4.08
5 134件
4 23件
3 2件
2 1件
1 38件
合計 198
読み けいじころんぼ
放送局 NHK BSプレミアム
クール 2020年4月期
期間 2020-04-01 ~
時間帯 水曜日 21:00
犯人が冒頭からわかる!ミステリードラマの金字塔。
旧シリーズ45本を4KデジタルリマスターにてBS4KとBSプレミアムで同時放送!
https://www9.nhk.or.jp/kaigai/columbo/
全 356 件中(スター付 198 件)307~356 件が表示されています。
次ページ> 最後≫

2020-12-10 06:10:22
名前無し

最初に犯人がわかっている
パターンと違いました。
こんなこともあるんですね。

2020-12-10 07:21:01
名前無し

てっきり遺体を運んだりして、アリバイ工作していたから、提督の娘婿のチャーリーが犯人だと思って見てました。それにしては、決定的な場面がなくて、変だとは思ったけれど…。
犯人だと思われた人物が殺されるという意外な展開で、やや混乱。どうもスッキリしない感じが残りました。
犯人が最初からわかっているというストーリーに慣れているのもあるし、真相が最後まで隠されていて、やや消化不良。

2020-12-10 16:51:48
名前無し

関係者を集めて、謎解きをするっていうスタイルは、コロンボで初めて見た気がする。
皆を集めた目的は、容疑者に時計について質問し、その反応の違いによって、犯人を特定するため。
もし「まさか」の言葉を犯人が言わなかったら、どうするつもりだったんだろうと、ちょっとそこは気になった。

2020-12-10 16:53:42
名前無し

珍しい犯人当てを期待したけどちょっと残念。
ラストの会話だけで決まるとは。
ゲスト少しでいいから、トリックや犯人のミスを暴く方がいいな。

2020-12-10 20:28:22
名前無し

小さなボートで海のほうに漕ぎ出した
最後のシーンは、青い空に海が映えて、
いつになく爽やかなエンディングでした(´ー`)

2020-12-11 07:30:50
名前無し

古びた絵面に浮かぶ古びた衣服をまとうコロンボさん…
確かにピーターの当たり役だろうが何しろ設定が古い。

2020-12-14 14:35:56
名前無し

犯人がうっかり口を滑らせて、それを証拠にするって
いうのを何度か見たけど、もしも、黙り込んで
口をきかない犯人だったら…って想像すると、
このやり方が通用しない場合は迷宮入りなのかな?

2020-12-14 23:41:43
名前無し

科捜研みたいなドラマのイメージで、刑事ドラマを見ることが多かったけれど、形のある証拠がなくてもいいんだね……

2020-12-15 14:40:45
名前無し

犯人のインテリっぽい人たちの言葉づかいは、「君、~したまえ」みたいな明治時代のお偉いさん風の雰囲気。で、コロンボ刑事は「あたしゃ~」「よござんすか?」「かみさんが…」って、江戸の下町っぽい話し方。
下町のくたびれたオヤジのコロンボと、山の手のインテリ犯人の対決って感じが多いけど、英語ではどういう違いがあるのかな。
コロンボ刑事の話し方はまだアリかなと思うんだけど、インテリ犯人の話し方がかなり古さを感じるのは確か。

2020-12-16 10:17:24
名前無し

コロンボ警部の奥さん、いつか登場するのかな
一度、見てみたいけど…(^_^;

2020-12-17 00:22:12
名前無し

銃の表面については、指紋を念入りに拭き取ったのに、中の空砲?はそのまま・・そこに指紋が残っちゃっていると聞かされて、清々しいほどにキッパリ認めてしまう犯人さん。
人って、何かしら、やらかしちゃうものなんですね・・・

2020-12-17 14:27:35
名前無し

犯人の俳優の帽子をかぶり、靴をはいて、ドラマの刑事気分になっているコロンボの表情は、ほんとに無邪気。
役者になったつもりで、刑事役をちょっと撮影した場面、なんかとってもいい笑顔で、あれを見たら犯人も心を許してしまうね。

2020-12-17 23:24:32
名前無し

かつては才能を見出して、恋人になり、やがて母親のように育てて、世に送り出して、そこまで応援していたのに、だんだんと、お金を脅す関係になって、最後は殺されてしまった女性の被害者。自業自得のようでもあり、哀れでもあり…。
そうまでして貯えたお金は、結局、冷え切った間柄の夫と愛人のもとへ行っちゃうという…。
殺人事件の推理劇もおもしろいけれど、犯人や被害者のこんがらがった人生模様も、なかなかおもしろかったです。

2020-12-18 09:07:55
名前無し

ピーターの当たり役?主演がトム・ハンクスなら軽く☆5なのに。

2020-12-19 11:31:33
名前無し

コロンボ警部の会話術が冴えてました。
まるで以前からの友人のように親しい感じになって、
ともに事件を捜査しているかのような、
協力者幻想にだんだん犯人がハマっていったようで、
コロンボ警部の人タラシというのか、
相手をこっちのペースに持って行くワザがスゴイです。

2020-12-23 22:54:05
名前無し

犯人は、バックルを姪のところに置いて、姪のことを犯人に仕立てようとしたんだよね…😥?!
それって、いい叔母さんを演じていたってこと?!
そんな身近にいて、ずっと恨んでいたなんて怖い話😱

2020-12-24 11:40:38
名前無し

姉が恋人を奪ってしまって、その後、心変わりした元恋人を、心臓病を装って殺害したというような話をコロンボ警部は示唆してました。
犯人は、姪に過去の自分の犯罪が知られるのを恐れて、今回の弟殺害事件をアッサリ認めたようです。
阿吽の呼吸で、警部が昔の事件に触れなければ、今回の件を自供するという、暗黙の取引をしたようでした。
こういう自供のさせかたもあるんですね。
いろいろと予想外でした。
全く別の話をしながら、金のバックルをじっと観察していたコロンボ警部。姪ごさんは、美術品なのを知らず、タバコの灰皿にしていて、この人が犯人じゃないのは、そのシーンで一目瞭然でした。

    いいね!(1)
2020-12-24 18:36:45
名前無し

かなりひどい目に遭ったのに、お姉さんや姪に、とても優しく接していたというのは、相当に無理していたんでしょうね…一話なのに、連続ドラマを見たような印象。

2020-12-24 20:03:26
名前無し

イタリア系の刑事にみすぼらしい格好で登場させ難事件を知的推理で解決。数十年前だから良かったが今なら人種差別の助長だと非難されるだろう。

2020-12-25 06:28:37
名前無し

自白へもっていく心理戦がおもしろい。

    いいね!(1)
2020-12-25 13:42:54
名前無し

トム・ハンクス…いいね。この際、単なる推理ものではなく
ミステリアスな悪魔的ムードを漂わすものなら面白かったかも。

2020-12-26 10:30:48
名前無し

今見ても、犯人との攻防がなかなか深みがあって見応えあります。映像に古さは感じるけど、ストーリーに引き込まれてしまいます。

2020-12-28 14:46:50
名前無し

美術品の価値を知っていたのかどうかというのは、「知ってましたか?」って聞くんじゃなくて、灰皿として躊躇なく使っていたことが何より「知るわけないよ!」という答えになっていて、あのシーンはとても印象に残りました。

    いいね!(1)
2020-12-30 08:49:42
名前無し

コロンボさんってなんとなく、
清貧の公務員っていう雰囲気で、
いつもお腹すかしてる(^^;)

事件現場に現れるシーンは、夜中や早朝に
たたき起こされてやって来るのが多いよね。

その後、昼夜問わず、犯人のところへ通って、
過労ぎみの長時間労働をやってる。
ちょっと応援したくなる。

2020-12-30 21:06:51
名前無し

犯人の気持ちに近づいていって、犯人だけが見たものとか、犯人しか知らないものを探っていく手法は、犯人がわかっているからこそ。
ほとんどの刑事ものは、犯人探しするタイプだから、全然違うおもしろさがあるね。

スポンサーリンク
2021-01-01 15:59:03
名前無し

ロバート・レッド・フォードやメリル・ストリープが犯人役の悪役で出てたら高評価できたんだがなあ。

2021-01-02 08:24:51
名前無し

ピーター・フォークもそれなりにシブい俳優だと思うけど、
私としては洗練された演技で有名なポール・ニューマンで
見たいと思った。やはり俳優の好みがあるのは外国人でも同じ。

2021-01-02 09:32:02
名前無し

毎回、犯人の自白へ到る道筋が様々でおもしろい。

2021-01-03 15:14:07
名前無し

犯人が個性豊かで、魅力的な人が多いので、おもしろく見ています。
ワインの醸造家の話と、中東の王様の話が面白かったです。なかなか見る機会がなかったのですが、こういう時期なので、全話見たいと思います。

2021-01-03 20:25:35
名前無し

つまらん人生から脱出できますように・・・

2021-01-06 07:21:46
名前無し

刑事のお仕事っていうのは大抵、残された犯罪の証拠をつかんで、動機を調べて、外堀を埋めるように証拠固めするものだと思っていたんですが、コロンボ警部の扱う事件は、あまり証拠らしい証拠がないんですね。犯人が頭が良くて、計画的で、用意周到だから。
だから、犯人だけが知ることを言わせるとか、犯人だけが見たはずのものを言わせるとか、あれこれ犯人にしゃべらせる。しゃべらせてナンボ。
多分、今のドラマだったら、弁護士さんが飛んできて何も話さなくていいです!と間に入って止めてしまうんじゃないかな。まだ容疑者かどうかわからない段階だから、弁護士も呼んでいないんだろうけれど。そういう、隙間にふわっと入り込んでくるのがコロンボ警部。

    いいね!(1)
2021-01-06 23:37:52
名前無し

仲間のことを引き合いに出されて、
負けず嫌いなんでしょうけど、
うっかり話してしまいましたね😵🌂

2021-01-07 07:05:25
名前無し

傘を利用した巧妙な仕掛けと思いきや、最後のパーツはペンか何か?最初、犯人が何をしているのか、よくわからなかった。コロンボの説明で納得した。手の内を見せているようで、肝心なところは謎のままだったり、見せ方が上手い。
犯人が得意げに最後のパーツをセットして爆竹が爆発。誘導したコロンボの勝利だった。

2021-01-07 11:07:22
名前無し

横領の原因は浪費癖の妻。すごい頭脳の持ち主も、
悪妻には勝てず……( ̄― ̄;)

2021-01-07 17:26:55
名前無し

本当の天才は自分だけ、という犯人のプライドをくすぐり、音楽のクライマックスに合わせて仕掛けたコロンボは見事。
昔から印象に残っている作品。金貨の問題もこの作品の初回放映後、クイズで出てたような。

2021-01-07 21:38:45
名前無し

コロンボ警部の人タラシっぷりを目撃。
天才少女との会話、頭の良さではなくて、
容姿をほめてあげていました。
初めて容姿をほめられて、彼女、
心底うれしそうでした。
そういうふうに、あの天才集団を味方にして
犯人のトリックを明らかにしていったわけですね。

2021-01-08 02:58:42
名前無し

最後は犯人もコロンボさんの知能の高さに感服したような表情だった。
「あたしが無断で警察辞めたら怒られちまう」 本当にそうだよね、検挙率がガクッと下がっちゃうよね。

2021-01-08 09:47:42
名前無し

犯人の男が何度も、知能指数のテストを受けろとコロンボに言っていたのは、もしかすると、頭のいい人間でないと、自分のことを逮捕してもらいたくないと思っていたんじゃないだろうか。
その頭のいい刑事に、自分の作ったカラクリについて、自慢したくてたまらなかったようで。逮捕されたら元も子もないのに。この男、頭がいいんだか愚かなんだか。

2021-01-08 11:06:21
名前無し

コロンボ役がブルース・ウィルスだったら楽しめたのに。

2021-01-08 19:14:13
名前無し

いろんなドラマの中で、
犯人が専門家とか学者とか、
頭良さそうな人がやたら多い気がする(・・;)

2021-01-09 05:32:34
名前無し

逮捕される直前の犯人は何だか嬉しそうに見えた。
知能指数がかなり高そうなコロンボが犯罪トリックの話をしてるうちに結局自分でバラしちゃった。
珍しいパターンですね(笑)
本当に頭がいいんだか悪いんだかわからない人。

2021-01-10 16:46:33
煤けた蝙蝠傘

コロンボの高知能指数を印象付ける回でした。
はんにをどんどん追い詰めて詰めのトリックを犯人から披露させてしまうとは。
毎回毎回思うのですが、殺人犯は一人でやって来たコロンボを殺し口封じする事は考えないのでしょうか。
ピーター・フォークさんは加えタバコでも滑舌良いので腹話術も得意そうですね(^^)

    いいね!(1)
2021-01-11 00:15:32
名前無し

専門家とか、頭のいい人っていうのは、自分の独創的なアイディアとか、専門知識みみたいなものを言いたくて仕方がないっていう性質があるみたい。

2021-01-13 22:51:17
名前無し

犯人のサスペンス作家さん、可愛いお婆ちゃんという感じで、ちょっと同情してしまう。
姪御さんの夫の部屋の中には、一枚も亡くなった奥さんの写真がなくて、絶句して。
最後のメッセージが出てきたのも、ゾワッとしたし、おもしろかった。

2021-01-14 00:53:21
名前無し

義理の甥の職業は何なんだろう( ̄◇ ̄;)

2021-01-14 07:09:05
名前無し

電球の接続部分に犯人を名指しする
メモがありましたね😧
しかも、原稿にある作家の名前を
そのまま利用して。
作家本人が最初に入っていたら、
見つけられたのかもしれません。

2021-01-14 10:35:18
名前無し

海辺でしみじみと語りかけたコロンボに、犯人の作家が柔らかい表情を浮かべていたシーンが印象的。
この事件も証拠は弱いものばかり。鍵の件も記憶違いで誤魔化せるし、電球のソケットに隠された証拠も、被害者の直筆ではない。
ただ、お互いプロとして対応しましょうという最後の説得は、犯人の自供へつながったかもしれない。

    いいね!(1)
2021-01-15 09:26:23
名前無し

何しろ絵面も内容も古めかしくて推理を楽しめない。

2021-01-15 15:51:27
名前無し

筆記具もない暗闇で作家の原稿の表紙を利用し、やがて死ぬのを覚悟しながら、最後のメッセージを託すというのは、閉じ込められた人間の執念が垣間見えて、底冷えのする結末だった。
財産目的に妻を殺し、作家の著作の権利を相続して遊び暮らしていた男に同情の余地はないにしても。

2021-01-16 10:46:26
名前無し

あの殺された人がもしも無実だったらって、後になって、ちょっと考えてしまいました。
奥さんを本当に事故でなくして、悲しみのあまり、奥さんの写真を飾れずにいたとしたら、ちょっとこの結末は怖いですね…



スポンサーリンク


全 356 件中(スター付 198 件)307~356 件が表示されています。
次ページ> 最後≫
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。