4.05
5 769件
4 270件
3 101件
2 96件
1 138件
合計 1374
読み さなだまる
放送局 NHK
クール 2016年1月期
期間 2016-01-10 ~ 2016-12-18
時間帯 日曜日 20:00
出演
「大坂の陣」― 劣勢明らかに追い込まれた大坂城。 そこに駆けつけ、抜群のリーダーシップを発揮し、胸がすくような活躍をした、真田幸村。 幸村が生まれた真田家は、信州の小さな領主。 周囲の大名たちが繰り広げる戦乱の荒波に翻弄される真田家。 しかし、的確...全て表示
全 2516 件中(スター付 1374 件)2451~2500 件が表示されています。

2017-10-20 18:06:01
名前無し

真田丸の草刈サント、ドクターXの草刈さん、キャラ被るので、ちょっと笑える。真田丸、メンバー良かったね。

2017-10-21 01:08:11
名前無し

特に女たちの描き方は最悪。
戦国時代の価値観というものをのっけから無視して描いているので、
何も感動できるものがない。
現代の小市民的価値観が画面に満ち満ちている。
歴史上の人物を実際よりも卑小に描いているので、
実在人物への畏敬が全然感じられない。
大河もつまらなくなったものだね。

2017-10-21 01:42:24
名前無し

草刈さんが出てる頃はまだましだったんだけどね。
三谷さん自身が書いてる途中で飽きてきたんじゃないか、
そう思わせるたるみが後半には甚だしく感じられた。
やはりコメディ作家に大河は向かないよ。

2017-10-21 16:32:44
名前無し

子供でも知っている人物を主人公にしたんだから、
そこそこの視聴率がとれるのは当たり前
そこに安住してしまい、何かというと幼稚な笑いに逃げて
壮大な戦国ドラマとして描くことを怠った。
そのツケは大きい。

2017-10-22 04:02:18
名前無し

多くのファンが大河に求めるのは、生々しい人間ドラマと、
スケールの大きい躍動する歴史ドラマの二点だと思う。
このドラマのような現代的?な作風は
一時的には大河に無縁だった若い人を惹きつけるかも知れないが、
あくまで一時的なものに過ぎないと思う。
大河を復活させその人気を定着させるには、やはり王道大河こそが必要だろう。
それを心から待望する。

2017-10-23 11:24:40
名前無し

男たちも軽いけど、それ以上に目も当てられなかったのが女たちだった。茶々もきりも松も、お笑い要員なのかどうか知らないが、常識はずれで元気がよくてお転婆で、奇をてらう言動をしては人目をひこうとしているだけに思える。三谷氏の引き出しには、そういうステレオタイプの女性しかいないのだろうか。それまで真面目なシーンが続いていても、こういう女たちの一人が登場しただけで、途端にガクッとこけて喜劇になる。三谷氏はそれを意図したのかも知れないが、出てくる女がみなお笑い要員にしか見えないのは寂しいことではないか。

2017-10-23 21:59:03
名前無し

平岳大さんが出ていた頃はまだこのドラマへの期待感があった。草刈正雄さんが出てた頃も、脚本はコント仕立てでも、草刈さんの強烈なキャラでそれなりに楽しんで見られた。残念だがどんどん尻つぼみになっていったね。
終わってみれば、結局、駄作の部類だと思う。真田という知名度の高さと、歴史を知らない者でもとっつきやすいコント仕立ての作りでどうにか乗り切ったようだが、結果的には正月隠し芸大会みたいな軽いノリになってしまった。
「きり」という登場人物の安っぽさは当初から批判され続けたが、そのキャラは最後まで変わらなかった。

2017-10-26 04:03:09
名前無し

まさにお子ちゃま大河だったね。こんなふうに人物を単純化して安っぽく描けば、これまで歴史が苦手だった人にも親しんでもらえると思ったんだろうが、長年の大河ファンにそれでは通じない。そんなことをしたら間口は広くなるかも知れないが、ドラマの質はどんどん落ちていく。なんとも嘆かわしい話だね。

2017-10-27 21:07:25
名前無し

東京ドラマアウォード2017」堺雅人さんが主演男優賞、
草刈正雄さんが助演男優賞、おめでとうございます!!
何だかんだ批判しながら、最後まで見たんだよね(笑)
楽しい1年間でした。
ありがとう、真田丸。

    いいね!(1)
2017-10-27 22:19:30
名前無し

平さんもう大河には戻ってこないかな~。
映画関ヶ原よかった。

2017-10-28 17:10:08
名前無し

草刈さん、堺さん、おめでとうございます。流石ですね。ざっくりと役を作っていく草刈さんと、緻密に作っていく堺さん。いいコンビですね~。篤姫のときの将軍様と老中のコンビも良かったですが。私の中では真田昌幸は草刈さん、真田信繁は堺さんになってしまい、これ以上、上書きされることはないような気がします。またお二人のコンビで大河やってほしいです。

    いいね!(1)
2017-10-29 10:05:28
名前無し

脚本賞も作品賞もとれなかったのは、まあ当然の結果だった。
こんなドラマが世界に見せたい日本のドラマ
だなんて思われたら恥ずかしい。
つくづく大河もひどいことになっちゃったね(汗)

2017-10-29 10:17:49
名前無し

花燃ゆ、真田丸と駄作が続いたので、もう大河をみるのはやめたという人が、私の周辺にも結構います。うちの両親もそうですが。

2017-11-02 00:48:32
名前無し

「あんたたち、それでいいの?」
あの「きり」の素っ頓狂な叫びに、どっちらけた人は多かっただろう。
現代的価値観に終始し、何かというと低次元の笑いでごまかす、
戦国コスプレドラマとしか言いようがない駄作。
この脚本家には二度と大河に関わってほしくない。

2017-11-02 20:41:24
名前無し

放送中からステマ記事がやたら多いので呆れていた。

ヘンな人にヘンな事を言わせてウケを狙うというのがこの脚本家の癖らしいが、

一年通して学芸会なみのコントを見せられた身にもなってほしい。

駄作中の駄作。

2017-11-04 03:51:41
名前無し

最初のころは「きりがうざい」程度で済んでいたけど、終盤に向けてこれだけ批判が集まったドラマも珍しい。何度も言われるように、命のやりとりがやたら軽かった。時代劇っぽく見せてるけどすべてが現代感覚で、コスプレ時代劇そのもの。登場人物が血の通った人間ではなく、ただの記号みたいだった。

2017-11-11 10:56:15
名前無し

他に幾らでも適者はいただろうに、なんでわざわざこんなお笑い作家に書かせたんだろ。これじゃ歴史通からそっぽを向かれても仕方ないね。せっかくそれなりの俳優が揃ってるのにとんだ無駄遣いだった。お子様大河と呼ばれても仕方ない。

2017-11-20 03:00:08
名前無し

久しぶり1年間、全話見た面白い大河でした。
三谷さん始め、堺さん、草刈さん、大泉さん、長澤さん他
全てのキャストにありがとう。
堺さん、草刈さんおめでとうございます!!
真田丸ファンとして選ばれて嬉しい。

    いいね!(1)
2017-11-22 06:19:00
名前無し

三谷氏は自分の引き出しに幾つか人物像のタイプを持ってて、歴史上の人物もそのどれかにあてはめて描くのだと聞いて、なるほどなと思った。それ以上も以下でもないんだなと。等身大に描くことと、実物より卑小に描くということは全然違うでしょ。確かに考えてみれば、自分の理解を超えた人物をはじめから描けるわけがないものね。結局このドラマのなかの人物は、作者自身を映し出す鏡に過ぎなかったのか。長年の大河ファンの多くがこのドラマを批判したのは、ごく自然なことだったんだな。

2017-11-23 07:02:16
名前無し

ここで何と言われようが、世間の評判は良かった大河、真田丸。
今でもDVD見てしまいます。
特に最終回、信繁とサスケの会話に涙します。
三谷脚本は舞台もいい。
大物俳優さんが、皆さん出演希望される。
三谷さんのNHKドラマ、楽しみにしています。

    いいね!(1)
2017-11-23 08:09:30
名前無し

子供でも分かる大河を目指したんだろうが、そのわりには視聴率、上がらなかったね。そのかわり従来の大河ファンたちからは、完膚なきまでに叩かれた。要するに商売っけを出しすぎたんだよ。大河の格を落とすだけ落とす結果になっただけの駄作。

2017-11-23 17:04:41
名前無し

もう終わったドラマに何を言っても(笑)
真田丸を楽しんで見た人達の心に今も残っているんだから、
それでいいんじゃないかな。
私も三谷さんのドラマ楽しみにしていますよ。

    いいね!(2)
2017-11-23 17:12:18
名前無し

ともかくこの作者には絶対に大河に関わってほしくない。
本格大河の復活を願っている従来の大河ファンが
沢山いることを忘れないで。
こんな大晦日隠し芸大会みたいなノリの
安っぽいドラマは金輪際お断りだ。

2017-11-24 17:45:55
名前無し

私も真田丸が面白かった派ですので、三谷さんの正月時代劇、
楽しみにしています。
嫌な人は見なきゃいいだけ。
たった、一つのドラマで受信料返せなんて言わないでほしいね。
ニュースや他のいい情報番組あるんだし。

    いいね!(1)
2017-11-27 15:14:49
名前無し

ともかく軽ーいドラマという一言に尽きる。大河ドラマはもっと重厚であってほしい。最近はテレビで時代劇がぐっと少なくなってしまったので、ここはいわば最後の砦です。大河や朝ドラの枠は長年のファンが多いので、たとえ面白くなくとも一年続けてみてしまうことも多い。その枠への愛着が強いなら強いだけ、つまらない作品が放送されると残念な気持も強いのです。最近にしては少しばかり視聴率が上がったというだけで、いつのまにかこのドラマが良作だと勘違いされてしまうことが何より心配だ。

スポンサーリンク
2017-11-27 22:55:53
名前無し

私も、さすけに介錯・・・字違います?
してもらった所、一瞬の真田さんの笑み。やっぱり、ワンランク
上の俳優さんだわ堺さんは・・・あれは、もう、感無量でした。

    いいね!(1)
2017-11-28 16:12:55
名前無し

好みの問題じゃない。
駄作です。
こういう作品は、大河で二度と作って欲しくないです。
あの一年を返してほしい!

2017-11-29 07:05:55
名前無し

安っぽい台詞、リアリティ皆無の合戦シーン、とっくに壊れている女たち。
登場人物への敬意など微塵もない歴史コスプレドラマ。
シリアスなはずの場面も低次元のコメディで途端に台無しになる。
それも笑い一つとれない寒ーいギャグ連発。
まさかこんなひどい駄作を大河で見ることになろうとは。

2017-12-01 16:58:11
名前無し

真田丸って駄作なんですか??

2017-12-01 23:23:46
名前無し

死人に口無しをいいことに先人達をどこまで愚弄すれば気が済むのか…というぐらいに、
登場人物はみな酷い描かれようだった。駄作中の駄作。
特に後半になってからどんどん崩れていった。
脚本家の猛省を願いたい。

2017-12-02 08:33:27
名前無し

視聴率もまあまあだったし近年の大河の中では評価も良かった。ここの点数も高い。嫌いな人はどこまでも嫌いなんだから、好きな人とは永遠に平行線でしょう。今更言ってもね。

    いいね!(1)
2017-12-02 09:08:10
名前無し

こんなにエキサイティングな大河はなかったです。傑作中の傑作でしょう。

    いいね!(1)
2017-12-02 17:05:31
名前無し

評価が良かったどころか、大河通の人たちからはそれこそ完膚なきまでに叩かれた。ここだけが例外です。
あれだけの有名人が主人公なのだから、そこそこの視聴率をとれるのはしごく当たり前。それにしては視聴率も伸びなかったね。局は必死に番宣やってたが。
もっと真面目に史実に添ったドラマを作っていたらここまでの駄作にはならなかったろうし,ドラマとしても世間に認められたろうに。
やっぱりお笑い作家の作るものなんて、所詮この程度のものだね。三谷氏にはもう二度と大河の脚本など関わってほしくない。

2017-12-02 17:19:28
名前無し

ほんとにこのときばかりは声を大にして言いたかった。
受信料返せ!!
そこまでの気持になったのはこの年が初めてです。
ともかく余りにも大河ファンをバカにしていると感じた。

2017-12-02 19:34:30
名前無し

真田丸はものすごく史実に真面目に作られていたと思いますよ。歴史研究はどんどん進んでいるんだな、ということを実感させられたドラマでした。

2017-12-03 00:07:39
名前無し

このドラマでもう大河を見限ったっていう人、案外多いんじゃないかと思う。私の両親もそのひとりです。それまではほとんど毎年欠かさず見てたんですが、さすがにこれは無理、限界って言ってました。

2017-12-03 06:44:37
名前無し

真田丸は大河通の人もブログなどで結構誉めてますがね。武者ジャパンでもね。今更こき下ろしても不毛ですね。10年後見にきます。

    いいね!(1)
2017-12-03 08:09:36
名前無し

「真田丸」よかったと思うよ。
自分は、「大河通」じゃないけど、歴史が好きな者です。
この数年大河見てなかったけど、
 (正確には、見続けられなかった)
「真田丸」は久しぶり一年通して見ることができました。

確かに三谷喜幸の脚本はクセがあるし、
気を衒っているところとか、私もあまり好きじゃないところもあるけれど、
まぁまぁのできでした。
長い大河ドラマの歴史の中では、
こんなタイプのものがあってもいいんじゃないのかな。

ただ合戦シーンはしょぼかったね。
たぶん、好き嫌いがはっきりわかれるドラマなんでしょうね。

2017-12-03 10:50:26
名前無し

あれだけ安っぽい笑いを多用し、誰でも知ってるような人物が主人公で、しかも舞台は時代ドラマ好きが大好きな戦国時代。それでこんなショボい視聴率じゃどうしようもないだろ。作者の実力はたかが知れてるね。どんな美辞麗句を弄しても駄作中の駄作という評価は変わらない。

2017-12-03 22:30:42
名前無し

堺雅人は真田丸のとき、居心地の悪い船みたいなこと言っていた。ニュアンスは違うかもしれないが、、私は後半特に終盤の物語が終わる閑散な寂しさが好きなんだ。今年は味わえなかったが、、

    いいね!(1)
2017-12-24 03:20:42
名前無し

今年の大河も終わってしまいましたね~。昨年はロスがひどすぎて、年末年始全く何も手がつかなかったので、今年は大掃除頑張るぞ。大河ドラマが面白過ぎるのも考えものですな。それにしてもお正月の真田丸メンバー再集結のドラマが楽しみ過ぎます。録画予約抜かりなくやらねば!

    いいね!(1)
2017-12-25 08:01:41
真田虫

三谷さんの作品は、好きと嫌いな人が極端に別れるよな。
作品が軽量化されて大河ドラマには絶対合わないと思う。
新撰組!でなぜ懲りないのか?NHK。

    いいね!(1)
2018-01-01 16:47:13
名前無し

大河ドラマも、時代、視聴者の感覚の変化に対応して新しい形になる事は良い事と思います。
昔ながらの骨太も良いですが、新選組!や真田丸は面白かったと思います。
ごめんなさい昨年一年真田丸をもう一度再放送してくれたら良かった…と思ってしまってました。

    いいね!(1)
2018-01-02 13:38:22
名前無し

お正月時代劇、良かった~。真田丸チームの力量はやっぱりすごい。ドラマのクオリティーが高いと思います。

2018-01-10 23:06:19
名前無し

真田丸面白かったですね。近年の大河のなかで視聴率が高かったのもわかります。
思うに惰性でみている自称大河通に媚を売るような作り方はもうやめた方がいいでしょう。
表現物は常に観るものを裏切るべきです。
重厚な大河が面白かった体験はわかりますが、それを真似してもオリジナルには及ばないのです。
ドラマも映画も漫画もアニメも、新しいものを作る場合は新しい価値を産み出さねば意味がありません。合戦に予算を割いたものが見たければ過去の映像をみれば宜しい。過去の偉大なドラマも「それまでなかった」から価値があるのです。
他の後追いでなく新しい試みをして結果を出した、「傑作」とはこの真田丸のようなドラマに与えられるべき言葉です。

    いいね!(3)
2018-01-11 08:29:32
名前無し

ですねですね!
三谷嫌いだった私でも、一年経っても、はぁ〜面白かったな!!と心底思えるんですから。

    いいね!(1)
2018-01-12 11:53:33
名前無し

つくづく面白い大河だった。
確かに真田幸村は有名武将だから資料も多くあるかもしれないけど、伝説・講談的なヒーロー像ではなく、柱となっていたのは真田一族の生きざまを描いたことであり、とても面白い戦国ドラマだったと思います。
堺さんの信繁(幸村)は、ちょこまかした青年から文句なしにかっこいい武将になるまでを演じ切り、本当に魅力的だった。それも脚本家とキャストの呼吸、しっかりとした演技力と演出があってこそだと思っています。
他のキャストも敵味方関係なく皆愛すべきキャラだった。シリアスな中にも本筋とは関係ないお笑いパートの挿入も、個人的にはホッとできていいバランスでした。

    いいね!(2)
2018-01-13 12:53:50
名前無し

私も真田丸はとても評価してました!とにかく毎週楽しみにしてました。小難しい解説は必要なし!面白かったり感動したりして楽しめたなら、それが一番。真田丸大好きです。近年の大河の中では群を抜いて良かったです。
特に信繁さんの描き方が素晴らしかった。

    いいね!(2)
2018-01-15 22:19:11
名前無し

とても面白い作品でした。

大満足です♪

    いいね!(1)
2018-01-21 23:32:42
名前無し

新しい大河が始まる度に、真田丸が懐かしくてたまりません。



スポンサーリンク


全 2516 件中(スター付 1374 件)2451~2500 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。
真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)