3.46
5 905件
4 87件
3 38件
2 52件
1 550件
合計 1632
読み えーる
放送局 NHK
クール 2020年4月期
期間 2020-03-30 ~ 2020-11-28
時間帯 月曜日 08:00
出演
https://www.nhk.or.jp/yell/
(月〜金)昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルに、昭和という激動の時代の中で人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の生涯の物語。
全 16867 件中(スター付 1632 件)16151~16200 件が表示されています。

2020-09-15 22:46:19
名前無し

歓迎会をするというから、親戚以上にお世話になっているバンブー夫妻も招いて、「妹が来ました。弟子も取りました。宜しくお願いします。」という流れになるのだろうと思っていたら、あらまあ、明るい内からおでんやさんでお酒なんですね。
「華は恵さんに預けて」って、恵さんはいつでも預かってくれるんですか。彼女にはお店があるのに。きっと「いいわよ」って言ってくれるのでしょう。甘えすぎじゃないですか。

2020-09-15 22:56:57
名前無し

梅ちゃんのことは気になっていました。これから作家として、どんなふうに成長できるのか、とても楽しみです(╹◡╹)
以前、裕一にアドバイスをもらったりしてましたっけ。創造的な仕事をする上で、刺激し合ったり、励まし合える関係になったら素敵。

2020-09-15 22:57:44
名前無し

エールは半分青い、なつぞらよりもつまらない。

2020-09-15 23:43:29
名前無し

夜に家族みんなで見ました。みんなで大笑いしました。裕一と五郎くんの細太コンビがいいです。見てて微笑ましい。梅ちゃんと五郎くんも気になるし、久志と梅ちやんはもっと気になります。華ちゃんは大泣きしちゃって、保さんのところに行った方が楽しいかな。終わった時に家族みんなで「え~、もう終わった~」と声が上がりました。あっという間に終わっちゃう。楽しいドラマです。

    いいね!(1)
2020-09-16 01:46:52
名前無し

何でも比較することでしか価値を見出せない人もいる。「○○よりひどい」などと書き込んでいる人はその典型。私はそういうことをするつもりはない。

2020-09-16 04:35:08
名前無し

梅ちゃんのエピソードは楽しみです。
それが単なる併存ではなく、裕一の物語と融合していくといいですね。

2020-09-16 05:24:20
名前無し

梅ちゃんが五郎に惹かれるんでしょうね。
「人を美醜で判断するな!」と叫んでいたドラマですから、ハンサムボーイとは言えず、しかも悪臭がきっかけで拾われた五郎の内面に魅力を持つという展開になっていくのでしょう。
一方、文壇のほうはまさかの「見た目重視」。若手女流作家をアイドルのように位置づけて「旬」も考慮した話題作り。唯ちゃんの派手な洋装は売り出すために周囲に作られたものなのでしょう。そこにしがみついて梅ちゃんに圧力をかける彼女は痛々しい。

・・・それにしても、仮にも文才を以てデビューした女性なら、あの授賞式の場で圧力をかけたり、転んだ相手を指さして笑ったりするような、愚かな真似をするでしょうか。
見ていてどうしてもしらけてしまうのは、三流少女マンガの展開に似ていると思えるからでしょうか。

この先の展開もほぼ想像がついてしまいます。そんな想像を覆す鮮やかで素敵なドラマを期待して見続けているのですけれど。

それにしても、久志はどうしてあんなに変なキャラクターになってしまったのでしょう。ちび久志の気品、登場時の孤高のプリンス、謎の出没。垣間見せる優しさ。とても魅力的でしたのに。
今やチャラチャラのナンパ男、自己顕示パフォーマンスに余念がありません。

2020-09-16 05:25:54
名前無し

弟子と生徒は違うと思ってきました。
裕一は師匠ではなくて、作曲教室の先生に見えました。

2020-09-16 05:37:04
名前無し

鉄男が詞を書いて裕一が曲をつける。
採用の有無にかかわらず、その作業を続けてお互いに高め合う。もちろんそれを久志が歌ってみる。居酒屋の流しで、庶民の反応を見てみる。

そんなおはなしを見たかったなあ。

久志が音楽を志すきっかけは、身も心もびしょ濡れになったあの日、藤堂先生と歌った「ふるさと」にある。
そんな久志なら、人の(特に日々に疲れて癒しの一杯を求めて集う人々の)心に、どんな音楽が響くかを身に染みて知っているはず。それこそ「ふるさと」を静かに歌って、おじちゃんたちも自然に唱和していくような、そういうことができるはずだろう。
「俺の声を聞け。」というような独唱を久志にさせ、愚か者に描いてしまった。
残念だったなあ。

2020-09-16 06:10:19
名前無し

梅が新人賞を取った。上京するからよろしく。
という、手紙も何もなく、いきなり古山家にやってきたのだろうか。

梅が来ることを知っていれば、「梅も来るのに若い弟子なんかうちに置けるわけないよ」っていう台詞になりそうだ。

豊橋でひとりになってしまった光子はどうしているのか。裕一のためには何度も上京して、雷おこしを噛み割ってみせたりしていたのに、全く影もない。(岩城と云々、という下世話な想像は無用だ)
梅が来たなら、吟も一度は顔を出してにぎやかなおしゃべりがありそうだが、「あっちは息がつまるらしい」だけで終了。近況も語られず。

授賞式会場に五郎が入り込めるなら、誰でも入れるのだろう。家族はなぜ誰も行かないのか。晴れ姿は自分の目で見るのがいちばんだ。裕一も音もそんなに多忙に見えない。(つまりこれは「笑うな!」と五郎が叫ぶ場面を作るためかな)

やっぱりいろいろ腑に落ちない。

気にせずに楽しめる人も多くいるようだが、気になるものは気になる。
この脚本家は、好悪や相性を超えて、稚拙・未熟だと思う。

2020-09-16 06:21:08
名前無し

コロンブスレコードにいるという鏑木のおじさんも、雲散霧消。行き方知れず。

2020-09-16 06:22:44
名前無し

何でも自分の思い通りにいかないから面白いこともある。
そう思って楽しんでます。
思い通りにしようとする人がそばにいるから、ささやかな抵抗です。

    いいね!(1)
2020-09-16 06:32:12
名前無し

豊橋の海。さざめく波。風の香りさえ感じさせる。透きとおる光。はるけき空。
音の歌声。立ち姿だけで心を表現する5人。

あんな美しい場面は、もう見られないのだろうか。

2020-09-16 06:59:21
名前無し

三郎さんが死んだら五郎さんが出てきて、気が付いたら四郎さん(岸部)が亡くなっていた。合掌。
予告を見ると二郎さん(池田)も登場するらしい。

2020-09-16 07:07:25
名前無し

一度は惚れた女に、次第に幻滅。
もう愛はないのだが、情は残っている。別れはせずに、とりあえず最後まで見届けよう。たまにはいいこともあるかもしれないし。

というような気持ちで、見ている。

2020-09-16 07:15:46
名前無し

粗や矛盾に気づいても、粗に目をつぶって、全体を楽しめるドラマもある。
粗だけで全部ができているドラマもある。探さなくても粗だらけ。

アラ煮は美味しいけど、アラドラマは、あらあら、どら猫もそっぽを向いてしまうわ。

2020-09-16 07:40:58
名前無し

藤丸と久志は付き合っていたのか。そういうそぶりはあったが、既成のこととは気づかなかった。

2020-09-16 07:45:05
名前無し

どのドラマにもあったりする粗なんて、本当に好きだと流せるものなんですね。それが良くわかりました。あと、合う合わないもあるし。
今作を楽しく見られている私は幸せですね。良かった。
次作は合わないかもしれないので、今の内に思い切り楽しんでいたいと思う。

2020-09-16 07:46:48
名前無し

藤丸さん、可愛いし歌は抜群だし、お座敷でも人気者なのに、いろいろ変な演技をさせられて気の毒だ。

2020-09-16 07:53:58
名前無し

再開してから一気にレベルダウンしました。
もう土曜日だけ見ます。
😓😓😓😓😓

2020-09-16 07:55:51
名前無し

シリアスとコメディーが上手く融合されていて見やすいし楽しいです。
こんな朝ドラを待っていました。
再開後もああ、やっぱりエールは楽しい!と嬉しくなりました。
今は梅ちゃんの恋バナなんでしょうか。
どうなっていくのか見守りながら見ていきたいですね。

2020-09-16 07:58:43
名前無し

粗はないに越したことはなく、制作者は努力をすべきですが、大切なのはドラマ全体の構造、骨格なのでしょう。
それが良いと思う人は粗など気にならないし、そこがダメだと思う人は粗も許しがたく思える。

どちらが幸せかも主観によるのでしょう。

どんなふうにしても注目されるドラマ枠ですから、毀誉褒貶は逃れられませんね。

    いいね!(1)
2020-09-16 08:11:08
名前無し

大先生になった裕一の凄さがわからない。

2020-09-16 08:20:22
名前無し

何よりも梅ちゃんと五郎さんが、好感の持てる応援したくなる二人であるところが善い。

2020-09-16 08:21:56
名前無し

幸せっていうのは、自分自身がこのドラマを楽しめていることに対して言ってます。
ダメだと思う人がいる事とは関係無いことです。

スポンサーリンク
2020-09-16 08:26:24
名前無し

やぁ~五郎さんが思いの外いいです。
演技上手い。
キャラ的にも梅ちゃんが好きになるのも何だかわかる気がするし。
二人を応援したくなってきたわ。

2020-09-16 08:30:51
名前無し

豊橋の海が出るときにはもっと大人数になっている気がする。
子供のころ一人ぼっちだった裕一にもたくさん縁ができたね。

2020-09-16 08:41:28
名前無し

藤丸さんという宝を使いこなせていないなあ。
久志は痛い目に合わないといけないなあ。
熊次郎になんとかしてもらいたい。

2020-09-16 08:54:51
名前無し

台所で作っていた白味噌の味噌汁、
美味しそう。
裕一と音の家は、だんだんと
白味噌になったんだなぁ( ´∀`)
夫婦の時間の流れっていうか、
二人の関係が丸くおさまった感じが
なんか、ほっこりしました。

2020-09-16 09:08:03
名前無し

バンブー夫妻が見たい。
裕一&音夫婦と同じくらい好きなので。
バンブーで毎日ワチャワチャして。

2020-09-16 09:11:30
名前無し

なぜ梅が久志とデートをしたのかなと思ってたら、同級生に言われて(自分が思い描いた世界が違った、まだまだ世間知らず)
デートをしたこともない梅、チャレンジしたんだね。
五郎が「文学だけでいいと思っているんですか?」ずばり言われた梅どう答える。

2020-09-16 09:18:02
名前無し

梅ちゃんと五郎さんがフレシュでいいカップです。梅ちゃんはなかなか次回作ができない、五郎さんは裕一が要求している曲を満足にできない。互いに悩みを持つ者同士が惹かれ合う様子が丁寧に描かれて好印象です。森七菜さんと岡部大さんの若手俳優の自然体の演技が胸を打ちました。

    いいね!(1)
2020-09-16 09:55:03
名前無し

五郎、ほんといいやつだ!
すごく応援したくなる。
梅とお似合いだと思うよ~

2020-09-16 10:02:04
名前無し

あー楽しい♡再開した途端こんなに毎朝ワクワクするとはありがたいです!五郎さん、なんて迷惑な人なんだと思ってましたが、いい人なのかもしれない。お笑い芸人さんらしいですが、演技上手なのですね!凄くいい感じです。2人の進展が楽しみです。

2020-09-16 10:03:53
名前無し

日村某がクビになった15秒のキ◯イ兄弟のストーリーのほうが、15分のドラマよりずっと面白い。ユーモアがあって元気が出るし。録画消せない。
あちらもいずれ妹が加わり三人(?)キョウダイになる。
三羽ガラスの話は既に罅(ひび)割れて……ああガサガサ・苦しいってー!!!。録画消しました。

2020-09-16 10:22:08
名前無し

今日も五郎ちゃん梅ちゃんの純情カップルに癒されちゃいました。
せっかく気分の良い朝ドラを観て、気分の良くなる投稿を期待して覗いているのに
出来れば性格の悪い人の投稿を、自動的に削除してくれる機能を付けてくれないかな笑

2020-09-16 10:23:15
名前無し

毎朝楽しみで仕方無い朝ドラは久々かな。
どんなに粗が少ない作品より、粗があっても色んな見る楽しみに溢れている作品の方がずっといい。

2020-09-16 10:24:36
名前無し

ハナコ岡部はナギサさんよりこっちの方がうまく見えるけど、撮影はこっちの方が先だったのかな。役に合ってるね。

2020-09-16 10:25:52
名前無し

五郎は好きな楽曲を吸収することに夢中になってやってきた様子だね。だから、大好きなメロディーが出てきてしまう。オリジナルの曲をどんなきっかけで作曲できるようになるのか、とても楽しみに見たいと思う。五郎、頑張れ!

2020-09-16 10:44:30
名前無し

いきなり出て来たばかりの弟子の恋バナ見せられても・・・。
弟子が梅のこと好きになるのはわかるが、まさか梅があんな中途半端な弟子を好きになるとしたら無理ありすぎ。

2020-09-16 11:03:08
名前無し

エールもただの茶番劇に落ちぶれたな(笑)

2020-09-16 11:06:04
名前無し

梅と五郎を仲良くしてもらおうと裕一音が画策しても旨くいかず梅は五郎を気になりだし
二人の関係が気になり視聴率18.8%を記録した。2話続けて大台割れが気になる。

2020-09-16 11:08:09
名前無し

五郎さん、なかなか良いと思います。
あったかい感じが伝わってきます。
作詞家としてはまだまだですが、裕一だってヒットを出すまで随分かかりましたもんね。
頑張って!

2020-09-16 11:17:34
名前無し

五郎を出して時間とって描く意味が分からない。
祐一や音に影響を与えるような、実在の人物のモデルでもないみたいだし。
作曲する苦労を描くためなら祐一で描けばいいこと。
梅を誰かとくっつけるためだけの人物か?

2020-09-16 11:22:42
名前無し

妹のスピンオフ風のストーリーとか全く興味ないなあ。
古関さんの作曲秘話とかがもっと見たい。
変なコントばかりで呆れてしまう。
もっと本編の古関夫婦の物語が見たい。

    いいね!(1)
2020-09-16 11:28:58
名前無し

梅、性格悪く感じます。どうみても物書きには見えません。田舎では可愛い人だったな。
子供を煩いと怒鳴るのも 子供っぽい自己中にしか見えません。 妹や不細工な弟子なんかより 本来の古関ストーリーを丁寧に描写してほしい。中断前に巻き戻してくれないかな。

2020-09-16 11:56:04
名前無し

梅が好きなので応援したい。
未熟なとこが、あるからいい。
エールの色んな人にエールを送る姿勢が好き、
強気や弱気や人間味溢れてる。

2020-09-16 12:17:20
名前無し

怒っても井上さんは愛嬌があるからいい
二階堂さんは、凍り付くような怒り方をするから朝ドラ向きではない
今回最大の配役ミス
井上さん、歌以外にも踊りの武器も持ってるんだよな

2020-09-16 12:24:24
名前無し

五郎と梅の書斎でのシーンに見入ってしまった。五郎役の人は見る者を惹きつける力をもっているなあと思う。大きな体で鉛筆を削ったり、卓上ピアノを弾く姿なども、なんともかわいらしく愛嬌がある。梅をじっと見つめる眼差しには力があった。今日の主役は彼だったと思う。

オリジナルの曲が書けず悩む五郎。賞をとったものの自分の思い描いていた世界とは違ったことにショックを受けている梅。五郎を毛嫌いしていた梅だが、下駄の鼻緒をなおしてもらったことがきっかけで彼と話すように。もちろん、授賞式で転んだ時に笑うなと言ってくれたことも大きいだろう。梅は少しずつ心を開いていく。
世間知らずを痛感した梅は、見聞を広めようと外の世界へ。行動力のある関内家の娘らしい。この辺りはスピンオフの保を思い出す。しかしその第一歩のデート相手が久志と言うのが笑える。ところで、藤丸は久志に本気だったのか!?前に誘われた時に惚れてしまったのだろうか。そんな顔をしていたような気もする。私は鉄男と藤丸がお似合いだと思うのだが。今日も鉄男が藤丸をからかったのがよかった。
書斎での五郎と梅の語らい。ここはいいシーンだった。まっすぐな五郎は作曲できないことで裕一に申し訳ないと思っている。裕一を心から慕っている。梅は自分のことを語る。一生文学だけでいい、言った言葉をそのまま五郎に返されて、返答に詰まった梅は部屋を出て行ってしまう。
またもそっけなくなった二人を裕一と音が心配している。裕一と音といえばこれまでずっと自分達が周囲を振り回す方だったのに、今では若者を心配してやる立場に。すっかり大人になって。今週のゲスト(と思われる)五郎が裕一を純粋に慕うのだが、慕われるくらいに裕一も立派になった。五郎の「あたたかい家庭をもって」という言葉がよかった。あまりに純粋に尊敬してくれるので裕一はコロンブスレコードで恥ずかしい思いをしたが。これから再び古山夫妻に試練が訪れるがその前に二人の成長した姿が見られて、今週は楽しい中に朝ドラらしい年月も感じられる、いい週だと思う。
おませな華は五郎が梅を好きだと言う。この子は裕一や音より光子や梅に似ているような(笑)。梅を呼び捨てにするのは保が相手の時と同じ、仲直りしていてよかった。
五郎と梅の純愛ラブストーリー(?)。鉄男と希穂子が悲恋に終わったので、こちらは是非とも幸せになってもらいたいものだ。

    いいね!(6)
2020-09-16 12:26:49
名前無し

何か、嫌な予感がする。ドラマ自体は良い。
五郎と藤堂先生が召集されて戦死する要員にされていくような。
その方が裕一の戦後の鎮魂の祈りを込めた平和への願いは強調されるが。



スポンサーリンク


全 16867 件中(スター付 1632 件)16151~16200 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。