3.99
5 200件
4 69件
3 35件
2 25件
1 40件
合計 369
読み とうきょうえむいーあーる はしるきんきゅうきゅうめいしつ
放送局 TBS
クール 2021年7月期
期間 2021-07-04 ~ 2021-09-12 最終回
時間帯 日曜日 21:00
出演
重大事故、災害、事件の危険な現場に駆けつけ、尊い命を救う救命救急チーム“TOKYO MER”の活躍を描く熱いヒューマンドラマです。
いいね!の投票数順に 30 件(最大30件)のレビューを表示しています。
投票数が同じ場合は新しい順です。
レビューの時間をクリックすると、そのレビューの書き込まれている位置に移動します。
いいね!投票数 5 票
名前無し

ドラマですけど日本が好きなら日本のルールを守れ!と言いたい。
そして不法滞在者=弱者ですという押し付けストーリーにうんざり。
とにかく政治家や官僚=悪という押し付けにもうんざり。
不法滞在は犯罪なのに感情論でかわいそうにもっていくドラマばかり。
不法滞在者による重大な犯罪も多々起きていて国民がその犠牲になっている事もドラマにしていただきたいものです。

それと「時節柄入管職員に見せたい」とか言ってる人いるけど...
入管はスリランカ女性の訴えに応じて外部も含め様々な診療科の医師の診察を受けさせ様々な検査をして異常なし、投薬治療で問題なしと最終的に診断されていたのですから医療従事者でない入管職員が医師の判断を覆して入院を要請するのは難しいと思いますが。
入管を悪魔化する為に都合の悪い情報は報道しないマスコミを鵜呑みにしてませんか?

    いいね!(5)
名前無し

>北見(喜多見)の自分勝手な振る舞いに違和感だし見ていてイラつく。

気持ちはわかりますが、彼のようにしなければ助けられない命があるのも事実。
僕も、喜多見のやり方だけが正義であるとは思いませんが、
最大公約数的な判断、合理的な判断に、あえて逆らう喜多見のような人物に、魅力や感動を覚える面もあって、
それが、このドラマの感動につながっていると思います。
どうしても喜多見を許せない人の気持ちを否定するつもりは毛頭ありません。
僕は喜多見という人物にとても魅力を感じます。
鈴木亮平の演じ方も大きいと思う。

    いいね!(5)
いいね!投票数 4 票
名前無し

こっちのゆり子の東京で暮らしたい。

    いいね!(4)
名前無し

喜多見医師の患者に対する優しい丁寧な言葉使いがとてもイイ。またスタッフに的確に指示するプロフェッショナルぶりもカッコいい。
そしてそれを演じる鈴木亮平の演技力には感心した。この医学専門用語だらけの長いセリフをよどみなくしゃべりリアルに演じるのはかなり難しいと思う。舞台役者以外の役者だとセリフ覚えるだけで大変でまずやりたがらないだろう。思えば鈴木亮平っていろんな役に挑戦するチャレンジャーだ。そして出演作はそれなりに成果を上げている。前期のレンアイ漫画家も良かったし。この作品も彼のキャリアアップになる事は間違いなし!

    いいね!(4)
名前無し

TOKYO MER 面白い!

喜多見が、ガスの充満する部屋で手術を始め倒れそうになりますが、音羽がやって来て助けます。
音羽は、酸素ボンベも付けていません。
なぜ助けられたかと言うと、このガスが、空気(酸素)より重い無毒のガスだからです。

空気より重いのですから、ガスが充満するのは、地面の近くだけ。
喜多見は、患者の救助に必死。側にしゃがみこんで手当てしていた為に、ガスだけを吸い空気(酸素)を吸えずに酸欠になってしまったのです。

そこで、音羽が言います。
一旦立ち上がり、少しだけ患者から離れろと。
そこには空気(酸素)がある。 患者から離れ、空気(酸素)を吸い、酸欠から回復する。
患者を助けるのには、それが必要なのです。

二人の立ち位置の違いを良く表していると思いました。
喜多見は患者に近付きすぎる。患者と共倒れになる危険性を常にひめている。

だから音羽は喜多見に、一旦 離れて周りを見ろ。と言った。患者を助ける為に…

しかし冷静な音羽では、工場に入る事は出来なかったはずです。
喜多見だからこそ、救助できたのも、間違いのない事実なのです。

喜多見と音羽、二人は正反対に見えながら、お互い支えあい、深く結び付いているように見えました。

それはきっと、手法は違えど、お互いに、何がなんでも患者を助けようと思っているから…

来週も楽しみです。

    いいね!(4)
いいね!投票数 3 票
名前無し

鈴木亮平は凄い!
今まではスーパードクターを見せてくれていた。
それもホントに凄かったけど。
そして…
最愛の妹の死。
人目を憚らずの慟哭。
いかに妹を愛していたかを表現して見せた。
今日は頭から離れなくて辛い…

    いいね!(3)
いいね!投票数 2 票
名前無し

知能指数が低い奴向けのドラマでしょ(笑)

    いいね!(2)
名前無し

テロ関連は完全に蛇足だった様な気がします。
椿って一体何がしたかったの?
世の不条理を喜多見に教えたかったって国際的なテロ犯がまさかそれだけの理由で?説得力ない。
結局『妹を殺した憎き犯人も助けちゃう喜多見先生』を入れたくてテロを差し込んだのかしら??

    いいね!(2)
名前無し

やはり最後の椿のシーンが良かった。あそこにMERの全てが入っていた。

椿を喜多見が助けようとした時にそれ以外のメンバーは最初助けようとしなかったが、つまり救急の医者だからという職業観だけで人を助けるとは限らないと表現していたということ。
そこで喜多見は実の妹を殺した当人をなんの躊躇いもなく助けようとしたのは、喜多見は医者の前に本当に純粋に人を助けたいという気持ちがあることをドラマとして表現したかったから。
だからこその「わかりません」。
わかりませんだけで納得出来たのは、最終回までの喜多見というキャラクターがあったから。
本当に素晴らしいシーンだった。

また、稲森いずみが妹の仇をうってやったぞという台詞からのシーンだったことも素晴らしい。
勝ちとか敗けとか復讐とか恨みとかそういうところで喜多見は戦ってきたわけではないということ。
官僚として日々とにかく上に上がることを考える音羽が泣いたのは、それを越えたところでの景色を見たことも一因。

本来のエンタメならば妹を殺さない方が王道だし、殺さなくても最終回の大筋でほぼそのままストーリーは出来たはず。
喜多見そしてmerがどういうことで動いていたのか、その一番軸となる部分をよりくっきりさせたかったのだろう。

久しぶりに良い最終回を見させてもらった。
本当に素晴らしい。

    いいね!(2)
名前無し

感動の連続で、世界トレンド一位も納得。現実味が無いという批判もあるがそれはそれで面白かった。鈴木亮平さん最高にカッコいい。

    いいね!(2)
名前無し

白金大臣、すごいリーダーシップで、いろいろ
無理やりねじ込んでくれてすごかった(*゚∀゚*)
喜多見チーフの善人すぎるオーラに音羽医師の
マジ泣きが感動的❣️

    いいね!(2)
名前無し

コッテリてんこ盛りなケレン味が
憂鬱な日曜日の夜にハマる
鈴木亮平は面白い役者さんですね
大河から戦隊モノ風味まで
しっかりハマる

    いいね!(2)

今日の話は時節柄入管職員にも見てもらいたい。というかきっと見てる人いるでしょうね。つくりごとだと判っていても感動的でした。是非あの途中から手伝い始めた警察官のように心を入れ替えて欲しいです。言っても無駄でしょうけど。

    いいね!(2)
名前無し

前時代的なパワハラ、差別は、視聴者をただただ不快にさせるだけ。
そもそも、人の命よりも組織のメンツが大事などという考えも言語道断。
全く話にならない。

稲森いずみは、遠目だと真矢ミキと区別がつきにくい。

    いいね!(2)
名前無し

もうー泣いちゃった。息子が、助けに来たお父さんに気づけて良かった。そしてお父さんのように友達を助けようと思ったって。ダーッと涙が溢れてしまいました。
いいのよ、こういう単純な流れで。見たことあるようなシーンでも。その時の、そこにいる父子に思いを重ねられたから。小手さんが、もしかして息子がいるかも?という序盤からの表情良かったです。
そして、仲間たちの連携。ドローンカッコよかったです。
そして返す返すも、鈴木亮平さん。表情から仕草から、セリフから滑舌から、何をとっても最高です!

何かの記事か、誰かのレビューで見た、MER戦闘ヒーローのとしての色割り当て。書いた人凄い!なるほど!と思い共感しましたが
私は青は菜々緒さん、緑が佐野さんだと思う。

    いいね!(2)
名前無し

抜群におもしろい!

真っ正直真っ向勝負の喜多見さんもいいけれど、曲がりくねってひねくれまくってもたどり着くところはMERのみんなと同じ音羽先生はかっこいい!
初回から(なんなら始まる前から)賀来くん、かっこいいなーと思ってたけど、予想の上を行きます!
涼香ちゃんとどうにかなりそうな今後も楽しみです。

    いいね!(2)
名前無し

言いたいことも言えない、やりたいことも出来ないこんな世の中だから、人は自分らしく生きるための勇気を与えてくれるヒーローを求めている

    いいね!(2)
名前無し

ふふっ、ほ~んと突っ込みどころ満載で、皆さんのおっしゃる通り
と思いつつも、45分が早く感じられて、結局はどうなるんだろうとワクワクして楽しんで見てしまいます
これぞ、娯楽のドラマですよ
西◯警察の例を出している方がいましたが、ホントそう
撃ちまくり、壊しまくりで大人気、ドラマが成立してたんですから
やっぱ私はこのドラマが今季1番です

    いいね!(2)
名前無し

MARもナイトドクターもどっちもいいねぇ
主人公のキャラや組織の中での存在感が ばっちり解ります 医療現場の現実に忠実でなくてもいいんすよ 誇張でも。
コードブルーでさえ 人気の海外ドラマに寄せてきても 情緒的な部分を強調してたもの ガンバ

    いいね!(2)
名前無し

鈴木亮平さんは、今まで、主役タイプでは無いと勝手に思っていた。テセウスの父親役とか良かったから、2番手が似合う役者さんだと。
でも、それは間違いだった。
役になりきっていて、セリフを言ってるように思えない。
患者を優しく気遣って見つめる時の優しい表情、声掛けもとても安心出来て、メンバーへの指示も早くてしかも的確、笑顔が素敵で輝いてる、こんなお医者さんがいてくれたらなと思わされる。
賀来賢人も敵か味方か?となりつつも、医師としてはバディであり、スパイスになっていて。
他のメンバーも個性的で、危険と隣り合わせになりながら、それぞれの医療に対する思いが見えて、見終わる度に爽快な気持ちになれる。
日曜の夜に楽しみなドラマになったし、まさかの私の中で今期1番。

    いいね!(2)
名前無し

最初人質二人が逃げた後に警官隊が突入して逮捕すればよかったんじゃないの。
あんな犯人に警察手こずりすぎ。

    いいね!(2)
名前無し

どなたも言ってらっしゃるとおり、鈴木亮平さんの台詞回しが小気味良くてとっても好きです。すんなり私達の耳に入って来ると言うか。あんなお医者さんがいたらいいな。あんな上司がいたらいいなと思いながら見てます。賀来賢人さんもクールだけど悪い人には見えません。今後どんな展開になるのか楽しみです。チームワークもよく、中条さんも成長してくれることでしょう。久々医療系で面白いドラマです。

    いいね!(2)
名前無し

星4つ。多分最後まで見ます。

医療ドラマはどうしてもER(古いけどあれを超すの出会ってない。)と比べてしまうんだけど、プラスそこにシカゴファイアーも思い起こさせるドラマ。

主役の喜多見は鈴木亮平には凄く合ってるキャラだと思った。
とにかく良い人、誠実、頼りになる、でも猪突猛進、無謀さもあるがそこに私心が無い。育ちの良さと知性を持ち合わせてる鈴木亮平にはピッタリだ。山Pより現実味がある。
菜々緒も仕事できる系のキャラには持ってこい。ガッキーより頼りになる感じ。
賀来賢人はもっといい。ふざけてない!
まぁ、元々イケメン枠なのにふざけたキャラをやりすぎた。
冷淡なのに実は出来るドクター、ここぞと言う時に現れて1番かっこいい役だった。
キャナメ、ずーっと消防服で暑そうだ。(ToT)
きっとダイエットができると信じてる!

仲里依紗は元奥さんなのかな。
石田ゆり子の知事も最初はへ?と思ったけど、直ぐに慣れた。
バレてはいけない事件、が気になるな。
今夜が楽しみ。

    いいね!(2)
名前無し

鈴木亮平の役柄が...ただただチームワークを乱している人にしか見えない。
何が何でも死者0にする為に無茶するって2次災害引き起こしにいっているようなもの。
ドラマだから終わり良ければ全てよしみたいになってるけど現実に
あんなのがいたら自分だけでなく仲間も危険にさらす迷惑極まりない。
ドラマとはいえやりすぎなキャラ設定は不快感しか残らない。

    いいね!(2)
名前無し

現実には難しい、ある意味夢と理想が描かれている医療ファンタジーではありますよね。おそらく誰もがこんなことあるわけない。できるわけない、と諦めてきた現実。
賀来賢人くんの台詞にその全てが表現されていた気がするんですが、それでも心のどこかで…こんな医師がいて欲しい。こんな医療システムがあったなら、と考えずにいられない。
そういう理想…というか希望?の詰まったお話で、私は嫌いじゃないです。本当に、あったらいいなと思ってしまった。
もちろん、周りの方たちの辛辣な意見や危険性に関する危惧も、実際にあらゆる面から考えると正論ではあるんですが。
主人公の過去も不穏な様相ではありますし、賀来くんの動向も気になるので、これからの展開を楽しみに見守りたいなと思います。

    いいね!(2)

鈴木亮平さん、あのヤッターマンが、順調な役者街道まっしぐら。しょっぱなの冷静なトリアージぶり、4月期の漫画家からの救命医師への華麗な転身、おばちゃんはとても感動しています。
小手さんも菜々緒ちゃんもいい味出してる。
お偉いさん方も渋い役者さん揃いで、今後の進展が、とても期待できそうでワクワクしてます。

    いいね!(2)
名前無し

始まる前からすでに『ナイト・ドクター』に勝利している。

    いいね!(2)
いいね!投票数 1 票
名前無し

今クールは喜多見と千住の男と男の友情物語だけでよかった。全11話すべて見たけど内容的に2クール必要だった。理由としては…

1、喜多見がさまざまな人と会話をするシーンが足りてない。
2、喜多見がアメリカで活動していたという部分がイメージしにくい。
3、椿という男に関する説明が足りてない。
4、月島と椿の関係を知らしめるための「尺」が欲しかった。
5、椿が喜多見を逆恨みする動機となった部分をじっくり見たかった。
6、音羽と涼香による2人の心のもつれあいをゆっくり描いてほしかった
7、弦巻の人間的成長をもっと長い目で見たかった。
8、赤塚と白金の関係も2クールあればもっと細かい心理描写が見れたはず。

    いいね!(1)
名前無し

素人でも予想できそうな安直な予定調和なラストでがっかり。

    いいね!(1)
名前無し

白金大臣に医者の心がある・・という理由なら、いままでだってMERが命懸けで命を救ってきたのは見てるはずなのに、今までは心動かず、今回はあっさり気が変わったのは唐突な感じは否めない。

    いいね!(1)

スポンサーリンク