3.26
5 45件
4 23件
3 16件
2 11件
1 34件
合計 129
読み あいぼう しーずん19
放送局 テレビ朝日
クール 2020年10月期
期間 2020-10-14 ~
時間帯 水曜日 21:00
出演
2クール

『相棒』20周年
多くのファンに愛され続け、迎えた大きな節目の年
新レギュラー・森口瑤子も加わり
2020年、『相棒』ワールドはさらなる進化を遂げる!
初回SPでは…VR=仮想現実の世界を舞台に
新たなステージへ!
いいね!の投票数順に 19 件(最大30件)のレビューを表示しています。
投票数が同じ場合は新しい順です。
レビューの時間をクリックすると、そのレビューの書き込まれている位置に移動します。
いいね!投票数 2 票
名前無し

やっぱり相棒は見ごたえありました。
以前の、北海道を舞台としたスペシャルの何倍も面白かったです。

(相棒コンビと 記者役でからむのが楽しいと仰ってた星さん、、
 大好きでした。心からご冥福をお祈りします。)

まずはレギュラー陣全員のあくの強い登場、こでまりさんは昔 水谷さんと新聞記者の夫婦役やっておられたと聞き、息の合ったところを感じました。お話も、バーチャル世界の恐ろしくも興味深い映像もあって、お母さん以外みんな怪しさ満タンの前半でしたね。
「安定の面白さ」とよく語られてましたが
特命係の非常識なほどの厚かましさが、周囲を、時には視聴者も苛立たせて、それでも真相に近づいていくのが、とってもいいと自分は思います。冠城さんもすっかり相棒らしく、大きい意味ではイタセリや角田さん大河内さん、青木も含めて、誰もが役目に無駄のないとこが心地よいです。後半も楽しみにしてます。

    いいね!(2)
いいね!投票数 1 票
名前無し

森口瑤子の女将は、腹にいちもつ、一癖も二癖もあり、人質解放直後はやや狂気を孕んだ笑いだった気がする。
少年犯罪の被害者や被害者遺族が少年法のもとすでに社会に出てきた彼らに対し復讐を遂げようとする。しかも、同じやり方で。
殴られひどく出血し、腫れた顔のメイクも痛々しい。
新年とは思えない重さと、犯罪を犯した奴らがいずれ劣らぬクズッぷりで、胸クソ悪い。
にも関わらず、ラストは、いつもの小料理屋で、シャンパンを開け、ハッピーニューイヤーと酒をくみかわし、新年を祝うというかなりチグハグな回でございました。

    いいね!(1)
名前無し

相棒てこんなにつまらなかったけ

    いいね!(1)
名前無し

利益になることしか興味ない人間ばかりじゃないです 自分が知らないだけですねえ
生きてる甲斐の得とは徳だとわかる人が世の中に居なくなった時が 世界の終わり 藤吉久美子 うまいもんだな
 SNSは使いよう~ ここが負のはけ口にするのも 楽しさを共有する場にするのも

    いいね!(1)
名前無し

今回は殺人動機がちょっと無理くりすぎるなあ、人間関係も都合良すぎる、
犯人役の柏原さんはいいキャラ出してたが動機や殺人に至る心情の演出に真実味がない、次に期待

    いいね!(1)
名前無し

毒婦の小夜子は記憶力が優れているのですね。一瞬だけ見た、知り合いでもない相手の細かい特徴まで覚えているのは、見た場面を写真のように脳に焼き付けられる特殊能力の持ち主かもしれません。
子供時代、母親が転落死した時に満足そうだったけど、父親も毒牙にかけているのだろうか? 
番外編で小夜子の高校生くらいの頃の話も作ってほしい。

    いいね!(1)
名前無し

ネームバリュのない人も堂々と重用できるのはさすが相棒の貫禄だな 同じ俳優が同シーズンあちこちにいるよりいいかも

    いいね!(1)
名前無し

西田尚美の悪魔っぷりは流石。今回も面白かった。
編集者役の人の演技はあれで良かったのかな。完全に滑ってたと思うけど・・・
女刑事さんは随分馴染んできたし、このままでいいかも。

    いいね!(1)
名前無し

女刑事はいらん

    いいね!(1)
名前無し

昨夜の回はストーリーとしてはいまひとつではありましたが、橋本じゅんさん、柳ゆり菜さんの組み合わせが良かった。
結局のところ、一番優秀で事件解決に役立っているのは、青木刑事なんだ、と毎週思う。

    いいね!(1)
名前無し

主演の2人はだんだん動かなくなっている。ぜんまい仕掛けのオモチャが
最初は馬力があっても少しずつ動きがのろくなっていくかのように、このドラマも
そんな感じだ。右京さんも最初の頃は特命係として仲間はずれにされ仕事できるのに
不憫だなと思ったが、今見ると「おじいさん、休んでて」と言われてるみたいで
別に爪弾きにされてるわけじゃなく無理してほしくないと思われている
ようにしか見えない。やっぱ、引っ張りすぎだと思うこのドラマ。

    いいね!(1)
名前無し

政治家はもともと地元の篤志家がなるようなものであったのに、今はテレビなどの人気で票を集め人気者が政治家へ転身という構図になってしまった。
人気者出身の政治家ははとにかく口がうまく耳障りのいいことだけをいい、気配りのあるふりをするが実際は真逆で摩天楼の上から高みを見下ろし、気に入らないことには即反応し公の正義に訴えてネットを利用し支援者に糾弾させる。
誰もが称賛しそうなものを見つけて取り上げ、世に広めその価値を自分の手柄のようにすり替えるのもお手の物。
人のために尽くすということを忘れ政治家の家に生まれて高みから見下ろすことで守るべきものを間違え続けてきた老女を富士真奈美が堂々と演じてくれた。

    いいね!(1)
名前無し

回によって出来不出来の激しい「相棒」、今回は◎でした。久々の冨士眞奈美オバアさまの怪演が素晴らしいと思います。
50年くらい前冨士眞奈美はnetテレビ(現テレ朝)土曜20時~
松本清張原作・西沢利明主演の「黄色い風土」の謎の美女役でデビュー、その美しさは絶品でしたが、日テレ・花登筺「細腕繁盛記」でマサコ役で意地悪役に変身、以下NHK「ハゲタカ」で玩具会社の女社長役の好演が印象に残っています。未だ健在で嬉しいですね。樹木希林亡き後、もっとテレビ映画に出て欲しい。

    いいね!(1)
名前無し

税金で成り立っている組織内での揉め事はいい加減飽きたよ。
みんなで協力してサッサと仕事に励んでほしい。

    いいね!(1)
名前無し

女性を大切に扱っていないくせに癒しを求めてくる
日本の「おっさん」的なものにきつい一発くらわすような
出雲とこでまりのキャラが好き。
きついくらいでないと白バイ警官や小料理屋の女将やってられないのだわさ。
いいように男に頼ったり利用したりしているぶりっこの女性でない限り。
かわいいふりして汚いこと取り巻きの男性にやらせる女よりよっぽど好き。

    いいね!(1)
名前無し

水谷さんの演技はいいけど、もう片方の人、しゃべるだけの演技。
2人揃ってしゃべるだけじゃコントにしか見えない。2人いるうち
若い方はもうちょっと動いてくれたほうがいいな。

    いいね!(1)
名前無し

1話2話の出雲麗音はボロクソに叩かれてましたけど、他のサイトでも。
あんなにエキセントリックだったのは、自分が狙われて死ぬところだったからで、今週のような関わり方なら違和感なかったですね、私には。
白バイ上がりがと罵倒されてもシレっとして食い下がる。ああいうキャラ、嫌いじゃありません。
ごく少数派かもしれませんが。

    いいね!(1)
名前無し

エンパス(共感しすぎる人)について教えてくれたのが相棒。
共依存についてもずいぶん前に相棒で知ることができた。
この心理学の知識にはその後ずいぶん助けられた。

    いいね!(1)
名前無し

うっかり通り過ぎるとこだったが、暴力団とつながっている課長?はいつか退場させられるのか?その伏線のような気がしてる。

    いいね!(1)

スポンサーリンク