3.56
5 3件
4 2件
3 2件
2 1件
1 1件
合計 9
読み ひきこもりせんせい
放送局 NHK総合
クール 2021年4月期
期間 2021-06-12 ~
時間帯 土曜日 21:00
出演
(全5回)
佐藤二朗主演で、元ひきこもりの50歳男性が中学校の不登校教室の非常勤講師となり、学校が抱える問題に悪戦苦闘しながら“一歩踏み出す”人々の姿を描く。
全 14 件中(スター付 9 件)1~14 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]

2021-06-10 23:04:34
名前無し

番宣見ました。
初回は見てみようかな。

2021-06-12 21:59:35
すだちちゃん

主演の佐藤二朗さんをはじめとする俳優陣の演技が、とても良かったです。私もひきこもりだったので、いろいろと共感できるところがありました。来週も観ます!

2021-06-13 09:40:15
名前無し

 外国人労働者のかわりに引きこもり100万人を、とか、サービスしないまずい焼鳥屋とか、ひきこもりにもかかわらず娘のいる主人公とか、親に虐待されてるのに外に逃げない少女とか、すごい洗浄剤があるのに店が汚いとか、無茶苦茶。
 主人公が社会復帰?していく筋なら筋で気持ち悪いし、この設定だとあまりましなストーリーにならない予感がある。

2021-06-13 09:42:53
名前無し

それから、虐待されてる子どもの衣類って普通汚れてるのよ。こんな
サラサラヘアで真っ白なパーカー着てる時点で、この社会問題にまじめに取り組んで脚本かいたのかよって言いたいわ。

2021-06-13 11:37:03
名前無し

佐藤二朗さん好演。
焼き鳥が不味いのはタレが不味いのか?
主人公の味覚がダメになっているのか?
初回は重くなりすぎないように創ってあったが、次回から本当の戦いが始まるのだな、と思った。

2021-06-13 11:57:46
名前無し

しくじり先生のひきこもりバージョンかと思ったりもしたけど、意外と真面目に作られていて安心しました。

一口に引きこもりと言っても、きっかけや症状の重さ、期間は様々。
彼の場合は、信頼していた友人に騙された(借金を背負わされた)→人を信じられなくなり、家族(娘)であっても拒絶するようになった→周囲からの支援で少しずつ社会復帰(焼き鳥屋)出来るまでになった。て、事なのね。
そして、歩道橋の上から飛び降りようとした少女を助けようとした位だから、少なくとも命の重さは理解できるまでには回復出来てるはず。もしも他人にまったくの無関心なら、見なかったことにしてそこから立ち去るぐらいはあり得るから。

カウンセラーとの二人三脚なら、道は開けるかも。

2021-06-13 13:06:29
名前無し

良かったです。
色々考えさせられました。

2021-06-13 13:34:00
名前無し

ひきこもりの100万人の人たちは、外国人労働者の代わりにはならないと思います。今の薄っぺらい支援状況では、ほとんどの人が社会復帰できずに終わるでしょうね。主人公の上嶋さんって、引きこもる前は教師だったのでは?教員免許と教員としての職務経験が3年以上なければ、非常勤講師にもなれないはず。都道府県によって、多少の違いはあると思いますが。ラストで上嶋さんが着ていたスーツも、金八先生のものとよく似ていますしね。どうなんだろう?

2021-06-13 14:35:53
名前無し

上嶋の過去は謎がまだあるように感じた。
あの女の子は実の娘?
なついてたから、凄く可愛がってたんでしょうね。
でも、うつ状態になったら、パパ!パパ!ってのは、ウザイよ!理屈じゃなく。視聴者にも分かりやすくうざい。子役の演技は良かったけど、なぜそこまで避けるようになったのか?
今一つわからないなあ?何かまだ、ありそうな気がする。上嶋の母親も子離れできてないみたいだし。
奈々ちゃんより、主人公の過去に興味がある。
引きこもりの生徒達と関わりながら、上嶋も変わって行くドラマなんだろう。

2021-06-14 05:55:20
名前無し

現実的には教わる側の立場で考えれば50歳で引きこもりの人に講師を任せるなんて教育上、良いわけがない。

「ビリギャル」のように、積極性があり信念のある人が生徒を導く。

2021-06-14 07:53:14
名前無し

STEP教室には正規の担任教師(佐久間由衣)がいるので、二朗さんは生徒たちとの間をつなぐような役目でしょうか。
それに、実際教員免許はなくても講師は出来ますからね。
例えば、野外学習で田植え体験をする際の指導役の農家さんとか。

100万人の引きこもりが即労働力になるとは考えにくいけど、あまり人と接触をしないような職業(職人系とか、単純作業)なら可能なのでは?
なにかしらの社会との接点(自分は此処にいて良いんだと思える要素)さえあれば、彼ら彼女らは救われる気がします。

2021-06-14 16:56:11
名前無し

佐藤二朗主演ということで楽しみにしていたけど、微妙だった。
第1話だから状況説明の描写が多かったが、ちょっと安直にいろいろな情報を盛り込みすぎたという印象。

不登校のナナについて、母親も家の状態も分かりやすくネグレクトを表現していたが、当の本人は着ている物も清潔そうだし、すぐに大声も出せるし、初めて行った焼き鳥屋で大はしゃぎで掃除してみたり、よく知らないおじさんに身の上話をしてみたり、話し方も元気いっぱいで理路整然としていて、どうも違和感が残った。

鈴木保奈美は都会的なかっこいい女性の役にハマる俳優さんだと思っていたが、これまでとは毛色の違う役柄を意外にも自然と演じていて、これからどんなふうに佐藤二朗や生徒たちと絡んでいくのか、楽しみ。

    いいね!(2)
2021-06-17 09:56:04
名前無し

誰だって、酷い失敗をしたり、好きな人の浮気(二股)を知ったり、信頼していた人に裏切られたり(騙されたり)したら、深く落ち込みますよね。でも時が経てば大抵の人は立ち直ることが出来る。
失敗を取り返したり、新しい恋を見つけたり、自分の未熟さを教訓にしたりと。
でもそれが出来ずに、ずるずると引きずってしまう人もいるわけです。
一度や二度の失敗では大丈夫でも、やがて成功の楽しさよりも失敗の怖さを恐れて何も出来なくなってしまう。
そんな人には、成功体験の楽しさを取り戻してもらうのが一番なんじゃないかな。
人生の成功者からの言葉より、失敗者からのなにげない一言の方が伝わりやすいと言うか。そんな気がしました。

2021-06-18 23:37:48
名前無し

佐藤さんが、こんなにシリアスもうまい俳優だったなんて
スピーチとか泣きました。ふざけた俳優と思ってたから
ビックリ。ほなみさんも何か一皮むけたような庶民派の役も
うまいですね。



スポンサーリンク


全 14 件中(スター付 9 件)1~14 件が表示されています。
≪先頭 <前ページ
次ページ> 最後≫
[1]
名前
評価
感想
※本サイトはドラマのレビューサイトです。せっかくドラマの感想を書いてくれた人を揶揄したり、煽ったりする書き込みは控えましょう。
※議論や雑談は「お茶の間」をご利用ください。
※評価はスターをクリックすると確定します。「評価」の文字列クリックでキャンセルです。
※利用にあたっては利用規約ガイドラインFAQをしっかり読んでおきましょう。
※利用規約違反の書き込みを見つけた場合は「違反報告」機能で通報してください。
※評価を不正に操作する行為は禁止します。
利用規約違反の行為を行った場合、投稿の削除やアクセス規制が行われる場合があります。