3.97
5 166件
4 64件
3 19件
2 6件
1 48件
合計 303
読み かむかむえぶりばでぃ
放送局 NHK総合
クール 2021年10月期
期間 2021-11-01 ~
時間帯 月曜日 08:00
出演
昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの一世紀(100年)におよぶ家族の物語をハートフルコメディ
全 2825 件中(スター付 303 件)2201~2250 件が表示されています。

2021-11-24 04:32:06
名前無し

上白石萌音ちゃんの赤ちゃんを抱く姿がものすごく自然で似合っていて違和感がないですね。まさに昭和の若いお母ちゃんという雰囲気で実にいいです。彼女がミスキャストだという意見がかなりあるけど、むしろ彼女で大正解だったでしょう。
それにしても、朝ドラ主演女優でこんなに不自然じゃない母親役を見るのは ほんと久しぶりかも。なにしろここ数年の女優達はみんな母親役にどこか不自然で無理があり見ていてなんか違和感をいつも感じておりました。その理由はズバリ母性があまり感じられないから。考えてみれば、安藤サクラ(本物の母親)以外はみんな母性がなんか感じられないメンバーばかり。しかも若くて独身で子持ちでないからそれはしょうがないと言えるかも。
しかし上白石萌音ちゃんにはまだ若いのに母性が感じられる。だから母親役が自然に見えてハマルんでしょうね。
ちなみに深津絵里さんは名優で川栄李奈さんは本物の母親なんで、ちゃんと母親役はこなせていいお母さんを見せてくれると思いますな。とても楽しみであります!

    いいね!(1)
2021-11-24 07:35:35
名前無し

私財を投げ売りしてでも疎開したものは生き延び、この木に大儲けしてやろうなどと浅ましい考えを持ったものは命を落とした。疎開したものは戻ってきてから焼け野原になって持ち主が分からなくなった土地を安く手に入れることができただろうから、どちらが賢明だったかは後から考えれば明らかだが、当時は考え方ひとつで命を左右することがあったことだろう。

2021-11-24 08:35:34
名前無し

やっと戦争が終わったと思いきや、今度は枕崎台風ですか…。
お隣の広島県(呉)では大きな被害があったみたいだし。

自分のせいで母親と妻が焼け死んだと、自分を責める金太。
そして父を慰めようと、餡子を煮る安子。
いくら資産家の雉真家でも、闇の小豆を何度も買えるほど散財できるとは思えないが、義父も目をつぶってたんだろうね。

秘かに隠しておいた砂糖。空襲の熱で焼け焦げてなければいいんだが…。

2021-11-24 08:44:22
名前無し

砂糖 飴になっていると思う…

2021-11-24 09:02:53
名前無し

スピードが速いドラマの良さなのかいつまでも暗くて陰気な戦争時代を引っ張らないで平和な時代になって良かったです。戦争が悲惨で醜いことはなにもこのドラマを見なくても終戦記念日のテレビの特番で見たり他の映画やドラマを見て痛いほど分かっていますから、朝から戦争で陰気で暗いヒロインはじめ登場人物たちは見たくないので戦争が終わり良かったです。安子は餡子作りに興味をもち始めるようですが、まさか稔が戦死して雉真家を離縁して家業を継いでシングルママになるご都合主義な展開にしないでほしい。ただでさえおばあちゃんとお母さんが始めから死亡要員にされて軽い扱いになってがっかりしていたので、いくら戦争でもドラマを都合よく動かすために登場人物たちの命を軽々しく扱わらないでほしい。

2021-11-24 09:03:23
名前無し

お父さんが哀しすぎる。わいわいしてた家族に包まれていたのに
今は一人ぽっちなんて‥。せめて長男が帰ってきて一緒に暮らして
ほしいよ。西田さんのファンなので寂しい。

2021-11-24 09:04:27
名前無し

安子の実家 たちばなは焼けて、大きな建物キジマの家は無事だったのですね。義父母の様子ではおそらく工場も無事。
明暗くっきり。安子の父、金太は母と嫁への罪悪感とショックで寝込んでしまった。
少し前に、安子と子供の運命について、投稿している人がいた(おそらくNHKが発表したものだろう)どうしてそうなるのかと思っていたが自分なりにうすうす展開が見えてきた…
とにかく、稔さんに戻って来て欲しい。
安子が必死に拝んでいた「稔さんが無事に帰ってくれますように」と。そこに、勇や出征した職人さん達の名前がなかったことに、余裕がなくなっている安子の心が見えた。
金太さんの砂糖、中身は無事かな。
それでまた、美味しいおはぎを作って欲しい。

    いいね!(1)
2021-11-24 09:14:48
名前無し

まさかここにいないかもしれませんが、カムカムをちゃんねる
レビューの評価ランキング一位にするために上位のドラマを下げるための
複垢での評価を下げはやめていただきたい。書き方がここの不正の方と
同じようなので疑わしい。

2021-11-24 09:17:19
名前無し

上白石萌音、すごい。拝んでた時の絶望と焦燥感のある目、お父さんに声を荒げてしまった瞬間のショックを受けた目、お父さんを探し回る時の目、全部違った。
あまりにも自然に安子を生きている。すごいわ。びっくりした。

    いいね!(1)
2021-11-24 09:22:30
名前無し

雉真さんちが戦火を免れたのはセットの都合だろうけど、戦争終わったらみんなハッピー全員笑顔になって。ラジオも食糧も戦前に戻って何事もなかったようで。雉真さん喜んでるけど戦争続いていた方が仕事的にはよかったんじゃなかったの?不幸を一身に背負った金太だけ別ドラマみたいです。

2021-11-24 09:30:23
名前無し

何か想像した通りでしか物語が展開しないのでつまらないです。
ああ次はこうなるんだろうなとか、こういう行動をするんだろうなって読めてしまう。
過去ドラマの色々な場面の繋ぎ合わせだから、当たり前と言えば当たり前なんだけど。
ドラマ的面白味に欠ける朝ドラだなぁと思ってしまいます。

2021-11-24 09:30:49
名前無し

砂糖が溶けてどろどろになって固まり水飴屋になるのでしょうか。

2021-11-24 09:30:52
名前無し

神社に参る時に出征した人全員の名前を言うんですか?
ドラマモードと現実モードをごっちゃにした批判だと思うわ

2021-11-24 09:31:20
名前無し

そうでしょうか?

2021-11-24 09:35:27
名前無し

自分は戌年なので、ものを埋めておくのが好きでした。赤土の層まで掘ると、あまりものが腐りません。砂糖を埋めておくのも研究してみます。

2021-11-24 09:38:05
名前無し

おばちゃんとお母さんが死亡要員だったかも知れないけど…
でも里帰りした時、おばあちゃんとお母さんが、るいちゃんにお汁粉を食べさせてくれ、二人で少しずつ縫い溜めたと、おしめやヨダレかけを風呂敷包みに持たせてくれていた。
赤ちゃんの衣類はよく汚すので何枚有っても足りなくなる(布地も戦争中は不足していただろうに工夫して縫ってくれて)さすが祖母や母はありがたいなと思ったのに空襲で…
戦争は何の罪もない大切な人を、理不尽に無惨に奪ってしまうことに腹が立つやら悲しいやら、改めて痛感した私のような視聴者もたくさんいたと思います。

2021-11-24 09:38:07
名前無し

以前は職人さん達の無事や、勇の野球のことも祈願していましたよ。

2021-11-24 09:40:11
名前無し

 お供えのおはぎのあんこ父の愛

 亡き妻と母に供えるおはぎには
   美味しゅうなれと気持ち入れ込む

2021-11-24 09:42:21
名前無し

関東ローム層だと、鎌倉時代の人骨とか、今でもよく見つかるからね。埋めるなら赤土の中だろうな。

2021-11-24 09:43:22
名前無し

今日はお父さんの絶望から再生、終戦で稔の生還を神社に願う安子に涙しました。
 病床のおじいちゃんに寄り添う姿 夫とデートの時の幸福感 今日の稔の生死の不安感など上白石さんの演技が自然で無理を感じさせません。
脚本も役者さんも素晴らしいく久しぶりにハマって視させていただいています。

2021-11-24 09:43:38
名前無し

09:38:05ですが、冒頭の「おばちゃん」は、おばあちゃんの間違いです、すみません。

2021-11-24 09:46:29
名前無し

今埋めたいのは、あまりに大きい金太たちの心の隙間でしょう。

2021-11-24 09:58:05
名前無し

たしかに意外と言えるのが予想されてなかった母と祖母の死ぐらいで
CGでB29の機影とか降り注ぐM69子弾くらい見たかった気もする

2021-11-24 09:58:34
名前無し

戌年かわからないけど、クレイジーキャッツの犬塚弘さんは、戦時中埋めた楽器(ギター、ウクレレ、三味線)を掘り出した時のことを語っていらっしゃいます。あんなに笑わせてくれた方の戦争体験は、逆に悲しいです。

https://www2.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001240347_00000

2021-11-24 10:01:24
名前無し

家族の死に力を落とした金太が砂糖がないおはぎの味から職人魂を甦らせようとするシーンに胸を打たれました。ありきたりのではない戦争を描く脚本が凄いです。

    いいね!(1)
スポンサーリンク
2021-11-24 10:10:46
名前無し

まさか隣県の広島原爆スルーとは

2021-11-24 10:12:32
名前無し

ついに玉音放送
私も耐えがたきを耐え…のところしか聞いたことがないし、実際聞いてもどういうことかわからなかったように思いますが、本当に皆さん本気で聞いたのでしょうね。
でもこの瞬間に戦争が終わったと喜ぶ人。
何のために大切な人が死ななければならなかったか苦しむ人。
戦地から帰る人を待つ人
それぞれの人の明暗を分けた瞬間だったわけですね。
地元は山ばかりの住宅地で疎開地でしたが終戦の日に防空壕掘ってたと言います。
それでも日本国中が焼かれ、沖縄のように激戦の舞台になることはまぬかれた。
だから今でも戦争に対する認識が立場によって違ってしまうのかと思います。
飢えて家を焼かれ家族を失った人たちは心の底から戦争を憎むしかないのです。

2021-11-24 10:18:32
名前無し

今じゃ白いお砂糖は使わないという人も増えていると聞きびっくりしましたが、本当にお宝のような時代があったのですね。
甘いものどころかお腹を満たすものもなく日々空襲の恐怖と、戦地の家族の心配に心つかれた人たちはどうやって毎日を過ごしてきたのかはやはりドラマで描かれてこそと思います。
戦争は終わっても食料と物資の不足は長引いたと言います。
厳しい時代は続くのですね。

2021-11-24 10:22:14
名前無し

東京大空襲だって大したことなかったように放送されていましたよね。
原爆の報道推して知るべしなのでは?

2021-11-24 10:29:54
名前無し

気付いている方いらっしゃるんですね。
動機と目的はともかく手法は当たっていると思います。
戦時を描くドラマを見ると正義のためであれ何であれ戦うことのむなしさを思い知ります。

2021-11-24 10:39:16
名前無し

長い期間を描くので必然的にそうなるのかもしれないが、無駄なエピソードや単なる引き伸ばしみたいなシーンがなく、それが返って見る側の想像力を働かせるのがいい。

2021-11-24 10:44:09
名前無し

小豆買ってこようと思います。
砂糖も買い足しておきます。
あんこちゃんが手に入れた小豆は採りたてて言ってたから、最上品です。

2021-11-24 10:53:01
名前無し

戦争の悲惨な出来事に悲しみ
視聴率22日16.2%、
23日15.8%を記録した。

2021-11-24 11:04:15
名前無し

朝から皆様の熱意ある感想を読ませていただき感銘を受けましたが
またお約束のように前作下げの書き込みが出て来たようです。
自ら世間に作品のイメージを傷つけ貶めるので控えてほしい。

2021-11-24 12:42:35
名前無し

原爆スルー この朝ドラは狭い身内程度の中のお話と思えば問題ない。

2021-11-24 13:00:27
名前無し

結婚式の引き出物に白砂糖って、昭和40年代でもあった。
年配の人には宝石に見えたんでしょうね。
今は糖分フリーの人も多い。
時代は変わりましたが、世界の軍備はあの時代どころではない。
怖い。

2021-11-24 13:04:53
名前無し

当時は戦意向上のため、被害などはほとんど報道されなかった。それどころか大地震があっても被害は報道されず、被災地以外はほとんど知らないままだった。原爆投下はさすがに隠し通すことが不可能だったために報道されたが、全国に知れ渡る前に終戦を迎えた。

2021-11-24 13:31:34
名前無し

あと少し早く戦争が終わっていたら…そんな事を思った人はたくさんいたでしょうね
吉右衛門くんの家族もどうなったのか?
稔さんも勇くんも帰って来るといいけれど
あんこのおかげでお父さんも気力を取り戻しそうで良かった

2021-11-24 13:36:12
名前無し

平成でもお砂糖引き出物に入ってました。
その他もろもろに加えて二キロも!
親の食い物の恨みを受け継いだせいか、
米粒も砂糖もおろそかにできませんし、
備蓄がないと不安に陥ります。
あの頃甘いものに恋い焦がれた親たちは今でもおやつに目がないです。
るいちゃんがおいしいおはぎ食べられるのはいつかなあ。

2021-11-24 14:00:34
名前無し

そういえば40年以上前、結婚式の引き出物に花(薔薇だったかな)の形に固めたの紅白のお砂糖(角砂糖式のね)の詰め合わせが………懐かしい。🌺😄

2021-11-24 14:04:08
名前無し

感動した。今日は小豆と砂糖が売れるでしょうね。

2021-11-24 14:15:22
名前無し

ありましたね、紅白のお花の砂糖。食器に新郎新婦の名前が入っているのは嫌だったな。離婚すると食器がかわいそう。近年の選べる引出物カタログには、お砂糖なさそうです。

2021-11-24 14:19:22
名前無し

私は、旧姓がさとうだったので、昔はなめられていました。笑。

2021-11-24 14:25:04
名前無し

それを言ったら、無糖(武藤)さん加糖(加藤)さん微糖(尾藤)さんもお仲間ですね。
名前は違っても同じドラマを見ている者同士よろしくですね。

2021-11-24 14:31:52
名前無し

昭和の頃は、結婚や出産のお祝いをもらったら、そのお返しには砂糖をめでたい物の形に固めた(鯛とか花とか…)のを付けることが多かった。
砂糖が貴重だったり、全く無かった時代を経験した人がまだ大半だったので、そういう習慣が生まれたのでしょうね。

2021-11-24 14:45:40
名前無し

玉音放送の前にはああいうアナウンスや、国歌もあったんですか、知りませんでした。
それに「耐え難きを耐え…」の後、昭和天皇のお言葉が少し途絶えるようになるのは、以前は単に読むのがあまりお上手じゃなかったから、つかえただけかなと思っていました、畏れ多い間違いでした。

2021-11-24 14:49:27
名前無し

砂糖と言えば
昭和はコーヒーに角砂糖は懐かしい。
思い出すには森進一の名曲

   『襟裳岬』

2021-11-24 15:08:04
名前無し

森山母息子も、サトウキビ畑から藤堂先生アルデバランと、随分戦争を背負っていらっしゃいます

2021-11-24 15:22:57
名前無し

醬油や食用油と違って、お砂糖には賞味期限がありませんからね。
お祝いの品やお中元・お歳暮なんかで重宝されていました。
だいたい、2㎏(二袋)を包んで熨斗紙張って。懐かしいな。
スーパーの特売になることも多かった気がします。

2021-11-24 16:04:06
名前無し

よそから失礼します。
カムカムエヴリバディ短歌

『国破れ山河ありとて大切に守り抜くのは命の砂糖』

橘家の命であり要である砂糖が見つかり戦後の希望の光が見えた
最後のシーンに感動しました。



スポンサーリンク


全 2825 件中(スター付 303 件)2201~2250 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。