこの作品に批判的な見方を生み出している気もするんですが)

桃子は、真人を救う女神的存在(理想的な女性)として作られたのかもしれない。
そう思った時、この作品、私は、遊川さんの脚本と似ている気がしました。
遊川さんの作品に出てくる男性は、総じてダメな部分を抱えていることが多い気がします。
そして、そのダメな男性を導く役割になっているのは大概女性。
私はこのあたり、多分、遊川さんが男性であることと関係があると思っているのですが、
女性を、(男性にとって)理想的な女性(母親的な導きが行える女性)として描きたい欲求があるのではと。
で、岡田さんも、この作品を書いている時、同じような感じだったのではないかと、私は感じたのですが。

ただ、女性を理想的な女性として描こうとしてしまうと、登場人物の負の部分をあまり描けなくなる(描かなくなる)という側面もあって、それは物語に深みを無くしてしまうリスクも伴う。

遊川さんは、割と、これでもかこれでもかと、登場人物に試練を与え、世の中、そうそう上手くはいかない、上手くいかない挫折の中でどう生きるかというのが、割と作品のテーマであることが多いので、夢物語にはあまりならないのですが、
岡田さんは、人間の救いを周囲や他者に求める部分があるというか、苦しみや葛藤を抱えている人間を救う人間を描きたいように、私は感じるんですよね。
(遊川さんは、救いは他者の関わりや環境では得られないものであり、「人間は、自分の中にある強さで生きていくしかない」みたいに描き、岡田さんは、そう世の中捨てたもんじゃない、「理解者は必ず現れる」みたいに描くというか?)

遊川作品も賛否両論がよく起きますが、もしかしたら岡田作品も、逆の意味で賛否両論が起きやすいのかも?と、6話までを見て、私はそんな風に感じました。

(岡田さんが、人間の負の側面を掘り下げない方なら、真人が観覧車の中で「恋人を守ることと保身の中で起きる葛藤」を吐露する台詞はなかったでしょうし、それを描け(か)ない方ではない。
でも、そういう清濁葛藤は、真人にしても叔父さんにしても、吐露だけで済ませ、そこを突っ込み、掘り下げるエピは設けない。
それも人物や話の深みを無くしている要因?)

    いいね!(1)
2021-01-18 14:40:50
名前無し

大学生の長男が批判されてたけど、今若者がコロナ広めていると思われているせいかしら?
まじめな子たちはキャンパスライフもないオンライン授業で今までなら引きこもりと言われてしまうような生活に耐えているけどね。
バブル世代の親たちが育てた今の若者世代。
撃たれ弱いけど親よりも結構まじめで悲観的でもある。
それでも真面目に生きていればそこそこの暮らしができると思っていた真人が落とされた落し穴のような事件。
これを自己責任と突き放すか、桃子のように受け止めて一緒に生きることを選ぶのか。
あなたはどうする?
あなたが桃子の親なら二人を許すか?
あなたが真人の母なら、どうすると言われている気がして見ていた。
もともと真人が悪かったわけではない巻き込まれた事件。
それはコロナの中で生活基盤を奪われた飲食店やエンタメ業界や航空業界などの観光業界の人たちの立場にも似て困る人たちが今大量に出ている今、決して他人ごとではない。
誰かが人生に躓いた時にどう支えるか、それは桃子の周辺の人たちのようなささやかな単位だけではなく、もっと大きなセイフティネットが必要なんじゃないかとさえ考えさせられる作品だった。

    いいね!(1)
2021-01-18 20:16:45
名前無し

手を当てたシーンがなんたらかんたら、もう同じことしか書けない感想で星1評価が出来ないのですか、
読んでて飽きてきました。新たな感想もないのに無理に星評価操作は遺憾に思います。

2021-01-18 22:00:44
名前無し

このドラマは主役の顔の丸さが邪魔でした。
あの丸さがあるせいでストーリーが入ってこなかった。

2021-01-18 22:03:50
名前無し

あの強姦シーンは見ていて不快でした。
強姦があったからといって真人は殺人をしてもいいとは限らない。
全てが不快でした。

2021-01-19 10:08:20
名前無し

正視しづらいシーンであったことは確かです。
あんなシーン普通は目にすることがない。
ではなぜさしはさんだか?
実際は新聞やニュースで小さくしか取り上げられなくても
女性の性被害の報道はいつでもどこでもあります。
その現場を想像するなんてこともしたくないことは誰も同じでしょう。
ついさっきまで他人ごとであった事件に巻き込まれる人がいる。
最近は男性の被害者も多い。
男性はもっと被害を訴えづらい。
ここ数年のMeToo運動で勇気をもって被害を公にする人も出てきましたけれど、
そういう人さえ自己責任と叩く人がいるそんな理不尽を
「これでいいのか」と問うためには必要なシーンだったのだと思います。
真人君の元カノもMeTooが盛んになった今だったら自分の彼を
ああいう立場に立たせるなんて辛いことにはならずに済んだかもしれない。
実際は彼女の気持ちなんて推し量ることはできないかもしれないけれど、
それでも彼女の辛さをわかろうとする努力は無駄じゃないと思います。
想像力に限界がある私たちには視覚に訴えるということが必要だったのだと理解しています。

2021-01-19 12:04:52
名前無し

えっっ。殺人だっけ!?
相手は大ケガだと思っていたけど。

2021-01-19 14:16:54
名前無し

殺人じゃないです。
大ケガです。

私は、あの強姦シーンを入れたのは、暴力とは無縁に生きてきた真人が、何故、逮捕されるような暴力をふるってしまったのかを、視聴者に理解させる為だったと思います。

真人は、最初から暴力をふるった訳じゃない。
まず、力ずくで男を恋人から引き剥がそうとして、返り討ちにあい、殴られたり蹴られたり。
それから、「止めて下さい!お願いします!」と頭を下げて必死に懇願。
それでも相手は止めることはなく、既に、恋人の上半身の衣服は剥ぎ取られ、泣き叫んでいる。
それを見た真人は、近くにあった棍棒で相手を殴り、我を忘れて相手を叩きのめした。

恋人の悲鳴。
気付くと、相手は血だらけで倒れている。
自分の右手も血だらけになっていた。

これが経緯ですよね。

強姦の詳細を描くことで、視聴者は、真人の切迫した思いを理解します。
多分、喧嘩なんかやったこともなく、力ずくでは相手に勝てない。
懇願するしか出来ない、弱い真人。
それでも、何とかして恋人を助けなければ!という切迫した気持ちが生まれる。
近くにあった棍棒。
素手ではどうすることも出来ないけど、これなら…と、棍棒で相手を殴り付ける。
一旦殴り付けたら、止まらない怒りで徹底的にやってしまった。
とにかく、恋人を犯そうとした相手への怒りが止まらなくて。

仕方なかった…
相手に大ケガをさせてしまったのは確かだけど、もしかしたら、相手は死んでいたかもしれないけど、
それでも、仕方なかった。
ああするしか、真人が恋人を助ける術はなかった。

と、視聴者に感じさせる為に、強姦シーンの経緯を描いたのだと思います。

    いいね!(1)
2021-01-19 14:55:33
名前無し

↑に付け加えます。

あと、「前科」という枷に苦しむ真人を描く上で、視聴者が真人に共感する為には、
「悪いこと」だと一蹴出来ないような「前科」
桃子が、その「前科」を知っても、恋人になりたいと願うような「前科」
であることが必要になります。

恋人を愛していたからこその「前科」
恋人を守る為の「前科」
真人の人間性を否定しない、優しさ故の「前科」

それを考えると、「恋人が強姦されそうになっている状況で行った暴力」なら、「恋人の名誉を守る為に、真実は口にせず、刑を受け入れた」ことも含めて、前科は前科でも、真人がどれだけ必死に恋人を守ろうとしたかの証でもあるので、
強姦シーンを描くことの是非論はあるかもしれませんが、「視聴者や桃子が真人の味方となる」前科という意味では、これ以上のものは無いだろうと思って、ストーリーに取り入れたのかもしれないですね。

勿論、恋人を守る為なら何をしてもいいのか、という話をしている訳ではありませんが、自分が桃子の立場だったら、そして、そんな経緯での前科だったら、真人の恋人になることに、多分、躊躇はしないだろうなと思うので。

2021-01-19 15:03:56
名前無し

演出もいい演出だったと思います。台詞も全く問題ないように、思えました。 
       

2021-01-19 15:27:55
名前無し

性被害のシーンそのものを描いたものは少ないですが、
ドラマの中で被害にあう寸前までいった話などよく出てきます。
「やすらぎの郷」でも「相棒」でも出てきました。
「妖怪シェアハウス」でもヒロインは危ない目にあいそうになりました。
なんの落ち度のない人が被害にあって泣き寝入りさせられていること、
そして被害者だけの問題ではなく社会全体で性犯罪をなくしていく
必要があることを訴えていると思ってみています。
「魂の殺人」なのですから。

2021-01-19 15:43:55
名前無し

ミスチルの曲を聴きいてると真人と桃子の顔が思い浮かぶ。
今でもまだ、ジーンとくるわー。
見上げる青空って感じ。

2021-01-19 19:16:06
名前無し

桃子一家は貧乏の設定だったんだろうけ どあのパン一杯の朝食シーンを見ると冷めてしまいます。
桃子 はコンビニの前で酒飲んだり節約してる感じがゼロでしたね。

2021-01-19 20:08:24
名前無し

貧乏を貧乏と思わず普通の家庭のように明るく振る舞えた桃子だから真人は救われたと思います。生真面目に必死で頑張る姿が健気な女性だったら真人は却って辛かっただろうと思いました。

2021-01-19 22:14:36
名前無し

このドラマほど嘘臭いドラマはないね。
全く現実的じゃなくつまらない脚本だった。

    いいね!(1)


スポンサーリンク


全 2022 件中(スター付 825 件)1951~2000 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。