3.70
5 125件
4 78件
3 18件
2 19件
1 52件
合計 292
読み ひかるきみへ
放送局 NHK総合、BS、BSP4K  
クール 2024年1月期
期間 2024-01-07 ~
時間帯 日曜日 20:00
出演
主人公は紫式部。 平安時代に、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書き上げた女性。 彼女は藤原道長への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、 光源氏=光る君のストーリーを紡いでゆく。 変わりゆく世を、変わらぬ愛を胸に懸命に生きた女性の...全て表示
全 571 件中(スター付 292 件)1~50 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ

2023-12-07 17:10:12
名前無し

公式サイト
https://www.nhk.jp/p/hikarukimie/ts/1YM111N6KW/

2023-12-08 21:48:19
名前無し

花アンは翻訳だったけど、吉高由里子は花子路線の役作りなのかな。
源氏物語かぁ。
あんまり好きじゃないんだよね。光源氏。
次々に女性に惚れていくナルシストってイメージしかなくて。
何で、紫式部はあんなキャラを作り出したんだろう。
誰のモノにもならない男。その時々の気分に流される男。
通い婚が普通だったあの時代、誰のモノにもならない男を愛した紫式部が、源氏物語を書くことで光源氏だけは自分の手中に置いておける自己満足で自分を慰めていたってストーリー?
何も事前情報知らないので、全く違うかもしれないけど。
確か、清少納言とは仲が悪かったんだよね。
そのあたり、どう描いてくれるのか。
ドロドロバチバチみたいな路線なら勘弁。
でも、大石静さんの過去作品は割と好きなものが多いから、面白い大河になることを期待します。
段田安則さんが演じた一家の父親が女性と駆け落ちする「ふたりっ子」とか結構面白かったし。

2023-12-13 22:14:30
名前無し

光る君って、オーロラ輝子の意味もある……のかもしれませんね(笑)。🗼

2023-12-18 00:09:14
名前無し

この時代、設定で長丁場の大河
それだけで期待高まってます
意欲作、野心作であって欲しい

2023-12-21 23:28:22
名前無し

予告編で見た限りでは平安時代なのに登場人物たちが現代言葉で話していたのが気になる。この時代の言葉を再現するのは難しいのかな。平安時代の衣を来た戦国時代にならないか心配です。

2023-12-23 13:24:16
名前無し

紫式部かぁ。あまり興味は無いんだけど大河も女子ウケを狙ってということらしい。ま、見ないな。吉高由里子は酒のせいかだいぶ顔がむくんできたよね。

    いいね!(3)
2024-01-01 00:09:17
名前無し

期待しかありません。
早く見たい。

2024-01-02 09:16:34

最初は、紫式部が幼いときのお話から始まりますが、その後の平安時代中頃の朝廷内部のできごとは、紫式部が「 紫式部日記 」に書き残していますので、千年前のできごとであったとしても、それなりに分かるみたいですよね。それに、この頃は、藤原道長が天皇から政治の実権を奪って摂関政治を始めた時期でもありますので、宮内庁に色々な史料が保存されていて、それを参考にしながら物語が進むと思います。そのような意味では、かなりリアリティーのあるおもしろい大河ドラマになりそうなんですね!!

※因みに、紫式部( 藤原香子 )と清少納言( 清原諾子 )は、自他共に認める犬猿の仲だったみたいですので、それがどのような形で描かれていくのか!? 凄く楽しみになるんですけど・・・!!

2024-01-02 15:20:22
名前無し

紫式部と清少納言は実際に顔を合わせることはなかった。でも、紫式部は清少納言のことが気に食わなかったらしく、日記にけっこう陰湿な悪口を書き残している。(清少納言の側は、言及なし)
もし、二人を対面させて互いにバチバチ…なんぞという話にしたら、去年と同様、歴史をおもちゃにする低劣ドラマと評価せざるを得ないですなあ。

そもそも藤原道長と式部が恋仲だったという設定からしておかしい。道長の方は、女性には珍しい知性と教養を備えた名だたる作家としての式部に、好奇心から一時の遊びで言い寄った可能性はある(清少納言もけっこうそういう目に遭っている)が、超上流で雲の上の存在である道長と、下流貴族の式部が若き日に相思相愛というのは、歴史的にあり得ない。
道長、式部の人生ハイライトは、互いに中年のおじさんおばさんになってからだから、若い時にどうこうという呆れた作り話をさんざん見せられる可能性が高そう。

道長、式部については、生活、性格などさんざん研究されている。平安歴史ファンで、その手の知識に長けた人たち(私もその一人だが)からは、また総スカンを食いそう。
番宣動画からして、もうその予感ぷんぷんだが、まず初回だけは見せてもらって確認しますわ。

    いいね!(4)
2024-01-02 22:16:01
名前無し

紫式部は光源氏を「光源」として、実は女性たちの人生を「照らし出す」のが執筆の目的だったと聞いたことがあります。
そうでないと、女性は表に出てくることができませんから。

予告編を少し見ましたが、中国や韓国の歴史ドラマみたいな、カラフルでキラッキラで、ちょっと安っぽいなと思ってしまった。

    いいね!(2)
2024-01-03 15:11:34
名前無し

藤原氏が中心になる話だろうが、似たような名前の人物がやたら多く、覚えるだけでも大変そうだ。あまり面白くないと思ったら途中で見るのをやめるかもしれない。大河ドラマの視聴者に馴染みのない時代でもあり、あまり視聴率は期待できそうにない。

2024-01-03 19:49:24
名前無し

悪い意味で「花アン」「直虎」「どうする」の臭いがぷんぷんする。
いずれも、脚本家のモデルに関する勉強不足、歴史そのものに対する認識不足、記録に残っていない部分を好き放題に作った低レベルのフィクション、という共通点がある。
これが追随する作品にならないことを祈るばかりだが、果たして…??

    いいね!(3)
2024-01-04 18:51:54
名前無し

格付けチェックが7日に放送するので
視聴率いきなり取れなさそうですね

2024-01-04 19:51:16
名前無し

大体、男と女がどうたらこうたらを大河のテーマに持ってくるか?
どうせノンフィクションだかフィクションだかわからないしょもない中途半端な作り話になるなら、光源氏のモデルと言われる源融を主人公にして、源氏物語の「⚪︎⚪︎の巻」を一つ一つオムニバス形式で一年間ぶっ通し、最後は源氏が女に裏切られて諸行無常で終わるとか、壮大なフィクションにしてみろって(笑)
大河は、全くのフィクションでも構わないんだからね。過去に「いのち」とかの例もあるし。

2024-01-06 00:22:18
名前無し

そういえば「獅子の時代」とかも山田太一脚本のフィクションだったな。
幕末物だったけど。

2024-01-06 14:38:34
名前無し

岸谷〜という人が、事務所の後輩が主役の時に出てくるのがウザい。江〜青天〜本作。🥶
NHKは旧J事務所のためにナントカ部屋を用意してた放送局だからね……。
来年のほうがまだ楽しみ。

    いいね!(4)
2024-01-06 17:36:45
名前無し

吉高さんの幼少期役をする女の子が好き。超可愛い!
たしか『鎌倉殿』や『カナカナ』にもお金持ちのお嬢様役で出ていた。
成長とともに顔も変わってくるけど、今もまだ独特の可愛さをキープ。
楽しみにしている。

2024-01-07 06:58:50
源氏蛍

24年度大河ドラマ『光る君へ』

千年の遥か昔を遡り今も変わらぬ恋の営み

2024-01-07 08:02:00
名前無し

番宣見たけど、しばらく見ないうちに吉高由里子って…
何であんなに顔がぶくぶく?
小さな目がさらに小さく…😱
魅力無しだし見ないわ。

    いいね!(3)
2024-01-07 13:46:28
名前無し

昼間に花アン総集編一挙放送。
成る程、今夜放送開始への助走という訳ですかね。

2024-01-07 14:55:38
名前無し

男性の政争の道具として利用され、恋愛においては男性を待つのみの身、捨てられたり経済力のある男性の後ろ盾がなくなってしまうと、いとも哀れに没落して不幸になる平安の貴族女性。
式部はそんな女性たちの置かれた理不尽さや苦しみ、男性の身勝手さに対するやむに止まれぬ告発的精神から、源氏物語の原型をスタートさせた。
と、NHKの歴史番組でやっていた。

さーて、果たしてこの大河は、彼女のこの精神にどこまで迫れるかなーーーー???
(考えるだけ無駄?)

    いいね!(2)
2024-01-07 20:21:15
名前無し

BGMがピアノとサックスでニューヨークっぽい。😑
まあ文化と経済の中心地といえば中心地だけど(笑)。
絵面は『平清盛』と同じなのね。“陰陽師” が出て来ると、なんだか観たくなる。😅
国仲涼子さんを時代物で観るのは『五弁の椿』以来かな。

2024-01-07 22:07:24

紫式部と藤原道長が若い時からの知り合いだったということは、その家柄が違いすぎていて絶対にないことだと思いますが、それは、大河ドラマとしての想像の世界で、ある意味、ちょっとしたご愛敬ですよね。それに、平安時代の貴族の人たちが、場違いな標準語を喋っているのも、全国放送のドラマとしてのご愛敬だと思います。とにかく、平安時代を描く大河ドラマというのは、非常に珍しいことですので、これからが凄く楽しみになるんですね!!

2024-01-07 22:22:36
名前無し

ビックリするくらい退屈だった。
道兼が国仲涼子を刺殺するするまで目が半分閉じていたくらいだ。
今後はマヒロと三郎が話を回すのだろうけど、これは期待できない。
次回で決める。

    いいね!(3)
2024-01-07 23:06:25
名前無し

とても良かった。前作はあまりに酷くて初回途中でリタイアでしたが、今回の大河は役者さんも陰陽師以外はみな良くてほっとした。これまでの大河にない平安時代に興味がありとても楽しみです。
初回は紫式部の幼少期で、あっという間の1時間でした。

    いいね!(1)
スポンサーリンク
2024-01-08 01:28:04
名前無し

出だしはまあまあ良かったと思うが。
子役さん達も健闘していた。
それにしても玉置玲央さん、ああいう役がハマり過ぎて怖いくらい。どちらかと言うと柄本佑さんもこういう系統が似合うと思ってたけど今回は違うのね。
子役まひろちゃんは寅さんのドラマで妹のさくらの子供時代をやっていた子かな。可愛い顔に見覚えがあった。

    いいね!(3)
2024-01-08 02:16:57
名前無し

高視聴率は難しいかな

    いいね!(2)
2024-01-08 02:41:37
名前無し

良かったです。
子役さん素晴らしい。
次回が楽しみです。

    いいね!(1)
2024-01-08 05:44:51
名前無し

弦が泣いていた。ヴァイオリン、チェロが物語を際立たせていた。とても良い。醜さが際立っていたのは、右大臣兼家だ。家族を出世の道具として使うこの男の陰謀は見逃せない。

    いいね!(3)
2024-01-08 07:20:12
名前無し

前作より期待できそうです。

    いいね!(2)
2024-01-08 07:28:39
名前無し

期待をこめて星5.
史実からヒントを得たフィクションとして楽しみます。
少し退屈な前半の人物紹介から
野外に移った動きのある後半の展開、
1時間が短く感じられました。

    いいね!(3)
2024-01-08 09:59:27
名前無し

あ~普通で良かった~♪
今年は1年楽しめそー♪♪

2024-01-08 11:10:01
名前無し

ヘタなCGや奇をてらったナレーションもなくテーマ曲もこの時代に合っていて演出も重厚だし演技力がある俳優陣の演技が秀逸で最後に衝撃的な展開があるものの概ね大河ドラマの原点回帰で良かったと思いました。ただ難点は、京都が舞台なのに標準語はないと思い興ざめでした。標準語は全国民向けだから仕方がないと思うが、京都が舞台なのだから京言葉でやってほしかった。

2024-01-08 11:41:11
名前無し

今年は真面目な作品になるようなので安心しました。しかし、初回の時代背景の説明や人物紹介は物足りなかったかな。
これから政争を描くときは、人物紹介では藤原家と天皇家の家系図を図示していただきたい。韓ドラのように役名のテロップも頻繁に表示してほしい。なにぶん、私は道長や紫式部の名前以外は何も知らないので。
兄弟親戚の誰と誰が今争っているのか、誰の娘の誰が頻繁に代わるどの天皇の後宮に入れられたかが分かりにくいと、ストーリーの理解に苦しみそうです。星評価は保留します。

    いいね!(1)
2024-01-08 11:44:00
名前無し

登場人物が多いのは分かるが、テンポが悪すぎた。
血沸き肉躍る世界じゃないから覚悟はしていたけどイマイチだ。

2024-01-08 13:07:01
名前無し

地味ですね。
どうする家康はアイドル嫌いな方が視聴せず批判ありきでしたが、実は本当に素晴らしい作品でした。全話見た方にはわかったはず。今年はどうしてこんなに地味なキャストなのでしょう?吉高さんは可愛いけれど演技は下手なので心配です。つかみが大事な第一話も途中寝てしまいました。初回だけではわからないけど一年見続けるのは難しそう。

    いいね!(2)
2024-01-08 14:25:49
名前無し

みなさんへアドバイス

登場人物の貴族の男達は、みんな名前だけでその人物を覚えるようにしながら、この大河を見ていくといいですよ。
とりあえず、道長、兼家、道兼、やらとアダ名感覚で覚えるといいかも。
これが、この平安中期時代を理解するには、てっとり早く一番わかりやすい方法です。
藤原道長、藤原兼家と藤原○○と姓もつけて覚えようとすると、まず絶対に混乱して訳がわからなくなりその人物がなかなか覚えにくいですから。
なにしろ当時の貴族はほとんどが
《藤原氏》
で、みんな藤原姓なんで。

まぁ、それがこの平安中期時代をわかりづらくして馴染みずらくしている理由のひとつであります。

だから、平安時代があまり知らない人は、その方法がベストです。それで馴染んできたら解説書や本で調べるといいでしょう。

ちなみに私はそれで平安時代を理解する事が出来ました。
この方法は、高校の古典と日本史の先生から教えてもらいました。先生には感謝しています。

みなさんも、その方法で「光る君へ」を見て、楽しんでいくといいと思いますよ!
それと役者さんでその人物達を覚えていくのもありですよ。

    いいね!(1)
2024-01-08 15:06:49
名前無し

子役まひろちゃんはごっつうええな。

    いいね!(2)
2024-01-08 16:06:08
名前無し

まず、藤原家はいっぱいあって、有力な藤原家は、権力闘争をしていたと覚えましょう。
自分の娘を、天皇に后として入内させ、東宮を産ませ、天皇の外祖父になった者が勝ち。

今のところ、最有力が藤原兼家(段田安則)。
娘の詮子(吉田羊)を円融帝に嫁がせたところから物語はスタート。

兼家の息子三兄弟が、上から、道隆(井浦新)、道兼(玉置玲央)、道長(柄本佑)。
果たして、父の後を継いで権力を握るのは誰か…
というのが、恋愛話以外の肝になります。

といっても、その結果は、みなさん日本史で習ってご存じだろうし、NHKもすでにバンバンいろんな歴史番組で深掘りしてるしで、今さらボヤかすまでもないんだけどね。

あとは、ほぼフィクションの恋愛部分がどうなるかでしょうね。
私自身は、初回見て、こらあかんと感じたので、たぶん2年続けて大河視聴はお休みになりそうです。

    いいね!(1)
2024-01-08 17:59:35
名前無し

“◯◯のスマホ” では今回の出来事は
『光る君へ 実母殺害事件』となるのかな。
憎しみを買い理不尽に殺害される実母。
沖縄出身の国仲涼子さんをアテたのは……考え過ぎかな。鞍馬山には “凄い猿たち” が住んでいるとか。🐒🎤
初回で生母が殺された『平清盛』、かなり早い段階で身籠った恋人が殺された『風林火山』、……胸が苦しいわ。😭

2024-01-08 18:17:23
名前無し

初回は様子見とも言えるが今一つ引き込まれるものが無かったように思う。
三郎の子役の子が柄本佑さんの飄々とした感じを上手く醸し出していたように思えた。
子役のまひろがカメラをじっと見つめるところは〈これからこの子の話が始まりますよ〉という感じがして良かった。

2024-01-08 20:00:14
名前無し

国仲さん、土スタで久しぶりに見て、きれいになったと楽しみにしてたのに、初回で退場とは!
ご本人も、久しぶりの演技で緊張したことを率直に言われてて、これは長丁場になるのかと…

それにしても、道兼が式部の母親を手ずから殺すなどというトンデモフィクションをドしょっぱなからやったのは、ドン引きした。いくらなんでも酷すぎ。
これで、式部は道兼を憎む→想いを寄せる道長が道兼の弟と知り、最初は憎むあるいは悩む→それでも想いを貫く
とかいう安直ラブストーリーが想像されて、鼻白んだ。

    いいね!(4)
2024-01-08 21:51:32
名前無し

このドラマの舞台は派手な合戦シーンがあるわけでもない。貴族、皇族の間の陰謀や策略が中心の話で一年間持たせること(視聴者に飽きさせないこと)ができるのだろうか。それができたら名作として名を残すことになるだろう。

    いいね!(1)
2024-01-09 07:25:22
名前無し

玉置さん、パッと見で、エンケンさんかと思った。
よく似てる。
それにしても、あんな残虐な人間にしなくても。
実際の道兼は確かに性格的に粗暴者だったようだが、残虐性は見当たらない。

2024-01-09 10:09:56
名前無し

ドラマの主題曲がシンプルだが美しく回を追うごとに心に沁みそうです。タイトルバックが大人の大河を表すように官能的で魅せられた。手と手が触れ合い離れ、また触れ合う、片方の手は道長で二人の絆を表しているようだ。愛しい人の手の温もりを愛おしむように片手で口元に添える紫式部を演じる吉高由里子さんが妖艶だった。本編も重厚で大河ドラマらしかった。宮中で行われる男たちの出世争いが凄まじく、その中で貧しい下級貴族藤原為時の娘まひろが、のちに最高権力者藤原道長になる三郎と運命的な出会いを果たした。得意の漢文の蘊蓄と自分は高貴の姫だと想像力で嘘の作り話をして、将来歴史的大作家紫式部の片鱗を見せた。ドラマは淡々と進みこのまま次回に繋げるかと思った矢先、母ちやはがまひろを守るための行動が相手の逆鱗に触れて殺される衝撃的な展開に驚愕した。しかもまひろの証言から殺人者は父為時が仕官で恩がある藤原兼家の次男で三郎の兄道兼だと分かりこの時代の死活問題になる身分の差の立場上やむを得ず為時は妻ちはやを病死として処理しようとした。その理不尽に抗い泣きじゃくるまひろの悲しみに波乱の人生が動き出して次回へ期待が高まった。

    いいね!(2)
2024-01-09 10:43:15
名前無し

吉高由里子 には  主演は無理だ。
衣装が凄いってだけだし
平安絵巻?
キャスト?
全くマッチしてない!
今後見ません。

ガッカリは 主演が決まった時から始まった。

早く 終わらせてもいいんじゃ無いの !

紅白よりも 大河に価値が無い!

    いいね!(4)
2024-01-09 12:20:01
名前無し

思ったより見れた。
藤原ばかりで混乱しそうだけど頑張って見ます。期待を込めて。

    いいね!(1)
2024-01-09 12:34:59
名前有り

歴史や歴史ドラマには全く興味無し。従って、大河ドラマはほとんどがスルー。見たとしても早期に挫折していた。
でも、このドラマは面白そう。主人公や道長のキャラが良い。史実が乏しく大石静が独自のストーリーを作っていく感じになるのかなぁ? 才能ある主人公が成長・活躍して行く痛快なドラマを期待する。恋愛はほどほどに。

    いいね!(3)
2024-01-09 14:53:53
名前無し

初回視聴率ワーストらしいけど裏が格付けだからと言えるけど本当の視聴率は2回だよ 視聴率上がれば格付けだからと言えるけど下がったりしたら格付けだからていえないかな

2024-01-09 18:30:02
名前無し

吉高ちゃんのドラマだものモッチロン観ました!
ただし月曜日にね。
いまどきリアタイでテレビ見れるのは地方にいる祖父母くらいかね。まだまだ都会の20時は盛り上がってるさいちゅうだぞ。期待しかない。

    いいね!(2)


スポンサーリンク


全 571 件中(スター付 292 件)1~50 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。