3.33
5 8件
4 1件
3 0件
2 0件
1 6件
合計 15
読み うるとらきゅうよんけいりますたーばん
放送局 NHK BSプレミアム
クール 2021年4月期
期間 2021-03-29 ~
時間帯 月曜日 23:15
BSプレミアムにて放送されるのは 4Kリマスター版をHD画質に変換したもの。さらに、4K版で狙った色や光の印象が変わらないよう、同じスタッフがカットごとに微調整も施し、2K SDR画質でありながらも、4Kリマスター版が持つ魅力の一端を感じさせる。 https://www4.nhk...全て表示
全 17 件中(スター付 15 件)1~17 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]

2021-05-11 22:26:12
名前無し

オープニングテーマ曲は現在でも様々な番組で使われるくらい有名だよね。

2021-05-11 22:42:32
名前無し

さすがに古いし、特撮も古めかしい。
やはりCGが主流において今期ドラマとは
比較できないし評価の対象にもならん。

2021-05-12 18:52:47
名前無し

第7話《SOS富士山》
アンバランスゾーンストーリーが4Kで蘇った、この話、当時の視聴率が32パーセント。3人に一人は見ていたということになる。これは怪獣が登場するにコメディだ。金子大が自虐巡査として、晴乃チックタックがおもしろ岩石処理隊として出ている。昔を知る者にとってはなつかしい。白糸の滝でのロケもきれいだ。ターザンのようなタケルが、ゴルゴスから命のボールをもぎ取り地球を救う。ウルトラヒーロー活躍以前は、基本人間が怪獣を倒す。これがウルトラQの醍醐味である。

    いいね!(1)
2021-05-13 12:00:09
名前無し

第四回の「マンモスフラワー」で突如現れた巨大植物の根っこが
人間に巻き付いて締め上げる様子が午後ローでやっていた
「ミスト」というホラー映画の謎の生物の攻撃場面にとても似ている気がしてきた。
最近見たこの「ミスト」も霧とともにやってくる恐怖に
人間の理性が壊れていき、助け合うべき集団が内部分裂していく
様子を描いたもので相当恐ろしかったが、もしかしてウルトラQも
影響を与えたのではと思ってしまった。

    いいね!(1)
2021-05-13 23:07:03
名前無し

ケムール人の中に入っていた古谷敏さんが、その見事な演技力を評価され、次作のウルトラマンのスーツアクターに抜擢され、その頑張った「ご褒美」として、さらにその次作のウルトラセブンでは、アマギ隊員として素顔でのレギュラー出演になったという一連の流れは結構有名な話ですね。

    いいね!(1)
2021-05-14 07:17:00
名前無し

リマスター版とはいえ再放送のドラマは高評価出来ない。
今更感ある。

2021-05-17 23:45:12
もんぐらー

大きなモグラちゃんが可愛かったです。
多くの戦車やミサイルで攻撃を受け可哀想でした。

    いいね!(1)
2021-05-18 03:12:27
名前無し

モングラーとの戦闘シーン、ラドンの映像をたれ流し。萎える。

2021-05-18 03:36:54
名前無し

第5話《ペギラが来た》初期のウルトラQは石坂浩二のナレーションにより不気味さを一層増していた。野長瀬作品は好きだ。ラゴン、ザラブ星人、ダダ、YR星人と怪奇映像のオンパレード。そして大がかりな南極セットへのこだわり。いいねえ。それにしても田村奈己さんは美しい。
第6話《育てよ!カメ》カネゴンに似た風味の異色作品。どこまで現実でどこからが妄想かわからない。乙姫がロケットに乗ったり急に龍が出てきたりとやりたい放題。この世界観は到底理解不能。
第7話《SOS富士山》追記。昔風のペロペロキャンディが妙になつかしかった。
第8話《甘い蜜の恐怖》鉄道模型が出てくるとわくわくする。三角関係の一人にハヤタ隊員。若い。あおばくるみで巨大化したゴローと同じだ。いっぺいくんがなり損ねた巨大人間もこれから出てくる。ゴモラみたいにどこから地表に出てくるかわからない恐怖心があるな。人間の欲望がこの事件を生んだ。モグラはその犠牲になったわけだ。最後の地盤沈下と噴火映像では、藤岡弘&いしだあゆみ版の「日本沈没」を思い出した。

2021-05-25 04:06:04
名前無し

第9話《クモ男爵》これぞウルトラQの神髄!背筋の凍りつくような戦慄の展開である。灯台守を襲う超巨大クモ。底なし沼に落ち込むいっぺいと竹原。初っぱなから恐怖シーンのてんこ盛りだ。霧の中の明かりのついた幽霊屋敷に逃げ込む6名。「暖炉拝借しま~す」「どうぞオ」というユリちゃんの一人芝居にホッとするが、万城目のクモ男爵の伝説やいっぺいのオカリナが一層不気味さを加える。2人の女性に「気味悪い」とたしなめられて吹くのをやめても、鳴り続けるオカリナ。この家内のグッズには即、人の心が宿るのか。そして彼らに襲いかかる2匹の怪物。万城目のいう男爵とその令嬢の変わり果てた姿なのだろう。

この話では、クモを操っている糸がまったく見えない。特殊技術なのだろうが、すばらしい!そして襲撃される美女にかつて007にも出演した若林映子。彼女がこの超常ミステリーに欠かせない存在となっていた。

    いいね!(1)
2021-05-25 07:24:31
名前無し

今期(4月度)ドラマではないし、意図的でもないシロクロの
TV映画用フィルムでこしらえた作品をここで紹介することの違和感
と言ったらない。それこそ「アンバランス」な世界だ。
4月度ドラマと一緒に見ると調和が崩れて高評価できない。

2021-05-26 00:26:19
名前無し

凶悪怪獣ガラモンは、後に友好怪獣ピグモンとして復活するのだ。

2021-05-30 13:58:54
名前無し

正直な話モグラは実物見たことないけれど、
モグラっぽくはなく人間が入っている感じがしました。
四つ足の動物の再現は難しいものなんですね。
人間はもう二足歩行の生物になっているのですから。

それに比べて蜘蛛のクオリティは高くて驚きました。
まったく糸が見えない。
また蜘蛛に襲われた女性もミステリアスな雰囲気の美女でこのドラマによくあっていました。
怪獣映画のもう一つの主役は自ヒロインを演じる女優だという特集番組を見ましたが、まさに当てはまる巨大蜘蛛の話でしたね。

2021-06-01 00:01:31
名前無し

一定の評価を得ている作品が脅威なのね。
排他的独占に付き合っている暇はないわ。

2021-06-01 05:24:44
名前無し

第10話《地底超特急西へ》人工生命と地底超特急という近未来思考のミステリアス&コメディ作品。冒頭の新東京駅のミニチュアはサンダーバードを彷彿とさせる。駅構内では、靴磨き屋のイタチがお客と十円の差で言い争いをしている。当時は感じなかったが、今見ると幕末に新幹線が走っているような、別の時代がドッキングしているなんとも奇妙なシーンである。

ちょっとしたすれ違いから、いっぺいちゃんが超特急「いなずま」に人工生命を持ち込み、アンバランスゾーンの完成。アタッシュケースの中身は取材セットではなく、ピカピカ点滅している機械。これって、古代怪獣をカプセルに封じ込めたというウルトラマンのアボラスとバニラにつながるのでは?と思った。

不安定生命体M1号の誕生は、スピードの加速によるものなのだろう。運転席を乗っ取った怪物はやはりスピード感に興味を示している。M1号とともに暴走する先頭車両に取り残されたイタチは保安ロッカーに逃げ込んだが、そのまま新北九州駅に突っ込んで、勢いで宇宙へ飛び出す。そして、M1号はソ連宇宙飛行士の「わたしはカモメ」を真似て頭をかき、イタチの乗った保安ロッカーとともに、地球の周回軌道を回る。まあ、これほど人をおちょくった終焉はない。しかし、これも一興!

この作品では、「おはようこどもショー」で司会を務めたキューピーちゃんがへっぽこ駅長としてゲスト出演。なかなかユーモラスだった。

    いいね!(1)
2021-06-01 07:02:17
名前無し

確かに貴重な作品だが4月期ドラマとして捉えるには無理がある。
他のドラマと比べても釣り合いが取れてない。やはり古すぎる。

2021-06-08 18:16:34
名前無し

古すぎるという意見があったが納得。名作であり古典であることは間違いない。作品に罪はないが今期のドラマランキングに置かれてありと、今の時代を頑張るTVドラマ制作側、及び、タレントの皆様のことを考えた末、適応性に欠けており情報においても得るものが少ないため、結局は低評価に…



スポンサーリンク


全 17 件中(スター付 15 件)1~17 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。