3.39
5 14件
4 4件
3 9件
2 5件
1 6件
合計 38
読み きょうじょう
放送局 フジテレビ
クール 2021年1月期
期間 2021-01-03 ~ 2021-01-04
時間帯 日曜日 21:00
https://www.fujitv.co.jp/kyojo2/
〈2夜連続〉過酷な警察学校を舞台に極限状態の中で起きる様々な問題や葛藤を教官・風間が暴く!
いいね!の投票数順に 14 件(最大30件)のレビューを表示しています。
投票数が同じ場合は新しい順です。
レビューの時間をクリックすると、そのレビューの書き込まれている位置に移動します。
いいね!投票数 3 票
名前無し

Ⅰを見ていたからⅡを見た。Ⅰがなかなか良かったからだ。

と、自分で自分を分析できる。ⅠがⅡのような作りだったら続編は見なかったな。
決定的に違うのは問題のある生徒の描写。Ⅰも相当に悪くてヤバい奴はいたけど
蟻を一人ポツンとしゃがみ込んで捕まえては飼っていたり60年代前半から70年代
前半の日本を象徴する漫画「あしたのジョー」みたいな雰囲気で一人寂しく
ハーモニカを吹いていたり、あるいは猿のようなそこら辺を走り回る中国の
奥地にいそうな原住民じみた人間はいなかった。それから警察学校がどんな
ところかも自前に調べておらず、連帯責任を取らされる訓練において、いちいち
頭にきて女子高校生気分のような行動を起こすバカとか、そんなのもいなかった。

明らかに面白くしようと「作り」に走った作品だ。そんなのは面白くないからダメだ。
良い作品は作らない。作るのではなく描くのである。今回、Ⅱは「作ってしまった」ので
何から何までウソ臭く、滑稽で「面白い」というより「おかしい」作品になってしまった。

    いいね!(3)
いいね!投票数 2 票
名前無し

女子の顔の区別がつきにくいのは年寄りだみたいな投稿見かけましたが、若いかた達は女子達の顔の区別がつくのかな。 前髪パッツンの揃ってる娘以外はなかなかわからないです。お恥ずかしい。

    いいね!(2)
名前無し

直前に1の再放送を観て、改めて感動後の視聴で期待し過ぎたかもしれません。今回は生徒数を始め登場人物が多すぎて、ひとつひとつのエピソードがしっかり回収されないまま、進展してしまったというのかな。
例えば濱田岳くんの耳のくだり、あとまいんちゃんに関わるくだりとか。ぼんやりして曖昧なまま終わってしまった感。
他にも断片的な描写でそれぞれに深みがなく、あまり感情移入できずに流されたエピソードも多々。
せっかく興味深い印象的な題材があるのに、いっぺんに詰め込みすぎて内容が残らないというか。
最後に大きな伏線の回収?に近いエピはありましたが、まだまだ未完な感じで引っ張られますよね。
続編ありそうでやはり気になりますが、出来れば1のテイストでひとつのエピソードを細かく、丁寧に描写していただけたらわかりやすいし、より感情移入もできるかなと思います。

    いいね!(2)
名前無し

身内に大卒警官いるので(某大都市で勤務)
実際の警察学校の内容はよく知っています。
昨年も興味深く楽しく視聴しました。
実際ではまず100%あり得ない設定や人物やエピソード!
これがあくまでもフィクションだから許せるのです。
強い志を持って真剣に取り組む大半の生徒たち、
これが現実では当たり前なのですから。
リアルばかりじゃドラマは全く盛り上がりません。
作り話だから思いきり悪人やサイコパス、
トラウマ抱えた人物などを沢山登場させて
大袈裟に派手に脚色しまくってこそ
ドラマは面白くなるんです。
主役キムタクがグレイヘア似合っていて
演技もなかなか様になってる。
前作同様見直しました。
唯一ミスキャストは松本まりかですね。
あんな甘ったるい小声の男たらし教官いるわけない、
あんなのドラマでも酷すぎる!
他の役者さんは皆さん迫真の演技で
とても良かったと思います。
私的には大変楽しめたドラマでした。

    いいね!(2)
名前無し

原作ファンとしては 各エピソードにオリジナルストーリーを加えたり削ったりして 上手いもんやなあと思った そのまんまは無理なんだろう
教場2は核のプロデューサーが急逝し集団撮影多いのにコロナ禍で苦心し また出演者の不祥事で一部撮り直しなど 制作の苦労は大変だったろうね みる側には勿論関係ないとはいえ 熱さは充分伝わってると思った。 愛子副教官は平さんという似た人物はいたけど 松本まりかさんに合わせた独自のキャラでした 悪くなかったです。
これは3もあるだろうね 落ち着いてからでいいから 今度はじっくり作り込んで見せてください。
ありがとう。

    いいね!(2)
いいね!投票数 1 票
名前無し

最高でした、次回あれば必ず見ます。

    いいね!(1)
名前無し

ムラマツキャップは厳しさの中にも人間味に溢れた理想的な上司。
その欠片も感じられないキムタク教官と一緒にするのはムラマツキャップに対して大変失礼かなと。
確かにやらせた事は似ているけど。

    いいね!(1)
名前無し

なかなかエグいストーリーで気持ち悪くなりかけたが、最後にスカッとさせてくれて見て良かったと思った。
去年に比べて画像も暗く内容も重くて見にくかった。正月に早々にと感じたくらいだが、謎解きが面白かった。

キムタク新境地のこのドラマは、歌手として俳優として築き上げたキャリアがあればこその納得の賜物。
頂点を極めたものが持つ圧倒のあの迫力。

また続くのですね。私も見落としがあるのかと驚いた。

楽しみです。

    いいね!(1)
名前無し

ものすごくよかった。去年のやつに勝るとも劣らない。
自分は、やり取りの結末を見せずにプッツンと次のシーンに飛んでしまうのが、とても気に入った。あの後どうなったんだろ?ってずっと興味をひかれ続けて、面白かった。

    いいね!(1)
名前無し

はじめから風間教官が義眼になった事件を描くつもりだったのなら、2は既定路線だったんだな。

編集がヘタ、と書いていらした方がいたが、私も見にくかった。引っ張ってCMへ、あけたら別の話。
繋がっていないから視聴の気持ちを切られる感じで。
生徒数人分の話を描こうとして、中途半端な感じもする。
でも風間教官の迫力と、奥底にある優しさを少しは理解できればこそ、明らかになパワハラがあっても視聴できた。
こんな風に書いたら不満ばかりに聞こえるかもしれないが、
最近のドラマの中では見ごたえがある。と思う。

浜田岳君に絡めて書かず、最後に事件を持って来たのは何故だろう⁉️
3への伏線?

    いいね!(1)
名前無し

上白石萌歌ちゃんが警察官の心得みたいなものを風間キムタク教官に何度も復唱させられ、途中からだんだん涙ぐんできたシーンで、ウルトラマンの中で、命令違反をして謹慎処分を食らったアラシ隊員がラストで謹慎を解かれた際に、キャップから科特隊の誓い第4条を納得のいくまで言ってみろと言われ、アラシは
「科学特捜隊員は命令を守り、命令に従って行動し、自分に与えられた責任を果たします」
と何度も復唱し、やはり途中で涙ぐんできたシーンを思い出したが、もしかして、これのパクリかな?

    いいね!(1)
名前無し

ナヨナヨ副教官泣き筋。

    いいね!(1)
名前無し

面白かったですよ 他のドラマとは緊張感が違った 普通に見てたらわかりにくいかも。
自分はマヤと坂根の区別がつかなくて最初 ハテ?
だった。観察眼の鋭い 片目の鬼教官 まさかの衝撃的な宮坂君の最期・・あっけなく哀しい
時間にルーズな人間がよくここまで残ったのが不思議やね 団体行動に不適切だから現実ならとっくに落第だ しかし鳥羽の狙いは何だろう
後半が待ち遠しいのは自分だけ?笑 合宿とは 警官でなくても 地が出て本当の性格が出る場所
ハラハラ楽しみです。

    いいね!(1)
名前無し

このドラマを観て、警察官の志願者が大幅に減らなければいいけどね。
佐藤浩市さんの教官も厳しかったけど、まだあちらのほうが人間味があったし。

    いいね!(1)

スポンサーリンク