3.75
5 0件
4 3件
3 1件
2 0件
1 0件
合計 4
読み あ たーぶる のすたるじっくなきゅうじつ
放送局 BS松竹東急
クール 2024年7月期
期間 2024-07-03 ~
時間帯 水曜日 23:00
出演
好評だった「À Table!〜歴史のレシピを作ってたべる〜」の続編。
ノスタルジックな場所に夫婦で訪れたり、祖母や母親たちが読んでいた『暮しの手帖』のレシピをもとに、昔懐かしいご飯を作ってゆきます。全13話
全 5 件中(スター付 4 件)1~5 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]

2024-07-04 21:19:38
名前無し

オマケの4点。
なんとも緩い夫婦の休日だ。
三鷹の天文台を訪ねた絵は、まるで「名建築で昼食を」の世界だった。
あの前をたまに通るのだが、中に入った事はなく、無料で散策できるとは知らなかった。
今度・・・涼しくなった行ってみようか。

うちへ帰るとタケノコ、フキ、ワカメの炊き合わせを食す。
他愛のない会話がとても退屈だけど、本当の夫婦なのかと思うほど息が合っていた。
心に余裕がある時はなんとか見られそうな気がするが、シーズン1も途中でリタイアしたし、今後は不明だな。

2024-07-05 08:23:55
名前無し

ジュン(市川実日子)とヨシヲ(中島歩)が雑談をしながら一緒に料理を作って食べる。基本的には前作の続編で、一種の癒し系ドラマ。
異なるのは、歴史上の人物が愛したレシピだったことに対し、「暮らしの手帳」に載っていた昭和のレシピに切り替わったのと、「名建築で昼食を」のエッセンス(今回は三鷹の国立天文台で次回は東京タワー)が加わった事。
やはり、味が想像つかないのはマイナスイメージだったのかも。
二人が住んでいるのは親戚が所有する借家。ATP賞受賞など業界内の評価は高いものの、持ち主が一時帰国する話もあるようで、状況次第では今シリーズ限りかも。興味を持たれた方は今のうちに。

2024-07-05 08:59:42
名前無し

もちッと工夫があるとよかったんだけど。
映像きれいだし役者もいいんだけど、面白みに欠けるかな。
〇印良品並べた世界みたいに一見おしゃれだけどうまみが少ないの。
高いから、貴重な食品だからとか有名シェフの監修だから有名デパ地下で扱っているからと有難がって手に入れた食品期待して食べたら、意外と普通てかあんまりおいしくないということに最近出くわすこと多いんだけれど。
そんなときに感じた肩透かしを思い出した。
なんでだろうなんでだろう?
結局外国の珍しい料理を仲のいい夫婦で作ってみました。
で終わっていてそれ以上でもそれ以下でもないからかな?

2024-07-11 09:01:19
名前無し

時間はらせん状に流れる。
哲学的で良く分からないが、二人の時間はゆったりとしていて心地良い。
また、何でもないご飯のようで、とても手間がかかっている。
昭和の高度成長時代の方が、今よりも食にこだわっていたようにさえ感じる。
実際は貧乏だったけどね。

2024-07-12 00:03:15
名前無し

↑点数を忘れていました。
過疎で丁度良かった。
YouTubeに「丁寧な暮らし」というジャンルがあるけど、彼らの生活がそんな感じかな。
眠くなるけど不快じゃない。
でも、私には無理!



スポンサーリンク


全 5 件中(スター付 4 件)1~5 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。