3.39
5 1057件
4 103件
3 46件
2 98件
1 673件
合計 1977
読み えーる
放送局 NHK
クール 2020年4月期
期間 2020-03-30 ~ 2020-11-28
時間帯 月曜日 08:00
出演
https://www.nhk.or.jp/yell/
(月〜金)昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子をモデルに、昭和という激動の時代の中で人々の心に寄り添う数々の曲を生み出した作曲家とその妻の波乱万丈の生涯の物語。
全 19547 件中(スター付 1977 件)16601~16650 件が表示されています。

2020-09-21 08:41:27
名前無し

裕一、久志良かったね、おめでとう!
廿日市さんのルンルン度が凄い笑 あとは鉄男のヒットが欲しいね。おでん屋の鉄男も結構好きなんだけどね。

2020-09-21 08:53:09
名前無し

久しぶりに久志の歌が聴けて嬉しかったが…
時流にのった歌で微妙な気持ちになった。
この歌が古関さんの歌だとは本当にヒットメーカーだったのね。
軍人さんは何を言いに来たのか?

2020-09-21 09:20:57
名前無し

裕一と久志、売れっ子になってよかった。
廿日市のイヤダ!には笑った。
あとは鉄男だね。でも裕一も売れるまで長かったからねえ。がんばれ鉄男。

2020-09-21 09:22:21
名前無し

一日で失恋から立ち直るチャラ男久志が、軍歌の星になる葛藤も少しずつみられそう。

2020-09-21 09:32:49
名前無し

これから、鉄男君作詞、裕一君作曲、久志君歌唱のあの「暁に祈る」が生まれるのですよね。でも、日本は戦況が悪化していくときなので🇯🇵、、
戦後の「長崎の鐘」「栄冠は君に輝く」の平和になってからの時代までがどのように描かれてゆくのでしょう。10話分カットされたので駆け足なねでしょうか?

2020-09-21 09:52:17
名前無し

>「裕一と音の家族や故郷のその後の話が削られたようですね。最近の朝ドラは、主人公にエピソードが乏しく、最後の1カ月はアップアップになってしまうんです。10話カットでストーリー展開が締まって、かえっていいかもしれませんね」(民放編成局幹部)

カットは残念ですが、最後まで楽しみに見たいと思います。

2020-09-21 10:05:37
名前無し

子どもの頃親父たちが飲み会でよく歌っていた軍歌の一つが露営の歌でした。そして、軍隊の思い出話しをするのでした。親父たちは、もういない。時代に飲まれてもがいて必死だった日本の時代の一つの歌。

2020-09-21 10:14:43
名前無し

短調の曲が一般の人々の心をとらえたことには、やはりそれだけの意味があるのでしょうね。
万葉の「防人歌」とも心情面で重なるような気がします。

2020-09-21 10:27:13
名前無し

いきなり戦争が始まった。
裕一作曲の歌が売れて廿日市が喜ぶのはわかるが、一視聴者としては喜べない。
オルガン購入も微妙。心がザラつく。

2020-09-21 10:36:28
名前無し

先週までと比べて、まともな世界が戻って来た印象がある。
裕一の軍歌ヒットがあまりに早くて驚いたが、むしろそこが起点になっていくようだ。そこに音の新しい挑戦や、華の心理状況が有機的に組み合わされて、見ごたえのある展開が期待できそうだ。
気をてらったり無理な笑いを誘ったりすることもなく、人物の表情で展開や内面が分かる。(分かるだけに、音に譲りすぎる裕一が少し歯がゆいが)
ようやく「再開」の実感が湧いてきた。

吉田氏作のスピンオフを挟んで3週間が嶋田氏脚本。この間の「エール」には落胆続きだった。(もちろん、この脚本が好きだという方々がいることは承知している)
NHKのドラマは比較的よく見ているが、好きな枠でもどうにも不愉快で視聴を打ち切ることがごくたまにある。そのドラマの脚本も嶋田氏だった。これは相性もあるのだろう。
全く自分勝手な願望だが、このあと最終回まで、清水氏の脚本の割合が多いことを望んでいる。

2020-09-21 10:55:14
名前無し

昨日の昼間、偶然にうたコンの再放送を視ました。

オーディションに出ていた3人の歌声、さすがでした。もっと何曲でも聞いていたく思いました。
そして、公平に選ばれるならこの中からだったのではないかと、改めて思いました。

素敵な声を聞かせてもらえたのは嬉しいことですが、ドラマのキャスティングとしてはやはりまずかったですね。久志やMTが際立たなくなってしまいました。

2020-09-21 11:32:10
さくら

あの当時は、オルガンよりも裕一くんが愛用している輸入品の8mmカメラ( フランス・パテー社製 )の方が遥かに高かったのに、今さらオルガンとは、本当におかしな朝ドラですよね!!

2020-09-21 11:32:42
名前無し

お国のために勇ましく出征していった若者も心の底では「行きたくない」とか「もう家族とは会えない」という気持ちがあったんだろう。だから短調の曲が受けるんだろう。

2020-09-21 11:34:18
名前無し

お気楽すぎて、先週もあまりにお気楽すぎてこれって戦前?戦後?と時代考証が分からなかった!
まだ昭和12年て!ビックリ!
一発屋の裕一がしばらくお気楽な生活してたと思ったら忘れた頃にまた大ヒット!オルガン買ったりまたまた楽チンな戦前生活!
裕一の苦労も紆余曲折も全く見えない最近のエールは大して観る価値もない令和の駄作!

2020-09-21 11:38:04
名前無し

中断前も再開後もどうでもいいスピンオフみたいな話ばっかりだったが、ようやく作曲家の話っぽくなって少しよくなってきた。時代背景もある程度はちゃんと描けてるようだし。

2020-09-21 11:41:32
名前無し

古関裕而さんもあんな8mmカメラ持ってたのかな?

2020-09-21 12:01:10
名前無し

変な朝ドラだった先週に引き換え、普通の朝ドラでしたね。
これぐらいの普通さであれば、特に不満はありません。普通に見て行けます。
明日以降も、変なエピソードを絡めずに普通に進めてください。実力ある俳優陣ですし素材の曲が素晴らしいのですから、普通に進めてもらえれば十分に良いドラマになります。

2020-09-21 12:01:52
名前無し

時代の波に翻弄されながら、民衆の心に寄り添って曲を作った裕一は、成長したんだなぁと思いました。親子のおだやかな暮らしを愛おしく見ました。

2020-09-21 12:44:23
名前無し

ずっと良い朝ドラと思っていますが、進む程に良くなる朝ドラは希少価値がありますよね。
コロナ禍にあって中だるみ無し、最後までこの調子でで行けば奇跡の朝ドラと言って上げたいわ。

2020-09-21 13:55:57
名前無し

楽譜をちらっと見ただけで曲の良否を判断する杉山さん。ただ者ではありませんね。
(福島行進曲では当たりませんでしたが)

2020-09-21 13:57:13
名前無し

廿日市さんの手のひら返し、堪能させていただきました。
これまでグサグサ酷いこと言ってきたから、ハナちゃんにまでお愛想を言う姿は痛快でした。

2020-09-21 14:02:59
名前無し

あの曲ってあんな風に作られたの?簡単過ぎない?兵隊さんの気持ちを歌った曲!同期の桜と同じぐらい重みのある歌なのにカット去れた部分有るかもだけどあの曲だけは、時間作ってでも完成までの時間作って欲しかった

2020-09-21 15:19:48
名前無し

自叙伝によると、露営の歌は、ご夫婦で中国大陸の親類を訪ね、日露戦争の戦場跡なども訪れて、帰国したところ、急ぎ上京するようにとのコロムビアからの電報を受け取って、門司から列車に乗り換えて東京に向かった車中で作曲されたとのことでした。久しぶりに読んだ内地の新聞に、懸賞募集された歌詞が載っていて、「汽車の揺れるリズムの中で、ごく自然にすらすらと作曲してしまった」コロムビアで「急ぎの曲って何ですか?と問うと、なんとそれが……中略……あまりの偶然に驚きながらも、それならもう車中で作曲しましたと譜面を取り出した」と書かれています。
コロナ禍ではしょられたかもしれませんが、依頼より前に新聞で歌詞を見てすらすらと曲ができたのは、史実もそうだったようです。

2020-09-21 15:21:32
名前無し

5番の歌詞、「東洋平和の ためならば なんの命が 惜しかろか」が無ければ、反戦・非戦の歌と言えなくもないですね。

2020-09-21 16:43:38
名前無し

今週はまともになった感じ。
でもこれからどんどん戦争がひどくなって
日本が貧しくなっていくんだよね。
戦争の話は嫌いなんだけど、避けては通れないから、
しかたないかな。

スポンサーリンク
2020-09-21 18:13:03
名前無し

時代の荒波に急浮上させられてしまう3バカトリオが、がんばり、苦悩する姿が楽しみでもあり、怖い感じもします。

2020-09-21 18:16:11
名前無し

裕一の曲作りは、自分を誇示するものでなくなって、歌詞の思いに寄り添うようになっているようですね。
西洋音楽にこだわってボツだらけだった頃と、本当に変わったなぁと思いながら見てました。
はなちゃんを真ん中にして、仲の良い家族のぬくもりも感じられました。

    いいね!(1)
2020-09-21 18:39:25
名前無し

自伝では、汽車の揺れるリズムが作曲のヒントになったようですね。ただ、大ヒットの原因は、この曲が、昼間は旗行列、夜はちょうちん行列という一般人による戦果祝賀行事の、「歩く」という動作にフィットしていたからではないかと思います。他の戦時歌謡にも同じくらいのリズムが多いです。

2020-09-21 18:41:23
名前無し

五郎にはすぐに懐いた華ちゃん、廿日市を見て逃げ回る華ちゃん、
鋭い人間観察力。廿日市は不審者に見えなくもないw

2020-09-21 18:52:30
名前無し

だんだんジョークが言えなくなる時代に入ります。鉄男のモデルの野村俊夫さん作詞の初期のヒット曲を、実際カバーしていたグループの一人=志村けんさん演じる小山田先生が、この曲をどう評価するかが少し楽しみでした。ああ。

2020-09-21 19:05:44
名前無し

みんながとても嫌なタイプの廿日市誉なのに、それほど嫌がられていません。多分、各自の中に、大なり小なり廿日市が存在するからでしょう。戦中から戦後に多くのひとが廿日市にならざるを得なかった。また、もしかしたら、当初の脚本家を追い出した制作スタッフの、真心こめた分身だからなのかもしれません。

2020-09-21 19:16:24
名前無し

五郎の特技(?)は、人の警戒心を取り除くこと、人の心に寄り添うことなんでしょうね。
不思議なのは、そういう五郎が、奉公先で可愛がられなかったことです。

印象としては、好人物ではあるけれど、あまり働き者というわけではなく、気づかいができるというわけでもなさそうです。叱責されることも多かったのかもしれませんね。

親に売られたことを嘆いていた五郎ですが、意地悪な言い方をすると、梅に人生を買われてしまった状態とも言えます。関内馬具店では厳しい修行時代を乗り越えられるのでしょうか。

2020-09-21 19:44:21
名前無し

今、梅ちゃんと五郎さんがバラエティーに出演中。
ドラマ以外でも二人の並びが見られて嬉しい。

2020-09-21 19:47:16
名前無し

有吉ゼミで梅と五郎が「激辛勝負」してるよ。

2020-09-21 20:00:16
名前無し

五郎も梅ちゃんも見事に完食したね。
大したものだよ。

2020-09-21 20:19:46
名前無し

二階堂さんも、バラエティ辞める決心大変だったんでしようね

2020-09-21 21:17:42
名前無し

今週から裕一音夫婦と周りの人々が激動の時代を生きる怒涛の展開になりそうなので覚悟を決め心して見ていきたいと思います。天才裕一は天から曲が降って来たように作曲した軍人を送り出す露営の歌が大ヒットして売れっ子作曲家になり生活が楽になりオルガンを買い愛娘と音楽を楽しみ音楽教室まで開いて幸せに浮かれているが、これから戦争が悪化して裕一たちも不幸の時代に巻き込まれると思うと今の幸せが切なく感じました。

    いいね!(1)
2020-09-21 21:43:41
名前無し

オープニングの写真が少し変わって、いよいよ戦中編という感じ。今日からガラっと雰囲気を変えているが『エール』ではお馴染みの展開。裕一たちの日常に少しずつ戦争の気配が近付いているが、裕一も音もまだどこか他人事のようだ。これが意外にも現代、否、現在と通ずるところがあってリアル。そういえば新型コロナウイルスも、巨大な船で感染者が出たと言っていた頃はまだどこか他人事のような気がしていた。
裕一は新聞に載っていた歌詞を見てさらっと曲を書き上げる。これがかの有名な「露営の歌」ということで、まさか週初めの月曜日にもうあの名曲ができてしまったことに驚いたのだが、このさらっとできたことがほぼ史実らしいのでもっと驚いた。歌詞に想いを馳せ、出征する人や送る人の気持ちに寄り添い、一気に書き上げた曲は裕一の音楽の根幹・西洋音楽の行進曲のよう。天才裕一の素質とここまでに流れた年月の中で少しずつ大衆に寄り添ってきた音楽が一気に花開いたということは、ここまでドラマを見てきた者にとっては嬉しいことだ。そしてここでようやく久志にもスポットライトが当たる。山崎育三郎の低音が力強く、今までとかなり違って聞こえた。

古山家についにオルガンがやって来る。オルガンを見た時の音の表情がとてもよかった。華を挟んでの裕一と音の抱擁。三人でオルガンを囲んで歌いあう。音が蓄音機を買った時は裕一は心から喜べなかったのだが、今はもう違う。幸せな一家の風景。一方で、軍人の夫をもつ吟の家には緊張感がある。こちらはかなり心配。音は音楽教室を開くことを考え、裕一も賛成。しかし華の表情が気になるところ。この先、教室がちゃんとできるのかも心配。

今日面白かったのは廿日市とおでん屋くらいだが、こうやって徐々に面白いシーンは減っていくのだろう。その中でも、ささやかな幸せのカケラ、古山家の楽しい様子が見せてもらえるといいなと思った。ちなみに今日の笑いのシーンを担った廿日市と裕一は、上手い役者がこの役をやっていてくれてよかったと心底思った。

    いいね!(5)
2020-09-21 22:02:10
名前無し

https://www.youtube.com/watch?v=gRKy0VcWru8
それにしてもグッとくる歌詞だよ。
お国の為に自らの命をも犠牲にする事が「美徳」とされていた時代。
戦争批判など言語道断で、そんな事をしようものなら、
たちまち「非国民扱い」
赤紙(召集令状)を「おめでとうございます」と言われて渡され、
出征当日は「万歳三唱」で戦地に送り出される。
死にに行くようなものなのに・・・。
仮に日本が敗戦する事なく、勝利していたとしたら、
いまだに何らかの戦争を続けていたのだろうか?
その愚かさに気付く事もなく。

2020-09-21 22:02:35
名前無し

これまでの展開に、戦争の影が殆んどなかったので、出征兵士見送りに出会ったり裕一が戦時歌謡を作ったりすることがやはり唐突に思えます。

裕一の作曲はこれまで「売れるか売れないか」の尺度に還元されてきました。『紺碧の空』は例外でしたが、その体験が活かされそうで、うまく続いて来なかったように思います。
軍歌や戦時歌謡も、明治期からあったわけですから、そういった曲と自分との関わりを、裕一も考えることがあったのではないでしょうか。

とはいっても、すでにここまで進んで来てしまいました。このあとの誠実な展開を期待したいと思います。

    いいね!(1)
2020-09-21 22:05:39
名前無し

裕一が、新聞に載っている「露営の歌」の詞に惹き付けられた思いを、もう少し丁寧に見せてほしかった。

2020-09-21 22:16:14
名前無し

時々は秀作もあるが、朝ドラは "広告・宣伝" と化してるから。いろいろ広告会社に丸投げしてるらしいから。どんどん民放のバラエティー化してる。以前はNHKに出ることは "信用" だったと思うけど。
梅の人も五郎の人も「朝ドラに出た」というのを(が)一生売りにする(なる)んだろうな。たとえ白けた内容だったとしても。

2020-09-21 22:31:56
名前無し

良い作品に出られた俳優さん達は幸せですね。ドラマ同様、応援したくなるし。
ドラマが終わった後も、エールファミリーをずっと応援していきたいと思ってます。
裕一と久志はこの曲で大ヒット。良かった。
あとは鉄男だけです。頑張れ、鉄男。

2020-09-21 22:40:27
名前無し

ここまでのエールのバランス感覚が素晴らしく、今のご時世に合わせたように明るさを押し出しエールを送る朝ドラに仕立て、シリアスなエピも上手くまとめて来たと感心させられます。
さすがに親の死は、身内の死を笑い飛ばす朝ドラへの大ヒンシュクの轍は踏まない手堅さで見事に作り上げてくれましたが、いよいよ戦争と言う激動の時代をエールがどう見せてくれるのか、裕一という主人公にとって一番難しく最大の見せ場でもあるテーマがどう描かれて行くのか、目の離せない時代に入り一味違ったハイレベルな展開を期待しています。

2020-09-21 23:24:56
名前無し

フランス製の家庭用映写機を持ち、当時は非常に贅沢品だったカルピスを飲み、ブルジョア生活をしていた裕一が中国戦線で死ぬ思いで戦っていた貧しい農村出身者もいた兵士の歌を作っていた。
久志のモデルの伊藤久男の歌った「父よ、あなたは強かった」を聞いてみたら、何だかなあ、である。
銀座の高級クラブに行かず、鉄男のおでん屋に行ってるのは義理堅いとは思うけれど。
五郎も及川も鉄男の弟もどんな思いだろう。

2020-09-21 23:39:32
名前無し

裕一は音楽をやりたい。それはずっとそのように描かれてきた。(不思議な川俣時代もあるにはあったが)
音楽を生涯の仕事にと福島を飛び出して、6年になるのだろうか。
作曲で裕福な生活もできるようになった後、「音楽を通して何がしたいのか」を自問することはなかったのだろうか。
裕一という人物の定見というか世界観というか、そういったものを骨太に描いてほしい。
そうでなければ、戦中から戦後にかけて、人々の心に染み入る音楽を作った人物の魅力が半減するように思える。

今日の裕一は、曲が売れて収入が増えたことを無邪気に喜ぶことができ、妻の笑顔のためには喜んで賛同するけれど娘の浮かない顔には全く鈍感な人間であった。そのような裕一であることが、後々にどのような意味をもってつながっていくのか、留意していきたい。

    いいね!(1)
2020-09-21 23:44:44
名前無し

朝ドラでは過去それぞれ、〇〇ファミリーを応援しますって言われてきてますから、別に普通でしょう。
大ヒットは嬉しいけれど、どんどん辛い時代になってきますね。悲しい別れとかなるべく無いと良いのですが、、、

2020-09-21 23:49:24
名前無し

>"エールファミリー" というとシチリア発祥の組織みたいですね。

おい、石原軍団とか否定したいのか。橋田寿賀子ファミリーもある。別に構わないだろが。

2020-09-21 23:56:50
名前無し

ファミリーって愛がある感じで私は好きだわ。
大体、他の人が書いた投稿への揶揄に当たりますから、やめましょうね。

2020-09-22 01:05:25
名前無し

再放送も再開後も楽しめるこの朝ドラが大好きです。
久しぶりの久志の歌声も最高でした。



スポンサーリンク


全 19547 件中(スター付 1977 件)16601~16650 件が表示されています。
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。