4.25
5 2件
4 1件
3 1件
2 0件
1 0件
合計 4
読み くろいがしゅう しょうげん
放送局 NHK BSプレミアム
クール 2020年4月期
期間 2020-05-09 ~ 2020-05-09
時間帯 土曜日 21:00
松本清張の短編推理小説集「黒い画集」の1編 『証言』 が物語の舞台を現代に置き換え、大胆かつ斬新な解釈でラブサスペンスとしてよみがえります。
全 4 件中(スター付 4 件)1~4 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]

2020-05-10 21:03:02
名前無し

あまりにも、松本清張的な世界が繰り広げられており、
笑ってしまうほどの典型的三段変化の筋書きでした。

① 主人公は、自分に都合の悪いことを隠蔽する
② 嘘をつき通そうとして、大きな罪を犯してしまう
③ 最後には、思いがけない悲劇的結末になる

2020-05-14 13:39:13
れい

谷原さんと浅香さんほかのキャストの演技も素晴らしくて引き込まれました。同性愛設定は賛否ありますが、その苦しみや葛藤が巧く描かれていましたし、終盤のシーンで智久が貞一郎を愛してたのが伝わって号泣しました。
制作スタッフさんに感謝です。

2020-05-18 15:24:45
名前無し

谷原章介さんと浅香航大さんが身体を張った演技でした。
それにしても、最も腹黒かったのは妻の幸子ですかね。
途中で、それと分かる美術商も出てきましたし、
女性に受ける内容だったかなと思います。

2020-06-26 15:20:54
名前無し

松本清張氏がこのドラマを見たら、どんな感想を持ったであろう…。

オリジナルでの不倫(相手は女性)を同性愛者に変えたことで、家族に言えない感がより一層強まったのは確かだが、二人の子供をもうけている事からみて、バイセク設定なのかな。ややむりくり感も。
嘘の証言をした事で、罪悪感にさいなまされる部分や、画商との関係を知って嫉妬のあまりを演じきった谷原さんはさすが。
にしても、「腐女子、うっかりゲイに告る。」に引き続きの役をあてがわれたのは辛かったかも。

げに恐ろしきは、女と言う事か。



スポンサーリンク


全 4 件中(スター付 4 件)1~4 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。