2.79
5 379件
4 142件
3 82件
2 118件
1 518件
合計 1239
読み おちょやん
放送局 NHK総合
クール 2020年10月期
期間 2020-11-30 ~
時間帯 月曜日 08:00
出演
モデルは「大阪のお母さん」と呼ばれ、上方女優の代名詞ともいえる浪花千栄子。大阪の貧しい家に生まれた竹井千代は奉公に出ていた道頓堀で芝居の素晴らしさに魅了される。戦中、戦後の大阪で芸の道を一途に歩んだ人気女優の姿を描く物語。※BS4KとBSPは朝7時半〜 ht...全て表示
全 12089 件中(スター付 1239 件)10751~10800 件が表示されています。

2021-05-02 06:34:52
名前無し

>NHKプラスに視聴を切り替えた人なんているのかな?

夫がテレワークで家にいて、おちょやんの時間に民放をつけていたりするので、チャンネル争いするのも嫌だから、別の部屋でNHKプラスでおちょやん見るようになりましたよ。便利です。

2021-05-02 06:40:49
名前無し

ま、批判派の人は今週の展開が気に入らないんでしょうね。
あちこちで絶賛されているから。

2021-05-02 06:50:58
名前無し

視聴率のことで書いたものですが、リアルタイムで見る方は暇を持て余している方だというように書かれて心外なので書かせていただきます。

書き忘れました。時間の余裕があるときは好きな番組はリアルタイムで見ます。みんなそうだと思います。後でゆっくり見るのは本作のファンの言い訳、半沢直樹は第一シリーズは40%台を取り去年の続編も30%台を取りました。同じ局の天国と地獄も徐々に面白くなって盛り上がり最終回がどうなるか注目され多くの視聴者がチャンネル合わせ20%台を超えました。大河ドラマの青天を衝けもいろいろ話題が集まり初回20%を超えました。いくら後でゆっくり録画で見る時代だと言っても面白いとか魅力があるとか注目される番組は時間があればリアルタイムで見たくなります。本作がこのまま好評を集め視聴率が20%を超えたら本作のファンの方の意見が注目です。こう書くかもしれませんね。

視聴率20%を超えたおちょやんは面白い!(笑)。

2021-05-02 07:00:48
名前無し

〉チャンネル争いするのも嫌だから、別の部屋でNHKプラス

成る程納得です。
寂しい単身赴任には羨ましい限りです。

2021-05-02 07:12:29
名前無し

ますます 次回作おかえりモネも視聴率が楽しみになって来た。
もし軽く20%の壁をクリアしてしまったら、ネットニュースは何を理由にするのでしょう?(笑)

2021-05-02 07:26:52
名前無し

基本朝ドラファンの視聴スタイルはここ数年で変わったとしても前作は期間平均視聴率20%を超えています。別に前作が面白いとは言わないが、ただでさえコロナ過など不安な世の中にうんざりしている時に今作は最初から視聴者を逆なでする不愉快な場面を見せつけたせいで多くの視聴者が離れたのだと思います。困難を乗り越えて成功する物語は悪くないけれど見せ方を誤ったみたいですね。

2021-05-02 07:27:11
名前無し

大して人気の出ない映画はDVDがレンタルされたら見よう、程度。ところが面白いとなれば都合つけてでもスクリーンで見たくて映画館まで行く。おちょやんが誰が見ても面白く、また面白いと評判がたてば朝見たいと思うものだよ。

2021-05-02 07:35:43
名前無し

朝ドラの確固たる習慣性を打ち破ったおちょやんの斬新さは、純愛と並び朝ドラファンの記憶に残っていく事でしょう。

2021-05-02 07:41:42
名前無し

NHKプラス登録者が増えたのは前作「エール」の時にニュースになりました。緊急事態宣言中に朝ドラを見始めた人が宣言開けに通勤通学時間帯にNHKプラスで見る人が増えたようだという分析がありました。「おちょやん」でNHKプラス登録者が増えたというニュースはないです。また、上にも書かれていますが、タイムシフト視聴率(録画視聴率)も「エール」より低いです。「朝ドラを見ていた人たちが見なくなった」という事実は受け止める必要があると思います。

2021-05-02 07:57:10
名前無し

視聴率が低いのを色々理由付けているけれど、もしこの先視聴率が上がったら今度は何て言うのかな?
その場その場で都合良く言う事変えないでよ、このおちょやんみたいに笑

2021-05-02 08:10:44
恥太郎

来週の話から千代が一からの再出発になるよな。本当に楽しみだ。史実とはいえ、脚本家の腕のよさが発揮されるだろう。しかし、休みの日と平日の区別がつかない老人たちは、また日頃のストレス発散でうるさい。何にしても、後残り二週間を満喫したいな。

2021-05-02 08:22:36
名前無し

今までテレビの前に座ってリアルタイムで朝ドラを見ていた人達の中には、「NHKプラス」が出来てからパソコンやスマホで見る機会が多くなったと思います。特に若者世代は顕著です。ですから、テレビの前に座って見ている高齢者だけで、この視聴率が取れているのですから、とんでもない高視聴率だと考えられます。大体、今時テレビの視聴率を議論するのは、時代の流れに付いていけない高齢者だけです。時代は、もっと進んでいます。

2021-05-02 08:24:11
名前無し

久しぶりにこのサイトに来てみたらおちょやんの低視聴率が話題になっていることにびっくり。
そんな事気にもせず、ただ久々に手抜き感のない良い朝ドラになっているなぁ、と時に笑いながら時に涙しながら、15分堪能しながら視聴していたから。
残念だなぁ、、。
このドラマ、しっかり制作されていると思いますよ。もちろん視聴者の好き嫌いはあって当然だけど、おちょやんは朝ドラにありがちな、中途だるみやステ回などの手抜きなく制作陣や役者たちそれぞれ情熱を持って良い作品を作り上げていると思います。私にとっては「カーネーション」以来の引き込まれる朝ドラの一つになっています。

    いいね!(1)
2021-05-02 08:24:52
名前無し

子どもを産めない妻が夫に捨てられるなんて話は朝ドラの路線から外れてるから視聴率が取れないのはわかります。
でもヒロインが家族の愛に包まれて立ち直って行くのを見るとやっぱり朝ドラなんだなあって心温まるのを感じています。

高城百合子さんの再登場を願う投稿に同意していますが彼女が帰国したのは昭和47年です。おそらくその時代までは行かないでしょう。93年に浅野ゆう子さん主演で岡田嘉子さんのドラマをやったようです。

最後は道頓堀が気になりますね。寛治が捨てられてかわいそうなんて私は思わないです。大人なんだからそれを機に成長を遂げて大物喜劇俳優へと羽ばたいて。

2021-05-02 08:30:28
名前無し

自宅でテレワークをしていますが、そのままパソコンの前にいて朝ドラが見られる「NHKプラス」は、凄く便利ですよ。他の人達にもお薦めしたいと思います。恐らく、テレビの前で朝ドラを見る人達が少なくなってきているのではないでしょうか? 実際、NHKは、朝ドラの視聴率をまったく気にしていないそうです。

2021-05-02 08:37:51
名前無し

超低視聴率だと何だかんだと擁護も大変ですね。そういうことをしなくて済むドラマだったら良かったですね。
ラストまであと2週間、ここまで長かった。
さあどうだとばかりに種明かし的に見せるおちょやんより、じわじわと心に沁みてくるように丁寧に見せてくれるドラマが好きです。朝ドラは半年もあるので特に。

2021-05-02 08:41:00
名前無し

>NHKは、朝ドラの視聴率をまったく気にしていないそうです

これは違いますね。大河と朝ドラの視聴率だけは気にしていると言われています。

2021-05-02 08:49:18
名前無し

視聴率論争はお茶の間でやってください。閉鎖してもいいくらいにお茶の間は利用されなくなりました。ファンの方はファンスレを盛り上げて欲しいです。スレ主対応型で書きづらい面があるのは確かですけど。

2021-05-02 09:16:32
名前無し

NHKは、とくに視聴率を気にしてほしいです、気にしないなら批判殺到でしょう。
おちょやん視聴率が低過ぎ問題あり、制作陣のどや感だけ伝わりました。

2021-05-02 09:19:40
名前無し

本スレにファンは書いちゃいけないのか。
「お茶の間」に行け、は煽り投稿ですよ。注意して下さい。
視聴率論争は「お茶の間」でも迷惑です!!

2021-05-02 09:22:08
名前無し

今日のお昼の「こどものど自慢in関西」は毎田暖乃ちゃんがゲストで出ます。
いやはや可愛いだろうなぁ~(*^▽^*)
お楽しみに。

2021-05-02 09:22:33
名前無し

まだ続けるのですか?感想を書かせてくださいって言ってるんです。また来ます。

2021-05-02 09:22:40
名前無し

視聴率は民放の話。
公共放送は大衆に媚びず、低視聴率でも東京ドラマアワードグランプリを取った「いだてん」のような作品を作るべきです。

2021-05-02 09:38:07
名前無し

公共放送みんなに見てもらえないでどうするってハナシ

2021-05-02 09:39:18
名前無し

ドラマは作り手の自己満足ではなく、たくさんの人が見たくなる作品作りをお願いしたいものです。
ヒロインにも言えますね。自己中ヒロインはいりません。思わず応援したくなるようなヒロインをお願い致します。

    いいね!(1)
スポンサーリンク
2021-05-02 09:39:36
名前無し

過去の骨董品の視聴率をとやかく言えるのは、年寄りの特権かも知れないな。もう時代は、一年前と比べて遥かに進んでいる。大体、テレワークに必須のMicrosoft Teamsの存在さえ知らない年寄りと議論をしていても仕方がない。

2021-05-02 09:46:51
名前無し

いくら視聴の仕方が変わったとしても同じ条件で前作は期間平均視聴率が20%を超えています。視聴率だけでは評価の判断は出来ませんが、前作は同じ条件で20%を取っているのも事実です。それはさておき今作は丁寧に作っているとは思えません、時間を頻繁に飛ばし後出し事後報告ばかりで雑です。それに得意ぶって伏線ばかり張って視聴者を欺くことが面白いことだと思い込み伏線ばかり張るから見るほうは混乱して各自脳内補完が始まる、もっとシンプルに直球で面白いドラマが作れないのか、そんな小細工を使わなくても上質なドラマが作れるはずです。なんか今作は頻繁に奇をてらった演出で盛り上げようとしている魂胆が鼻につきます。

    いいね!(1)
2021-05-02 09:46:52
名前無し

別におちょやんだけ前代未聞の視聴率でいいじゃない笑
このドラマだけ視聴率は関係ない特別な朝ドラなんでしょ。笑えるけど。

2021-05-02 10:11:19
名前無し

ほんと、この先またどんな後出しで盛り上げるんでしょう。そういうのがお好きな脚本家さんなんですよね。朝ドラではこういう作風、苦手だわぁ。

2021-05-02 10:12:13
名前無し

この業界はお客様を呼んでなんぼの世界、広く一般に受けなかったら負けです。
一部のご奇特の方たちのマニア向けのドラマではない。

2021-05-02 10:16:23
名前無し

>公共放送は大衆に媚びず、低視聴率でも東京ドラマアワードグランプリを取った「いだてん」のような作品を作るべきです。

端役の登場人物に対しても脚本家の愛情やリスペクトがいきわたった「いだてん」と、主要な脇役さえもすぐモブ化して駒扱いの「おちょやん」を一緒にしないでください。脚本家のドラマ愛と技量が全く違います。
それと、「お客様に喜んでいただく」=「大衆に媚びる」ではありません。お金をいただいているプロです。コロナ禍で気持ちが沈んだ視聴者が楽しんでみてくれて、かつ不快にならないように配慮して社会性をうまく潜り込ませた良質なドラマを作ればいいじゃないですか。「おしん」なんかは、エンタメと社会性が高度に両立していたから不朽の名作なのだと思います。

    いいね!(1)
2021-05-02 12:42:04
名前無し

大衆に媚びるのならまだしも、あらぬ方向に媚びてるんやて。

2021-05-02 13:08:32
名前無し

>議論が長引きそうになった時にはお茶の間に誘導してください。
とガイドラインに書いてあるのでお茶の間誘導は煽りにはなりません。

2021-05-02 13:09:20
名前無し

天海祐希さんは、杉咲花さんと同じ事務所だからこその友情出演だと思います。他のドラマで母娘共演されてましたし。

2021-05-02 13:14:27
名前無し

コロナで初の放送中断となった大河「麒麟がくる」は放送再開後の視聴率は伸び悩んだものの最終回近くからどんどん数字を上げ好評のうちに終わった。その直後に始まった「青天を衝け」は麒麟最終回の勢いをうけて20%の好スタートをきり、10話を越えても「麒麟がくる」とほぼ同じ視聴率をキープ。
同じく初の放送中断となった朝ドラ「エール」も放送再開後は視聴率が下がったが終戦後からぐんぐん数字をあげ最終回は21%を超えた。その直後に始まった「おちょやん」は初回から18%台でスタート、そこからどんどん数字を下げ、ようやく下げ止まったものの記録的低視聴率で終わることはほぼ確定。
朝ドラとして受け入れられない作風だったのが低視聴率の最大の原因だろうが、「おちょやん」は後半から視聴率が下がり続けたこともその不人気をあらわしていると言えるだろう。本当にいいドラマ、おもしろいドラマだと途中から離脱する視聴者は少なく、低いままの数字でキープされるもの。後半下がり続けたということは単純におもしろくないドラマだったと言える。

    いいね!(1)
2021-05-02 13:27:35
名前無し

>本当にいいドラマ、おもしろいドラマだと途中から離脱する視聴者は少なく、低いままの数字でキープされるもの。後半下がり続けたということは単純におもしろくないドラマだったと言える。

別に「おちょやん」が良くない作品だから下がり続けたんじゃないでしょうよ。実弟が暴力団員になっていて放火未遂犯になった、夫が不倫の挙句妊娠させた女に寝取られた、と言うストーリー展開が受け入れられなかった一般大衆が多かっただけで、有識者からの評価はまた別でしょう。
人からどうこう言われることに関係なく、自分のポリシーでドラマは楽しみたいものですね。

2021-05-02 13:31:28
名前無し

おちょやんってなんと言うか、
昔懐かしい大衆文学の香りがしますね。
私が若い頃からずっと読んできたのは主に純文学
(無論、古今東西の名作も)なんですが、
こういう作風も悪くないと感じています。
年齢的にも経験的にも、幅の広さというのか、
心の余裕が出てきたんでしょうか。

    いいね!(1)
2021-05-02 13:40:35
名前無し

「おちょやん」の超低視聴率を認めたくないので、必死で屁理屈を並べる。
みっともないから、いい加減やめたら。
恐らく関係者の仕業だろうけど。

2021-05-02 13:42:30
名前無し

やはり朝ドラの時間帯に持ってくるには、テーマや素材が重すぎたということではないでしょうか。当時の貧しさというか、時代性を考慮すれば、父が子を売ろうとするのも、少年が反社会に誘われてしまうのも、決して無いことではなかった。たとえば昔の名作小説を読むなら、そういう話はごまんとあります。昨今のドラマは批判を恐れて、肌触りの良い描き方に傾いていますが、果たしてそれで良いのかと思うこともあります。また、朝ドラはこうでなくてはという定義があるわけではなく、いろんなドラマがあっていいと思います。犯罪をただ否定するのではなく、どういう事情が人をそういう道に向かわせたのか、当時の社会情勢から鑑みれば、真実が見えてくることもあります。バブルあたりから、表面的なかっこよさだけを追求するドラマがやたら増えましたが、昔を知っているものには、おちょやんの世界は少しも特殊なものではありません。

2021-05-02 13:44:01
名前無し

後半からハマって見ています。
誰にも見やすいように妾や不倫をごまかすようなドラマより好きになれるところがあります。ほんとに一緒に苦しんで一緒に喜んできた感じがします。こんだけ苦しんだのだから最後は本当に喜びたい。
テーマが家族だと書いたらムカムカすると反論されましたがドラマのいう家族が今までにない描き方でいい意味で刺さります。

2021-05-02 13:47:37
名前無し

>「おちょやん」の超低視聴率を認めたくないので、必死で屁理屈を並べる。

逆に言うなら、なんとか「おちょやん」を駄作に仕立て上げたくて、屁理屈を並べているようにも見えます。

2021-05-02 14:12:53
名前無し

丸眼鏡の暖乃ちゃんも可愛かったなぁ。
先週の千代ちゃんが羨ましかった。
俺も抱きしめたいよ(笑)

2021-05-02 14:18:24
名前無し

>「おちょやん」の超低視聴率を認めたくないので、必死で屁理屈を並べる。

低視聴率でしょう。認めてますよ。
ただ、視聴率と言う権威にすがるのは危険かと。多数が正しく少数が間違っている、マジョリティーが正義でマイナリティーは悪だ。
もっと言うと、視聴率の他に紅白、朝ドラ、大河をありがたがる人々。権威主義的パーソナリティーとエーリヒ・フロムが定義し、民主政治からナチスが誕生した原因とされました。
こんなところでマウントを取るのが馬鹿らしいと思いませんか。
「コントが始まる」「コーヒーいかがでしょう」、民放にも面白い作品がありますね。視聴率を気にせずに楽しみたいと思います。

2021-05-02 14:24:16
名前無し

駄作に仕立て上げる必要も無く 結果は既に出ている! なんちゃって笑

2021-05-02 14:34:19
名前無し

リアルを追求なんて言ってるなら、綺麗事でまとめてしまう展開が無しだったら納得かも。
兎に角、何事が起ころうとも無理矢理チャンチャンてエピじゃ高尚なドラマには思えないし、寧ろ薄っぺらい印象しか残らないでしょう。

2021-05-02 14:37:23
名前無し

おちょやん 視聴率下がってるのは普通の話の頃からだったと思う。千之助と万太郎の週とか。設定がうけなかったとか時代が古かったからだけじゃない。大河は人気の戦国時代じゃない「青天を衝け」が結果を出してる。

2021-05-02 14:41:09
名前無し

面白く無いものは、面白く無い。
視聴率が低いのは、ただ、それだけ。
権威もナチスも関係ない。

2021-05-02 14:42:10
名前無し

視聴率が低いのに名作のような記事が出てるから反発されてんでしょ。普通に「純と愛」みたいな失敗作だと思う。それでいいのに反論するから。子供が豚の餌食べて喜んでる朝ドラでしょ。そのセンスできたからこうなった。最後だけ無理にいい話にして泣かせるから反発される。

2021-05-02 14:48:38
名前無し

そもそも視聴率云々と、いつも話題にしているのはアンチの方ですよ。
逆にこちらの方は、それしか掲げるものはないのか、
発想が貧困だな・・と思ってしまいますが。
無論、ドラマの作り自体を真面目に批判している方もおられ、
なかにはもっともだと思わせる論評もあります。
こちらはこのドラマにそういう欠点のあることも分かっており、
なおそれに余りある魅力を認めているからこそ、ファンになっているわけです。
まあ、人間というのは、自分に見えているものだけが真実であり、
どこまで行っても平行線なのは仕方ない事ですが。

2021-05-02 14:54:26
名前無し

ちょいちょい「純と愛」を馬鹿にしてくる人がいますが、当時夢中になって録画してリサーチして観ていた者としては、あまりいい気がしません。視聴率が他と比べて低かったからといって、観る人にとってはかけがえのない特別な作品になっていることだってあるのです。「おちょやん」も誰かの大切な作品になっているとしたら、それはそれで尊重されることではないでしょうか。批判することと、過去の作品と共に馬鹿にすることは違うと思います。



スポンサーリンク


全 12089 件中(スター付 1239 件)10751~10800 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。