3.83
5 3件
4 1件
3 1件
2 0件
1 1件
合計 6
読み いのちのばとん ~あかちゃんえんぐみがつなぐきずな~
放送局 NHKBS1
クール 2021年10月期
期間 2021-11-18 ~ 2021-11-18
時間帯 木曜日 20:00
出演
30年以上前から全国に先駆けて取り組んできた「愛知方式」と呼ばれる「新生児養子縁組」をテーマに、1人の女子高生が妊娠をきっかけに出会うことになる児童相談所の職員や、さまざまな人たちとの心の葛藤を描くドキュメンタリードラマ
全 8 件中(スター付 6 件)1~8 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]

2021-11-18 23:57:36
名前無し

数少ないドキュメンタリードラマ。NHKらしい企画だと思う。

2021-11-19 22:33:55
名前無し

現実をありのままに受け入れる周囲と、本人が自分一人で悩まなくても相談する場所がある事を知って救われていくのは大切なことだと思う。

だけど、やはり男女間での事が基本あっての今なので、慎重になってほしい。
出来てしまった子供にはなんの罪もないのに、つらい人生を否応なく生きなければならないのだから。

2021-11-20 19:01:14
名前無し

ドラマを観て直ぐ「コウノドリ」の「14才の母」を見直しました。大変酷似してます。
ただこの様なドラマをある年齢がきたら子供たちに観せると良いかなと思います。
悲しく悲惨な事にならない様に。

2021-11-25 06:47:17
名前無し

テーマとしては決して真新しいものではないが、見ておいてよかったと思わせる作品だった。

2021-11-26 11:05:02
名前無し

確かに、「コウノドリ」の第5話に似てましたね。あの時は中学生の二人を山口まゆちゃんと、望月歩君が演じてました。特別養子縁組と言うキーワードを知ったのもこのドラマだったし、生まれたての赤ちゃんを手放したくなくて無言でイヤイヤしてたシーンも思い出しました。

ただ、こちらは、その後の子供を譲る受ける側の苦労や悩みも描いていて、特に「真実告知」の難しさや、血のつながらない親子間の衝突、産みの母親への恨みと、簡単ではない現実を突きつけられた気がします。
少子化が進み、年間出生数が100万人を切った一方で、年間15万件近い人工妊娠中絶が行われていると言う歪み。
そして、望まぬ出産からの虐待も年々増えていると言う悲しい現実。
この国の未来が心配になります。

2021-12-05 11:21:17
名前無し

共感できる部分とできない部分が交差する、いろいろと考えさせてくれるドラマだった。

2021-12-05 17:09:45
名前無し

独特の風習がある愛知の結婚式をメインにドラマを作ってもいい。

2021-12-07 14:03:01
名前無し

共感できる部分とそうでない部分があったけど、ながら見にはちょうどよかったかも



スポンサーリンク


全 8 件中(スター付 6 件)1~8 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。