4.05
5 769件
4 270件
3 101件
2 96件
1 138件
合計 1374
読み さなだまる
放送局 NHK
クール 2016年1月期
期間 2016-01-10 ~ 2016-12-18
時間帯 日曜日 20:00
出演
「大坂の陣」― 劣勢明らかに追い込まれた大坂城。 そこに駆けつけ、抜群のリーダーシップを発揮し、胸がすくような活躍をした、真田幸村。 幸村が生まれた真田家は、信州の小さな領主。 周囲の大名たちが繰り広げる戦乱の荒波に翻弄される真田家。 しかし、的確...全て表示
全 2516 件中(スター付 1374 件)2401~2450 件が表示されています。

2017-01-09 01:33:58
名前無し

今回のとはまったく違うけど三谷幸喜の大河ドラマも面白かった。
個人的にはまだまだ細部まで見たいけど今のも滑り出しが好きだった。
真田丸は後半まで失速することなくなかなか変な登場人物も多かったけど真田幸村が最終回で見せた表情はよかったな。
まだまだひたりたい!

2017-01-13 05:13:05
名無し

梅ちゃんのリタイアについて

側室とはいえ、地侍の娘であるうめは御殿に住むことは許されません。当時は通い婚です。子供は正室が育てます。今回は正室がいないので真田家で家族で育てていましたが。

夫婦になったから武家の妻になれるわけではなく、地侍の一員として男も女も区別なく戦ったという設定でしょうら、

史実だと、上田北方の砥石城へ避難する途中殺されたとも言います。どちらにしろ、真田の係累の女とは思われず、略奪と強姦の犠牲になったのでしょう。

2017-01-20 23:18:25
名前無し

面白かった

2017-01-30 17:55:35
鈴木

47話を観ました

歴史に詳しくなくても、敗戦確定なのは知っているので
滅んでいくのを見るのが少々辛くて、今日まで見られなかったです
堀を埋めてしまう等の愚かな行為をどう表現するか、真田丸では今回の形になったんですね
昔のパターンは淀殿が息子可愛さに大失敗、悪役を一手にひきうけてましたけど、最近は違う展開が多い様な
今回は、そこそこ駄目って感じですかね
主人公補正がかかっているのでより優秀になっている真田幸村がいるのに、こんなになってしまう
敗戦を確信してからの悪あがき、どうなるのかなーって負けるんですよね

2017-01-30 17:59:58
鈴木

47話まで観ても、幸村の豊臣への忠義の心がどこから生まれたのかさっぱりわかりません
最終回までに感じられるのか
理解できている人からしたら、馬鹿なのかよって思われるかもしれませんけど

2017-02-08 06:42:53
名前無し

脚本、役者、音楽、オーブニンク…と何から何まで最高。最高にかっこいい大河ドラマでした。それぞれの分野での一流の才能が集結し、本当に良いもの、面白いものをつくろうという熱意や意気込みが画面の向こうからバシバシと伝わってきて、魂をわしづかみにされました。オーブニンクで、真田丸の壁がバーンと砕け散るのは、大河ドラマが抱えているいろんなしがらみ、数字をとらなきゃいけないとか、お叱りをおそれて小さくまとまりすぎてしまったりとか、そういうものを打ち破って、想いっ切りやってやるぞ、という決意の表れかな、とも感じました。斬新な構成や、ユーモラスな場面など視聴者を楽しませる工夫が随所にみられましたが、それが活きていたのは、しっかりとした時代考証がベースにあってこそ。三名の気鋭の先生方よる時代考証が素晴らしいと思いました。最新の学説も果敢に取り入れながら、大きな時代のうねりを感じさせる、これぞ、大河ドラマの王道といえる作品に出会えた幸せ。魂はすっかり戦国時代にタイムスリップして、真田家の人々と一緒にに泣いたり笑ったりはらはらしたり…本当に楽しい一年間でした。心よりお礼申し上げます。

    いいね!(2)
2017-02-09 00:26:07
名前無し

幸村様が馬で戦場を風のように駆け抜ける最終回は本当に素晴らしかったです。かっこよすぎて震えがきました。あの騎馬シーンは吹き替え無しの、全て堺さんだったのでしょうか。だとしたらすごい乗馬テクニックですよね。ゲームを参考にされたともうかがいましたか、どのシーンをとっても、所作が美しく絵になる役者さんです。時代劇の主役としての華も色気もある。そして、脚本、制作側の意図を鋭く読みとき、完璧に体現できる圧倒的な演技力があります。堺さんを主役に据えたことで、個性溢れる名優さんたちの演技が、繋ぎ合わされ、引き立て合い、数倍にも掛け合わされて輝きを放ったからこそ、こんなにも引き込まれるドラマになったのだと思います。自分が自分がと、表に出ようとする主役ではなくて、みんないい芝居するなー、と、人のお手柄をニコニコ笑って喜んでいる。でもここぞという時は、圧倒的存在感で、芝居を引っばっていく。真田丸を撮影していた時の堺さんは、まさに、史実に伝わる真田信繁公そのものだったのではないかと思いました。

2017-02-17 13:18:55
名前無し

総集編を見返すと…三谷サンってのは、本当に人を深く掘り下げて描くのが上手い人だなってのを実感させられてます。
真田丸に出て来た登場人物、不思議ながら‥キライな人が一人もいない。
共感出来るかと言えば、そうじゃないけど‥でもムカつくかって言われたら、きりでさえもムカつかない。可愛く見えてくる。
私にとっては、あっぱれな大河ドラマでした。

    いいね!(1)
2017-02-17 19:13:43
名前無し

やはり面白い大河だったなと思います。

2017-02-22 10:52:15
名前無し

今年の大河が始まって、改めて真田丸は面白かったし自分が毎週ワクワクして放送を待ち遠しく思っていた大河だったんだなと再認識しました。昌幸は最初は役所さんにオファーして主役じゃないので断られたということで、きっと役所さんでも豪快で老獪な面白い昌幸を見せてくれたとは思いますが、私はやっぱり絶対に絶対に草刈さんで良かったと思いました。あんなにチャーミングで食わせ物の昌幸は草刈さんでしかありえなかった。そして主役を信繁から曲げなかった制作サイドにも拍手を送りたい。堺さんの信繁で本当に良かった。もちろん他の全キャストも。裏切者の有楽斎でさえ、穏やかな余生を過ごしたとかで笑ってしまったし、愛すべきキャラだった。出演者とスタッフとファンにここまで愛された大河はなかなかないと思う。

    いいね!(2)
2017-02-23 13:35:26
名前無し

面白かった!
描いて欲しい史実を自分の中に握りしめてしまうと物足りないのかもしれないが、そんな気持ちを解放してみると別のエピソードの中に思いがけない感動やそういうことかと膝を打つ思いが丁寧に描かれていて、新たな発見があり良かったと思う。
それにしても上杉景勝がアクセントになっていい味出していたな。
戦の勝敗に関わらず新たな時代の幕開けが爽やかに描かれきっていたのもよい意味での裏切りであった。

    いいね!(2)
2017-02-25 22:59:19
名前無し

ドラマアカデミーもしかして真田丸が脚本賞?そんなまさか。
最終回がまだ余韻がある。
終わってから気づいたが、堺雅人が好きだったんだよね。
40代俳優というか、毎週堺雅人が見れただけで去年はドラマ見まくったのかも。
ちなみに堺雅人が主演のマンモスドラマ半○の流行語大賞をとったんだが、あのときあまちゃんを一度も見たことなくってじぇじぇじぇ?なんだそれって思っていた視聴者…まさかネットで朝ドラバトルが白熱してるとは。大河ドラマはあんまりないね。
直虎もみてる。

2017-03-03 20:14:53
名前無し

面白かったです。
共感する!励まされる!考えさせられるぅ!というのではなくて。

真田の物語に視聴者はグイグイ引き込まれるのだけれど、製作者の視点が一貫していて
誰か彼かへの感情移入を安易に許さない。
ここに品を感じました。

大河の醍醐味味わえた!

    いいね!(2)
2017-03-14 08:27:10
名前無し

共感朝ドラハートフル大河はやっぱり馴染まない。
去年の真田丸が恋しい。
三谷さんの映画は初期しか支持しないけど、真田丸は面白かった。

    いいね!(1)
2017-03-15 19:07:59
名前無し

最後の箱丸発売、おめでとうございます。ありがとうございます。特典のインタビューで、「1話だけ抜き出しても楽しめるから、ぜひ見てください」と言っていたけど、「真田丸」のおもしろさは、やはり、全編を通して見てこそ、深く味わえるものだと思う。「おもしろくない、軽い」と、冷めた目で、1話1話を見ていた人には、ぜひ、区切らず、通して見て欲しい。
すべての流れがつながった時の、ぞくぞくするような感動を、味わって欲しい。1回目より2回目、3回目の方が、泣けるよ。
あらすじはわかっているのに。

    いいね!(1)
2017-03-24 14:06:39
名前無し

軽くてうるさくて時々視聴
あのキスで最低、。

2017-03-30 19:44:05
名前無し

三浦文彰さんのヴァイオリンと辻井伸之さんのピアノ、
オープニング曲からワクワクでした。

2017-04-01 08:09:12
名前無し

Blu-rayBOX見ました。
特典映像いいです!!
直虎は史実が少ないのでつまらない。
真田丸は勉強になる。
しかし、あちらの感想の女性蔑視って、、意味が分かりません。
最初はウザいと言われたきりも、しっかり者で評価が上がったし。
最低視聴率は平清盛にはかなわない、今年の大河の方が初回から
苦戦状態。
面白さは絶対、真田丸です。

2017-04-01 08:13:27
名前無し

真田丸はいろんな人間がいて面白い。
いわゆるいい人って形容されるだけのタイプの人間はいなかった。
人間喜劇。最後の最後まで己の運命に対峙した真田幸村の生き様には腹の底から感動した。
涙でうるうるの感動とは種類が違う。
直虎の井伊家はみんな型通りの良い人による泣けるドラマとなっている。

    いいね!(2)
2017-04-01 08:17:41
名前無し

三谷さんは、歴史上で目立たない人物像も、しっかり描いてくれて
分かりやすかった。
真田丸、最高に面白かったです。

    いいね!(3)
2017-04-01 15:51:58
名前無し

ここにきて、また「真田丸」のおもしろさが、見直されてる?
だろうねー。
見たその時だけでなくて、後からじわじわくるおもしろさもあったもんね。
後を引くおいしさって、今までの大河で経験ないよ。
感想もTLもにぎやか。
さて、もう1回、最初から見るか。

    いいね!(3)
2017-04-01 16:11:21
名前無し

最後まで楽しみに観る事が出来た2作目の大河です。

    いいね!(1)
2017-04-10 12:18:19
名前無し

結末を見るのがいやで最終回だけはずっと見ず、やっとこの週末に見ました。
幸村が家康と最後に対峙したシーン、感動した。

わずかに希望をつなぐような演出はあったにせよ、すでにどっしりと構える家康を前に、幸村はまだどうやったら家康を倒せるかのみに集中している。
そういう幸村の姿を見て思わず心が動かされた。

なんでこの人は最後まで豊臣に仕えたのかなと不思議に思ったこともあったけど、人生の一番多感な時に、一番栄華を極めた豊臣家にカルチャーショック受け圧倒されたのかな。
豊臣につくということで、何か開かれた未来に一緒に向かっていられるという感覚がずっと信繁の中にあり続けたのかなと見終わって感じた。
天下を狙った父親とは形は違えども、そういうワクワクを求めるところは親子で似ていたのかなと思った。

堺さんはじめ、みんなが印象深い。
最後まで本当におもしろかった。

    いいね!(1)
2017-04-10 23:13:15
名前無し

戦のショボさはしょうがなかったが
視聴者にワクワクさせるような話の流れは
やはり素晴らしい。
そして服部氏の音楽も最高だった

2017-04-11 00:39:33
名前無し

大河ドラマはほとんど好きだからバッシングは嫌だね。花燃ゆも直虎にもいいところあるし…真田丸だけはVIP待遇のような。堺雅人は恵まれてる。大好きなんだけどさ、たまになんかそう思うときがある。

スポンサーリンク
2017-04-11 07:47:38
名前無し

人間模様の描き方は秀逸だったのは認めるが…三谷幸喜が好きな人以外ははやめにやめていたんだろうなと。最終回はまだとってあるから…Blu-rayは発売全巻されたのかなー。次作の西郷隆盛はどうするつもりなんだろう。梅ちゃん役の黒木華が出演するね。
まぁ面白かったが、また見たいまではならなかった。

2017-04-14 17:47:51
サチ

真田丸の実質主役は 昌幸役の草刈さんでしたね。草刈さんと内野さんらの演技を堪能することができて良かったですね。面白かったのも昌幸の死まででしたね。史実の信之は家康や徳川家に心酔する大名の一人だと思っているので 比較的に冷静に見られました。日本の合戦の中で大坂の陣の描き方だけは難しいと思います。家康は豊臣家の服従を待ち続けた結果が大坂の陣だと思います。堺さんは5年後くらいに幕末の人物の役柄で大河に出演予想します。大河は共演する俳優さんが上手い俳優さんが多いなぁというのが 堺さんの正直な気持ちでしょう

2017-05-11 22:43:52
名前無し

終わってみてあらためて真田丸最高だったな~!三谷さん堺さん、カムバック大河ー!涙

2017-06-01 01:39:22
名前無し

信繁が九度山から出る決意をした回は秀逸でした。回想の中、燻り続ける想いに向き合い、目の前の家族とのささやかな生活を振り切って大阪に向かう決意を固めたところは心を打ちました。誰しも生きていく中、大なり小なりそういう場面に突き当たります。安定より夢や理想を選ぶことは難しいし、正解などありません。しかし、最終回で幸村が最後に微笑んだとき、生き抜いた、思いっきり生きた、という充足感に胸を打たれました。色々批判もありましたが、私には素晴らしい大河でした。

    いいね!(2)
2017-06-01 04:31:33
名前無し

漫画で例えるなら毎回主人公が誰よりも目立って活躍するのは少年誌漫画のヒーロー。青年誌漫画の主人公は最初に出てきて、重要なポイントで決める時に決めれば良し。
 1年間、50話前後ある大河ドラマで少年漫画の作劇をすると視聴者の興味が持たない。秀吉や家康等の歴史上の大物が出てくれば主人公の座を脅かしかねないのを信繁は「どうぞ、私はまだ出てくる時ではないので」とでも言うように脇に収まる。(視聴者に主人公であることを忘れられないため毎回顔出しはするが)
 改名後の信繁はそれまでのテイストを残しつつ後世作られたヒーロー”真田幸村”に。青年漫画の主人公が一気に少年漫画の主人公になるのだが…主人公の死という結末を知ってる少年漫画は面白くない。気分が暗くなるので途中で読むのをやめてしまうところを真田丸での合戦シーンでカバーしたり、なんやかんやで最後まで見せてくれた。
結末がわかってる大河ドラマのデメリットを最大限に減らし視聴させることに成功したと思う。改めて視聴しても見事すぎる作品。

    いいね!(4)
2017-06-22 17:24:50
名前無し

主役嫌いじゃなかったから初め観たけど、三谷作品から漂うモコモコ感(三谷の顔やジブリ作品の絵柄にもある)に耐えられず、視聴中止した。いい意味でゾクッとする男くささとか、削げる感じというか、ダイナミズムが無いんですよね。

2017-07-10 08:01:52
名前無し

堺さん、良かったー

    いいね!(1)
2017-07-12 08:28:37
名前無し

直虎ずっと見てるけど...
DVDで真田丸観る方が熱中できる🔥
まだまだ続く真田丸ロス😢

    いいね!(4)
2017-07-12 18:19:05
名前無し

上の方に1票。直虎だめだから、その上の感想星5が、私~( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

    いいね!(1)
2017-07-12 23:39:26
名前無し

軍師勘兵衛のほうが好きかもしれない

2017-07-13 07:18:29
名前無し

確かに、脇役のキャラにまで物語があり見ごたえはあったな。

    いいね!(1)
2017-07-13 18:26:49
名前無し

私も、今でもDVDを見ています。
真田丸は最高でした。

    いいね!(2)
2017-07-13 19:22:20
名前無し

私も毎晩見てますよー。仕事終わって寝るまでのつかのまの至福の時間。真田家のみんなにひと目会わないと、なんだか落ち着きません。どんだけロスなのか…いえのものが寝てるので、音を消して字幕だけで見るのもなかなか楽しいです。役者さんの表情に集中できます。音声なしでも十分楽しめる名場面ばっかりです。

    いいね!(1)
2017-07-13 21:16:04
名前無し

堺さんのね、武士道みたいなのが、これぞ日本人魂って感じで、同じ日本人として誇らしいのよ。ラスト、泣いた。
勘兵衛は、ちょっとしか見てないんだわ。
日本人魂を感じるドラマがいい大河だわ。

    いいね!(2)
2017-07-31 17:42:26
名前無し

総集編がこれまたいいんですよねー。単に主要場面をつぎはぎしたのではなく、今度は、源次郎の成長というテーマに絞って編集しているから、真田家の物語がギュツとつまっていて、真田家大好きのわたしにとってはたまりません。本編と音楽を微妙に変えていて、とくに合戦場面など音楽が変わるとまた違った感慨があります。服部先生のオーダーメイドの音楽が、真田丸の世界観を、本当によく表して、演出効果を何割増しにもしていたんだな、と改めて思います。音楽ばかりがやたらと鳴り響き緊迫感をあおっても、場面や演技がそれにみあってないと逆にしらけてしまいます。真田丸は脚本、演出、演技、音楽…どれもこれもピタッとはまっているすごいドラマだったな~と、何度見返しても飽きることがありません。

    いいね!(1)
2017-08-23 07:00:23
名前無し

源次郎が真田幸村になったあたりから滅びるまでは見るのがつらいなー。
私が好きなキャラ投票するなら西郷どんの方言指導する、三十郎さんだね、、

2017-09-09 10:15:22
名前無し

面白かったなぁあらためて感じる。
表面的にはカモフラージュしていながら、とっても正統的な大河でしたね。
私も真田幸村編からは見始めるまで腰が重かったです。
ですが、家康と向き合うクライマックスまで、時間的には短くても、これまでの長かった幸村の遍歴時代のすべてが血肉になって活かされている様子はものすごい説得力があり、心を鷲掴みされました。

    いいね!(1)
2017-09-10 11:40:02
名前無し

映画「関ヶ原」が公開されていますが、真田丸スピンオフ「関ヶ原」観たいです。真田丸キャスト総出演で。それって夢のまた夢なのでしょうか?是非実現させてほしいです。

2017-09-17 17:00:25
名前無し

久しぶりに録画を見返しました。登場キャラはそれぞれ個性的だし、新鮮な歴史解釈もあり面白いですね。私が特に感心したシーンは次の3つです。
1 犬伏  真田を東軍と西軍に分ける策を信之に言わせたのがよかった。昌幸の策としなかったことにより松代藩の礎を築いた信之の才覚と世代交代を語るとともに、信之も実は徳川と戦いたかったと語らせたことにより三人の絆を強く感じました。
2 秀次自刃  このような説があることに驚きました。そのあと信繁が秀吉に秀次の娘の側室話をしたときの、秀吉が涙を流しながら言った台詞「孫七郎の娘との間に、もし男子ができたときは殺せとは言わん。直ぐに仏門に入れろ。」に痺れました。感情に流された秀吉も後で冷静に戻る瞬間があったのですね。秀次の死を悼む身内想いの秀吉の心情を感じました。秀次自刃説をとる時代考証担当の学者が著した本には秀次の娘が信繁の側室はないだろうと書かれていました。ドラマならこれもありとする三谷氏の創作が学者への返事のようで、時代考証の先生も三谷脚本が楽しかったことでしょう。
3 信繁自刃  三谷氏なら薩摩逃亡もやりかねないと心配していました。戦に疲れ休んでいたところを西尾某に討ち取られたのではなく自刃するは、これまで誰も描いたことがなかったと思います。もっとも最期まで描かれたわけではないので、直後に西尾某が通りかかったかもしれません。
ラストで信之の懐の六文銭が鳴り、本編最後のナレ「松代藩は、徳川幕府崩壊のきっかけを作る…」が、昌幸・信繁の無念を信之が後世に繋いだと暗示し、素晴らしい締めだと思いました。

    いいね!(1)
2017-10-05 21:39:45
名前無し

去年の今頃、信繁が幸村と名乗ることを決め、さあここからいよいよ幸村伝説始まる~とわくわくドキドキだった日々を懐かしく思い出します。(涙)早くBSで見たかったけど、視聴率に貢献せねば…と(ほんとは関係ないけど)8時までじっと我慢。テレビの前に正座して心臓バクバクさせながらオープニングをまつ日曜日の夜。年末までずっとこの調子だったので、すっかり疲れはて、お正月は本当に文字通り脱け殻でした…史実に忠実に、がポリシーだった真田丸なのに、信繁から幸村に名を変えることに、時代考証の先生方は反対されていたと聞きました。最後まで信繁で通さなかったことで、史実とは違うというご批判もあったかもしれません。でも、古い人間にとっては、やっぱり真田といえば幸村でなくっちゃ!ワクワク感が全く違います。史実と伝説との融合という制作陣のいきなはからいだったと思います。

    いいね!(1)
2017-10-18 00:15:11
名前無し

くだらない。安っぽいおちゃらけ大河だった。大河の格をズドーンと落としてくれたね。

2017-10-18 00:31:14
名前無し

好きなところ…45話から最終回。大河ドラマではめずらしく尻上がりだった。

    いいね!(2)
2017-10-19 05:33:26
名前無し

安っぽい笑いが虫酸が走るぐらいイヤだった。
歴史上の人物への畏敬が全く感じられない駄作。

2017-10-19 20:56:03
名前無し

改めてみると清洲会議ににている箇所がちらほらあるかも、真田丸は三谷幸喜一色だが、やっぱりワクワクしたな~。

    いいね!(2)
2017-10-20 17:52:21
名前無し

録画しておいた真田丸を初回から見直しています。
三谷さんなので基本的にクスっとさせる笑いも多いのですが、根底に流れる武士たちの駆け引き、戦場内外での戦い、真田家の生きざまがしっかり描かれていたので、緊張感と笑いのバランスが絶妙な素晴らしい大河でした。
特に信之は、真面目すぎるがゆえにそんな役回りが多いというおかしみがたまらなかった。
真剣に考えてるのに「大名でもない父上がなぜ...」と連呼して怒られるところとか。
その他、好きなシーンやエピソードは数えきれません。
三谷さんはコメディ作家でもあり歴史好きでもある。歴史と作品と登場人物への興味とリスペクトがこの傑作を生んだと思う。

    いいね!(3)


スポンサーリンク


全 2516 件中(スター付 1374 件)2401~2450 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。
真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)