4.05
5 769件
4 270件
3 101件
2 96件
1 138件
合計 1374
読み さなだまる
放送局 NHK
クール 2016年1月期
期間 2016-01-10 ~ 2016-12-18
時間帯 日曜日 20:00
出演
「大坂の陣」― 劣勢明らかに追い込まれた大坂城。 そこに駆けつけ、抜群のリーダーシップを発揮し、胸がすくような活躍をした、真田幸村。 幸村が生まれた真田家は、信州の小さな領主。 周囲の大名たちが繰り広げる戦乱の荒波に翻弄される真田家。 しかし、的確...全て表示
全 2516 件中(スター付 1374 件)2151~2200 件が表示されています。

2016-11-20 12:45:21
名前無し

先週と今週とワクワクしたなー。信繁もすっかり大人の武将らしくなって、役者ってちゃんとその時々の人物に変えていけるから凄い。今夜も楽しみ。

2016-11-20 13:11:44
名前無し

上田合戦や関ヶ原がそれなりに描かれていて、その上で先日の冬の陣があったのだったら、あれで善戦だったと讃えたいと思う。
しかし上田がスルメ斬りのようなオチャラケで、関ヶ原が瞬殺だったにも関わらず冬の陣があの程度では、やはりこのドラマは全体として手抜きだと思う。
制作陣の言い訳が、関ヶ原を描かなかったのもすべて冬の陣に精力を注ぎこむためだ、というものだったから、それであれだとしたらちょっとどうかと思う。

今回に関しても「安全のため」とかいろいろ言い訳していたが。

    いいね!(1)
2016-11-20 20:05:24
名前無し

書く欄間違えました。真田丸も面白いとは最近もう思わないからいいか。

2016-11-20 20:27:45
名前無し

中だるみが激しい

2016-11-20 22:12:46
名前無し

チンピラの集まりか、出来の悪いメンツ揃いの部活のような大坂牢人衆。
なんだろう、この幼稚さ。

もはや病人の域に達している淀殿。
こういうのを見るのを喜ぶ視聴者もいるから仕方がないのか。

真田幸村とは何なのか。
予算と時間をかけて作られる大河ドラマとは何なのか。

くだらなすぎる。

2016-11-20 22:37:53
名前無し

大まかな結末を知っているので切ないですね。
淀君が城とともに滅びる運命を悟っているのは、小田原城を見下ろしたシーンで感じました。でも実は臆病で気が弱い人ですね。大坂城の武器蔵で幸村はそれを見抜いたと思います。
秀頼に責められる幸村をかばう治長。籠城経験があり冷静なきり。真田を守るため策を駆使した昌幸の思いを慮る出浦、幸村を惑わさず思うままに生きろと言わんばかりの信伊。魅力あるキャラに溢れています。
本当に史実を変えてほしいです。

2016-11-20 22:58:18
名前無し

信尹良かったな

    いいね!(1)
2016-11-21 00:40:35
名前無し

身近な人の死を目の当たりにしてきた茶々様ときりちゃん。死に向かう茶々様と、生き延びていこうとするきりちゃんの対比。最後の、つい今しがたまで生きていた侍女が目の前でこと切れ、普段は心の奥に留めてある「死」に直面した瞬間の茶々様の表情が恐ろしく、哀しかった。

    いいね!(1)
2016-11-21 12:51:25
甲斐姫

大阪の冬の陣、すごかったね~

2016-11-21 13:18:23
名前無し

ひさびさの出浦サンと叔父上の登場。
やっぱりカッコエエわぁ~!特に、所作の端々に含みのある叔父上の芝居、シブいなぁ…
回を追う毎に、秀頼クンの成長も感じる。
おもしろい!

    いいね!(1)
2016-11-21 16:03:54
名前無し

史実を変えられないのが哀しい。
だんだん見るのが辛くなる。
ちゃっかり井伊家の宣伝してたね。

2016-11-21 18:32:29
名前無し

みたいのだけれれど、NHK職員の給料高すぎるのでみない作品。職員の平均年収1700万円超えで国会議員並、ワンゼグにも課金しようとしている。スクランブルかけないのは問答無用で受信料徴収するため。その為我が家には受信できる機材がありません。せめて民間放送だけは見たいのですが・・・・huluなどインターネットで配信したらみたいです。

    いいね!(1)
2016-11-22 04:57:17
名前無し

真田丸は魅力的なキャラがそれなりに登場するが、
叔父上は、本当に堪能できるキャラ。とにかく格好いい。
歴史から消え去った人物で、今大河で発掘されたかのような、
西村雅彦演じた室賀正武も、いいキャラだった。
そのあたりの人物造型は、三谷さん巧い時がある。

堺幸村も、やっと主人公におさまってきた。(涙)

    いいね!(1)
2016-11-22 06:56:44
名前無し

なんで有楽斎がスパイってこと言わないのか?
やっぱ信長の弟って地位は相当なもんだから?
でもおかしい!
しっかし、ウザかっただけのきりが良い女になったね~

2016-11-22 13:58:45
名前無し

見たいのに、辛くて見れなくなってきそうです。どうしよう。

2016-11-23 12:15:38
名前無し

信繁が勝つためにというたびに、この先を思うと
哀愁が、漂う。
この哀愁、堺雅人だからだせるのだ。
辛いけどみずにはいられない真田丸。

    いいね!(1)
2016-11-23 15:23:50
名前無し

戦には興味ないとか言っている淀が
戦略にケチつけたりで
井の中の蛙連中が軍を仕切っていて、
幸村は孤軍奮闘で大変だ。
とはいえ、その幸村も結局、秀頼のプライドを
傷つけるようなことするし、浪人達は勝手に動くし
もはや、こんな組織では
海千山千のカリスマ家康には勝てるわけがないだろう

2016-11-23 19:22:44
名前無し

幸村はなぜ有楽斎を消さないのだろうか。
佐助もいるじゃん。
昌幸だったら出浦使って必ず消すだろう

2016-11-23 20:42:38
鈴木

お兄さんがくらった、謎のネバネバは面白かったです

勝てそうだった戦が内部の問題でガタガタになっていく感じが良いですね
信繁の豊臣家への忠誠心は相変わらずわかりませんけど
本人もわからないって言っちゃったので、これはもう仕方ないですね
きりを慕う侍女、あれなんで死亡フラグ?と思ったら砲撃で死亡とは

2016-11-23 22:21:05
名前無し

秀頼のプライド言うてもねぇ、バカ殿の右往左往に諾々と従う訳にもいかんしなぁ。
せっかく幸村がいい戦いをして景気付けてくれて秀頼自身も盛り上がってたのに、あっさり丸め込まれてどないすんねん。そんで涙目で幸村にクレームつけとる。
幸村もよう我慢しとるよ。

2016-11-23 23:16:02
名前無し

利発で立派に育ったけどやはりまだ若い坊ちゃん秀頼、これまでママのみならず有楽斎やおばさんの口出しが日常的なかでやって来て、今になって急に厳しい局面に晒される運命はかわいそう。
殿に付いて辛抱強く励ます幸村も、そのアドバイスで秀頼のやっとの決断も、ここだけはとママにお願いして翻させてしまうシーンはいくら勝つためとしても残酷で、若者には酷な出来事でした。
さらにイギリス大砲も撃ち込まれ、なんとか秀頼持ち堪えて欲しいけど精神的に大丈夫かなぁ。
見るのが辛くなって来たけど、この時代の人々の思い切りのいい出し惜しみしない生き方には毎度感動。

    いいね!(1)
2016-11-24 16:39:52
名前無し

中だるみが激しい

2016-11-24 19:46:23
名前無し

大河で史実を無視してほしいと思った作品は初めてです。

2016-11-24 20:41:42
名前無し

これから先見るのが辛いけど。信繁の壮絶な最期を見届けなくては、、家康に見事ひと泡吹かせることが出来るか。その時の家康の顔も見てみたい。何しろ内野さん上手いからねー。
それと昌幸の弟、やっぱり大坂の牢人衆に比べると大人だねえ。

    いいね!(1)
2016-11-26 15:11:25
名前無し

所々いいけど、所々ホームドラマ

スポンサーリンク
2016-11-26 22:27:29
名前無し

明日が楽しみです

2016-11-27 09:35:52
名前無し

ここ数年、大河ってナレーション頼みの度合いが大きくなった。
ドラマって感じもしないし、あまり感動もしない。

2016-11-27 10:29:08
名前無し

一度も感動できない大河ドラマだった。
最初はまだよかったが。
真田丸だから、主役が堺さんだったら期待するでしょう。
来年からははじめから見ない、、

2016-11-27 20:58:51
名前無し

やっぱりあの大砲の威力はすさまじかったんですね。
冬の陣は快勝したのに、あれでビビって一気に和睦の方向へ。
金で雇われた牢人衆を信じられず毛嫌いする大蔵卿局の愚かさが
まんまと利用されてすべて家康の目論見通りに運んでしまった。
一見、すべて豊臣側の望み通りと見せかけて牢人衆の処遇は曖昧にごまかし
一番の難敵真田丸を壊して堀を埋めるという家康の悪知恵。
こうなることは知っていても、なんともやりきれない気分になりました。
もはやこれまで。この戦に勝ち目はない。
だけどこで後藤又兵衛が男気を出して牢人衆を結束させてくれた。
秀頼も幸村を信じ戦い抜くことを決意。
望みを捨てぬものだけに道は開かれる。
結末はわかっていても死を賭して戦いに挑む幸村達を心から応援したくなります。
最後の人間ドラマを三谷さんがどんなふうに魅せてくれるかとても楽しみ。

    いいね!(1)
2016-11-27 21:07:12
名前無し

レベルが低すぎる。

三谷ドラマに登場するのは男も女もそろってバカばっかり、これじゃ大坂方が負けるに決まってる。
こんな風に描かた、幸村を始めとする牢人たちは浮かばれない。

2016-11-27 22:07:28
名前無し

きりの、足がつった❗は悪ふざけっぽいけど、ストーリーに絡めてあったからギリ許容範囲か。
しかし信之のコントはいらない。
最終盤になってのこの展開で、なんでアレを挟む?
コメディリリーフが必要な程の重苦しい内容でもなかったろうに。

2016-11-27 22:37:03
名前無し

大蔵卿の局が無能というより阿茶局が優秀と言うべきかな。

2016-11-27 23:34:21
名前無し

作兵衛の昌幸評をなるほどと思いました。義を貫くため何でもするを幸村も実践しています。
豊臣が愚かな和睦をしたのは史実ですから、誰が描いても基本の展開を変えるわけにはいかないでしょう。あと3回辛いですね。牢人たちの思いをいろいろと考えてみようと思います。

2016-11-27 23:39:47
名前無し

せっかく信繁に推薦されたのだから、初様、もうちょっと頑張って欲しかったな~。阿茶局が何枚も上手でしたね。大蔵卿、お前なんだよと思うけど嫌いになれない…。
大坂五人衆、キャラが出てきて愛着湧いてきました!最後は群像劇って感じでグッときました。

2016-11-27 23:52:34
名前無し

家康が憎いと思うけどこれが戦争なんですよね。
阿茶局の『壊しましょう埋めましょう』は雰囲気的に
つい笑ってしまったけど 本当に怖いのは家康よりこの人だろう。

2016-11-28 03:16:43
名前無し

きりがワザと転がって、足つるフリをしながら初様に
目で訴えているのに、、
大蔵卿に逆らえず歯痒かった。
海千山千の阿茶局が何枚も上手だった。
真田丸は破壊され、牢人衆が戦うと結束。
結末は分かっているけど、三谷さんどう描くのか楽しみだ。

2016-11-28 07:18:52
名前無し

うん。30年前あの可愛かった斉藤由貴ちゃんが、
大河ドラマで、
タフネゴシエーターの阿茶局となって演技しているのを見ると、
実に感慨深い。

2016-11-28 08:13:36
名前無し

他の人もいってるけど、ここまで来てコメディーパートいらないよ!

2016-11-28 08:23:58
名前無し

大蔵卿がムカつくムカつく!(`□´)

で、ちょい気になったんだけど、信之のシーンでお通が巻物みたいなの見るとこあったよね?
その紙に井伊って字が書いてたような・・・
こういうちょっとしたとこに、来年大河の番宣入れてくるとこが憎いよね~w
他に気づいた人いたかな?

2016-11-28 09:34:09
名前無し

昨日のは女がうるさかったかな

2016-11-28 09:49:42
名前無し

なんかさ、片桐とあのおばさんのせいで豊臣が滅びの道を進んでいるように見えて仕方ない。真田丸も取り壊されてしまっては家康に勝つ道はないだろうね。
家康は正面から勝てないとわかると、交渉を巧みにつかい相手を罠にはめるのが得意だったのでしょうね。北条と和解した時も真田を苦しめたからね。来週は徳川が約束を破棄するタイミングを伺うのでしょうね。最終回まで真田幸村のピンチが続くと思うと、もうこの大河を素直には楽しめなくなるなー

2016-11-28 09:53:06
名前無し

そうそう、家康の嫁が家康に何かを飲ませていたのが気になります。もしかして家康を殺そうとしているのかな?だとしたら、怖い女だね。

2016-11-28 10:19:39
名前無し

堀を埋めるのは知ってたけどもう真田丸も壊されちゃって切ないなあ。
歴史をよく知らないのですが和睦しなければ豊臣勝ってたの?おばさん達の話し合いは本当なの?せっかく幸村とか頑張ってもこんな事で歴史が変わるなんてね、やっぱり切ない。

2016-11-28 10:54:55
名前無し

弟は大阪城で必死に頑張ってるのに、兄ちゃんは熟女の膝枕でデレー、そこに嫁と元嫁が、ってなんやねん。
大阪は緊迫してるが、かたや長閑な場所もあるという対比・・・、にはならんわ。
二人の息子は参陣してる。敵の中心には弟がいる。
徳川が勝ったら弟は死ぬ、かもしれない。
敵に回った弟の罪に連座して、処分を食らうかもしれない。
そんな時に何やっとんねん、兄ちゃん。
というより、なんで兄ちゃんをあんな風に描くんや。
ただのアホやんか。

    いいね!(1)
2016-11-28 11:47:18
名前無し

2016-11-28 08:23:58さん、ご指摘ありがとう。全く気づかなかった。
面白い。こうなると、私にとっては格好の妄想ネタになる。

平野長泰による大阪城内への兵糧運びは井伊によって阻止される。真田にも裏切りの追求が及び、そこで出浦最後の見せ場。寺島さんは、「信之の重臣という史実通りではドラマの流れに反する」と三谷さんに問いかけ、三谷さんは「考える」と応じたとか。出浦のための前フリなら、くだらない小野お通エピも許そう。私の妄想は大概外れるが、個人的には楽しんでいる。

今回の大蔵卿は歴代最高の憎まれ役のようだ。我が子治長からも厳しく責められていた。
峯村さんは「SNSをみるな」という周囲の忠告を無視し40話あたりで覗き、ショックを受けたそうだ。茶々のことしか頭にない大蔵卿。茶々を気弱な女性、治長を牢人側で描いた反動だろうが、大蔵卿のドラマの存在意義は大だと思う。峯村さんの来週のスタジオパーク、録画予約するよ。

2016-11-28 12:16:14
甲斐姫

真田丸、壊されちゃった・・・。なんかすごく悲惨・・・。
跡形もなく・・・。

2016-11-28 12:21:02
名前無し

歴史の陰に女ありとはこのことか。
ていうか、ホントに幸村は戦死するのかな。
そんな雰囲気に見えないね。
鹿児島県に秀頼の墓があって実は秀頼は幸村と一緒に
そこまで逃げてそこでずっと暮らしたという説もあるけど、
そういう結末でもいいやとも思えてきた

    いいね!(1)
2016-11-28 17:44:29
名前無し

どうしても徳川側が5枚くらい上手に見えてしまい、豊臣が負けるのは仕方ないと思えてしまう。
実際は大名が誰も豊臣につかなかった時点でほぼ負けは確定なので、そこらへんをもっと盛り上げてほしいです。

この茶々は「私は不幸代表」みたいな顔してるけど、この時代もっと不幸な女性や若くして亡くなったり家族を失った女性はたくさんいたでしょうと思ってしまう。
メンヘラちっくな人を一年そのまま描かれても‥はいはい実はいろいろ考えてるんですね、としか。
竹内さんも堺さんも嫌いじゃないしがんばって演じているように見えるので、キャラとして感慨が持てません。他の役もほぼ同じことが多い。

あと、いくらドラマとはいえ信之の扱いが酷すぎて興ざめします。
この人があんなぼんくらだったら、真田家は本当にこの時代で滅んでいたはず。こちらも大泉さんは好きです。

ここに来て信繁も茶々(このドラマ内限定)も特に好きになれないから、交渉場面等では徳川有利で思わずニヤリとしてしまいました。

大蔵卿の局、前々からなぜそんなに大物扱いでヒューチャーするのか不快だし謎だったのですが、まさに老害という好きではない言葉を象徴する存在になってますね。信繁より立場的に強いのはわかるけど、ウザすぎ。やっと愚かだと正面から言われて多少は溜飲が下がりましたが、事態はもう取り返しがつかないことになってるってとこは皮肉で面白い。

秀頼はまあ、あの茶々とあの大蔵卿に育てられてあれならまだましな方かもしれません。父親が秀吉設定だとしたら、育ちは違えど彼の聡明さや天才性をほぼ受け継いでないことになりますが。

このドラマ、場面場面はともかく積み重ねのさりげない内面描写が足りず、笑えないことが多いコントで補っているから好き嫌いが出るのは当然だと思います。好きな人は想像で補えるけど、好みでないと想像する気もしなくなる。
信濃編まではすごく楽しんでいました。

徳川も諸大名との関係性がほぼ描かれてないので物足りないですが、ここは役者のチョイスが良かったのでしょう。
史実ではもっと上杉と関係性が良かったはずですが、そこまでは求めていません。

    いいね!(3)
2016-11-28 18:17:01
名前無し

片桐のラストショットがあまりにもせつなかった。小林隆さんで良かった。

2016-11-28 23:20:22
名前無し

>2016-11-28 17:44:29さん

信之の扱いは本当にひどいです。
朝ドラの『花子とアン』で、「学習しない酔っ払い」「勉強しない翻訳者」として描かれた村岡花子さん以来、久々に「これはひどいな」と思っています。



スポンサーリンク


全 2516 件中(スター付 1374 件)2151~2200 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。
真田丸 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)