3.26
5 17件
4 3件
3 2件
2 5件
1 11件
合計 38
読み あんというなのしょうじょつー
放送局 NHK総合
クール 2021年7月期
期間 2021-09-12 ~
時間帯 日曜日 23:00
おしゃべり好きで、想像力豊かな赤毛の少女アン。アンは新たな出会いや経験を通して、より広い世界に触れ、少しずつ大人へと成長していきます。
モンゴメリの不朽の名作『赤毛のアン』をドラマ化した人気シリーズのシーズン2。
いいね!の投票数順に 28 件(最大30件)のレビューを表示しています。
投票数が同じ場合は新しい順です。
レビューの時間をクリックすると、そのレビューの書き込まれている位置に移動します。
いいね!投票数 4 票
名前無し

「赤毛のアン」をドラマ化したと言わず、
「アンという名の少女」で堂々と勝負すれば良いのです。
人間の心の中にある、差別や分断は誰もが持ってしまう心の闇。
それを描くことに異論はない。
キチンとしたドラマを1本作ればよい。
今の世の中には、そうした目線が必要なのは当然のこと。

それを何故、「赤毛のアン」に持ち込むのか?
オリジナルで一から作るのは面倒だから?

「赤毛のアン」はみんなの宝。
読んだことのない人達が、このドラマを見て「赤毛のアン」ってこんな話かと思われたら、モンゴメリーさんも村岡花子さんも悲しむと思う。

    いいね!(4)
いいね!投票数 3 票
名前無し

アンとコール、アンとダイアナの友情が本当に素敵な回でした。見た目を気にする話しとは裏腹に、十分に魅力的な中身を身に着けている3人。子供の頃はまだその良さに気付けないんですよね。大人になったら誰もが羨む3人になっているでしょうね。
赤毛のアンの髪染めの話し。原作では、ただ単にニンジン頭をどうにかしたいアンが行商人から髪染めを買って大失敗する話しでしたが、今回のように恋愛やキスや見た目の美しさのエピソードを交えて描く事で、よりアンの悲しさ、後悔、学びが協調されたように思います。
そしていよいよギルバートが帰ってくるんですね。ショートカットのアンも楽しみです。

    いいね!(3)
名前無し

ジェニーからマシュウへ宛てた手紙を勝手に盗み読み。しかも友達の前で。何の権利があって、、、ロマンチックの為なら、なんでも許されるのか、、、。
しかも、マシュウになりすまして代わりに返事を書くなんて。ここまで分別が無いとは呆れる。
マシュウの言う通り。間違ってる。
で、ジェリーに八つ当たり。なぜ泣く?自業自得でしょ。
例えばギルバートから自分に届いた手紙をマシュウやマリラが勝手に読んだら、多分烈火のごとく怒るんでしょう。
でも、周りの大人は優しいね。マリラはアンを慰め、ジェニーさんはアンの思いやりからだと。

売春宿で妊娠した人の出産って、原作にあったっけ?
全巻読んだのは、30年以上前だから。でも、多分無かったと思う。ギルバートが逆児の子をとりあげるなんて筋書きは…何故ここまで原作をねじ曲げる必要が?
多くの方が指摘されてるように、アンの名を借りず、カナダが舞台のこういう話なら、普通に観られるのに。

    いいね!(3)
いいね!投票数 2 票
名前無し

少し前までのダイアナのお母様ならこのドラマを顔をしかめていやがっていたと思うけれど、
小倉久博みたいなダイアナのお父様に自分の思いをぶつけて、本当は何が大切なことかわかった今は笑って一緒に見てくれると思う。
家族って分かり合えて当然という思いこそ捨てちゃった方がいいかもしれない。
それは仲間や友人に対してもそうかもしれない、
相手のことを思うなら、独善はいけないし遠慮しすぎの放置もいけない、親しき中にも礼儀ありを守りつつ、手を差し伸べることは難しくてもでも手を差し伸べることは大切。
詐欺師に騙された傷が痛んで自分をも周りをも責めすぎた人たちが自分たちの力で再生する話を見られたことは幸福だった。
その働きい優劣はつけられないけれど、
「案ずるより産むがやすし」を体現してくれたギルバートに一番に感謝。

    いいね!(2)
名前無し

名作を新しくとりなおすのはいつまでもあってほしいけど、その時代の感覚で名作をぐちゃぐちゃにするのはやめてほしい。「赤毛のアン」のもつ美しさが黒くなってく気がする。

    いいね!(2)
名前無し

確かに昔の作品は海外物は刑事ものさえ牧歌的だった。
人間の心の闇を描くよりも、理想の追求が目的だったのだろうか?
児童向けならなおさら。
それをまねていればいい子になれるとでも?
時代は進み大草原の小さな家さえ内容が変容していった。
差別と分断が進む今「アンという名の少女」も見るべきだろう。

    いいね!(2)
名前無し

最後まで制作できずに終わったというのがグッジョブ
カナダは打ち切りさせたことを誇って良し
現代の問題意識やりたきゃオリジナル現代劇で勝手にやれ原作レイプは迷惑至極

    いいね!(2)
名前無し

アンの名を借りた別物。その通り。
これが「SHERLOCK」のように原作をリスペクトして現代版に作り替えたものならよかったが、こちらは完全に別物。有名なキャラの名前と見た目を借りて現代の感覚で動かしているので見るに堪えない。
「アン・シャーリーを敬愛する女の子」を主人公にするとかできなかったのだろうか。

    いいね!(2)
いいね!投票数 1 票
名前無し

普通に美しくいられることに価値観を持っている人たちがいる。
このドラマでは今回、ジョーシー・パイや彼女の母親がその例として登場した。
このような人たちは、あるアベレージに身を置いて人の道を外さずに生きていこうとする反面、そこから外れているように見える他人の心を想像するのは苦手のようだ。
普通とは何?というのを投げ掛けられた気がした。

キスについてアンから質問されたときのマリラとマシューは、最初はたじろいでいたものの、アンに豊かな人生を送ってほしいと願う二人は、そこには愛情が伴うことを知っている。それは容姿の美しさに人が魅かれるのとは別のものだと、マリラはアンに伝えたかったのだと思う。
一度は黒髪になったが元に戻したくなったというアン。そして緑になった髪を短く切ることで、彼女の心に何か変化があるのだろうか…ギルバートとの再会も近そうだし…さて次回どうなる。

    いいね!(1)
名前無し

大人たちのモヤモヤやイライラが、ダイアナの妹ミニー・メイの体にストレスをかけていたんだね。
ある集団をまとめる立場の人たちの間で不協和音が生じると、弱い立場の者が最も影響を受けやすいんだなと思った。当たり前のことかもしれないけど、感情が優先されると盲点になりやすいのかも。

    いいね!(1)
名前無し

アンがどうしても好きになれない。
あんな人とは友達になれないなーといつも思う。

    いいね!(1)
名前無し

どなたかも書いてたけど、ジェニーさん、素敵ですね。
歳を重ねて、しわが増えても、あんなに品よく美しく。
マシュウの俳優さんも素敵。若い頃は相当なハンサムだったと思うけど、歳を重ねてとてもいい味を出していて、顔立ちの品の良さは今も健在だとお見受けします。

今回のラストで、マシュウがアンにかけた言葉、"I have you."が心に沁みました。アンが、愛される家庭を持てて、本当に良かった!

    いいね!(1)
名前無し

マシューはカスバート家に来る前のアンが子どもらしい生活を送ってこなかったのを察している。
ジェニーからの手紙にすぐに応えられなかったのは、アンとの暮らしを思ってのことだったのね。
それなのにアンは間違いを犯してしまった。マシューは憤りすら感じたのでは…と思われるが、アンの気持ちを聞いた上でジェニーと話したら、気持ちが落ち着いたようだった。

帰宅したときの馬小屋で、心配そうに自分を見つめるアンに対し、多くを語らないマシューが馬の手綱を差し出すところに気持ちが表れていて良かった。
ジェニーときちんと心を通わせて話ができたから、アンにも改めて愛情を伝えることができたと思う。

    いいね!(1)
名前無し

1話の中に3つのハッピーエンド。それぞれ、想いを共有する事の難しさ、想いを正確に相手に伝える事の難しさがよく分かるエピソードになっており、このドラマらしいなと思いました。マシュ―がアンに、今愛する人と一緒にいることを伝えた時には涙が出ました。心温まる1話でした。

    いいね!(1)
名前無し

このアンも良いんじゃない。

    いいね!(1)
名前無し

慌てて出て行った詐欺師たちが残した物を、アンたちが静かに片付けるシーンが妙に印象に残った。
これがラストシーンに繋がり、マリラは家を元通りにして嫌なことを忘れようとしていたが、アンはこの出来事を学びにしていこうと考えていたのだとわかった。そういえば片付けをしていたとき、アンは鉄鉱石を手に取っていたっけ。
ラストに3人の団欒場面でアンが地質学の本を読みながら書き写していたノートは、おそらくフロストからもらったものなのだろう。マリラが自分とは違う感性を持つアンの学びに微笑むところで、私も穏やかな気持ちになった。

    いいね!(1)
名前無し

なぜ打ち切られたのか理由ははっきりしませんが
シーズン4制作の嘆願運動が起こり、150万を超える署名を集めているらしいので、続編が作られる可能性もあるかも?

    いいね!(1)
名前無し

カナダで打ち切りになっていたんですか!
カナダにも違和感を感じている人が沢山いたんですね。
赤毛のアンの原作の世界を大切にしたいと思う人が大勢いるのがうれしい。

    いいね!(1)
名前無し

同じ赤毛のアンの世界を舞台にしている「アボンリーへの道」というドラマは、赤毛のアンの世界観をしっかり踏まえつつドラマもおもしろくて、秀作なんですけど、こちらは・・・(◞‸◟)

    いいね!(1)
名前無し

やっぱりマリラとマシュ―好きやわ。必ず正しい判断をしてくれると信じてました。アンも相変わらず面白い。自分の作った物語が力作過ぎて怯えるって。この平和がずっと続いて欲しい。

    いいね!(1)
名前無し

夢多き少女の希望に満ちた話だと思うと痛烈なしっぺ返しが待っています。
詐欺師の片方(ダンロップ)は殺人もしてるみたいですね。こんな男が下宿人としてアンと同居してるなんて。
アンの通う学校では性的少数者の少年コールが同級生からわざと腹にボールをぶつけられたりインクでノートを汚されたり。そんな少年にもアンは女友達と共に一緒に昼のお弁当を食べるのですね。でも、完璧な少女ではありません。想像の翼は亡霊の妄想になり怖くてローソクを何本も立てて寝ようとします。微笑ましいと思う人もいると思いますが私はセーラムの魔女狩りを思い出して正直考えさせられました。白い服を着た女性が歩いていた、と言うのも人種差別結社の白装束のKKKを思い起こさせます。
ギルバートは当時英国領だったトリニダード島に黒人の友人のセバスチャンと共に上陸します。米国より早く19世紀前半に奴隷制度が廃止されてもまだ差別は残存してるみたいですね。蒸気船に石炭をくべるような仕事しかないのでしょうか。
書き忘れたのですが前回、若い方の詐欺師ナサリエルは使用人のフランス人のジェリーの書いた文字に「豚のしっぽ」と言う表現で侮辱しますが、当時の欧米人で「豚のしっぽ」は満州族が支配する清朝の辮髪の揶揄だったのですね。

「シャーロック・ホームズの冒険」でも「デービッド」が旧約聖書のダビデ王のこと、今回もアンの受けた授業はランスロットが出てきて「アーサー王物語」ですね。これ、少年少女向き作品でなく大人向けの痛烈な社会風刺の作品と言う面もあると思いました。
金の発掘の法螺話もカナダ西部や米国カリフォルニアのゴールドラッシュが背景ですね。

知的好奇心を刺激させられる作品です。

    いいね!(1)
名前無し

特に原作に思い入れはないので楽しく観賞しています。
メリハリのあるストーリー展開と台詞、美しい景色がいいですね。ワクワク感があるオープニングも好みです。

    いいね!(1)
名前無し

休みの間はアンは友達にも会えないんだね。
でも大木や野の花やちょうちょを友達にしてしまうアン。
この家に引き取られるまでずっと一人で辛い思いをしてきたアンだからこそ、どんなものにも喜びを見出す。
隠れ家から外の世界にあこがれたアンネを思い出してしまった。
出てくる人たちの繊細な感情をちゃんと拾う演出なので、アンだけでなくマリラやマシューそして詐欺師二人の心の中まで少し覗けたように思う。
おいしいパンやパイを作ってしまう彼や自分の容姿が武器になると知っている彼も極悪人ではなさそうに感じてしまうのは私も騙されているからだろうか?
彼らも本当は人をだましたくはないんじゃないかなんて考えてしまう私は甘ちゃんだ。

    いいね!(1)
名前無し

優しい木に会いに行き遠くから手を振り、登ってプレゼントを添えて話し掛けるなんて、今の自分にはできないから憧れる。秋、収穫の時期を迎えて感謝する心を持つことも、どこかで忘れていた気がして反省す。
赤い土と金発掘の関連や対比。富を得ることの意味。アンは島の人たちの苦労が減りますようにと願っていた。
ジェリーも字を覚えて色々な本を読めるようになったらいいな。

    いいね!(1)
名前無し

マリラが若いネイトにドキドキしている様子には目を覆いたくなった。ドラマを引き締める役がこうなっては終わりだ。

    いいね!(1)
名前無し

またこのドキドキな展開が始まりました。シーズン1同様、喜怒哀楽全開で毎週楽しみたいです。そして相変わらず美しい情景。偶然にも今の季節と同じ秋。わたしも10月のあるこの土地に過ごせて嬉しいですよ。

    いいね!(1)
名前無し

2021-09-12 23:53:57さんと同じ気持ちです。
迷いましたが結局私も視聴しませんでした。
視聴後の皆さんのレビューを拝見し、やはり見なくて良かった、と感じています。
詐欺師の2人の正体がバレた後の顛末は見てみたいけど…。

それと、原作のアンはハエのように五月蝿くはないです。
確かに夢見るアンの言動は独特だし、怒りを押さえきれず、ギルバートの頭を石板で叩いたり、リンド夫人を怒らせたりしますが、原作のアンには魅力があります。
そうでなければ、全世界で何十年も読み継がれる名作にはなっていないと思います。
お薦めの本です。

    いいね!(1)
名前無し

どこが面白いのかよくわからなかった。絵面はキレイかも知れんが。

    いいね!(1)

スポンサーリンク