2.94
5 512件
4 166件
3 84件
2 128件
1 573件
合計 1463
読み おちょやん
放送局 NHK総合
クール 2020年10月期
期間 2020-11-30 ~ 2021-05-14
時間帯 月曜日 08:00
出演
モデルは「大阪のお母さん」と呼ばれ、上方女優の代名詞ともいえる浪花千栄子。大阪の貧しい家に生まれた竹井千代は奉公に出ていた道頓堀で芝居の素晴らしさに魅了される。戦中、戦後の大阪で芸の道を一途に歩んだ人気女優の姿を描く物語。※BS4KとBSPは朝7時半〜 ht...全て表示
全 13265 件中(スター付 1463 件)11201~11250 件が表示されています。

2021-05-05 19:37:57
名前無し

赦しがテーマとな?まったく響かん

2021-05-05 19:48:32
名前無し

許しがテーマとか失笑。そんなドラマに全然見えない。上にも書かれているけど、許しがテーマの朝ドラはたくさんある。というより、題材としては朝ドラでは普通にある。ホームドラマ、人生を描いたドラマではほとんどどこかで描かれる話。
許されない行為をした時された時、人はどうやって許しを請うか許してやるか、その過程こそがドラマであって、最後の許す場面だけドーンと見せられても心に響かない。栗子の花籠も、どうして花籠を送ってやる気になったのか、憎くて邪魔で追い出した小さな女の子に花籠を贈るまでの気持ちに変化したそのきっかけや悔恨がドラマであって、誰が花籠の贈り主かを見せ場にもってきたこの脚本家のセンスは朝ドラには合わないと思う。

    いいね!(1)
2021-05-05 20:06:44
名前無し

大切にしているものをないがしろにされた恨みはなかなか消えないでしょうね。
自分が好きなものを好きだと言ってくれる人だけを残したいと思ってもそうはいきませんけどね。
恨んでいるからこそ離れられないんですもの。
「おちょやん」はドラマとしては「あまちゃん」を越えていると思っています。

2021-05-05 20:15:25
名前無し

家出してしてきたラジオドラマの五女静子さん。
彼女のお父さん役の人が、唐沢寿明さんに似ててびっくり(^^♪

2021-05-05 20:25:58
名前無し

ラジオドラマの収録現場で今セリフ言っている人たちを順番を待っている人たちが懸命に見守っているんですよね。
その様子が何とも言えずいいですね。
ずっと見ていたくなります。
もうじき終わってしまうのが何とも惜しい。

2021-05-05 20:37:13
名前無し

えっ、あまちゃんはそこまで好きじゃないけど、おちょやんよりは断然良いわ。比べ物にならないくらい。まあもっと好きな作品は他に幾つかあるんだけれど。
何より不快感を感じるヒロイン千代がダメ。
違う女優さんならここまで嫌いなドラマにはならなかったかもね。

2021-05-05 20:53:12
名前無し

弘田三枝子さんの、「 ゆるして ゆるして」という名曲があります。
小松政夫さんとか言いそうなフレーズですね。

2021-05-05 20:58:41
名前無し

一平から舞台の台本を頼まれるほど寛治はいつから文才があったのですか、偉そうに何でも俺に押し付けていると言ったが、そんな場面が今まで一切ありませんでした。思わせぶりに長々引き延ばした花籠の伏線の後出しの言い訳など終盤を迎え後出しが激がしくなって来ました。病床で長澤はラジオドラマの配役を何人か説明した後千代さんは女優としてここにおりみんなを勇気づけるなどと褒めていましたが、これまで役者に向かい励んでいる様子はあまりなかったので長澤が言うほど立派な女優に見えませんでした。あやまちを許すテーマも聞こえがいいが大切な描くべきことを疎かにすればせっかくの立派なテーマも何もなりません。

    いいね!(1)
2021-05-05 21:25:15
名前無し

当郎役の塚地武雅と脚本家・長澤役の生瀬勝久の二人は普通の明るい朝ドラの雰囲気でとてもいい。逆に言うと、彼らがこれまでの『おちょやん』の苦みを感じさせる独特の雰囲気をかき消してしまった。一平の不倫辺りからテコ入れがあったものと思われる。一平をとことん悪く書くことをせず、栗子をいい女に変えてしまった。私は魅力の薄い今作の女性キャラの中で最もキャラが立っていたのは栗子だと思っていたので、この普通にいい婆さん化してしまった栗子をもったいなく思うが、裏切りと逆転の連続に疲れてしまった視聴者が離れていくのを食い止めるにはこの栗子の方がよかったろうからこれも仕方ないかと思う。ただ、今日の長澤の千代に言った「役者は前を向いて生きているかどうか」は浅い言葉で聞いている方が恥ずかしくなった。これまでの『おちょやん』と違いすぎる。千之助が聞いたら酒をぶっかけそうだ。

ラジオドラマになると塚地武雅より杉咲花が前に出るのは本当にもったいない。杉咲花の存在感がこれでもかと出てしまっていて、塚地の方が押されている。生瀬勝久とのシーンだとそうでもなく、千代らしいと思う。やはり相手役の技量の差に影響されるのか、この主演はしっかりした本業の役者をちゃんと配していたらもっと自然に千代としてふるまえたろうにと思う。

脚本家は、本当は長澤を『エール』の廿日市のような役にしたかったのではないかと思った。これまでの『おちょやん』から考えると、つまり片金所長とかに比べると、長澤はあり得ないくらいいい人、普通の朝ドラらしい人物だ。だが結局、こういう人の方が朝ドラは受け入れられるのだと思う。脚本家が加減を誤ったというか、めちゃくちゃやりすぎたというか。最後の主要人物たちをこれまでにない誠実な人として投入し雰囲気をガラリと変えたことで、反対に暗いダークな雰囲気の家庭劇が哀れなくらいに浮かび上がる。これまでドラマを支えてくれた家庭劇の面々を、正直もう見なくていいと思った。一平の顔など本当に不愉快。若い女と不倫して糟糠の妻を捨てた男が書けなくなっても知るものか。寛治も偉そうに何か言っていたが、この形だけの怪しげな息子もいったいなんだったのかよくわからないまま終わりそうだ。

    いいね!(2)
2021-05-05 21:57:52
名前無し

一平の苦悩した顔がとてもイケメンなので私は一平を許してしまった。
千代は道頓堀を忘れられないのーあの人が好きよー
と恋の季節のような気持ちがあるような気がする。

    いいね!(1)
2021-05-05 22:16:12
名前無し

千代が、脚本家長澤の話しに「長澤さんに何かあったら、お父さんはお人好しはどうなってしまう」と言ってたけど、やはり自分の心配なんだよね。長澤さんの健康より、ドラマが心配な千代。相変わらずですね。
話しの最後も「わかりました」じゃないだろ!
目上に対しては「承知致しました」だろ!あの受け答えが、やっぱり上から目線なんだよね。

2021-05-05 22:18:02
名前無し

書くことは一つの贖罪だよね。そんなことぐらいと思うかもしれないけど、自分の恥や犯した罪を、作品に書いて世間に晒すことは、世間を敵にまわしたり、世間から爪弾きにされる恐れを含んでいる。そういう例は、世に数多あります。
一平もこの際、千代とのこと灯子とのこと自分のことなど、本のなかであらいざらい吐き出して楽になればいいんだよ。それで観衆が同情してくれるか、あるいは石を投げてくるか、結果がどうなるかは分からない。
しかしこのまま悶々として仕事も出来ず、負け犬になってしまうよりは、ダメモトで挑戦してみるべきではないか。血を吐きながらそれでも書き続けることで、心の底から懺悔するんだよ、千代ちゃんに! 一平に残された道はそれしかないと思う。

2021-05-05 22:21:41
名前無し

正直言いますね。最初はそうでもなかった。ま、テルヲは朝ドラ史上最悪のクズ親父だし、言葉遣いもお下劣。笑いのツボもイマイチ、わからない。やっぱりエールの方が良かったな、このぐらいの感じだったんです。でもだんだん、このレビュー欄にお邪魔するようになり、露骨な前作下げ、いまだエールのところまで入り込み荒らしておられる。逆に本作の歯の浮くようなベタベタのアゲアゲコメントを目にするにつけ、本当におちょやんがキライになってしまいました。結構、私のような方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。そういう意味ではさ○らさんの影響力ってすごいですね

    いいね!(3)
2021-05-05 22:23:00
名前無し

一平の「書く」ということの苦悩は、千代の「芝居」と同じで、どこに苦しんだりとかどんな努力をしてきたかとかがほとんど印象にないので、なんで一平が書けなくて困ってるのかよくわからない。テルヲとヨシヲと一平の母のインパクトが強すぎた。

2021-05-05 22:35:27
名前無し

本作の歯の浮くようなベタベタのアゲアゲコメントって
ドラマファンの投稿はどこでも同じですよ。
まあ、別に無理に好きになれとは言いませんが。

2021-05-05 22:37:59
名前無し

一平は千代を捨てたくせに千代がいないと書けないんでしょう。そういう駄目な男に見えるな。千代も客も団員の気持ちも離れていってしまった苦悩と投げやりな気持ち。自分と向き合い駄目な所をさらけ出してしまいなさい。

2021-05-05 22:45:18
名前無し

一平は千代がいないと書けないのだろうか・・・
反対に、千代がいたから今まで書けたということだっただろうか。
だったらなぜ一平は浮気したんだったっけ?

2021-05-05 23:35:40
名前無し

ひさびさに見たが、苦い(ニガ)いドラマ。
杉咲花のセリフは、少し早口で、淡々として、時々、やや冷たい印象に感じてしまった。
なんとなく琴線に触れない、ハマれないドラマ。

2021-05-05 23:38:30
名前無し

赦しがテーマ?
ホンマに脚本家がいうてはるん?ウチら凡人にはわからん。ウチが千代ちゃんやったら栗子さんは許せんかもな。キリストはんちゃうし、ムリやぁ

2021-05-05 23:57:20
名前無し

寛治は、あの松竹新喜劇の大スター藤山寛美がモチーフですね。娘さんの藤山直美さん、最終週で出演しないかな。

大阪のシネヌーヴォで、8日から浪花千恵子出演の映画が色々上映されるそう。吉永小百合の「伊豆の踊り子」にも重要な役で出ていたんですね。ドラマでこの映画に触れるなら、吉永小百合の役は誰がするのかな?

    いいね!(1)
2021-05-05 23:59:28
名前無し

千代の映画女優編は来週?楽しみ。

2021-05-06 00:04:18
名前無し

おちょやんは中身がからっぽな張り子のトラみたいな浅ドラでした。

    いいね!(1)
2021-05-06 00:09:40
名前無し

ネグレクトだけは絶対許せない

2021-05-06 00:12:18
名前無し

手を変え品を変えた下げ下げコメントには辟易し、ずいぶん気分も悪くさせてもらいましたし、対等のつもりで何を言っても「上から目線」と千代ちゃんと同様に嫌われてきました。
そんなに下から目線じゃないと許せないですかね。(小動物じゃないから仕方ないですよ)
「おちょやん」の応援コメントがしにくい中でもずっと応援してきました。
千代ちゃんも残すところあとわずかですが、最後まで対抗して応援させてもらいます。
だってこのドラマ今の日本には必要だからです。
どんなに乱暴に脅かされても言うべきことは言う姿勢と、語る場を守る姿勢は絶対手放してはいけないから。
他所の国を見てもね。ひるんじゃいけないんですよ。「他所へ行け」なんて言う脅かしに。

    いいね!(2)
2021-05-06 00:23:57
名前無し

寛治のモデルは藤山寛美さんだったんですか。知らなかった。情報ありがとうございます。この方は覚えています。
でも、、、すると、藤山さんは二度も辛い思いをしたということなのですね。それでもスターになられて。
今日の寛治は立派でした。

千代と一平のモデルの人は知らないけど、ネットニュースによると一平は女グセが悪かったとか。そんな、知りたくもないこと、本人達の名誉を貶めた内容もあったように思う。
…いっそ、寛治の話にしたら良かったのでは⁉️なんて。

    いいね!(1)
スポンサーリンク
2021-05-06 00:38:10
名前無し

一平は苦悩してるだけまだマシか。
エイスケなんて全く理解不能なキャラだし。

2021-05-06 00:44:47
名前無し

今もエールスレで手を変え品を変え貶めているくせに。
ここで被害妄想も甚だしい。

2021-05-06 00:47:17
名前無し

ウジウジ一平と飄々エイスケさん。
一平は嫌われてエイスケは大人気。
同じしょうもない男でもどうしてこんなにちがうのか。
エイスケはあぐりを愛していて、それがドラマの中で何度も描かれてるからだと思う。
脚本家はもっと朝ドラを勉強してから書けばよかったね。

2021-05-06 00:54:06
名前無し

昔の東京朝ドラまで貶めて遺憾です。

    いいね!(1)
2021-05-06 00:55:59
名前無し

実際の藤山寛美は夜の街で連日連夜豪遊をし続け上、多額の借金を抱えて破産して松竹を追放されるんですけどね。

2021-05-06 01:05:59
名前無し

エールを貶し続け まだ始まってもいない次回作おかえりモネへはヒロインの誹謗中傷スタート

大不評のおちょやんには当然湧いて来る批判に対し 投稿者への嫌味と被害者面した反撃 最低最悪野郎!

    いいね!(2)
2021-05-06 01:22:41
名前無し

あぐりがエイスケを好きになった瞬間ははっきりわかった。
自分をしっかり持って偏見がないあぐりを、エイスケが最初から気に入っていたのも見てて感じ取れた。

一平は子供時代、京都時代とずっと千代のことを気にしていたが、千代は一平のことを好きだったのだろうか。夫として座長として作家として尊敬していたのだろうか。
心が許せる相手といえば聞こえがいいが、一平は、千代にとってわがままが言える、好き勝手できる相手のようにしか自分には見えなかった。
ふたりに関して思い出すのは父親の葬儀後の喪服でのイチャイチャ。あれは愛情からというより、性的なものを強く感じさせて今思い出しても気色が悪い。

2021-05-06 01:30:14
名前無し

<修正>
心が許せる相手といえば聞こえがいいが、一平は、千代にとってわがままが言える、好き勝手できる相手のようにしか自分には見えなかった。

心が許せる相手といえば聞こえがいいが、千代は一平のことを、わがままが言える、好き勝手できる相手と思っているようにしか、自分には見えなかった。

2021-05-06 02:43:33
名前無し

最近は寛治くんに励まされたり感動させられることが多いね。
生瀬さんも渋い魅力がなかなか良いです。
終盤になっておちょやんは、また違った魅力が出てきましたね。
もうすぐ終わるのが寂しいです。
懐かしいシーンが色々浮かんできて
早くもロスになりそうです。

    いいね!(2)
2021-05-06 02:57:51
名前無し

終盤のおちょやん、なんだか心に沁みます。
Youtubeで浪花千恵子の映画も見たし、おとうさんはお人好しのラジオドラマも聞けた。
最近の四十代設定の千代が、何となく浪花千恵子に似てますね。

2021-05-06 04:12:00
名前無し

ラストに向けて最後の纏めにかかってきたようですが、これがまた雑いですね。これまで以上に綺麗に纏め、感動のラストにしたいが為に種明かし的に栗子を実は千代をずっと見守ってきた紫のバラ的な人物にしちゃったりして、容赦ないですね。
でもね、赦しをテーマを描くならもっと丁寧に描いてくれなくちゃ。テルヲの時も突如死に際に現れてお涙頂戴にした様に、またかなんですよ。
これでもし一平まで許すとかなんてことがあれば大笑いさせて頂きます。実際にあったことでもドラマとして経緯を丁寧に描けないのなら、それは事実とはまた別物になっちゃいますから。

2021-05-06 04:35:00
名前無し

本当に終わってしまうのが寂しいです。ドラマを見ていてこんな思いになるのは久しぶりのことで、自分でも驚いています。おちょやんの魅力についてはもう何度も書いてきましたが、それでもまだ書き足りないというのか、簡単に言葉に出来ない部分があります。それが何かはっきりとは分からないのですが、強いて言うのなら形而上的魅力でしょうか。ずっと井戸を掘り進んでいくにつれて水が涌き出てくるように、何度か繰り返し見ているうちに、それまで表面に現れていなかったもの(思想とでも名付けましょうか)がふいに姿を表してくるような。そういう不思議な魅力を持ったドラマですね。

2021-05-06 06:42:27
名前無し

泉は自然に美しい水が溢れ出るもの

2021-05-06 06:47:07
名前無し

一平以外、新喜劇で脚本を書ける人がいないんだろうか。
なすすべなく岡安で愚痴を言うしかない劇団員のみなさん、自分のことは棚に上げて千代譲りの啖呵だけはお上手な寛治。一平よりも面白いものを書いて一平を追い出そうという気概もない無能な集団。
自己中だったが、自ら脚本を書いて一平の前に立ちふさがり、才能がなければ容赦なく切り捨てた千之助の芸人としての傑物ぶりがようやくわかった。
千之助がいたときはいたときで、一平は気苦労の連続だっただろうけど、いなくなったら別の意味での苦労を背負いこんだんだろうね。
千代なんかみつえの結婚騒動のときから、一平が脚本書きに集中してるのにみつえのための台本を書けだったし、戦争中も自分の我を通すために一平台本書けだったから、自分で脚本を書いたことがない人間は脚本を書く大変さがわかってないんだろうね。
まあ、寛治も含めてモブ化した脇役陣は、一平と一緒にお払い箱でいいんじゃないかなと思ってしまうほどどうでもいいことだけどね。

2021-05-06 06:55:53
名前無し

前作がダラダラ長くて早く終われとイライラしたが、おちょやんはあっという間の気がする。
千代のはんなり関西弁がいつまでも耳に残って心地よい。
穏やかな暮らしを手に入れた千代の清々しい顔も見ているとホッとする。
賑やかしいラジオドラマ、皆で一生懸命あんな風にしていたんだね。
カーネの糸子の岸和田弁にびっくりしたが、関西弁にも色々あるのを知れて良かった。

2021-05-06 06:56:13
名前無し

千代の魅力が終盤にかけて益々増してきます。
来週で終わるにはもったいないです。

2021-05-06 07:10:02
名前無し

また前作批判と不正評価ですか。
分かりやすいですね(笑)

2021-05-06 07:11:22
名前無し

ナヨナヨしている一平が嫌いです。足蹴りにビンタの暴力千代が嫌いです。
半年間視聴者にこれでもかと苦痛を与えといて、今更後出しで許しがテーマだと言い訳して
ふざけるでない!。

2021-05-06 07:33:30
名前無し

人間もろくに描けず不幸の押し売りに毎週面白く見せようと無理してエピを詰め込み過ぎて
ジェットコースターなみの速さで外の景色もゆっくり見る余韻に浸る暇も与えず
終わってみれば何も印象に残らないドラマになりそうです。

2021-05-06 07:51:12
花篭十年分要らん

家出娘の父母への説得は全て千代お母ちゃんのおかげでした。
めでたしめでたし。

2021-05-06 07:51:37
名前無し

おちょは、前半はひどかったけど、終盤は面白い。
スカやエールは終盤の手抜き感で見られなかった。

2021-05-06 07:58:54
名前無し

天外の名を毎日踏みつけながら暮らしていたんだから、赦しなんてなさそう。自分の亡骸の顔を叩かせたエピソードはやらないだろうなあ。

2021-05-06 08:13:04
名前無し

おちょやんは最初から最後まで手抜きで呆れます。
千代ってお月さま見上げている顔でも憎たらしいのね。その後はまた腕組みですか。
ここに来て、親に反対されているなんてありきたりのエピいる?簡単に解決するくせに。面白みの無さは最後まで続くのね。

2021-05-06 08:16:03
名前無し

憎んで競って憎悪を生ませる脚本から普通のいい人だらけの朝ドラに変わったので、千代は一平を許すと思う。テルヲと一緒で、形は許してないけど杉咲花は演技で許しているように見せると思う。でなきゃ朝ドラにならないと彼女はわかってて、わかってないのは脚本家(笑)
栗子を許した。血のつながりは関係ないと言った。一平も灯子も生まれた赤ちゃんも許すだろう。聖人千代の誕生で幕を閉じると思う。

私が春子を守ると言ったとき、寛治は?と思った。

2021-05-06 08:18:36
名前無し

マユゲのアナが言いたかったのは、
「杉咲さんは、清原さんの噛ませ犬じゃない!」
ということなのか?



スポンサーリンク


全 13265 件中(スター付 1463 件)11201~11250 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。