3.76
5 57件
4 10件
3 12件
2 8件
1 18件
合計 105
読み うわさのおんな
放送局 BSジャパン
クール 2018年4月期
期間 2018-04 ~ 2018-06-23
時間帯 土曜日 21:00
出演
奥田英朗の小説を原作としたドラマ。 黒い噂の絶えない主人公の悪女・糸井美幸が愛するのは、 常に金持ちの男ばかり。高校時代は地味で目立たない存在だったが、 ある日を境に魅力的な女に変ぼうをとげ、 小さな町の中で男たちを手玉に取りのし上がっていく、 ...全て表示
全 129 件中(スター付 105 件)80~129 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
[1] [2] [3]

2018-05-26 23:58:21
名前無し

土建屋の親父もバカ息子(文字通りのバカ)、その妻、子供たちも皆キャラがはっきりしてるからそれぞれが自然に行動していく。でも、ダンゴー・ラップまでやって公開するとは。
含みを持たせるだけでシーンを進めるから密度が高い。視る側が自発的に補うから余計に入り込む。
バックでの新入りに対しての美幸、首の動き・傾け方と視線の動き、前のめりに話しかけていくときと横を向いた独り言のようなセリフ、間をとった後身体は横に向けながら頭だけ相手に向けるやり方、2分くらいなのにすごい演技。
棒のように突っ立ったバカ息子がおやじに電話するときの引いた工事現場の構図も面白い。
こんな感じで45分(Tverで)が本当に充実している。大満足です。

    いいね!(2)
2018-05-27 14:41:45
名前無し

初回も醜かったが、美幸がスナックママになってからも酷い。特に男連中のセリフが最低である。この町の民度はかなり低いと感じる。見ていると不快感が増す。

2018-05-29 20:36:56
名前無し

これほんといいね。今回特に。囁き毎回入るの楽しいし。あの社長のリビングというか書斎兼の。片隅の書斎机の書類ファイルに孫らのおもちゃのプラスチック刀が刺さってんの。しかも1回めのシーンでは2本。2回めは3本って。3回目には布団叩きまで刺さってんの。どんだけ浸食されてんの。で、ジュリアちゃんって。キラキラネームに紫のパンツ。孫がオリオンとセーラ。しびれるわ。 あの散らかり具合。あんまりリアルすぎて動画止めて眺めまわしちゃった。孫の寝息まですーすー入れて。小道具さんもいい仕事してるね。あとちょくちょく全員集合する喫茶店。1軒しかないのかと。父と息子の階段シーン。芸が細かいんだよ。エリート副社長の幼児プレイに最後のジュリアちゃんの談合ヒップホップ。バカ息子と万感こもる社長の顔。もうね、最高だよ。

    いいね!(2)
2018-05-30 18:13:32
名前無し

最初は面白いかなと思っていたけど
もういいかな。

2018-06-02 21:15:18
不可解な年の差婚

偶然でしょうがまるで現在世間を騒がせている紀州のドンファン謎の死みたいですね。

2018-06-03 00:34:50
名前無し

今回の脚本家は、4話のパチンコ屋の回、前回6話の談合ラップ告発の回を担当した井上テテ。
この方は視聴者が何を楽しみにしているのか、このドラマのどこが良いのかわかっていないのではないだろうか。
前回のラップ嫁はそれはそれで悪くなかったし、演出にも力が入っていて楽しめたが、今回はおふざけが過ぎる。
檀家三人のおじさんたちのちっとも面白くないじゃれあいは、このドラマのせっかくの情緒を損ねていた。
慣れ切った適当な仕事ぶりのようにも感じられた。
特にメインゲストの村松利史からは今もワハハ本舗臭が抜けておらず、時代遅れの笑いのセンスに辟易した。
おまけに今回は、田山涼成にまで「二時間サスペンスだったら」とか「刑事ドラマみたいなことやめろ」だとか言わせている。
来週は最終回。
どうか、がっかりさせないで欲しい。

2018-06-03 09:15:11
名前無し

見ればよかったな。感想見たら面白かったんだろうな?

2018-06-03 13:25:54
名前無し

市長や元県庁職員、土建屋、県会議員…狡くて汚い連中を手玉にとって、最後は勝ってほしいな、糸井美幸には。
あの間抜けそうで変にしつこい刑事は鬱陶しい。

2018-06-03 15:00:28
名前無し

実に平板で退屈な回でした。

2018-06-03 16:51:20
名前無し

最初は楽しく観ていましたが、段々どうでもよくなってきました。リタイアします。

2018-06-03 20:45:44
名前無し

風呂敷、広げすぎじゃないかな・・・

2018-06-03 20:55:49
名前無し

段々つまらなくなってきた

2018-06-03 22:25:53
名前無し

多くの連ドラはリスク分散ということなのか?監督や脚本家がエピソードごとに替わって担当するので、名作ドラマと呼ばれたものでも冴えない時は冴えないのですよね。
その冴えない監督・脚本家コンビで二話続いた上に、おそらく愉快に感じる人が多くはないナイトクラブの話が三話にもわたっているので気持ちが離れてしまいます。
前半四話を楽しんでいた潜在的ファンは期待を裏切られ、可愛さ余って憎さ百倍の心理にもなってしまいます。
来週の最終回も少なくともお水の設定から始まるでしょうから、全8話の半分がお水のドラマということになってしまいました。
お水がいけないということはありませんが、引っ張り過ぎだと思いますね。

2018-06-04 20:07:01
名前無し

スタパの足立ちゃんが一番好きだった。Good jobだった。

2018-06-04 21:49:25
名前無し

中村俊介が可愛くてよい。
でも、登場人物が多すぎて話が分かりにくい、

2018-06-05 20:19:18
名前無し

2018-06-03 00:34:50さん、ディスりながら星5つとは愛が強いですね。おっしゃるとおり今回はダメでした。前回、充分愉しかったので、力尽きたか、手を抜いたか、よくわかりませんが、初めて眠くなりました。米屋の2階に干してある山吹色の布団2枚と、パーマ屋の女らのやりとりと、元県庁職員の茶色のチョッキの前紐結び、の3か所しか見どころというか受ける箇所がなくて残念でした。それでも私もこのドラマ押しなので星はこのとおりです。

2018-06-05 22:38:33
名前無し

ひっぱり過ぎ。早く冒頭につなげて、終わった方がいいと思うよ。

2018-06-06 13:40:24
名前無し

2018-06-05 20:19:18さん
2018-06-03 00:34:50です。
私のこのドラマへの偏執的な愛を汲み取ってくださり、率直に嬉しいです。
おっしゃること全てに同感です。
面白いことに、同じ土曜夜に始まったフジの『限界団地』では、今のところ連続殺人をやっているかやっていないか曖昧な糸井美幸のような主人公を佐野史郎氏、足立梨花さんはそのお隣りのややおとなしい普通人の主婦役で佐野さんに最初に疑問を感じた役どころと本作の裏返しのようなキャラクターで、まるで局を超えて繋げたようにも思える妙味になっており、既にはまっています。
本作の次回は「最終章1」になっていますから、あと二話ありそうですね。
閉塞感と倦怠感に包まれた町のムードに多くの人を惹きつけた力量をどうか見せて貰いたいものです。
またディスるとしても、星は5つになると思います。
やはり、愛していますから。

2018-06-07 12:33:34
紀州のドンファン

猫アレルギーでしょうか面白さが止まりませんでした。
あんな女は死刑にして欲しいですねw

2018-06-09 10:51:28
名前無し

評価がいいのでみてみたけど・・・

2018-06-09 23:48:40
名前無し

黒皮の手帳より難しい。

2018-06-10 06:30:58
名前無し

県会議員秘書の黒川さん、いいねえ。重苦しい雰囲気のこのドラマが彼女の登場でホンワカした。

中村俊介は、柔い刑事役より、浅見光彦やっていた方がよかった。

足立チャンは、やはり自己中まめりんや腹黒い美幸より、スタパのアシスタントやかわいい団地妻の方が断然いい。

2018-06-10 14:12:42
名前無し

中村俊介演じる鹿島刑事の目線となった最終章は福田卓郎の脚本に戻り、地味な筋ながら盤石な感はあり、この番組の妙味の一つでもあるゲスト女優の好演も楽しめた。
議員秘書役の黒川智花と再登場の唯月ふうかには、今の20代の若手有望女優の層の厚さがよく感じられた。
女性は若年期から明確に志望意識を持つからなのだろうか?思えば若手の男優・男性タレントに聖邪・硬軟の役柄をしっくり、奇を衒わず出しゃばらずに演じているバイプレイヤーに誰がいるだろう?私は一人も思い当たらない。
福田卓郎はTRICK2の『天罰を下す子』やスピンオフの矢部謙三シリーズを書いた方なのでミステリーコメディはお手の物の筈、どうしても高まるバイアスに見合う意外性には欠け正直残念な印象はあるが、小劇場サブカルコメディの要素を取り込んだここ二話からしっとりした情緒に軌道修正されていたのはありがたかった。
彼が全話を書いてくれていればもっともっと評価される作品になったのではないかと思う。

2018-06-10 20:52:33
名前無し

そつなくこじんまりまとめたふうで悪くはないが良くもない。予想外の場所へ投げ込まれたくて観ているので普通ではつまらない。凡庸な刑事と一緒に視聴者にとっては謎でもなんでもない謎解きにつきあわせるなら、そこに見せ場をつくらねばならないことくらいわかろうものだが。いよいよ「署までご同行」になったわけだが、これほど悪い噂になっているのに県会議員が知らないというのも現実味がない。ふつう誰かが耳打ちするでしょ。コメディなんだからとそのあたりは目をつぶっていたが、今話みたいにしれっと山場のないものを見せられるとつい言いたくもなる。ところで「限界団地」の音楽についてのクレームに対し釈明してくださった方、ありがとうございます。2話も観ました。洗練度ではこちらが数段上だと感じます。「限界団地」は佐野史郎のような品のある俳優を使っていながらどこか下品なのです。彼の演技も力みすぎか、持ち味である余裕や余白が感じられず好きな俳優だけに複雑です。しかしあなたのレビューは興味深いので楽しみにしています。こちらはつまらなくても星5つです。

    いいね!(1)
2018-06-10 21:31:23
名前無し

う〜んこういうのが観たいんじゃないんだよなぁ
黒川さんが可愛かったのが救い

スポンサーリンク
2018-06-11 01:15:51
名前無し

2018-06-10 20:52:33様
その音楽釈明の奴です。
おそらくお互いアンビバレントな性分、気が合いそうだと考えております。
今回おっしゃること、考えてみました。
佐野さんの狂気の正義は二種類あり、ひとつは彼なりの社会正義ですが、もうひとつは私怨私情と言われて致し方ないものなのですよね。
それらをごちゃ混ぜにして視聴者のノスタルジーと社会再生願望を促すエクスキューズが潔くないことが品の無さを感じられる所以ではないかと思うのです。
その点本作は、今のところ潔いです。
テレビ局の性質や宿命の違いということもありましょうか。
尤も、本作には最終回で驚くべき独自の正義感が吐露されるなり、美幸の弟絡みの伏線回収がなされるなりして、ひっくり返されることを密かに期待しているのですが。
晴天の撮影日でも曇ったようにトーンダウンさせるような画作りは両作良く似ています。
向こうは昭和ドラマやつげ義春ファン受けを狙ったようなギミックがあり、こちらにも遊びはかなりあるものの、本作の方が色調は一貫していますね。
気怠く淡々としていながら飽きなさせない映像のムードは、どこかデンマークのスサンネ・ビアやラトビアのリナ・ルジーテの映画のようだと思ったのですが、どちらも女流監督です。
本作は三人のプロデューサーが全員女性です。
女性の方が善悪・聖邪のアンビバレンスを柔軟に日常的に表現できるのかもしれない、などと無理根拠で直感的に感じています。
こういうドラマはそうそう現れないでしょうね。
既にロス気味ですから向こうに代理恋愛したところ本気になってしまった、というところです。

2018-06-14 23:00:59
名前無し

これと同じ様な事件が、連日、ニュースになってますけど・・・

2018-06-16 14:19:11
名前無し

あちらはこのドラマをご覧になっておられなかったと思われます。
晩節を考える歳になっている私にはそういう心配はなさそうですが、短い間でも綺麗で優しい妻との新婚生活を再び味わえるなんて幸福な最期かも、不穏当かもしれませんが、ちょっと羨ましさも感じます。
今宵の最終回には満点評価で待機しています、予告編に一抹の不安があります。

2018-06-16 23:57:17
名前無し

最終回は、糸井美幸の団地妻化、まさかの佐野史郎カメオ出演。
局系列を超えたはなむけの設えに乾杯&完敗です。
デビット伊藤・六角精児・料理教室の先生・パチンコ屋の二人などこれまでのゲストの仲間化にはちょっと感動しました。
モーショントラッキングやマッチカット・特殊照明盛り沢山。

・・・という白日夢でも見たかった。すみません。
最終話が三話あったとは。
これまでやってきたモーショントラッキング・インポーズ(役名をキャストの動きに追随させるあれ)はどうしました?
面倒くさいからやめちゃいましたか。
惚れた弱みで満点ですけどね。
by1754(イナコシ)
美幸のパスコードは1101ですか。
あの著名コピーライターにドメイン登録されていますけどね。
連ドラって今もまだ映画には無い可能性を持つ表現チャンネルだと思うんですが、どうしてこうなっちゃうんでしょうね。
先に撮っていたと思われる逃走シーンがありますから、来週の本当の最終回には一定の期待はすることにします。

2018-06-17 09:16:33
名前無し

邪道と王道、闇と光、悪魔と天使、いじめられっ子と普通の子、糸井美幸と鹿島尚之。ついに決着!!

2018-06-17 16:48:55
名前無し

絶対、なんかやってると思うけど・・・
なんか、不幸な感じする・・・おまけ

2018-06-17 17:24:32
名前無し

次回が最終回かァ。う~ん、これまであまりいい話じゃなかったな。見ていて暗くなっちゃった。

でも、美幸は殺人を犯したのか、そうではないのかは知りたい。それと柔い刑事が逆襲するかどうかも気になる。

まあ、見続けたから、最後まで見るしかないか。

2018-06-19 20:49:53
名前無し

回を追うごとに失速していくのはなぜですかね。
ドラマの強みである長さが諸刃の剣になっているのか。
いやそういうことじゃないな。長さのせいじゃない。
発想の欠如でしょう。
最終回、愛想をつかさないことを祈るばかりです。
2018-06-11 01:15:51さん、聡明なお返事ありがとうございます。
おかげで納得がいきました。
『ボクと空と麦畑』という作品にはまったことを思い出しました。
リン・ラムジー。女性監督でした。

2018-06-20 20:52:11
名前無し

2018-06-19 20:49:53さま
ありがとうございます。
リン・ラムジー『ボクと空と麦畑』ノーマークでした。
折を見て入手します。
テレビドラマは大ヒット作でさえほんの数年程度で風化しますし、おっしゃる通り長さが仇になって、映画ならDVD/BD一枚でコレクションできるものの連ドラは高価なボックスになってしまう性質があり、キャリアとして弱く、加えて生々しいスポンサーの広告媒体という民放の宿命もあり、スタッフ/キャストはモチベーションを維持しにくいということはあるのかもしれませんが、「あらゆる仕事が代表作」「どれを観て判断してくれてもいいよ」と言える誇りや志をクリエイターたちには持って貰いたいですね。
アメリカの連ドラのようにどんどんエスカレートしたり、フランスのジュリー・レスコーのように90分ドラマが22年も続いたようなケースもありますありますから、勝てば官軍やりたい放題の強味もあると思うのですけど、良くも悪くもわが国は真の資本主義国にはなり得ていませんからスカッと成功するのは難しいのかもしれません。
最終回は、愛ゆえにバイアスを下げて臨みたいと思います。

2018-06-21 08:32:31
紀州のドンキホーテ

まるで世の中の構図が写し鏡のようです。
何かを守るために嘘で固める総理の様ですねw

2018-06-23 22:18:58
名前無し

楽しみにしてたのにちら見になってしまって・・・
なんだか、ラスト笑える・・・黒皮の手帳より爽やか感出てて良かったかも・・・・

2018-06-24 02:35:42
名前無し

以前にも行われたクラブ内ダブル撮影、暴力団事務所の防犯カメラモニターを使った回想シーン、喫茶店での長回しのインタビューシミュレーション・コント、昼夜のビル屋上のトリッキーなマッチカット、趣向の凝らされた映像だった。
ミステリーサスペンスとして観ると、伏線を回収し三件の謎が解決され責任が明白になる完全終始を期待してしまうが、本作はそうならない。
平山市の権力者たちは不正が暴かれ崩壊し、後ろ盾が消滅することがわかっている筈の糸井美幸はなぜか準備不足で(自動車があるのに)幼な子を抱いて走って逃げる。
普通のドラマならなんじゃそれというところだが、このドラマはこれでいい、微かな不条理劇の情緒を最終話で取り戻してくれた。
映像も「何もこの場面でこれほど凝らなくてもいいのに」という不条理な力加減で、結果的に整合感がある。
主演の足立梨花は勿論、黒川智花、伊藤久美子(市営住宅へのコネ入居を執拗に頼み込む人)、唯月ふうか、他にもオフィシャルサイトにクレジットされていない優れた脇役女優が何人もいた。
日本の女優の層の厚さを再認識し、とても嬉しい。
色が強すぎる小劇場スターたちを使わなかった点も買いたい。
中だるみがあったが、終わってみればそれも少し愛おしい。
7月からテレ東地上波で再(?)放送されるらしい。

    いいね!(2)
2018-06-24 20:47:57
名前無し

いや~読んでいて気恥ずかしくなるほどの絶賛ですね、2018-06-24 02:35:42さん。
しかし、おっしゃるとおりです。最終回、なんとか持ち直しましたね。
ラストシーンの足立は美しかったなあ。
あれはなんですか、白いひらひら。
四国の吉野川に泳ぐ鯉のぼりの大群を夜中の散歩で目にしたときのぞっとした感覚を思い出しました。
ビニールひもをさいたようなチープな素材感と煙とともに漂う曖昧模糊とした様子が、田舎町で起きたいかにも中途半端なあれこれにしっくりきて、髪をなびかせたたずむ足立をひきたて余韻を残す良いシーンでした。
再放送は観ません。観ませんが、地上波で人気になるといいですね。

    いいね!(1)
2018-06-24 22:42:27
名前無し

つまらなくなってきたと思ったら、最終回は、良かった❗

2018-06-24 22:56:15
名前無し

BSジャパンはアウトロードラマが多い。これも、人の温かい心はほとんど見えず、人の醜い部分ばかりが目立って嫌だった。こんな腹黒人間ばかりいる町があったら、絶対に住みたくないなと思った。

地上波でやるほどの内容でもない。

2018-06-24 23:22:23
名前無し

最初は面白く見てましたけど、途中からはあんまりでした。

2018-06-25 03:41:56
名前無し

足立梨花ちゃん、超超良かった。
この迫力は視聴率を気にする地上波では見られくなりましたね。

2018-06-27 13:29:54
名前無し

町の夜景を背景にして、スーツ姿の吉本に美幸が暴露をけしかける。美幸が屋上小屋の壁に向かって歩くのをカメラが追い、次いで立ち止まった美幸を中心にカメラがグーッと回る。それと同時に美幸の顔が朝日を受け始め、夜だった町も朝の光に変わっていく。一人たたずんでいるはずのTシャツ吉本に向かい、朝の場面なのに前夜の美幸が同画面内で歩いていく。この第三者的事実と吉本の回想をゴッチャにするやり方が面白かった。ごまかしにくい町の景色を映さないために小屋の壁を利用し、高度な技術や費用を使わず(たぶん)アイデアで面白い場面にしたのがいいと思う。朝の光の選択も吉本の気分(自分を無理に納得させたい)を反映させて爽やかではない煮え切らない感じがよかった。煮え切らない朝だがそれでも夜は明けた。吉本の表情もとてもよかった。

最後は、県会議員関連たち(中身も悪、外見も悪)と赤ん坊を抱き必死な顔で逃げる若い母親(中身は悪、外見は善)の対比から、電車の通過を境にフッと消える美幸。今までも噂主体の実態がわからない人物が、ここでとうとう町の人たちにとって実体さえ消えてしまった。あとはあの女の噂が残るだけ。
ホームベースだった町を未練なく離れ、里山。田んぼの水面がキラキラし、さらに霧みたいなのを加えて光で満たし、ゆったり風を受けるやつでキラキラを増幅。あどけない感じの表情で空を見上げる、彼女なりの幸せをつかんだ美幸。健全な里山と穏やかな陽光、でも美幸の顔はずっと陰の中。流れる音楽は何となく不吉な感じのもの。閉塞感ある町で自力でのし上がり、同年代の女性からひそかに支持される女。さらに極貧と虐待の生い立ちが明かされ同情も呼ぶ。けれども結局は内側の闇は消すことはできない、を表すのか?

足立梨花は、一筋縄ではいかない役をよく演じたと思う。口角が上がったすました顔、ぶりっ子(ここまでバラエティ向け)、すごんだ時の能面のような顔、トイレ前で吉本に「たいへんね」と言うときの大年増みたいな嫌な顔、時にあどけない子供のような顔、役柄からだが、それでもいろいろな面をよく見せてくれたと思う。
(長文失礼しました、面白かったので)

    いいね!(1)
2018-06-30 02:59:40
名前無し

ビル屋上のシークエンスは実に良かったですね。
"Day for Night"と言われるようですが、疑似夜景は昔の西部劇などではフィルターで夜のように見せていましたが、ここではグレーディングによって疑似夜景にした上、実際の夜の撮影とマッチカットさせていますね。
39:25頃(TVer若しくは”ネットもテレ東”タイム)疑似夜景が始まり、美幸のセリフが繋がりながら一旦実夜景を挟んで疑似夜景に戻り、39:31から40:18までワンカットで、美幸のセリフ中グレーディングを昼間に戻しながらパンニングし、その間に吉本は早替わり(早着替え)して元の手すりの位置に移動しスマホを手にしているのですよね。
美幸の視線も、セリフ中に夜の吉本の位置から昼の吉本の位置に微妙に移動します。
このワンカットの中、吉本が「どうしよう」と美幸にすがってしっかり接触していることで、合成ではないということをわからせていますね。
マッチカットは大抵まるで異なる時空のカットを繋ぐことで両時空の差を際立たせますが、ここでは近過去を同一舞台の僅かに異なる位置で繋いでいます。
昼間に戻ってきた美幸はそこに実在しているわけでなく、吉本の回想が現実の昼間の世界に混じり込んでいるという設えになっています。
ありそうで無かったマッチカットの用い方ではないかと思います。
それをデジタルのポストプロダクション(後加工)ではなくアナログでやっているからこそ吉本の記憶が生々しく引き立っています。
フレームの外側の作業を想像するのも楽しいです。
こういう一見チープなようで実際はデジタルより手間も時間もたぶん費用も掛かるマッチカット手法はミシェル・ゴンドリーの『エターナル・サンシャイン』を思わせますが、本作の演出は良い意味で低予算アマチュアライクな仕掛けで作られており、資金にモノを言わせた押しつけがましさや嫌らしいプロ意識のようなものが無く可愛らしく、ワクワクするようなイメージ喚起力があり、映像作品の楽しさの原点を見せてくれます。
こんなことをやってくれるドラマって他にありますかね?

2018-06-27 13:29:54さん
あなたの「噂の女愛」には負けそうです。
エンディングの里山の田んぼのあぜ道で、風にはためく防鳥用(?)のすだれ状ビニールテープとスモークに包まれた美幸のシーンは暗示的で良いものでしたね。

    いいね!(1)
2018-06-30 20:34:44
名前無し

2018-06-24 20:47:57さん
いやぁ、確かに我ながらちょっと気恥ずかしいです。
しかしながら、個人的な吉野川の思い出を綴ってくださったあなたの勇気には感服です(これ嫌味などではありませんよ)。
本サイト中、このレビューページには救われる思いがします。
良い作品には、受け止める側の原体験や原風景を蘇らせ、さらけ出させる力があるのかもしれませんね。
繰り返しになるのですが、中途半端な田舎のちっともフォトジェニックじゃない舞台で、オルタナティブな(大人計画とか新感線とか乾電池などの)俳優たちを用いずホリプロや研音やオーセンティックなキャストでこれを成し遂げ、新たな価値観の美しさを見せてくれたのは痛快です。
似たようなドラマや映画はありますが、別物だと思います。

2018-06-30 20:40:10
名前無し

全然面白くない

2019-03-22 22:24:16
名前無し

すごくおもしろい

2019-03-22 22:25:30
名前無し

つまらん

2019-07-01 16:08:04
名前無し

amazonプライムで3日で一気に見ました。奥田英朗さんの作品が好きなのと、足立梨花ちゃんの可愛さから見ていたのですが、ドラマ自体もすごく面白かったです。ただ、期待がだんだん膨らんでいったので、最終回が物足りなくて、正直がっかりでした。ラストシーンが改善されればいいドラマになりそうな気がします。

2019-07-15 02:47:53
名前無し

地上波の再放送を見ての感想です。
料理教室の回でした。
市営住宅に入りたくて、金でコネをつかんで何とか入りたい女。それを頼まれキッパリ断れない女。
リアルで面白いと思った。
大人になるとこーいうの良くあるなぁ。
純粋に友達になろうと思っても、相手は高いサプリメント売るために近づいて来たんだと、その内気づいたり...
ドラマの話にもどるけど、市営住宅を倍の手数料で中継ぎしたら、ネットで悪く言われて、公務員の彼も大変なことになりそう。次回が楽しみ!



スポンサーリンク


全 129 件中(スター付 105 件)80~129 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
[1] [2] [3]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。