4.13
5 14件
4 3件
3 3件
2 1件
1 2件
合計 23
読み おわかれほすぴたる
放送局 NHK総合
クール 2024年1月期
期間 2024-02-03 ~ 2024-02-24 最終回
時間帯 土曜日 22:00
https://www.nhk.jp/p/ts/1ZN13MQ53W/ 主演・岸井ゆきの 高齢化が進行し、癌が国民病と化した現在の日本。7割以上の人が病院で最期を迎える。 そんな病院の中でも 、 末期がんなど重度の医療ケアが必要な人や、在宅の望めない人を受け入れる療養病棟。 そこは...全て表示
全 32 件中(スター付 23 件)1~32 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]

2024-02-02 02:39:50
名前無し

ついにこれがNHKでドラマ化されるのか!
内容の素晴しさはもう保証すみ。もう号泣エピが満載。
スタッフ、キャストも 文句は無し。
もはや放映前から、多分今年のベストドラマのベスト10に入る事は間違い無し。
まさにNHKだからこそ制作出来るドラマ。
ベテラン名優達の入魂の演技を味わおう。
そして、改めて老いと死について考えて泣きましょう。

ちなみに原作者の沖田さんもこのドラマ化は喜んで楽しみにしていると思います。
沖田さんは漫画とドラマの違いを「透明なゆりかご」でよく熟知しているからね。
なにせ、脚本家もスタッフも「透明なゆりかご」と同じなんだから。

大期待しています!

    いいね!(1)
2024-02-04 01:19:24
名前無し

どんどん患者が死んでいく、、土曜の夜には精神衛生上疑問です。
「透明のゆりかご」とは基本的なコンセプトが異なりますね。もう少しドライに描いてほしかった。期待大であったため星派にしました。
重いドラマだ。

    いいね!(1)
2024-02-04 11:32:58
名前無し

たしかに重い
医療従事者だが、見てて辛くなる
おまけに家の問題も重すぎ
ドラマ全体の雰囲気やBGMがたしかに「透明なゆりかご」っぽさを感じるけれど・・・
「辛くても生きろよ!」ってセリフはなんだか響いたな
自分自身辛くても頑張って生きてきた人間だから
視聴継続するかは、次見て決めようかな・・・

    いいね!(1)
2024-02-04 11:50:34
名前無し

「透明なゆりかご」がとても良かったので期待したけど、面白いとは思えなかった。人がどんどん死んでいけば感動するというものではない。でも岸井ゆきのの演技は良かった。

    いいね!(1)
2024-02-04 11:58:23
名前無し

「透明なゆりかご」「ライオンのおやつ」等と同じく、重い話だが見なきゃいけないような気にさせる今作。
どうしようかと悩んでいたが、3名のコメントを読んでやめることにした。
年初からの震災で人命が失われる話はキツイ。
そもそも人の死で感動させようなんて発想がおかしい。

2024-02-04 19:28:03
名前無し

ばっか先生のリアリズムは健在だ。ワケあり出産を描いた《透明なゆりかご》と違い、終末期の人々の壮絶な叫びとその死を扱っている。病室が瞬く間に空になったり、入院してきた人がすぐ逝く。重苦しい雰囲気でとても「楽しい」「おもしろい」という感情は湧き出てこない。逆に見るに忍びない。しかし、だれもが迎える人生の終わりに目を背けたくはない。そして、岸井ゆきのは好演しているし、出演する俳優陣も豪華だ。だから継続視聴するつもり。

    いいね!(1)
2024-02-04 22:57:25
名前無し

死ってなんだろう
そのままでした
大変な仕事……
生きていくのって本当にしんどい
死ぬよりも。死ぬまでの気持ちと身体のキツさは
本当、どうしたものか。でも誰でも経験すること
息子さん言ってた「お金もかかるし…」って。本音
現実の死はいつかやってくる
しんとして生きていくしかないじゃん

    いいね!(2)
2024-02-05 11:12:17
名前無し

重すぎると書いたものですけど、他の方が書いたレビューや別のサイトのコメントを読んで、やっぱ視聴していこうと決めました
たしかに本音も散りばめられてるし、ピン子さん夫婦も最後にいい思い出で過ごせる良い決断をしたと思うし
それもこれも全て終末期にあり得ること

2024-02-07 16:41:08
名前無し

いいドラマだと思う。次も見ます。

2024-02-07 21:30:41
名前無し

良いドラマだとは思いますが、高齢化社会の日本で医療問題や介護問題など様々ある中、あまりに現実的で観ていて辛いです。還暦が近づき、気持ちは若く健康でもいろいろと考える今日この頃、わざわざどんどん死んでいくドラマを観なくてもという気はします。

2024-02-08 22:50:17
名前無し

何の予備知識もなく、見ました
豪華な俳優たちが、患者を演じていました
素晴らしい演技が患者としての光を放ち、あっという間に姿を消してゆきました
医療従事者役の岸井さんの、淡々として内側から滲み出るような演技が惹きつけます
妹役の女優さんは他局での作品で見たことがありますが、こんな重い役ができるとは意外でした
最近は、考察ブームなのか内容や質は二の次で軽い作品ばかり・・
”胸を打つ作品に飢えていた”ドラマ好き大人は
「どっぷり浸かっていこう」と、楽しみにしています。

    いいね!(1)
2024-02-09 14:54:02
名前無し

まだ1話だけですが、私はとても良いドラマだなと思いました。
感動したとか、面白かったとか、すっきりしたとか、一般的なドラマに求めるものはほとんどかえってこないかもしれませんが、心が揺さぶられる、そして心に刺さるドラマになるんだろうと思います。

「透明なゆりかご」も見ていてとても辛いドラマでしたが、最後まで見れて本当に良かったと心から思ったのを覚えています。
透明なゆりかごは「死」もありながら「生への希望」がありました。このドラマは今のところ「死」ばかりですが、そこから今を生きることへの希望が見えてくるのかなと期待して視聴したいと思います。

2024-02-10 08:12:04
名前無し

家族が入院した時「もう高齢なのでもしもの時の延命治療をどうするか答えてほしい」と医師に迫れた記憶が生々しいため、遅ればせながら途中からでも見るつもりだ。

2024-02-11 03:06:04
名前無し

ラストの港のシーンで見せる、ダンナが死んでキレイに美人になる変貌した女房の姿が強烈だった。
演じた高橋恵子さんの名演技はさすが!そう、だからこの役は高橋さんだったわけねとすごく納得しましたわ。

それにしても、このドラマに登場するオッサンやジイサンどもの姿のなんとも情けない事か。
みんな日本の男性優位社会と社会常識のレールの上を信じて生きてきたあげくのその慣れの果てである。
そんな日本の社会制度システムのせいでみんな孤独を感じながら死んでいく。
日本男はダメだなー!
改めてそう感じてしまう。
高橋恵子の奥さんはダンナからようやく解放されたからキレイになったのだろう。

ちなみに私は66歳のジジイである。数年前まで介護関係の仕事をしていたから、さんざんこういうオッサンやジイサン達を見てきた。だからよくわかるのだ。
昔から私はレールからハズレたマイノリティの生き方をしていたので、彼等を見ていて、日本の男性優位と社会常識のレール絶対主義の社会はダメだ、みんな被害者だわと思ったものだった。
これが歪んだ偽善の考えだと解って否定すれば、まだ男の老後は生きやすいのである。
私は早くからこの考えにたどりついたので、貧乏だけど案外気楽に楽しく生きている。そうなれば自然にLGBTQも理解出来るし、人や動物に優しくなれるものなのである。
もちろん表面的にはそれに従うが、心ではあっかんべーしてバカにしている。

作者の沖田さんは「透明のゆりかご」もそうだが、一貫して、その日本のイビツで歪んだ男性優位社会と社会常識ルール絶対主義の日本の社会制度にふりまわされ被害者となる理不尽な世界に生きる女性やマイノリティの人達の苦しみと悲しみ、そして彼等を救うわずかな希望となる愛の素晴しさを描いている。

本作もホスピス病院の世界を描きながらそう。静かに日本の理不尽な社会常識と制度への怒りが描かれてる。
だから素晴らしい作品だと思うのだ。

その証拠が高橋恵子の奥さんの解放された姿だ。まさにそれである。
なぜならあのダンナは彼女に対して死際でも「ありがとう」は言わなかった。ダンナは女房はタダの家政婦で世話係としかみてなかったのだ。

私はあのダンナはアホだな、憐れだなと思う。
「ありがとう」と簡単に言えさえすれば自分も気持ちよく死ねたものを。
日本の男はやっぱりダメだわ。ほんと!

    いいね!(3)
2024-02-11 04:55:14
名前無し

「早く逝ってください……」
意識朦朧の旦那の枕を覆っていたタオルを替え、ハンカチで頬や額の汗を吸い取り、優しく顔をなでたそのあとで、旦那の耳元で、しかもみんながいる前で、このように囁いた今日子。彼女を演じた高橋惠子の熟達された演技力がもっとも光った瞬間だった。旦那に仕え、家族のために一心不乱に働いてきた妻の本音暴露は衝撃的だった。それを間近で聴いていた歩(岸井ゆきの)もショックを隠しきれなかった。最終シーンで、重荷が降り軽い足取りで去って行く今日子の姿を見て放った「人は愛に生きる。でもそれは美しいけど残酷……」というの歩の心の声に、まだ若い彼女の成長が感じられた。

摂食障害の妹への「ちゃんと食べてる?」というあからさまのLINEを思いとどまった歩。その後「生きてる?」というメッセージに変えて送ったので「生きてるよ」と返信された。言い争いが絶えなかった2人の関係を修復する第一歩と感じられた。

ひとりぽっちの寂しさを紛らわすためにナースコールを繰り返す次郎(きたろう)。その行動を変えたのが、隣のベッドにお見舞いに来ていた子どもからもらったキャラメル。子どもとの交流で、彼の心が癒やされ充たされたのだ。この成り行きは上手かった。

やはり沖田×安達の最強伝説はゆるぎないと感じた第2話であった。

    いいね!(2)
2024-02-11 07:07:54
名前無し

すごくいいドラマですね。
「早く逝って下さい」は介護してる人のみんなの本音だと思います。
私もずっとそう思ってました…
一話ずつのゲスト俳優の方も豪華で、こういう病棟の医療ドラマは民放ではなかなか作れないので、NHKならではの良質なドラマだと思います。
介護は家族の在り方も変えてしまいとても辛いですが、最期にこういう病院に入れる人は運がいいと思います。
来週も楽しみです。

2024-02-11 11:41:33
名前無し

これはリアルな現実ドラマです。これを見て死で感動させたいドラマなんて思う人は何を見ているのだろう?感動するとかしないとかそんなチープ考えをこのドラマを見て思う人はムリして見なくていい。ドラマもを見て毎回いろんな事と考えさせられる。家族や孤独や死や…いろいろ。そういう素晴らしいドラマなの。

2024-02-11 12:01:50
名前無し

録画して早い時間に見ました夜寝る前にはチョット何人も辛い

2024-02-11 14:05:14
名前無し

ドラマというより現実に起こりえることを描いただけに留まっているのが残念。エンタメ性が欠落している。内容が重いというのは悪いことではないが。

2024-02-11 14:44:03
名前無し

良質のドラマ。
親とのお別れがいよいよ現実味を帯びてきた今日この頃、どういうお別れになるのか想像しながらしみじみ見てます。
死ぬってなんだろう、家族ってなんだろう、お別れってどういうことだろう・・たまにはこういうことを考えるのも良いもんです。

2024-02-11 20:06:47
名前無し

いいドラマ。想像以上にちゃんと描いてる。
こんなお医者さんはいないしいつもの屋上シーンもあるけど。
これを重いという人は…いや大半の人が重いと思うから現実のわからん家族たちがいるんですね。
柵カバーがとってもリアル。

2024-02-12 00:34:46
名前無し

両親か……身につまされる
親とはいえ他人
どう思っていたのか
何を考えていたのか

自分は親の友人の方々の話しから
すこし、ほんの少しだったけど
自分の知らなかった親のすがたを
垣間見た

単純なわけない
一面、一方向なわけない
その時はかみしめるしかなかったなぁ…

2024-02-14 01:59:57
名前無し

1話目で『透明なゆりかご』と雰囲気・音楽が似てる〰️と思ったらやっぱり~
暗くて重めな内容ですが明日は我が身って思うと目が離せません!
2話目の高橋恵子さんの「早く逝って下さい」は将来もしかしたら自分も言うかもとか反対に言われる方かもとか色々頭から離れないセリフでした。
男女、年齢を問わず色んな人に観てもらいたいドラマだなぁと思います。

2024-02-14 04:01:44
名前無し

NHKならではの大変上質な良いドラマですね
このドラマにエンタメ性を期待する人には
みてほしくないなあ。
現実の自分もいずれ老親の悲しい最期を
見届けなくてはならないんだと
来たるべき苦難を感じつつ
心にズシンと来ています。
ナース役の岸井さんが素晴らしいですね、
松山さんも心優しいドクターの役がピッタリ。

2024-02-14 11:39:21
名前無し

前回から視聴。高橋恵子さんが出ていました。
岸井ゆきのさん好演。松山ケンイチさんの見守る医師役もドラマを引き立てている。
「早く逝ってほしい」と願う家族、それを聞く本人。
キタローがティッシュを何枚も看護師にぶつけていたが、隣の見舞いに来ていた坊やからキャラメルをもらって食べた時の笑顔、その包み紙で折り鶴を折る看護師。
家族に迷惑をかけたくない、しかし、寂しい、この世とのお別れは尚寂しいと思いました。
感動しました。しかし、家族の最期を思い出し、視聴に勇気が必要でした。現実はあれ以上ですから。

2024-02-18 02:20:30
名前無し

凄く面白いのですが、あまりにも多くの題材を50分の中に押し込んでいるので10回で見たかったです。岸井さんの熱演に★5は付けますが、、、。

2024-02-18 02:21:57
名前無し

クリスマスパーティーのシーンでホロリとして、古田新太さんの幽霊が出たシーンでなんか泣いてしまった。
やっぱ成仏してなかったんだね。あの自殺は発作的なもんだったんだろうな。
古田新太幽霊さんはクリスマスパーティー見て、きっとこう思ったかも。
「なんか楽しそうじゃん。自殺したの失敗したな。生きてて俺も参加したかったよ」

このドラマを見ているとこのフランス語の言葉を思い出す。
『セラヴイ』
直訳は「人生」。だが、いろんな意味を含んでいる。

まさにこのドラマの世界こそ「セラヴイ」。
久しぶりにこの言葉を体現したドラマを見る事が出来て、うれしいかぎりである。

ほんと、素敵なクリスマスパーティーだったではありませんか。
なんと、セラヴイ!

2024-02-18 22:08:32
名前無し

良質の部類に入るドラマなのだろうが個人的に苦手なジャンルであった。

2024-02-19 16:27:50
名前無し

焼き鳥屋のシーンが良かった。死ぬとか生きるとかいろいろ考えちゃうね。
こんなの10話もいらないよ、重くて見られないから。次回最終回くらいでちょうど良い。

2024-02-19 20:24:50
名前無し

植物状態の娘ひとみさんの顔を見ながら「目を覚ましますよね」と佐古さんがつぶやくと、「そのうちきっと」と赤根看護師が応える。クリスマスにうっすらと目を開けている幻影が見えたのは、このやりとりがあったからだと感じた。お母さんが歌ってくれた《星の界》という希望の歌を、懐かしがっていた福山さんが歌い、これも佐古さんの望みを後押しした。瞳を数ミリ自分の方に寄せたひとみさんが見えたのはこの歌のおかげかなと思った。この演技をしたひとみ役の女優さんに拍手👏

しかしサンタさんになった赤根さんが喉頭癌。そして佐古さんも口腔癌……。献身する者たちが、病気になるのはやるせない。治って欲しいと願わずにはいられない。

面白いわけではない。しかし、すごく心をゆさぶられるドラマだ。

2024-02-20 23:45:42
名前無し

録画したこのドラマを観て、
夜、新宿行ってライヴ行った
まるごと生きてそして死ぬ
頭から離れなかったです
今、生きてる事を
とても強烈に感じさせてくれるドラマです
役者の仕事の本懐だよなぁ
ぁぁ……ってこころを撃つんだから

2024-02-21 15:10:41
名前無し

登場人物の気持ちがグサグサ心に響いてくる。
救いようのない物語の中に小さな希望も見え隠れして、泣けて笑えて物凄い良質なドラマだと思います。
こういうドラマはNHKでしか作れない。
私達はこういうドラマをもっと観たいんです。



スポンサーリンク


全 32 件中(スター付 23 件)1~32 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。