3.92
5 256件
4 127件
3 46件
2 31件
1 63件
合計 523
読み てんごくとじごく〜さいこなふたり〜
放送局 TBS
クール 2021年1月期
期間 2021-01-17 ~ 2021-03-21
時間帯 日曜日 21:00
出演
ドン詰まりな女性刑事とサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わる!
「女から男」へ、そして「善から悪」へ。
人生が逆転した二人の愛と運命が交錯する究極の入れ替わりエンターテインメント!
いいね!の投票数順に 30 件(最大30件)のレビューを表示しています。
投票数が同じ場合は新しい順です。
レビューの時間をクリックすると、そのレビューの書き込まれている位置に移動します。
いいね!投票数 4 票
名前無し

考察で手玉に取られた視聴者の不満は、結局、物事を断片的にしか捉えられない視野狭窄的なジレンマから来ていると思う。

最終回に込められたメッセージは、「考察」というこの作品の一面的な楽しみ方に翻弄され続けた視聴者にとっては、頭ではなく、感情的に受け入れ難いものだったと思う。

それでも謙虚に、作品のメッセージを俯瞰的に見つめ直す器量さえ持ち合わせていれば、考察自体に作品の意味を見出だそうという、浅薄で狭量な感覚を脱却して、このドラマの本当の魅力に到達出来たのではないかとも思える。

    いいね!(4)
名前無し

個人の好みなんでジャンル的におかしな求め方だとしても別に良いわけ。
そういうほとんど感想とも言い難い押し付けがましい説教みたいなのはお茶の間でやって。

    いいね!(4)
名前無し

入れ替わる前の綾瀬さんが演じていた刑事さんは、女性っぽい感じでは無かったので
高橋さんの入れ替わり後の演技が女性らし過ぎて、少し違和感があります。

    いいね!(4)
名前無し

入れ替わるまでは、まあまあ面白かった。
普通にそのままのサイコサスペンスにしたほうが、主演二人を活かせたのでは?

    いいね!(4)
いいね!投票数 3 票
名前無し

サイコパスなんかじゃなくとても悲しくて愛のあるドラマだった。脚本が緻密で秀逸。セリフも素晴らしい。カット割りや編集もとても丁寧で見せ方が巧い。役者も演技上手い人ばかりで脇役の人達も変に存在感を強めたりせず其々バランスよく演技してる。役者を使いこなしてて無駄起用がなく其々の役割を与えていて丁度良い配分で出番がある。最終話刑務所にいる丸刈りの陽斗と会話してる九十九元社長なんて逮捕されて出番終わりかと思ってたけどここでチラ見せする脚本手腕◎。全体的なテンポも良くバランスも見事でエンタメ性も忘れてない。ほんの数秒のシーンにも本格的な作り込みをしていて丁寧。このドラマのスタッフは手抜きなどせず職人技を連発していた。スタッフは仁を作った人達なのだろうか?音楽が似てる。音の入り方も同じ。だとしたら前回は時代の入替、今回は男女の入替。後者設定ドラマは今までもたくさん見て来たけど今回は役者が本気の演技を見せてくれたのでとても面白くて目が離せなかった。綾瀬さん今回はよく走ったなと感心する。見た目が可愛らしいのでそっちに目を奪われるけどこの女優さんは演技力が高い。河原刑事の追い詰め方や八巻の存在も良かった。入れ替わった後に八巻や陸が気づいてあげる設定も良く、何よりドラマ内では大きかったと思う。警察内部も規模や雰囲気が現実的で使う用語もマスコミ用語なんかじゃないのが良かった。話の辻褄が合っていて出てくる他愛もない関係者の言動も芝居芝居してなくてただただ現実に則していこうとしてる大人が作ってるな、って感じが良かった。たった15分違ったが為に運命が大きく変わる。相手が双子の片割れならその不条理感は増幅するだろうし、でもこの世にいるたった一人の自慢できる肉親でもあり心の支えでもある。認知症の父の介護は日に日に心身を蝕んでいくし偶然と故意が入り混じって父を殺してしまった朔也はひょっとして自分自身をもっと悪人にして憎むべき存在にしてやろうという感情もあったのかな?などと勝手に思い込んでしまった。余命幾許もなく、人生を振り返りクウシュウゴウ的な人生だなと自虐に思ったり、何をやってもタイミングが悪く上手くいかない事ばかりだと人は希望をなくす。あの時あいつが…と呪ってしまう朔也の悔しくて悲しい気持ちはよく分かる。何気なく手にした漫画の主人公はやりたくてもできない事をやってのけヒーローに見えただろうし、たった15分差の弟は人生充実してて太陽と月のように違う人生。そんな弟を少し困らせてもやりたかったのかもしれない。単なるサイコパス猟奇殺人ではなく気の毒な事情があって誰も憎めない内容だった。だとしても法治国家の日本では殺人はダメだけどね。毎回最後に流れる手嶌さんの歌がまた切なくてこのドラマの質を高めてくれてて本当に贅沢な時間だった。陽斗が入れ替わった望月が殺人現場で撮った動画が復元されるかハラハラしたしシャカナローがずっと気になってたけど最後キチンと回収してある点も脚本本当に感服する。また続きを見たい気もするけど大体グレードダウンするからここで終わりで良いのかも。毎回早く続きが見たくなる力作なドラマだった。

    いいね!(3)
名前無し

入れ替わりで兄が死ぬまでの時間が稼げると思った日高の気持ちがいつの間にか変わっていく。
理不尽な兄の人生の最後を見捨てられずその手を共に汚すことを選び、その罪さえからも逃れられると目論んだ日高が変わっていく。

望月彩子。がむしゃらに手柄を欲する犬のような女刑事だと思っていたら、余命いくばくもない哀れな犯罪者に殴りかかるほど、正義を欲する人だったのだ。

不憫な兄を庇ってはならなかった。守ってはならなかった。許されてはならなかった。正義とはこんなにも理不尽で厳しいもので、そして守られねばならないものなのだと、知るために彼らは入れ替わったのかと思う。
こんな入れ替わりの物語、初めてだ。

    いいね!(3)
名前無し

皆さん、スルースキルアップして欲しい。カウンタースルーはレビューを書き込む掲示板利用者の必須スキル。

気に食わないオブジェクションに過剰に反応してもスレッドの雰囲気を悪くするだけです。
スレッドの為、サイトの為、利用者の為といくら正義を主張しても、結果としてレビュー欄やお茶の間の雰囲気を悪くして、他のレビュアーに不快感を与え、迷惑をかけているなら、それは自己満足の偽善に過ぎませんから。

    いいね!(3)
名前無し

このドラマの感想は どこもかしこも 考察でいっぱい。
考察レスを書くなと言うなら ドラマの楽しみが半減する。
考察を読みたくないのなら ここに来なきゃいい。
展開予想や 考察込みで楽しむのが こういうドラマの楽しみ方だと思う。
ってことで 考察投稿よろしく!
ここじゃ考察投稿が読めないんなら、 ここを開く意味がないから。

    いいね!(3)
名前無し

ちょっと一服☕

コロナ禍で
ニュースつまらないし、(すみません💦)
バラエティーつまらないし、(ロケや海外いけないですもんね)
その中で、このドラマは、異彩を放ってますね。

まるでマジックをみてるような
優れたマジシャンが、技術、経験、目の錯覚の誘導みたいに
騙されてる感がある
でも、楽しい!

娯楽ですよ! 娯楽❗  
 
制作スタッフも 役者さんも 大変だろうけど
最後まで 駆け抜けてほしいです。

    いいね!(3)
名前無し

謎解きを話の主軸に持ってくる物語は、分かり易いと面白くありません。
ミステリー小説等は、犯人やトリック、動機等の種明かしが、最後まで読者が推理出来ないのが理想で、分からないことを色々推理しながら読む過程が面白いのだと思います。
で、最後の種明かしで、そうだったのか!ヤラレタ〜!すっかり騙された!となるのが、ミステリーの醍醐味。
ミステリーは、犯人を最後まで分からせないようにする作者と、その謎を解いてやろうとする読者の知恵比べだと表現する方もいます。

ドラマだと、出演してる俳優さんの顔ぶれで、この人がチョイ役の訳はないとか、この人が演じているなら何かあるのだろう、のようになってしまうことが往々にしてあるのが難点ですが、基本は同じ。

伏線とミスリードを巧みに織り交ぜ、読者や視聴者を翻弄してくれる楽しみを与えてくれるのが、こうしたジャンルなので、翻弄されなければ、謎解きドラマは面白くないのでは?

よく、こうしたドラマで、最終回後、当たらなかった考察をバカにするような書き込みがされることがありますが、当たらなかった考察をしていた方こそ、一番、話を楽しんだ、謎解きの醍醐味を味わった、とも言えるような気がします。
(ただ、最後の最後に、いきなり無茶苦茶な理屈で犯人登場…辻褄が合ってないじゃないか!みたいな作品は勿論別で、そうした作品が、最後にブーイングの嵐となるのもよくある話ですが。笑)

ミスリードや思わせ振りなシーンに惑わされ、自分がスルーしていた部分が、実は、伏線となっていた…あとから振り返れば全部辻褄が合い、納得がいくのに、どうしてこれに気付かなかったのか!…と、悔しい思いを味わうのが、謎解きドラマの楽しさ。

こうしたジャンルでは、分かりにくい、途中で混乱するドラマこそ、良い作品なんじゃないかと思うのですが。
逆に、分かりやすくて直ぐに犯人予想がついてしまうような作品は、+αの要素(サスペンス色とか、人間ドラマとか)が優れてないと、こうしたジャンルはつまらないと思います。

レビュー欄で、放送前のネタバレが禁止されているのも、ネタバレを読んだらドラマが楽しめなくなるから。
こうした謎解き作品は、分かりにくいほど面白い。
分かりにくいのをあーだこーだと考えるのを楽しむ作品のように感じるんですが。

    いいね!(3)
名前無し

危険なビーナス同様、足踏み状態で進んでない!
綾瀬はるかの喋り方が鼻について仕方ない。こんな下手なんだと
思った。

    いいね!(3)
名前無し

この二人ならもっとリアリティのある
ヒューマンドラマ的なものが観たかったな。

    いいね!(3)
いいね!投票数 2 票
名前無し

捜査会議。あれだけの人数。
そんなにドラマ数観てないからわからないけど。
コロナ渦になる前から、最近はショボいなあ、コスト削減かなと思うのばかり。このドラマはちゃんと臨場感は出ていたと思う。

初回の電車内シーンの乗客はエキストラ?
咳払いしたサラリーマン風の人は俳優さんだと思うけど。
ラッシュ時はもっと混むこともあるけどね。8時出勤ならば、あのぐらいかな。
ちょっとしたシーン。でも、2人が出会う肝心なシーン。
印象に残った。ちゃんと。

音楽は「仁」と同じ。演出はわからないけど、同じじゃないかな?
セク原と辻が、東朔也と陸とすれ違いで居酒屋に入るところ、スロー掛けて、「仁」を彷彿させた。

綾瀬はるかさん。走らせられましたね~。
階段を転げ落ち、高揚した顔で『待ってろ~!日高!』靴を脱ぎ捨て駆け上がり。
取り調べ室に入ったシーンは別撮りだと思うけど。ロケとセット撮影だろうし。だけど、階段を駆け上がる様と変わらなかった。息を切らし頬は赤らみ、目は充血していた。
階段のシーンと見事に繋がってた。

俳優経験の長い高橋一生さんの演技のほうに絶賛が集まったけど。綾瀬はるかさんもベテラン女優の域に入ったなと私は思った。

遅れ視聴だったから、初めての投稿。
思いついたまま、書きました。

    いいね!(2)
名前無し

スルーか違反報告しかないでしょう。
嫌味を指摘する嫌味。鶏と卵。無限ループ。
無限ループの中でマウントを狙う愚かさに気づけないと、このサイトで人生詰んじゃうよ。

    いいね!(2)
やすねこ

このドラマはサスペンス風味、ヒューマンドラマ風味の単なるエンターテイメントだった。視聴率重視。
強いメッセージ性はない。届かない。
ならば、貧困、パワハラ、冤罪、介護、余命(以上、朔也)、さらには、障害者(日高の近所のお爺さんの死)といったデリケートな人生の重い課題を「雑」に扱ってはならないと思う。触れるなら丁寧に描くべきだろう。
誰もが直面する可能性があるにも関わらず、上から目線はおかしい。運命と切り捨て「救い」がない。
ストーリー、人物設定にも破綻が見られ軽い印象だ。
上質な仕上がりを期待していたが、残念だった。

    いいね!(2)
名前無し

スイッチエンタテインメントとしてはとても面白かった。
高橋一生さんの演技力を改めて知った。
ベネチアで銀獅子賞を取った「スパイの妻」の黒沢清監督が言われていた高橋さんに対しての言葉、30代後半の俳優で一番上手いと言われた言葉がよく分かった。すごい俳優だと思った。

    いいね!(2)
名前無し

大河ドラマの二番煎じってよくわからない。大河は確かにダメだったけど。
人間も描けてないとは思わない。性格付けも殺人の理由付けも一応できている。
ただ、確かに浅い。
サイコ仕立ての人間ドラマでもなければ、人間ドラマ仕立てのサイコドラマでもない。
サイコ殺人に見えてたけど実は理由があったんです、弟がかばって身代わりになってたんです、それで最後に種明かし、って、2時間サスペンスと発想や構造が何ら変わらない。凡庸すぎて驚く。
これが人気俳優も使わず、男女入れ替わりというキャッチーな道具も使わずで作ったら、どうなったか。
森下さんのドラマって、いつもこの手で人気を取っていくパターンなので、最近はその才能に疑問を感じている。数字取るテクには長けてる脚本家というイメージ。自分の中からどうしようもなく溢れ出る思いとか主張とか訴えのようなものが感じられない。テレビ局にとっては都合のいい脚本家でしょうけど。
だから、「私を離さないで」のような深く厳しく人間を追求するようなドラマでは惨敗する。
今回も、コメディ仕立てとかエンタメとかは関係なく、芯のところにあるはずの大切なものがぽっかり抜けてるような感じだった。

    いいね!(2)
名前無し

よしこ「今度のは入れ替わりエンターテイメントよ!コメディもたっぷり入れるし、番宣のcmもコメディ風にしてもらったわ!」

よしこ「…1話で思ったより詰め込み過ぎちゃってコメディ結局ほとんど無くなっちゃったわ…」

よしこ「そうよ!日高を女みたいな仕草をさせてコメディ風にすればいいのよ!」

よしこ「何なの、なんで反応無いのよ!いいわ!サロンに男と来たことにしてもっとわかりやすくコメディにしてあげる!」

よしこ「…日高が元から女が入れ替わってる?何で考察ばっかりに考えてコメディってわからないのよ!キーッ!」

よしこ「だめ…みんなエンターテイメントってわかってくれない…わかったわよ!じゃあ最後また入れ替わってコメディで終わらせる!(奄美の石ピカー)」


日高のメイク上手とかのやけに女性的な真相は多分こんなのだと思う。

    いいね!(2)
名前無し

最終回、がっかりでした。

    いいね!(2)
名前無し

今しがたニュースで「宮城県の感染者数が過去最高」云々してるのを見た息子(小5)が、
「きっとヤマキが日高のカード持ってあっちでずんだパンケーキ食べたりしたからだよ!」
と言うので笑った。
ヤマキがスーパースプレッダーだったのか。

    いいね!(2)
名前無し

いろいろな余計な物を削ぎ落としてみると
シンプルに綾瀬はるかと高橋一生のラブストーリー。

    いいね!(2)
名前無し

「知ってるワイフ」が分かりにくいストーリーなら
否定意見が多かったと思う。
本来なら視聴率狙いよりメッセージ性が有り、
分かりやすいドラマの方が記憶に残ると思う。
知ってるワイフは描きかたを間違うと
危なかったけど、凄く分かりやすい良作だった。
視聴率より録画派も沢山居たと思うし、
現実離れの作品でもメッセージ性が必要と思う。

    いいね!(2)
名前無し

サイコパスとは何ぞや。

君に捧げよう。この心も身体も未来も。
家を失い父を失い職を失い尊厳を失い命さえ失うことになる自暴自棄の生き別れた兄を、受け止めることしかできなかった愚かな弟に光を見せてくれた。ともにその手を血で染めて地獄に落ち行くだけの僕たちの運命を君は掬いあげた。
振り上げた白い拳が、叫ぶような声が、兄を打つ。
冷たい床に素足のまま真っすぐに向かうその姿が、僕を打つ。
失っても失っても失っても、守らねばならないものがあるのだと、ごまかすことはできないのだと、君は謳うのだ。
そんな君に、これ以上一片も触れてはならないのだとあの時は思っていたんだ。

取調室で彩子を庇いに庇った日高の気持ちを想像してしまった。
彩子、徹夜明け全力疾走の後も綺麗。
陸、察しが良すぎる男は辛いよね。彩子、捜査には鼻が利く犬みたいになるのに、それ以外のことに雑過ぎる。
八巻、話したいことが~ってお偉いさんに話を持ち掛けてたから入れ替わりの事言うん!?って思っちゃったよ。いや、誰も信じないから。そして単に彩子のフォローしていたという。ええ部下やった!
鑑識チームも頑張ってたし、セクハラも部下までちゃんと仕事してたよ。

最後の入れ替わりは、もう母心ということで。

    いいね!(2)
名前無し

綾瀬はるか、ひたすら走って熱演でした。
陸の彩子への愛がさり気なくて素敵でした。
彼女の幸せを願い、ナッツの安いスーパーを教え、静かに去って行くんだね。泣)

    いいね!(2)
名前無し

望月と日高は入れ替わり最初はそりが合わなかったが互いに東朔也を追うごとに次第に情が移り信頼関係を結んでいく二人が友人や恋人同士のような関係になり興味深かったです。取り調べ室で望月を庇う嘘の供述をした日高を落とすときの望月を演じる綾瀬はるかさんの迫真の演技に引き込まれました、そして望月の説得に折れたときの日高を演じる高橋一生さんの涙が切なく美しかった。最後に別れの後二人が入れ替わる結末も驚愕でした。最後の最後までサイコパスで面白かったです。

    いいね!(2)
どうしちゃったの?

どうしていつも日本のドラマって、最終回でずっこけたようなバカげた終わり方をするのかが理解できない。視聴者の度肝を抜くようなドラマチックな展開にしないといけないと脚本家が頑張り過ぎるせいでしょうか?とにかく日高が全ての殺人事件の犯人が自分である、という主張をし続けようとした理由に一切納得がいかない。彩子を守るため??? もしそうしないと彩子の命が危険にさらされるとかならまだわかるけど、せいぜい最悪起こっても犯人の隠匿とかで懲戒免職になるとか、少し罪が課せられるとかぐらいのことでしょう?(現にただ単に現職から退いて、警察学校の教官になるっていう処分で済んでいる)そんな全然大したことはない処分(罰)の可能性を回避するために、日高は全ての殺人の罪をかぶろうとする、そしてそれを止めるため彩子や周りが奔走するっていうストーリー展開に完全に幻滅しました。はぁ?って感じ。もし自分が殺人犯として成立してしまったら、自分がこれから向き合っていく刑の重さのみならず、お父さん、妹、会社の社員さん全員が社会的にどれほど辛い思いをするかを考えたら、こんな幼稚な考えは誰もしません。もう少しましなストーリーは思い浮かばなかったのでしょうか。。。9回目までとても楽しみに見ていて最後を期待していただけに、最高にがっかりしました。あほくさ。

    いいね!(2)
名前無し

2話あたりから駄作感半端なかったのに
謎という餌に釣られ続けて最終回まで。
時間と電気代を返せと言いたい()

    いいね!(2)
名前無し

話しの展開が酷い、観ていて何も残らない、私はそこを求めるので。綾瀬はるかは好演。

    いいね!(2)

すごく面白いです。
前回は日高の、兄思いの優しさと人柄に感動していました。

そして、双子の朔也には、好人物なのに苦労した悔しさが痛い程わかり、悔しくてたまりませんでした。そしてそれなら尚、犯罪をしてほしくなかったし、そのまま死んでほしくなかった…。ただただ残念で悲しい。苦労している方々に、その末にもし最期が見えてしまったとしても自暴自棄にならないでほしいとのメッセージが届いてほしい。
そして、良い人がきちんと報われる世の中になってほしいです(泣)
朔也の子供時代と現代が似ている事も切なさが増しました。

兄弟関係は実は難しいものですよね。上下、妙な形で影響が与えられてしまう近さ、それぞれに花を咲かせれば良いのに完全に自分一人の人生になれない、切れない運命の中でいろいろ起きて、好人物なのに煩わしい人生に巻き込まれてしまう事がある。恨む事でもできれば良いけどそれも出来ない。

それから、真相を知ったら、今までの話中での日高こと高橋一生さんの表情がものすごくリアルで感動しました。乳歯が見つかった時とか、犯罪現場に朔也が来なかった時とか様々ですが、危機感を感じながら様々に表れる表情が凄いです。
日高と彩子、それぞれ本人に戻った後、話し方から女っぽさが消え、高橋さんのカッコよさがすごく際立ちました!

    いいね!(2)
名前無し

森下さんは、原作ありだとうまいが、なしだと尻すぼみでガッカリ、になりがちだけど、これもそのパターンになりそう。「サイコ」なんて、タイトル詐欺では?笑
綾瀬はるか、高橋一生という数字持ってる人気俳優使います、それが入れ替わります、綾瀬が連続殺人鬼やります、すごいでしょという話題性と犯人は誰だという謎を引っ張るだけ引っ張って視聴率を取ろうという作戦が透けて見えて、しらけてしまう。
ほんとのサイコドラマでしかもコメディ、というコンセプトだったら大したもんだと思うけど、やっぱりそこまでの力はないんだ、人間ドラマでごまかすしかないんだなあと。
数字は持ってないけど実力はあるという地味な俳優がやってたら、ここまで話題になったかどうか。

    いいね!(2)

スポンサーリンク