3.83
5 601件
4 145件
3 56件
2 31件
1 222件
合計 1055
読み ぶぎうぎ
放送局 NHK総合、BS、BSP4K  
クール 2023年10月期
期間 2023-10-02 ~ 2024-03-29
時間帯 月曜日 08:00
出演
毎週月曜〜土曜朝8:00-8:15
趣里主演で、激動の時代の渦中、ひたむきに歌に踊りに向き合い続けた歌手の波瀾万丈の物語。
全 5928 件中(スター付 1055 件)5651~5700 件が表示されています。

2024-03-23 10:47:27
名前無し

歌ったのはスズ子とアユミだけで変なオールスター
男女歌合戦でした。
他の歌手も何人か出してさわりだけでも歌わせて
緊張感を高めてから二人の歌の競演を見せてほしかった。
また司会者が前口上したのにスズ子が勝手に自分のことを
長々語っていたのでアユミに負けを認めて
引退宣言すると思いました(笑)。
あれではアユミを前座にしたスズ子の
ワンマンショーみたいで滑稽でした。

    いいね!(10)
2024-03-23 12:15:42
Gafa

たしかに名残惜しいですね。
誰もがこの世に生をうけて 今じぶんが
すべき事をやってるかどうか 問われる作品は ジャンルを問わず心惹かれるものです。
その答えは死ぬときにわかる自分だけの生き様。
最後まで こころゆくまで愉しい時間を共有しましょう。
再放送あれば 見落とした日々を補完できるだろうか。

    いいね!(3)
2024-03-23 12:26:28
名前無し

~相変わらずの支離滅裂脚本~
足立氏が描きたかったのは、鈴子とアユミの「対決・勝負」だった。愛子をキャラ変させて、唐突に足の速い設定にしてまで、「対決・勝負」エピを描いた。盛り上がるだろうと考えたのだろう。描き方次第では見応えのあるものになったはず。
全盛期を過ぎ、衰え始めた女王鈴子と、成長が著しい、勢いのある新人アユミ。よくある新旧対決である。2人の「歌や勝負にかける思い」や、努力する様を描き→勝ち負けの結果があり→それぞれの思いを描く。これが笠置はもちろん、他の歌手や、音楽に携わる関係者全てへのリスペクト。

ブギウギが描いたのは・・
・史実を改悪し、新人アユミを、恩人礼子の娘という設定にした。更に改悪し、レコードも出していない新人が大晦日の歌合戦に出場できるというトンデモ設定にした。更に更に、その新人が「憧れの人だから」という理由で、鈴子に「ラッパと娘」を歌わせてほしいと言い出すハチャメチャ設定にした。
滅茶苦茶な設定にしてしまったせいで、アユミの心情や言動が支離滅裂に。アユミ役を演じた女優も戸惑っただろう。常に説明のつかない表情をしていた。

・もともと心情も過程も書けない脚本家は、どのエピも肝心なところはすっ飛ばして、金曜に口パクステージに拍手喝采させて、大成功メデタシとするワンパターン。今回のエピもそうだった。滅茶苦茶な設定による「対決・勝負」を、金曜にステージで締めた形。
しかも、浮かない表情のアユミ=敗者と、満面の笑みの鈴子=勝者を描いた。アユミもただの鈴子アゲ要員だったとは・・。だったら尚更、礼子の娘という設定は不要だった。はじめの父を犯人設定にしたのと同じ。必然性のない設定にして、余計に話をおかしくしてしまう、足立脚本の特徴である。

・来週は鈴子の引退を描くようだが・・今回の勝負を鈴子の勝ちと描いた脚本家は、結局最後まで鈴子の努力・挫折・葛藤・成長を描けなかったということに。「厳しい実力勝負の世界」だから、新人の負けと描いても別に構わないが、それは今まで厳しい世界を描いてきてこそである。
ブギウギが描いてきたのは、鈴子に甘々のお花畑芸能界だったのだから、今回のアユミの負けは単なる鈴子アゲでしかないのだ。綺麗事は描かないと宣言しておきながら、毎回鈴子が大喝采を浴びるお花畑ステージを描き続けた、有言不実行脚本家。

・鈴子は頑張らなくても大成功。趣里は頑張ってもドラマは失敗・・こうなったのは足立脚本の責任。鈴子は頑張って、挫折も成功もした。趣里も頑張ってドラマは成功・・他の脚本家なら、こうなっていた可能性大。趣里が気の毒でならない。

    いいね!(22)
2024-03-23 12:53:53
名前無し

一週間見ました。
スズ子の若いライバル出現にどう対応するのか?
愛子のエピソードも絡めて非常に見応えのある週でした。
時折マネージャーが騒ぐなど笑いのエッセンスも折り込みながらが凄く上手い脚本だと思いました。

    いいね!(3)
2024-03-23 13:12:08
名前無し

茨木役の菊池凛子に⭐全部。あて書きのようにぴったりです。この人の台詞にヒロインスズ子が助けられてる。
この人が出てくるとお花畑ヒロインアゲアゲに慈愛に満ちた蜂の一刺しで落ち着く。
このドラマの脇の一番の功労者です。
あの気のない拍手の仕方。
淡谷さんって毒舌だけど、メーク強すぎて怖かったけど。
その実在のブルースの女王をうまく表現なさったと思います。
助演女優賞差し上げたい位です。

2024-03-23 14:17:08
名前無し

才能ある新鋭、水城の「ラッパと娘」は歌パフォーマンスとも良かったですね。
歌うまでは大人しい静かな感じでしたので、躍動感あるパフォーマンスとのギャップがより魅力あるステージになりました。
個人的には若いスズ子の「ラッパと娘」のステージの方が良かった様に思います。
趣里さんのレベルの高い歌、パフォーマンスに加え、トランペット♪の歌詞に合わせトランペットを奏でている一井を映すカメラワークがカッコ良かった!
朝ドラを越えたエンタメ性がありましたね。

で、歌合戦トリの「ヘイヘイブギー」。若く躍動感のある水城の次で、どうしても比べられてしまうし大丈夫かな?ヘイヘイブギーで?と思っていたが流石ブギの女王!
キャリアの差、貫禄で負けてませんでしたね。
会場の客や出場歌手の皆さん、会場全体が一体感に包まれるステージでした。
そのステージを笑顔無く無表情だが何か感銘を受けている様子の水城。憧れた福来スズ子をまだ越える事が出来ていないのを確信し、同時に目標も持ったことでしょう!

さあ来週は最終週!どんな最終回を迎えるのか想像つきませんが、だからこそ楽しみですね。

    いいね!(4)
2024-03-23 17:02:58
M橘つまりみかん橘

今週鈴子さんは羽鳥先生の家を何度も訪れているので羽鳥先生の家の応接間に可愛らしい人形がいくつか置いてあるのに気づきました。
ダンスのワンシーンを人形にしたようなものが多く、羽鳥先生の背後に映る女の子の人形がどうもミュージカルのワンシーンを切り取ったようなものでそれが「オズの魔法使い」のジュディ・ガーランドなのかそれとも「オーケストラの少女」のディアナ・ダービンなんじゃないかと気になって調べたけれどわからなくてもやもやしています。

2024-03-23 17:37:14
名前無し

ありがとうございます。
この、第七回紅白観たいですねえ。
出場者の八割を知っています。
去年の紅白の八割は知らない歌手でした。
あの時美空ひばりさんは、裏番組で何を歌ったのでしょうか?

2024-03-23 19:55:27
名前無し

ブギウギのオーディションでは趣里さんは歌の評価は低くて、吉柳咲良さんは高かったけど若過ぎたということだったみたい。なるほどね。歌と踊りの上手さには歴然とした差があったもの。

これまでもドラマの中でずっとヒロインあげは何度もあって、またかって感じで驚きこそ無かったものの
今回のエピでは史実とは全然違って、過去の朝ドラでもなかなか無いほどのヒロインあげにウンザリ。
来週で終わりで本当に良かった。
朝ドラ、半年は長いよ。3ヶ月スパンにしてくれないかな。

    いいね!(7)
2024-03-23 21:19:44
名前無し

スズ子役に選ばれたのが趣里さんでよかった。

    いいね!(3)
2024-03-23 22:32:26
名前無し

うんうん、ブギウギのヒロインは趣里で良かったわ。
吉柳咲良ちゃんはこんな雑脚本の低レベルの朝ドラヒロインにならなくてほんま良かったわ。
高畑充希ちゃんは15歳の時から6年間ピーターパン役を。吉柳咲良ちゃんは13歳から4年間。
紅白すっごい良かったで。これからも高畑充希ちゃん路線で頑張ってな。

    いいね!(6)
2024-03-24 01:02:31
名前無し

杜撰でドラマとは言えないただのコントだ。
持ち歌もレコードも出していないずぶの素人がオールスター
男女歌合戦に出るのはおかしいし男女歌合戦なのに女性同士の対決は
奇妙な設定でした。
司会者の前振りを無駄にして自分のことを長々話し紅白を私物化した
勝手なスズ子に落胆しました。舞台は男女歌合戦ではなく
アユミを前座にしたワンマンショーなり興ざめでした。

    いいね!(6)
2024-03-24 05:58:49
名前無しか

笠置シヅコは凄かったけれど、福来スズコ(花田鈴子)は大したことなかった。
他人頼みの何も苦労しなかった安直な人生だった
マネージャーの躾も娘の躾も何一つきちんとできなかった。

趣里も期待はずれもいいとこだった。

    いいね!(12)
2024-03-24 07:53:40
名前無し

男女歌合戦は紅白歌合戦ちゃうで、FNSみたいな番組だと思えば腹も立たない。

昭和31年にテレビがある家庭は少なかったのではないか?昭和33年の皇太子御成婚の中継を見ようとテレビを買う家庭が増えたと聞いてるが、その時自分は産まれていなく、祖母が自分の兄を連れて小学校にテレビを見に行ったと聴いている。そんなど田舎です。
笠置シヅ子さんの歌手全盛期を知る人たちはテレビよりラジオやレコード、映画だったのだろう。生の舞台を見たのは都会のごく一部だろうし。

2024-03-24 08:10:05
名前無し

すみません、訂正。
吉柳咲良ちゃんは13歳から4年間→✕

吉柳咲良ちゃんは13歳から6年間→◯

2024-03-24 08:45:07
名前無し

やっぱりスズ子のステージは圧巻でした。

    いいね!(4)
2024-03-24 09:56:57
名前無し

半年間楽しかったでーす。
ぶつ切りではなく土曜にとおしで普通のドラマのように見て正解でした。最終週もどきどきしますね。
また体当たりで役作り、演技してくれる俳優さんで いろんな日本人の立志伝やってほしいですね。
マラソン女子とか。
おっつかれさま~🎼🎼🎼

    いいね!(2)
2024-03-24 10:15:38
名前無し

終盤に来て劣化した。下手な刑事ドラマのオマージュ、誘拐しない身代金脅迫事件、その脅迫犯を簡単に住み込みで働かせて不自然。終盤盛り上げるために昔の知り合いの娘が期待の若手歌手だったと言うお粗末な後出し、年末オールスター男女歌合戦で持ち歌が無くてレコードも出さない若手歌手をベテラン歌手を引き立たせようとした無理な新旧対決の演出、無理に終盤を盛り上げようとしてゴリ押しな演出が最終週前に素晴らしい舞台を台無しにするほどドラマの品質を急激に落とした。

    いいね!(11)
2024-03-24 10:41:14
名前無し

今週も面白かったがあのマネージャーの態度は良くないな。
雑誌記者にまたなんな書かれるぞ。
いよいよ最終週か、楽しみにしてます。

    いいね!(2)
2024-03-24 10:43:34
M橘つまりみかん橘名前無し

エンタメこそ、その時の庶民の心を反映する。
今ならリビング、昭和ならお茶の間でテレビに向かう人たちの信頼を集め続けていられる存在が大御所。
今なら黒柳徹子さんとか、里見浩太朗さんとか絶対に私たちを裏切らぬ存在。
私の子供時代近所の普通のおばさんのように見えた笠置さんが「家族そろって歌合戦」で穏やかな笑顔を見せていたのは戦後の荒れた時代の庶民の心慰めワクワクさせたという言い尽くせない功績があったからだと「ブギウギ」見て初めて理解した。

    いいね!(2)
2024-03-24 12:23:57
名前無し

吉柳咲良さん、太めの通る声で上手かった!
すぐYouTubeに行って椎名林檎のカバー曲見たよ!
清水美依紗が出て来た時の、度肝を抜かれた程ではないけど、ミュージカルでも活躍しそう。(^^)

    いいね!(2)
2024-03-24 14:55:54
名前無し

金曜日の男女歌合戦すごく良かったです。 
アユミの「ラッパと娘」もなかなか良かったですが、スズ子の「ヘイヘイブギー」はやはり圧巻でしたね。
ハッピーカムカムがここにきてお母ちゃんがつけてくれた芸名「福来」に繋がりましたね。
歌合戦自体も当時の実在の歌手の方を思わせるお名前や、OSK男役トップスターの楊淋さんが出てたり、男性歌手のトリが伊藤豊さんだったり色々な遊び心が満載で楽しかったです。
来週が最終週で懐かしい方々がたくさん出てこられるようで、毎日泣きそうですが心して最終週観ようと思います。

    いいね!(5)
2024-03-24 19:29:17
名前無し

今回のステージで、スズ子にとっては、新人のアユミの実力を目の当たりにして、引退を決める一つのキッカケになり、アユミにとっては、スズ子の歌には(上手いかどうかだけではない)まだ自分には表現できないものがあることを感じたのではないでしょうか。
だからどちらが勝ったか負けたかではなく、お互いの凄さを認め合えて、今後の人生のターニングポイントになったステージだったと思います。

    いいね!(1)
2024-03-24 20:44:24
名前無し

マネージャーは、カズさんにやってほしかったです。
ター坊では軽すぎる。

2024-03-24 23:01:34
名前無し

自己中なヒロインと
無理くりなエピで繋ぐだけのブギウギからは何も伝わってこない。

    いいね!(3)
スポンサーリンク
2024-03-25 00:02:13

後残り一週間となりましたが、笠置シヅ子さんという、まさにワン・アンド・オンリーの偉大なるシンガーの足跡を、このドラマは、モノの見事に描き出していますよね。そして、そのヒロインに演技力と歌唱力のある趣里ちゃんを抜擢したことは、まったくの大正解だったと思います。ですから、これ程までに、凄く見応えのある朝ドラができたんですね!!

※SNSなどでは、すでに “ ブギウギロス ” という書き込みが飛び交っていますが、それは、極自然なことなのではないかと・・・!!

    いいね!(40)
2024-03-25 01:06:11
名前無し

週末のエピは、持ち歌がなくレコードリリースしていない若手歌手
アユミとスズ子をオールスター男女歌合戦でいきなり対決させる
絵空事に興ざめでした。
いよいよ最終週ですが、スズ子がこれまでモデルの方みたいに歌に
対する情熱が感じられなかった。特に東京編から羽鳥に歌わされ
流されているだけで主体性がなく特に子供が生まれてからは
アイコーアイコーと溺愛過ぎて親バカで歌の志しがあまり
感じられませんでした。残り僅かどう帳尻合わせてまとめるのか見ものです。

    いいね!(7)
2024-03-25 01:39:54
名前無し

BS再放送の「まんぷく」もブギウギと同じく今週で最終回をむかえる。
苦節の末にカップヌードルをついに完成。だが販売は失敗の連続に。しかしやがて人気商品として大ヒットして日本人の食生活を変える事となり、萬平と福子夫妻の悪戦苦闘の歴史は大輪の花を咲かせて報われて物語は終わっていく。
もうラストの大団円に向かい盛り上がりまくり、見事な物語の進行ぶりである。

それに引き換え、同じ大阪制作なのにこのブギウギのダメさぶりはなんだこりゃー!
少しも話は盛り上がらず、むしろ失速していくばかり。ちっともワクワクしないんですけど。まさに比べるとこれぞ
月とスッポン、雲泥の差
脚本家の力量の差がはっきりわかるだろう。
だいたい「まんぷく」の方がはるかに笑えて泣けるもんね。

はっきり言って、再視聴なんだけど、今や「まんぷく」の方がはるかに最終回が楽しみですな。
まぁ、一応見るけどまったく期待してませんわ。
あー、何でこうなっちゃったんだろうね!

    いいね!(12)
2024-03-25 05:50:51
名前無し

紅白歌合戦のスズ子のステージは最高でした。
とりをしめるのに素敵な内容でした。

    いいね!(5)
2024-03-25 06:16:42
名前無し

ヒット曲が出なくて落ち目になったのか、体力無くて舞台を走り回れないから引退するのか何が何やら訳わからん。
実際は太ったからみたいだしさ。
趣里スズコは、見た目細くてちょこまか動ける、声だって、めちゃくちゃデカイがなり声が出るし、歌が命の割には簡単に引退って言葉口にするよね。体力無くて舞台駆け回れないならブギも廃れていたなら、曲の路線変えればいいだけやん。
芸能界引退でなくて、歌手業引退なら、今の趣里スズコは何で~?になるな。
アユミはまだまだ駆け出しだし、何に恐れて引退なのか訳わからん。

    いいね!(2)
2024-03-25 08:21:14
名前無し

スズコの生え際気になるな。
舞台だと後れ毛?くっきり、普段は見えず、狭いおでこ。どっちか、かつらか?
スズコの揺れ動く気持ちよりおでこが気になるわ~。
あと四回、回想増えそうだね。
こんなチン何々と言いたくなるヒロインなんて願い下げだなぁ、本当に。

    いいね!(1)
2024-03-25 08:26:00
はやぶさ

努めて冷静に語る羽鳥先生

新聞や雑誌の記事を集めて、穴があくほど読んで、自分の目と世間の目を比べる等により後味を楽しむ
燃え尽きたとか、もうええやろと感じたり、それで引退を決めるスズ子さん
年齢制限があるわけでもなし、自分の意志で卒業する
「絶縁します」に到る羽鳥先生
ター坊も反対する
世間も「えっ、何で?」と言うでしょう

レコード会社は利益を考えるけど、羽鳥先生は共に歩んでいきたい気持ちがある
だから、裏切られたと感じたのでしょう
絶縁宣言というのは精一杯の抵抗
別れたら~次の人~🎶みたいに水城あゆみ等に曲を提供するしかないか
最高潮からドン底へと落とされましたね

    いいね!(5)
2024-03-25 09:14:12
名前無し

歌合戦わたしは、スズ子よりアユミがよかった。
スズ子は、とても可愛いアイドルに見えてしまった

    いいね!(3)
2024-03-25 10:08:20
名前無し

今週はいきなりつよぽんの鬼気迫る演技に魅了されました。
最終週にして凄みが増してるよ。

    いいね!(4)
2024-03-25 10:47:30
名前無し

今作最大に盛り上がるはずの新旧対決が視聴率16・4%とは期待外れ。
わざとらしく燃え尽きたようにソファにもたれたスズ子がわざとらしかった。福来スズ子復活だと新聞を持ってきて騒いだタケシが煩かった。男女歌合戦まで歌活動は休んでいたのか、十分やり切って引き際を考えたようだが、これまでに至る過程が描かれていなかったのでご都合主義に感じた。引退を聞いた羽鳥は怖い顔をして引退に反対したが、迷ったスズ子はまた茨田に相談して結論を出す同じパターンの繰り返しか、最終週に入り早くも失速した。

    いいね!(5)
2024-03-25 11:04:28
名前無し

ほんと歌も踊りも断然あゆみの方が良かったわ。見ていた羽島先生の表情にもそれが出ていたよね。ドラマでいくら鈴子の勝ちだって言っても、それは観客を盛り上げるのが上手かっただけ。自分でも燃え尽きたって思うならもう歌手引退でいいんじゃない。

これまでの鈴子を見ていても歌うことがそんなに好きって感じもしなかったのよね。なんか口先だけってゆうか。鈴子がどうしようと、どうでもいいわとしか思えずだわ。

    いいね!(5)
2024-03-25 11:27:44
名前無し

スズコ、明日はまたりつ子に相談に行くのかな。
羽鳥にこんな風に言われてしまいましたねん、とか。
いつもこの繰り返しで、あと、スズコの歌い終わった後の関係者の賛美がいつも「最高でした!」ばっかり。他になんか言葉無いんかい!といつもいつも思うわ。語彙力無い脚本家。
ワテワテスズコ、一番面白かったワテクシは言わなくなったなぁ。そんな目上の人にはもう会わずに歌手辞めていくんかな。
ま、別に惜しくはない歌手でありました。

    いいね!(3)
2024-03-25 13:01:31
名前無し

紅白のフィクションあゆみはひばりではなく雲雀チエミいずみのmixだったのか。
笠置シヅ子は限界を感じて 燃え尽きて引退するのも素晴らしいことかも。
そんなことを感じながら観ていました。
羽鳥の気持ちもよくわかりました。
綺麗事にまとめないようですね最後まで。自分のことは自分で決めるのが人間らしいこと。
筆を置く画家作家と同じです。

    いいね!(1)
2024-03-25 13:27:09
名前無し

スズ子が歌手辞めるって聞いて、ター坊の奴が動揺して大声でわめいてやがるわ。
どうせ、これまでのように偉そうに威張れなくなるからなんだろう。
まさに虎の威を借る狐野郎だ!

恐らく視聴者の多くが私と同じように思ってるはずだ。
彼をそんな奴だと思わせるように描いている制作と脚本家はほんとにヒドイ。残酷な奴らだ。
ター坊なんか出さなきゃ良かったのに。ヒドイキャラだ!

    いいね!(3)
2024-03-25 14:50:51
名前無し

ター坊ってちむどんのニィニィを見ているみたいだ。福来が大切なのはわかるが、仕事はめんどくさく、あゆみとか周りの歌手は認めない。ただの引き継いだマネージャーの癖に自分が育てたみたいな傲慢さが見える。

それに脅迫者親子と一緒に食事するなんて、ありえない。

番宣とかしないで、アサイチに一回出ただけの趣里さん。歌は歌えないなら、ラインダンスだけでも見せてくれればいいのに、まったくしない。
NHKのアゲアゲは服部良一さんに対してやね。

    いいね!(2)
2024-03-25 15:04:57
名前無し

もう 走れない
まるでオリンピックスポーツ選手のようだ。服部良一いも動かせない決意なら 固いということやな。
ようやったよ 福来 別離やバッシングを乗り越えて
 言う奴はいう そこまでできん奴はいう
じぶんのことやないから。

2024-03-25 15:32:32
名前無し

最終週に入ってクライマックス感が感じられます。
見ているこちらがドキドキしてきます。

    いいね!(5)
2024-03-25 16:19:01
名前無し

尊富士の新入幕優勝が110年ぶり。
今作のヒロインモデルの笠置シヅ子さん、そして次回作のヒロインモデルの三淵嘉子さんが、ともに110年前の1914年(大正3年)生まれ。
ついでに言えば私の父方の祖母もそうだったらしいです。
私が生後9ヶ月の時に他界したそうで、記憶は全くありませんが。

いろいろと偶然にしても凄いなぁと思いましたね。

    いいね!(1)
2024-03-25 18:20:12
名前無し

番組内では絶賛だったけど、歌合戦での鈴子さんの良さが全く伝わらなかった。どこか小さい会場で、仲良し同士で歌っているような感じ。
多分、日頃の歌手としての鈴子さんの活躍がここに来て少なかったからかな。あれでライバルのむすめさんは感動したの?あれで鈴子さんは燃え尽きたの?

この作品は、ワチャワチャうるさかった前半は、それでもエネルギッシュで強引なパワーで見させてくれたけど、後半はとてもしりつぼみ。ただうるさいだけのドラマになりました。
折角熱演してくれている俳優さんたちが勿体無い作品になりましたね。
まあ、チムドンよりはマシかな程度てす。

    いいね!(9)
2024-03-25 21:07:27
名前無し

今回、スズ子が羽鳥夫妻に相談するシーンは草彅さんの演技に引き込まれました
言葉の一言一言が洗練され、自然で、それでいて奥深く
人の心の隅々に沁みていくような台詞回し
表情も、眼差しといい、言葉を発する口元といい、画面に釘付けでした
自分でも何故なのか解らないのですが、在りし日の”笠智衆さん”が思い浮かんだのです
草彅さんの演技者としての”凄み”を感じた今日でした。

    いいね!(2)
2024-03-25 21:14:20
名前無し

何才まで歌ってたのかと思ったら42才でマイク置いたんだね。充分じゃん。
アラフォーで脚あげて踊り歌えないよぉ~~
 鈴子は働きまくって稼ぎまくって転向したんだね。無理してたらきっとビョーキに鳴って早死にしてたんじゃないかしら。羽鳥先生は自分の縁を切られたくないから歌い続ける鈴子だとは思ってない、阿吽の関係なんだな~
モデルにエピソード多過ぎて南原さんとの関係は番外編で観たいね。舞台中心のドラマがここまでやれるとは思わなかったので 感服しました。
あと1ステージ見れそう!

    いいね!(2)
2024-03-25 21:19:01
名前無し

俺は絶賛します。

    いいね!(5)
2024-03-25 21:33:13
名前無し

業界に染まりすぎや、とスズコに言われター坊やけど、未だに素人のお兄ィさんみたいやん。
最終週、新曲が出るかな?

2024-03-25 21:40:40
名前無し

面白かった人は録画でも配信でも観てますよ。
南原氏は東大続きで触れないだろうと思ってました。
好みの朝ドラ久しぶりでした。趣里さんの評価爆上がり、七変化ぶり期待してます。こういう人いたとは 幼児化のドラマ界もまだまだ捨てたものじゃないですね。
ついにラストショーの週 笑顔で観ましょう。

    いいね!(3)
2024-03-25 21:42:03
名前無し

美空ひばりさんのように子どもの時からずっとヒット曲を出して歌った人は特別でしょう。淡谷さんだって懐メロに出てたのしか知らないし、江利チエミさんも、歌よりもサザエさん役の女優でしか知らない。42才まで歌えば充分。ジャニーズさん達だって後は俳優などで生き延びてる。
惜しまれて歌手引退でいいんじゃないかい。
最後に良いステージを見せてください。
スズ子と服部良一の関係は仕事の夫婦なのかな?

    いいね!(1)


スポンサーリンク


全 5928 件中(スター付 1055 件)5651~5700 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。