4.00
5 4件
4 2件
3 1件
2 0件
1 1件
合計 8
読み ふねをあむわたしじしょつくります
放送局 NHKBS
クール 2024年1月期
期間 2024-02-18 ~
時間帯 日曜日 22:00
出演
辞書作りにかける情熱を描いた、大ベストセラー「舟を編む」、待望の連続ドラマ化!
全 18 件中(スター付 8 件)1~18 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]

2023-12-10 13:11:32
名前無し

読んだかもしれません

2023-12-23 13:22:12
名前無し

この前松田龍平の映画を観たばかり。でもちょっと盛り上がりに欠ける内容だったな。これを池田エライザでやるの?つまり根暗なオタク女子役ってことだよね。大家の娘が息子に代わって戻って来てラブってことか。ラブストーリーに重点を置くか辞書作りに重点を置くかで全然変わって来るドラマになるけどさすがにNHKなので変なラブストーリーにはしないと思うので期待。

2023-12-26 18:56:30
名前無し

公式サイト
https://www.nhk.jp/p/funewoamu/ts/GZ8RQ7PNJ1/

2024-02-12 09:20:35
名前無し

自分勝手な調子でネタバレ書いてるヤツ、○んじゃえばいいのに

2024-02-15 04:42:55
L

映画がとてもよかったので期待大。
また違う視点の「舟を編む」になりそうで楽しみです。

2024-02-16 14:19:19
名前無し

明日の土スタはエライザさん登場です

2024-02-18 12:10:06
マレーシアのM

映画もヒットしている作品を作る勇気すごく買いたい。
映画では松田龍平のいかにも運動苦手な男性らしい走りが秀逸だった。
ドラマ版の野田洋次郎氏はどんな風に演じてくれるんだろ。

2024-02-18 13:35:09
名前無し

昨年の池田エライザは期待外れだった。
色んな分野に挑戦するのは良いが、肝心のドラマが不発だったので今回は期待している。

映画版を知らないので都合がいい。

2024-02-19 01:20:34
名前無し

映画でも見たが、今期10話でやるそうな、480分使って深掘りしたドラマにしてほしい。前作「仮想儀礼」は中間中だるみがありました。10話にする意味をたっぷりと味わいたい。仕事の流儀⇒本作の流れはNHK考えたね。この枠NHKが金曜時代劇と同じくらい力入れているので来週も見ます。

2024-02-19 12:55:45
L

冒頭の「泣き」からも言葉の海の深さを知れるような始まり方。
これは面白くなりそう。
映画と違って一人称が「おれ」なのが気になったけれど、もともと原作では「おれ」だったようで、令和のドラマに丁度いいのかもしれない。

「あなたは『右』という言葉を説明できますか?」

2024-02-19 14:48:53
準学士

辞書編纂部のシーンが続くにつれこういう役って黒木華が似合うんだよなとも思いながら、台詞のやり取りに自然に引き込まれていった。しかし映画版を知っているからドラマ版はすごい改変で原作者との関係は大丈夫か?向井理が字幕で出ていたけど1話で全然出てないけど?と思いながらNHKサイトの相関図を開くと思いがけず三浦しをんさんやらNHK統括の人のコメントが出ていて両者合意の上らしいので安心した。ドラマ中「なんて」の語釈が扱われていたが確かに軽い蔑視に解釈されることもあるのは昔から知っている。そしてそういうことばに敏感な人間が少なからず現実に存在する。しかし過度にこういう言葉に反応するような劣等感の強い奴とは付き合いづらい。

    いいね!(1)
2024-02-19 16:06:42
名前無し

例えば右は北に向いたとき東が右です。
なんては、『なんとう』の変化 
堅苦しくて地味で地道な辞書作りのドラマを
周りの人たちとの交流の中でのヒロインの成長と
互いに思いやる心温まる人情劇を描きながら
言葉の勉強が出来る良作です。
これからヒロインと共に言葉の海原を
旅したい。

2024-02-19 16:42:53
名前無し

う~ん、原作読んだのはるか昔だし映画も見たけどこれは・・。
まだ初回とは言え、面白さが微塵もないのはなあ。

2024-02-19 16:50:57
名前無し

うる覚えの映画とは大分違う印象ですが、
池田エライザを全面に出して良い感じです。
面白くなりそう。

2024-02-19 21:22:42
名前無し

「右は心臓から遠い方の腕のある方向」

なんだかこういう言葉遊びは面倒臭い。
完全に寝てしまった。
見直しても間違いなく寝るだろう。
次回で決めようか。

野田洋次郎は思ったよりも上手かった。
初めは気づかなかったよ。
もう音楽に行き詰まったのかな。

2024-02-20 07:33:11
名前無し

映画では描けないものが見たい
演出にはこだわりを感じた
洋次郎ハマってた

2024-02-21 08:15:27
名前無し

遅れて視聴しましたが、ものすごく良かった。
私も言葉の意味とかニュアンスを正しく伝えたくて、面倒くさがられる方ですが、辞書に携わる仕事ができるなんて羨ましいと素直に思った。

「右」とは何かなんて考えたこともなくて、一瞬思考が止まった。
みどりさんの「右」が最高すぎて、感動して、涙が出た。
こういう世界いいな。
次回が楽しみすぎる。

    いいね!(1)
2024-02-21 10:06:38
名前無し

言葉の大切さよりもテンポを重んじるように感じて息苦しくなる今だからこその作品なのかな。
語彙力をユーモアに活かせる人との会話は新鮮。でも人間はより深い世界を持っているはず。
というのを見せてくれれば嬉しいけど・・・どうなるのかな。



スポンサーリンク


全 18 件中(スター付 8 件)1~18 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。